共働きしながら
子育てしやすい街
保育園に預けやすい街を見つけよう
街を選択してください
検索
江東区

SUUMO > みんなの街 > 共働きしながら子育てしやすい街 > 江東区

預けやすさや子育てサポートを確認しよう

あの街に引っ越そうと思うんだけど、子育てしやすいのかな?
仕事続けながらでも大丈夫かな?
子育てしやすい街ってどこなんだろう?
街選びで気になる保育についての情報を集めました。

対象の100自治体

江東区の保育の充実度

働く親が安心できる保育園について考え、
仕事と子育てを両立する生活を支え合うために1983年より活動する
「保育園を考える親の会」が毎年刊行する『100都市 保育力充実度チェック』
から、街の子育てしやすさがわかる情報と解説をご提供いただきました。

認可保育園の保育料(最高額) 77,700円

認可保育園の保育料(最高額) 77,700円

認可(認可保育園<保育所>・認定こども園・地域型保育)の保育料は、
①年齢別
②世帯の所得階層別(住民税額で分けられる)
③保育時間認定別
に額が決められています。ここでは、保育標準時間認定の3歳未満児の保育料について、世帯所得が最高階層になる場合の保育料(最高額)と、中間的な階層になる場合の保育料(中間額)を示しています。最高額が高くても中間額が安い自治体、その逆の自治体など、保育料の体系には自治体ごとに個性があります。
なお、中間額は、調査にあたり総務省「家計年報」をもとにモデル所得を設定しています。

認可保育園の保育料(中間額) 27,600円

認可保育園の保育料(中間額) 27,600円

認可(認可保育園<保育所>・認定こども園・地域型保育)の保育料は、
①年齢別
②世帯の所得階層別(住民税額で分けられる)
③保育時間認定別
に額が決められています。ここでは、保育標準時間認定の3歳未満児の保育料について、世帯所得が最高階層になる場合の保育料(最高額)と、中間的な階層になる場合の保育料(中間額)を示しています。最高額が高くても中間額が安い自治体、その逆の自治体など、保育料の体系には自治体ごとに個性があります。
なお、中間額は、調査にあたり総務省「家計年報」をもとにモデル所得を設定しています。

延長保育の実施率 90.8%

延長保育の実施率 90.8%

延長保育実施率=認可保育園の延長保育実施園数/認可保育園の総数
要するに、自治体ごとに域内の認可保育園の何%が延長保育を実施しているかという数字です。
延長保育とは、通常の保育時間(保育標準時間認定では11時間)を超えて保育すること。延長保育の長さは施設によって違っていて、1時間が標準的ですが、都市部では2時間、4時間の長時間延長もふえています。延長保育を利用すると、基本の保育料に加えて別料金がかかります。

補足
本園と分園を1園として算出(地域型・こども園を除く)
休日保育できる保育園 制度なし

休日保育できる保育園 制度なし

認可保育園の保育日は月曜日〜土曜日で、基本的に日曜・祝日は休園日です。休日保育は、日曜・祝日に保育を必要とする家庭のために認可保育園等で保育を実施するものですが、保育士のローテーションが難しいなどの問題から実施園はまだ多くはありません。ここでは、自治体が域内で実施している休日保育の数や内容を掲載しています。なお、休日保育は、実施園の園児でなくても利用できます。一部ですが、認可保育園在園児は無料で利用できる自治体もあります。

病児・病後児保育できる施設 4箇所

病児・病後児保育できる施設 4箇所

病児・病後児保育は、通常の保育では受け入れができない病気中や回復期の子どもを保育するものです。民間のベビーシッター会社でも病児保育を実施していますが、ここでとりあげる病児・病後児保育は、保育施設や医療機関等に併設され、看護師が配置されるなどの基準のもとで、補助金を受けて実施されているものです。なお、病児保育は熱があるなど進行期の保育、病後児保育は熱が下がった後など病気回復期の保育という定義がありますが、最近は使い分けない場合もふえています。

内容
医院併設型2、保育所併設型2。
原則満1歳~就学前、区への事前登録と実施施設への事前予約要。保育所併設型は医師連絡票必要(受入時間は左欄参照)
料金
2000円
一時預かりできる施設 詳細画面で確認

一時預かりできる施設 詳細画面で確認

一時預かりは、保育施設や子育て支援センターなどで実施されている一時的・臨時的な保育のことです。補助金事業であり、ベビーシッターなどよりは安いので人気があります。自治体によっては、緊急一時、非定型、リフレッシュなどの種類があり、緊急一時は、保護者の病気や事故、災害、出産などの理由に利用が限られている場合もあります。本来は在宅子育て家庭の支援のために始まった制度ですが、待機児童が多い地域では待機児童の利用が多くなってきています。

内容
緊急一時預かり:公私立全園、非定型一時預かり:公私立16園。
緊急一時:要件=病気・出産等による保護者の入院等、1ヶ月以内、原則日中8h、実施園の定員の枠外で預り、区へ申込。
非定型一時:要件=保護者の就労・通学・通院等、日中8h、実施園へ直接申込
料金
緊急一時:児童1名1,000円/日、
非定型一時:0歳(生後6ヶ月以上)1名4000円/日・2000円4h以内、1歳以上1名3000円/日・1500円/4h以内
待機児童数 277人

待機児童数 277人

待機児童数のもともとの意味は、「認可の保育の利用を申し込んだけれども、希望者が定員を上回ったために入れずに入園を待機している子どもの数」です。ただし現在、発表されている待機児童数は、入れなかった子どもの数からいろいろな数が差し引かれているため、「待機児童ゼロ」と発表している自治体でも希望者全員が入れているわけではありません。たとえば、自治体が助成する認可外で待機している、遠い園を勧められたけれども辞退した、保護者がやむなく育児休業を延長したという場合などは待機児童にはカウントされません。国では、現在、待機児童の定義を見直しています。

進級児を含む利用決定率 85.7%

進級児を含む利用決定率 85.7%

利用決定率=進級児を含めた利用決定数/進級児を含めた利用申請数
認可の保育施設・事業では、年度の変わり目で在園児も継続の申請をします。その継続申請と新規入園の合計での申込み数と利用決定数(利用できることが決定した子どもの数)の率で算出しています。
進級児の継続申請はほとんど認められますので、この率は入園決定率よりも高くなります。

補足
0歳児:63.4%
1歳児:66.4%
2歳児:85.1%
3歳児:95.1%
4歳児:99.1%
新規の入園決定率 62.0%

新規の入園決定率 62.0%

入園決定率=新規入園が決定した子どもの数/新規入園を申し込んだ子どもの数
認可の保育施設・事業への新規入園を申し込んだ子どもの数と入園決定数(入園できることが決定した子どもの数)の率で算出しています。申し込んだ人の何%が入れたかという数字で、いわゆる「合格率」に当たります。
「新規入園だけでの数はカウントしていない」などの理由で、保育園を考える親の会の調査に回答がなかった自治体もあります。

子どもと保育士の割合 5対1

子どもと保育士の割合 5対1

認可保育園には、年齢ごとに配置しなければならない保育士(有資格者)の数が決められています。たとえば、0歳児であれば、3人の子どもに1人以上の保育士を配置しなければなりません。これを保育士の配置基準といい、配置基準に定められた保育士の数を定数保育士といいます。国が定める保育士の配置基準は次のとおりです(子ども対保育士)。
0歳児:3対1、1・2歳児:6対1、3歳児:20対1、4・5歳児:30対1
自治体は、国の基準を下回らないように、自治体の基準を決めます。自治体の基準を国の基準に合わせるのか、国よりも保育士が多くなるように定めるのかは、自治体によって違っています。国の基準を上回る基準をもつ自治体は、保育の質への配慮が厚いということができます。

補足
0歳児:3対1
1歳児:5対1
2歳児:6対1
3歳児:20対1
4歳児:30対1
5歳児:30対1
1人あたりの保育室面積 0歳5.0㎡、1歳3.3㎡

1人あたりの保育室面積 0歳5.0㎡、1歳3.3㎡

認可保育園には、保育室の面積の基準が決められています。たとえば、0・1歳児では1人当たり3.3㎡(省令には「1.65㎡または3.3㎡」と書いてありますが、1.65㎡は自分では動けない赤ちゃんのみという通知が出されています)。2歳以上児では、室内1.98㎡+園庭(屋外遊技場)が3.3㎡必要です(園庭は近くの公園で代替可)。
自治体は、国の基準を下回らないように自治体の基準を決めるのが原則です。ただし、待機児童が多い自治体では、国の基準を下回ることが時限的に許されています。保育室面積は、子ども健康・安全・教育(遊び)を左右するものであり、面積基準にも自治体の保育の質への配慮が現れます。

2歳以上
1.98㎡
廊下、ホール、
押入れ、物入れ等
ホールを含む園あり
認可保育園の園庭保有率 不明

認可保育園の園庭保有率 不明

園庭保有率=基準を満たす園庭を敷地内に有する認可保育園数/認可保育園の総数
2歳以上児が在籍する認可保育所には、園庭(屋外遊技場)を1人当たり3.3㎡以上の広さでつくらなければなりません。これは近くの公園で代用することもできます。とはいえ、すぐに遊べる敷地内の園庭は、子どものとってはうれしいもの。以前は、認可保育園のほとんどに園庭がありましたが、待機児童対策で園庭のない認可保育園がふえています。なるべく園庭をつくるように整備しているかどうか、この園庭保有率にも自治体の方針が表れます。

みんなの口コミ

リクルートのママとパパを応援するお買い物マガジン「赤すぐ」読者に、江東区が働きながら子育てしやすい街かどうかを聞きました。

公園など子供の施設が多くあり助かっている。湾岸である点やオリンピックで注目の街であり、今でも開発が進んでおり、全体的に暮らしやすくキレイ。

35歳以上40歳未満 パート・アルバイト

赤ちゃんとの生活をもっと楽しみたい!ママとパパを応援するお買い物マガジン「赤すぐ」読者に回答いただいた口コミを表示しています。

江東区で住まいを探す

調査概要

保育の充実度

「100都市 保育力充実度チェック」「保育園を考える親の会」が毎年独自に調査をして発行している調査冊子です(A4・96ページ)。首都圏(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)の主要市区および政令指定都市の100市区の保育サービスの状況をまとめています。 各自治体別に、一覧表形式で、次の情報が一目でわかるように構成されています(*個別の保育園情報ではありません)。

  • データ1●保育の整備状況(認可・認可外)/ 8
    データ2●認可保育施設・事業の入園状況/ 18
    データ3●認可保育施設・事業の入園選考/ 24
    データ4●認可保育施設・事業の保育料・運営費・給食/ 36
    データ5●認可保育所の延長保育、夜間保育、土曜保育、休日保育/ 44
    データ6●認可保育所の0歳児保育、障害児保育、病児・病後児保育、一時預かり/ 56
    データ7●認可保育所の人員・保育室面積の充実度/ 68
    データ8●認可外保育施設等に関する情報/ 80
    データ9●公立保育所の民営化の動向/ 90
○調査自治体:首都圏の主要市区(都心通勤圏)、政令指定都市の100市区
○調査票送付日:2016年7月25日
○回答期間:2016年8月~9月
データは原則として2016年4月現在のものであるが、一部、自治体が回答した時点での内容になっている。
なお、本調査は2001年に始まり、2009年までは95市区、2010年からは100市区に対象自治体を拡大しているが、その間、統廃合などの若干の変動があった。
調査の詳細についてのお問い合わせは保育園を考える親の会 03-6416-0721まで

みんなの口コミ

<赤すぐ読者アンケート>
調査期間:2016年2月
対象者:マタニティ・ベビー用品の通販サイト『赤すぐnet』メールマガジン会員へのアンケート調査(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県へお住まいの方)
調査方法: WEBによるアンケート調査
調査実施機関:リクルートマーケティングパートナーズ