不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > SUUMO住活マニュアル > 注文住宅・土地探し編 > 建物のプランを練ろう > 平面図など図面で確認しよう

住活のやること・ダンドリをチェックしよう
SUUMO住活マニュアル
建物のプランを練ろう

平面図など図面で確認しよう

平面図など図面で確認しよう

平面図と立面図をチェックしよう

平面図

平面図とはよく目にする間取図のこと。部屋の配置や広さ、階段や収納の位置などが分かる。この平面図ではまず、間取りが希望どおりになっているかどうかを確認したい。また、家族が一日の生活の中でどのように動くかを、実際に間取図に線を引いてみよう。生活や家事の動線がスムーズかどうかが分かるはずだ。家具の配置や隣の家の窓の位置、道路との関係なども、図面に書き込むことでチェックできる。

平面図

2階建ての家の平面図。図面は何枚かコピーをとり、動線や家具を書き込んでいくといい。気づいた問題点も図面に書き込み、依頼先との打ち合わせに活用しよう

■平面図で使われている主な表示記号

平面図で使われている主な表示記号

立面図

東西南北から見た建物の外観を示した図面が立面図だ。玄関ドアや窓、バルコニーの位置や外壁のデザイン、屋根の角度などが分かる。それぞれの配置のバランスやデザインが好みに合うかなどをチェックしよう。最近ではカラーパースやCGを使った立体画像をつくってくれるケースもあるので、相談してもいいだろう。

立面図

平面図で示した家の南側立面図。玄関ドアや窓の形、位置などや、カーポート部分の鉄骨の意匠も分かる

断面図と展開図をチェックしよう

断面図

建物を縦方向に切断した内部の様子をあらわしたものが断面図だ。天井や吹抜け、ロフトなどの高さが分かる。この断面図に日差しの角度を書き込むと、日光が家の中のどこまで差し込むかが把握できる。

断面図

左は家の中央、右は洗面室の付近を南北のラインで切った断面図。水まわり上部に小屋裏収納があることが分かる。天井や窓の高さなどもチェックしよう

展開図

展開図は部屋の真ん中から四方の壁面の見え方を描いたもの。リビングやキッチン、トイレなど部屋ごとに作成され、ドアや窓の形と高さ、設備や収納の位置などが確認できる。具体的な生活シーンをイメージしながら、使い勝手をチェックしよう。

展開図

キッチンの東・南面の展開図。実際には西・北面の図面もある。流しやコンロ、吊り戸棚の位置や高さが分かる。自分の身長との兼ね合いも確認を

電気配線図などの設備図と敷地図をチェックしよう

電気配線図

電気配線図やガス・給排水・冷暖房設備図などをまとめて設備図という。このうち電気配線図では屋外から引かれた電気が分電盤を通り各部屋に配線されている経路、スイッチやコンセント、照明器具の位置、テレビやLAN配線などが確認できる。スイッチやコンセントの位置は家具の配置や家事の効率にも影響するので、一つずつ詳細にチェックしたい。

電気配線図

■電気配線図で使われている主な表示記号

電気配線図で使われている主な表示記号

電気配線図は上のような記号で示される。2カ所以上で操作できるスイッチの回路など分かりにくい部分は質問しよう。設置できる照明の種類も要チェック

敷地図

敷地内の建物の位置や玄関アプローチ、カーポートや庭の配置などが分かるのが敷地図だ。隣家との距離は適度にとられているか、カーポートは出し入れしやすいか、庭の広さは十分かなどをチェックしよう。南向きの庭は日当たりがよいが、道路に面している場合は通行人の視線との兼ね合いも確認したい。

敷地図

敷地に対する建物や庭の位置を見て取ることができる。隣家が迫っている場合は特に、人が通れる幅の有無や位置関係について配慮したい

最終更新日:2016年5月31日