1. SUUMO >
  2. みんなの街 >
  3. 街選びのお役立ち記事
2017年03月30日

緑と水のめぐみで、アウトドア三昧!充実した休日を過ごせる街「あきる野市」


都心から40〜50km圏に位置する東京都あきる野市。丘陵地に囲まれた平坦部と奥多摩の山々からなるこのエリアは、住んでいる人にどんな良さをもたらしてくれるのでしょうか。自治体が持っているデータかひも解いた街の魅力を紹介し、あきる野市の暮らしを考えます。


森林面積は市の約60%!山や丘陵地が多く、多摩の豊かな川と緑が広がる街

あきる野市といえば、やはり緑の多さが大きな魅力です。それを示すのが、市内の森林面積。あきる野市の森林面積は4421haもあり、市内全域(7334ha)の60%を占めています(多摩地域データブックより)。それだけ緑が生活圏の中にあふれているということ。東京にいながら自然の中で暮らしたい人には、うれしい環境といえるでしょう。

あきる野市には、豊富な緑を生かした素敵なお出かけスポットもたくさんあります。東京都立小峰公園は、自然の中で気軽にピクニックやハイキングができる野外レクリエーションの場として、市民が訪れる場所。公園内には、桜並木や雑木とヒノキからなる林のほか、湿地や湧き水を利用した湿性植物園で菖蒲やザリガニ、オタマジャクシといった動植物が観察でき、自然を見て楽しめる要素もたくさん備わっています。

あきる野市には、豊富な緑を生かした素敵なお出かけスポットもたくさんあります。東京都立小峰公園は、自然の中で気軽にピクニックやハイキングができる野外レクリエーションの場として、市民が訪れる場所。公園内には、桜並木や雑木とヒノキからなる林のほか、湿地や湧き水を利用した湿性植物園で菖蒲やザリガニ、オタマジャクシといった動植物が観察でき、自然を見て楽しめる要素もたくさん備わっています。

こうした豊かな水と緑は、暮らしの中の「楽しみ」をも生み出しています。秋川渓谷はアウトドアのレジャースポットとして有名。市民はもちろん、東京都全域から人々が足を運ぶ場所となっています。新緑から紅葉まで、自然が見せる季節ごとの表情を楽しめ、また、川沿いのバーベキュー場などもにぎわいます。あきる野市に住めば、秋川渓谷が身近なスポットに変わるんですね。

豊かな緑の残る秋川渓谷では、四季折々の自然の表情を楽しめます。


機材を借りてバーベキューも楽しめる河川敷。水遊びで楽しむ子どもたちの声もにぎやか!


毎年200万人の観光客が訪れる人気エリア! 釣りやBBQでアクティブに、温泉でほっこり…と、楽しみ方もいろいろ

秋川渓谷をはじめ、秋川流域の豊かな自然が作り出す環境や景観は、まさに貴重な地域資源。ここでしか味わえない楽しさを求めて、年間約200万人もの観光客があきる野市を訪れています(平成24年西多摩地域入込観光客数調査より)。

川沿いには、マスやヤマメの釣りスポットやバーベキュー場がたくさんあり、休日になると多くの人でにぎわいます。また、秋川渓谷などの周辺には温泉施設が多く、こちらも市民や観光客に人気。たとえば「秋川渓谷 瀬音の湯」は、地下1500mから湧き出る湯を使った本格的な温泉施設。露天風呂をはじめ、湯に浸かりながら渓谷の豊かな自然が眺められ、東京とは思えないゆったり時間を過ごせます。ちょっとした“温泉旅行”気分を味わえますね!

あきる野市を楽しむ方法は、自然だけではありません。9月には、あきる野三大まつりと呼ばれる3つの祭りが開かれ、大きな盛り上がりを見せます。

9月8日・9日に行われる二宮神社例大祭は「生姜まつり」とも呼ばれ、神輿が神社の石段を上がっていく姿が名物です。続いて、9月の第3土・日曜に開かれる正一位岩走神社例大祭は、10基を超える神輿や太鼓車などが町内を一団で巡行するもの。そして、9月28〜30日の阿伎留神社例大祭(五日市まつり)においては、百貫(およそ600kg)を超える大きな「六角神輿」を先頭に、各町内の神輿が街をゆっくりとめぐります。この神輿は日本全国で見ても珍しい重さで、担ぎ手となる市民の団結が不可欠。こうした行事を通して、市民や地域の結束がより深まっているのかもしれません。

露天風呂で雄大な景色を眺めながら日ごろの疲れを癒せる「瀬音の湯」


阿伎留神社例大祭では、迫力満点の大きな神輿が街をめぐります。


夏には花火大会も! たくさんのビューポイントがあり、多くの人が訪れます。



西多摩地域の豊かな緑と、秋川をはじめとする水の恵みを受けるあきる野市。川遊びやバーベキューに加え温泉などのアウトドアレジャーも楽しめ、年間約143万人の観光客が訪れます。そんな人気エリアへ気軽にアクセスできるのは、あきる野市に住む人にとって大きなメリット。雄大な自然に囲まれながら、友人と、家族と、充実した休日を過ごせそうです。


Growth Luck project 街の魅力PR記事

シティプロモーション分野におけるオープンデータ利活用の推進を目指し、「オープンデータが作り出す街の魅力向上」というポジティブスパイラルの構築に向け総務省とリクルートが進めるGrowth Luck project。

本記事は、データの利活用を通じ街の魅力発見を体感する「街の魅力向上ワークショップ」(首都圏自治体対象) の実施後、ワークショップで発見した新たな街の魅力を発信する試みとして制作されました。



SUUMOみんなの街 編集部