1. SUUMO >
  2. みんなの街 >
  3. 街選びのお役立ち記事
2017年03月31日

豊かな緑とおいしい水。家族のよりよい暮らしを思い描ける街「秦野市」


新宿や横浜から、電車でおよそ1時間の場所にある神奈川県秦野市。人口はおよそ17万人の市ですが、住む人はこの街にどんな魅力を見出しているのでしょうか。自治体のデータから見えてくる市の魅力を探り、秦野市での暮らしのメリットに迫ります。


年間約20万人が訪れる「弘法山」は素敵な景観が魅力。富士見の人気スポット!

秦野市の名所として挙げられるのが「弘法山」。「かながわの景勝50選」や、西に富士山を望めることから「関東の富士見百景」にも選出される有数の景勝地です。年間約20万人のハイカーが訪れる人気スポットで、もちろん秦野市民にとっても休日を家族で過ごせる楽しい場所。身近にこの景観を味わえるのは、暮らす人の大きなメリットでしょう。

特に弘法山がにぎわうのはお正月。山からの眺めでは東に相模湾の美しい景色が広がり、毎年元旦には湾から昇る初日の出を見ようと、およそ1000人の人々がこの地を訪れます。

加えて、四季折々に見せる花の美しさも弘法山の見どころ。春には1800本もの桜が、夏にはヤマユリやアジサイなどが咲き誇り、その美しさから「かながわ花の名所100選」にも選ばれています。ハイキングなどを楽しむ人で一年中活気を呈しており、ファミリーの姿も多く見られます。

弘法山公園からのぞむ富士山が、訪れる人の思い出になります。


開花時期の異なる複数種の桜が植えられ、ほぼ一年を通して桜が楽しめる「今泉名水桜公園」も人気のスポットです。


地下水のおいしさ全国1位の「おいしい秦野の水」! きれいな水が毎日飲める

水がきれいでおいしいのも秦野市のメリットです。ボトルウォーター「おいしい秦野の水~丹沢の雫~」は、平成28年に行われた「名水百選」選抜総選挙の「おいしさがすばらしい名水部門」で全国第1位となりました。秦野盆地の地下から組み上げた地下水で、硬度は89度と低く、まろやかさが特徴の軟水として販売されています。

秦野市の水道水は約70%が地下水。もともときれいな水で、飲めるようになるまでの浄化作業が少ないので、コストの低減にもつながっているのだとか。

さらに、市内には湧水も多く、市民が生活水を汲んでいく姿もよくみられます。たとえば「葛葉の泉」は、名水百選に選ばれたのを機に地元の人たちが整備した泉で、丹沢山地の伏流水が豊かに湧き出ています。また、小田急線秦野駅から徒歩6分の場所にある「今泉名水桜公園」は、市内最大級の湧水池。18種類の桜がほぼ一年を通して咲き誇るほか、カワセミが見られるなど家族連れやカップルに人気のスポットとなっています。

まろやかな味が特徴の「おいしい秦野の水」は「名水百選」で「おいしさが素晴らしい名水部門」第1位に選ばれた名水。


葛葉の泉をはじめとする水汲み場では、湧き出た水を自由に持ち帰り生活に使うことができます。


家賃5万円以下で住める!? 若年夫婦・子育て夫婦向け住宅「ミライエ秦野」に注目が集まる

秦野市は、若者夫婦や子育て中の夫婦に特にうれしいポイントがあります。なんと、市内にファミリーが5万円以下で住める住宅があるんです! その名も「ミライエ秦野」。市の中央から少し南に位置する「カルチャーパーク」のすぐそばにある「ミライエ秦野」は、市内に定住の意思がある若い家族(※35歳以下の夫婦か、小学校就学前の子どものみがいる世帯)に向けた定住化促進住宅で、家賃は4万5000円または4万7000円(平成29年3月現在)と、とってもリーズナブル! 契約期間は最長5年で、敷金・礼金はありません。さらに、その後市内に住宅を購入した場合は最大60万円を助成してくれるなど、新生活にうれしい特典がたくさんついています。

「ミライエ秦野」は、子育てのしやすさに特化しているところもポイント。1階には子育て支援センター「ぽけっと21」があり、週3日間の開設。常駐するアドバイザーに育児相談ができます。また、運動公園や図書館、遊園地などが一体となった「カルチャーパーク」が目の前にあり、子どもたちの遊び場には困りません。子育て中やこれから子どもを育てたいと考えている若いファミリーに最適の環境となっているんですね。

平成29年3月時点で、「ミライエ秦野」には57戸中40戸以上の申し込みがあり、多くの人から注目を集めています。

子育て夫婦や若い夫婦の住みやすさを実現する「ミライエ秦野」


東京ドーム約6個分の広さに、遊びや文化の施設が詰まった「カルチャーパーク」



暮らしを支える“秦野名水”は、毎日の暮らしを変えてくれます。富士山をのぞむこともできる弘法山など、豊かな自然にめぐまれた秦野市では、おいしい地下水が湧き出し、わざわざ水を購入しなくても天然の恵みを受けることができます。さらに若い夫婦や家族に向けて展開している「ミライエ秦野」は、子育て中やこれから子育てをする世帯にとってうれしい特典も多く、入居募集も継続中。家族で住むのにおすすめの街です。


Growth Luck project 街の魅力PR記事

シティプロモーション分野におけるオープンデータ利活用の推進を目指し、「オープンデータが作り出す街の魅力向上」というポジティブスパイラルの構築に向け総務省とリクルートが進めるGrowth Luck project。

本記事は、データの利活用を通じ街の魅力発見を体感する「街の魅力向上ワークショップ」(首都圏自治体対象) の実施後、ワークショップで発見した新たな街の魅力を発信する試みとして制作されました。



SUUMOみんなの街 編集部