不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > SUUMO住活マニュアル > 注文住宅・土地探し編 > 新居の引き渡し後にすること > 引き渡し当日の流れと確認するポイント

住活のやること・ダンドリをチェックしよう
SUUMO住活マニュアル
新居の引き渡し後にすること

引き渡し当日の流れと確認するポイント

建物が完成したら引き渡しを受けよう

住宅の竣工検査が終わり、いよいよマイホームの引き渡し。後で聞いてなかった、言っておけば良かった、と後悔することが無いようにしっかり準備して臨みたい。そこで、引き渡し当日の流れと確認ポイントを紹介する。当日に必要な持ち物やチェックしたいポイントを押さえておこう。

引き渡し当日の流れ

残金を支払い、鍵、各種書類を受け取る

引き渡しとは物件の所有権が移転する日。この日から建てた家は自分たちのものになる。行うことは次の4点だ。

(1)工事費(残金)と諸費用の支払い
(2)家の鍵と保証書、設備機器などの取扱説明書、確認検査機関による検査済証などの受け取り
(3)内覧会で見つかった不具合などの補修が終了しているかを確認
(4)家の所有権保存登記・住宅ローンの抵当権設定登記

引き渡しは、物件売買費用の残金などの支払いや登記手続きを伴うため、住宅ローンを組む金融機関で行うことが多く、金融機関担当者、司法書士が同席する。住宅ローンの融資実行と残金の支払いが同時に行われ、併せて住宅ローン借入費用や登記費用も支払う。
その後、設備機器の保証書などの書類を受け取り、鍵の引き渡しで引き渡しが完了する。

難しそうに見えるが、実際には建築会社の担当者が、それぞれの金額をあらかじめ計算し、振込依頼書なども用意してくれるので、書類に記名押印するだけ。スムーズに進めば1時間程度で決済は完了する。そして司法書士が登記申請書を法務局に提出し受理されると、物件の所有権が移転し、同時に金融機関の抵当権が設定される。

■引き渡し当日の大きな流れ

住宅ローンの実行(残代金決済)→各種登記手続き→鍵の引き渡し

引き渡し時に必要な持ち物

建築会社担当者に確認を

住宅ローンや登記手続き、さらに引き渡し時の書類への最終確認を行うために必要な持ち物がある。基本的に建築会社の担当者が教えてくれるので、そのとおりの持ち物を用意しておこう。主なものは下記になる。

■引き渡し時に必要な持ち物

□ 本人確認書類(免許証等)
□ 住民票
□ 実印
□ 印鑑証明書
□ 預金通帳
□ 銀行取引印
□ 登記費用+司法書士への報酬
□ 固定資産税の精算金

引き渡し後のトラブルを避けるチェックポイント

必要書類や設備機器保証書のチェックを

引渡し当日は、書類や設備機器の保証書などの重要書類が渡される。保証書には定期点検とアフターメンテナンスの内容や時期、設備などが故障した場合の連絡先などが書かれているので内容確認を。定期点検やアフターメンテナンスについては、いつまで無償で受けられるのか、有償になるのはいつからでどのようなケースか、といった点もチェックしておきたい。

ちなみに引渡し前に行う竣工検査(内覧会)で不具合が見つかった場合は、その補修工事期間と再度補修されているかの確認(再内覧会)が必要なので、竣工検査から引き渡しまでは1~2週間程度の期間を空けるのが一般的。

下記の各種書類を受け取る際のチェックポイントを掲載するので、万一不明点や不備があれば、その場に同席する建築会社の担当者に確認しよう。後から確認していない、受け取っていないと面倒な手間が発生することがあり、せっかくの新生活が落ち着かないスタートになってしまう。

また、小さな子どもがいる場合は、引き渡し当日は人に面倒をみてもらうなど、引き渡し手続きに集中できる環境をつくりたい。

■引き渡し時に確認したいチェックポイント

◎ 建築確認申請の副本、建築検査済証は返却されたか
◎ 機器類の試運転、取り扱い説明は済んだか
◎ 引渡し書類の記載に間違いはないか
◎ 設備機器類の保証書、取扱説明書はそろっているか
◎ 各工事(防水工事など)の保証期間は記載されているか
◎ 追加・変更工事があった場合、金額などが明確になっているか
◎ アフターメンテナンスの連絡先は記載されているか
◎ 鍵はすべてそろっているか

住んでみて、もし不具合がでれば、建築会社と気軽に連絡を取れる体制をつくっておく必要がある。そうでないと、結局自分自身が困ることに。特に住宅設備に関するトラブルは時々発生するもの。設備業者とのコミュニケーションをとっておくと、その後何かあった際もスムーズな対応をしてくれるだろう。

SUUMOカウンターでは、引き渡し日の翌月1日から3年間住宅設備の修理費を保証する無料特典がある。キッチン、バス、トイレ、洗面、給湯器の暮らしに欠かせない設備の保証なので、ぜひ活用したい。
スーモカウンターW保証

●取材協力
佐川 旭さん

佐川旭建築研究所代表。一級建築士、インテリアプランナー。間取り博士とよばれるベテラン建築家で、住宅だけでなく、国内外問わず公共建築や街づくりまで手がける

取材・文/山口俊介

最終更新日:2021年11月5日