1. SUUMO >
  2. みんなの街 >
  3. 街選びのお役立ち記事
2017年02月07日

小松菜が区民のパワーの源!?子育て環境も充実する「江戸川区」


東京都の最東端にあり、千葉県浦安市や市川市とも接する江戸川区。お祭りが多く、下町のイメージがある江戸川区ですが、実際に住むとなったらどんな街? 自治体のデータを通して、江戸川区の魅力を探ります。


子どもの元気は食卓から! 23区でNo.1の“小松菜収穫量”2859トン!

江戸川区は、小松菜の生産が盛んだということをご存知でしたか? 平成25年の収穫量は2859トンと、23区でNo.1。 地域の特産品を知ってもらうことを目的に、江戸川区の区立小・中学校で「全校一斉小松菜給食」が定期的に実施されています。

komatsuna-lanch1

komatsuna-lanch2

各学校の給食には、積極的に小松菜が取り入れられています。


小松菜は徳川吉宗が名づけ親で、江戸川区が名称の発祥地と言われているんです。小松菜関連商品は年々増加し、うどんやそばからパン、スイーツまで、86商品にものぼります(平成29年1月)。

komatsuna

23区内で最多の収穫量を誇る、江戸川区産の小松菜。


都市農業が盛んな江戸川区は、緑も豊か。23区内で公園面積が約361万平方メートル(海上公園を除く。平成28年4月)と最も広く、街路樹数も23区内で最多、日本初の親水公園として昭和48年に誕生した古川親水公園も有名です(昭和49年全線完成)。都内にいながら、ゆたかな自然に親しむことができますよ。


がんばるお母さんをみんなでサポート!“保育ママ” 全国1位の201人

江戸川区は、「子どもは地域で育てる」という思いが根づいている、あたたかい地域。実は、23区内で出生率がトップクラス。東京都が「合計特殊出生率」の発表を開始した平成5年から20年以上もの間No.1をキープし続け、最新の東京都人口動態統計年報でも、3位という高水準の出生率をマークしています(平成27年)。この背景には、「保育ママ」制度の充実や、「すくすくスクール」などがあげられます。

また、仕事や病気などさまざまな理由を持つ保護者に代わって、区の認定を受けた「保育ママ」が家庭的な環境の中で保育するという制度を全国で初めて導入。保育ママは保育士、幼稚園教諭などの資格を持つか、子育て経験のある女性が201人(平成28年3月、全国1位)在籍しており、安心して預けられます。

hoiku

家庭的な環境で保育を受けられる「保育ママ」制度


このほかに、親子で交流しながら仲間づくりや情報交換ができる「子育てひろば」、子育ての手伝いをしたい協力会員に保育園・幼稚園などへの送迎や預かりを依頼できる「ファミリー・サポート」事業などがあります。

また、全国に先駆けて江戸川区が導入した「すくすくスクール」は、小学校の放課後や学校休業日などに、児童が学校の校庭や体育館などの施設を利用し、自由な活動ができるという事業。この制度は人数の制限がなく、希望者全員を受け入れてくれるのも嬉しいところ。地域や多世代の人々とコミュニケーションをとることで、子どもの豊かな心を育みます。ボランティアスタッフもたくさんいて(平成27年度は20,186人)、働くお母さんをしっかりサポートします。

sukusuku

地域のボランティアから様々なことを学ぶ機会がたくさん。


伝統工芸品約40種! 子どもたちに残したい多彩な文化があふれる

金魚や江戸風鈴、扇子、手ぬぐいなど、古くから親しまれている伝統工芸品がたくさん作られています。江戸川区の名産品を紹介・販売するウェブサイト「えどコレ!」では、伝統工芸作家と美大生のコラボ商品の開発など、新たな試みも。現代のライフスタイルに合った伝統工芸品を生み出し、職人の技術を後世に伝えることを目的としています。

kiriko

sensu

tsurishinoburyou

平成28年度のえどがわ伝統工芸産学公プロジェクトでは、14種・120作品が新たに開発されました。


江戸川区では、「読書改革プロジェクト」を立ち上げ、平成24年から、全国の公立校で初めて「読書科」を導入。読書を通して想像力やコミュニケーション能力などを高めることを目標に、「朝読書」や本の面白さを伝えあう「読書表現活動」などに取組んでいます。

23区No.1(平成26年度)の児童図書貸出数は2,231,423冊を誇ります。

draw

読書科で「読書かるた」を制作する児童


このほか、江戸川区では「花の祭典」(5月)、「金魚まつり」(7月)、「江戸川区花火大会」(8月)、「江戸川区民まつり」(10月)、「江戸川『食』文化の祭典」(11月)など、年間を通して30以上のお祭りやイベントが催されます。無形民俗文化財に指定されている祭囃子「葛西囃子」など、郷土芸能も根づいています。



特産品を活用した食育で子どもたちの健康を支え、また子どもを育てる親へのサポートも充実している江戸川区。伝統的な文化を大切にしながら子どもの豊かな心をはぐくむ街です。




Growth Luck project 街の魅力PR記事

シティプロモーション分野におけるオープンデータ利活用の推進を目指し、「オープンデータが作り出す街の魅力向上」というポジティブスパイラルの構築に向け総務省とリクルートが進めるGrowth Luck project。

本記事は、データの利活用を通じ街の魅力発見を体感する「街の魅力向上ワークショップ」(首都圏自治体対象) の実施後、ワークショップで発見した新たな街の魅力を発信する試みとして制作されました。



SUUMOみんなの街 編集部