1. SUUMO >
  2. みんなの街 >
  3. 街選びのお役立ち記事
2017年03月30日

地域×行政が子育てファミリーを強力サポート!安心育児が実現する街「厚木市」


神奈川県の真ん中に位置する厚木市は、人口20万人を超える大都市です。人口が多く、都市機能も充実していながら、自然がいっぱいの厚木市には、「大都市」という言葉はいい意味で似つかわしくないのかもしれません。
今回はそんな厚木市の魅力に迫るべく、自治体のデータを通じて、厚木市をさらに知っていきたいと思います。

子育て支援センターや、授乳・おむつ替えに利用できる街の施設も134軒。市民が一体となって育児をフルサポート!

共働きの夫婦にとって、育児家庭への支援の手厚さは、街選びの重要なポイント。厚木市には、育児にがんばる家庭を市全体でサポートする環境が整っています。
子育て支援センター「もみじの手」は、親子や子育て中の親同士が交流できる場。「大変!」と感じることも多い子育てですが、同じ思いを共有できる人と知り合えると、元気づけられますよね。
さらに、毎月定期的に開催される子育て講座では「親子ふれあい遊び」など、パパ・ママと子どもで楽しめる遊びを教えてもらえることも。また、子育てに困った時は施設の保育士が相談にのってくれます。もちろん子ども向け遊具も充実しているので、子どもを目一杯遊ばせることができますよ。
このように「もみじの手」は親子で楽しめるサロンとして大好評! 来館者数1日約150人、年間平均4万5000人(平成27年度)。買い物のための託児は1時間500円で利用でき、幼稚園送迎(19:30まで)も利用できるのだとか。

また、市内には赤ちゃんの駅「ベビリア」が134軒登録されており(平成29年1月現在)、ここでは普段場所探しで困りがちな授乳やおむつ替えなどを安心して行うことができます。提供されるサービスは各ベビリアによって異なりますが、ミルクのお湯の提供など、各種子育て支援サービスが実施されています。
「ベビリア」にはクリニックや商業施設、カーディーラーなどさまざまなお店が登録していて、このことからも、街全体が育児をサポートしていく姿勢が感じられてうれしいですね。
また、子育て中は何かと費用がかかりますが、子育てをしている人が受けられる特典もあるのだとか。子育てパスポート「AYUCO」は、提示することで各種特典や割引などのサービスが受けられます。平成29年1月現在、市内388店舗がサポーターとして登録されており、こちらでAYUCOが利用可能となっています。
このほか、厚木市では2人目以降の子どもはおむつが1年間支給されるなど、自治体の育児支援も強力です。
こうした取り組みが評価され、合計特殊出生率(1人の女性が、一生のうち平均何人の子供を産むかを表した数値)が平成20年で1.27だったところ、平成26年には1.29に上昇し、平成27年には1.32人と増加中。子どもを産み育てられる環境として、評価されているのがわかりますね。

遊具やおもちゃもいっぱい。子どもたちも楽しめる「もみじの手」。ママ同士での交流もでき、同じ悩みや喜びを共有できる友人になれるかも!


子育てパスポート「AYUCO」協賛店舗の目印になるステッカー。


日本一長い106mの滑り台! 自然とふれあえる公園をはじめ、家族で楽しめるスポットやイベントもいっぱい

冒頭で「厚木市は自然が多い」とご紹介しましたが、自然を利用したスケールの大きい公園があることも厚木市の魅力です。
平成28年3月にオープンした「あつぎこどもの森」は、新しくてきれい、そしてその広さが魅力の公園です。その中でも目玉は「全長106mの日本一長い滑り台」と、森の中に設置された観察トレイルとして「745mにおよぶ日本一長い空中回廊」です。「あつぎこどもの森」ではこのほか、動植物に出会うガイドツアーや、田んぼや畑で五感を通じて里山の恵みを学ぶ農業体験、森の中で遊びながら学ぶ冒険活動など、各種自然体験プログラムが盛んに実施されています。
また、フェスやお祭りなどのイベントが多いのも厚木市の特徴のひとつ。大花火大会、パレード、ダンスコンテストなどが行われる「あつぎ鮎まつり」、全国各地から集まった選りすぐりのパフォーマーが厚木の路上でそれぞれ自慢の技を披露する「にぎわい爆発! あつぎ国際大道芸」、県内屈指のご当地グルメが集結する食い倒れイベント「かながわグルメフェスタ」などなど……。どれも家族連れで出かけて満喫できる内容のものとなっています。

日本一の長さを誇る滑り台!森の中を走り抜ける感覚は子どもたちにも大人気。


見る人をアッと驚かせ、楽しませてくれる大道芸のパフォーマンスも。


県内のグルメを集めた「グルメフェスタ」。



子育ての難しい時代にあって、市が一丸となって育児をサポートしようという気風のある厚木市。それは自治体の取り組みや「もみじの手」などの育児支援施設の充実、そして「ベビリア」や「AYUCO」などに多数参加する民間団体の姿勢となって表れています。
また、厚木市には自然環境を利用した「あつぎこどもの森」をはじめとする公園に加え、子連れで出かけて楽しめるイベントが盛りだくさん。まさしく子育てファミリーに嬉しい環境が整っています。


参考リンク

厚木市公式ホームページ <http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/>



Growth Luck project 街の魅力PR記事

シティプロモーション分野におけるオープンデータ利活用の推進を目指し、「オープンデータが作り出す街の魅力向上」というポジティブスパイラルの構築に向け総務省とリクルートが進めるGrowth Luck project。

本記事は、データの利活用を通じ街の魅力発見を体感する「街の魅力向上ワークショップ」(首都圏自治体対象) の実施後、ワークショップで発見した新たな街の魅力を発信する試みとして制作されました。



SUUMOみんなの街 編集部