1. SUUMO >
  2. みんなの街 >
  3. 街選びのお役立ち記事
2017年03月29日

新しい自分に出会えるかも!? バイトするなら多くの人でにぎわうこの街「立川市」


東京都のほぼ中央西よりに位置する立川市は、多摩地域の中心的な都市として発展してきました。多くの人が集まる街でもあり、未来に向けて今もなお進化を続けています。そんな立川市の魅力にはどんなものがあるのでしょうか?自治体のデータを通じて、立川市について探っていきましょう。


人口滞在率2倍超! 人が多く集まってくるにぎわいのある街

まず注目したいのは、市街地のにぎわい。実際に市に住んでいる人口に対して、平日や休日の人口がどれくらい多いかを示す「人口滞在率」という指標があります。この数字が高いほど、その街には多くの人が訪れているということができます。
立川市の人口滞在率は平日・休日ともに2.0倍を大きく上回っており、多摩26都市ではトップクラスの高さ! 買い物に、ビジネスにと多くの人が立川を訪れていることが分かります。立川市はまさに多摩地区の中心的な都市といっても過言ではありません。

立川市の事業者は「卸売業、小売業」の割合が高く、そのうち「飲食料品小売業」の割合が従業者数で28.9%、事業所数で21.8%となっています(地域経済分析システム「RESAS」より)。そのため、駅の周辺を少し歩いてみるだけでも、お店の多さやにぎわいが感じられます。住んでいる街にこうしたたくさんのお店があるのは、休日のお出かけやお仕事帰りの寄り道にもピッタリかも?

なぜ、立川市はこのような発展の歴史をたどってきたのでしょうか?市の発展は、大正時代に開設された「立川飛行場」がはじまり。旧日本陸軍の移駐で航空産業や小売業が盛んになり街が発展していきました。そして、第二次世界大戦後に飛行場が米軍に接収され、米軍基地とのかかわりの中で戦後の復興をたどりました。1980年代頃から基地返還後の跡地活用が進み、ファーレ立川などのオフィス街、国営昭和記念公園や国の防災拠点として機能する広域防災基地などが完成します。このように立川市の都市機能は段階的に発展していて、それにつれてたくさんのお店が集まる街へと変化してきたんですね。

交通機関の充実ぶりにも注目! 市内の東西にはJR中央線、南武線、青梅線、五日市線、西武拝島線の5路線が、南北には多摩都市モノレールが走っています。そして立川駅から新宿駅までは電車で約30分というアクセスのよさ。都心に用事がある場合でも、これならそれほど面倒に思うことなく移動することができます。

2016年オープンの「立川タクロス」をはじめ、商業ビルも数多く並ぶ立川駅周辺。たくさんの飲食店もあり、ついつい寄り道してしまうかも?


市内でのアルバイト求人およそ2500件と豊富な求人件数! 働く若者でにぎわうエネルギッシュな街

先に、「立川市は飲食料品小売における従業者数、事業所数の割合が高い」とご紹介しましたが、これはつまり「そこで働いているスタッフの数も同様に多い」ということを表しています。スタッフを確保するべく、お店側は求人募集をかけます。たくさんのスタッフを確保するべくお店が求人をかけているということは、求人件数も増える…。そう! 立川市はアルバイトの求人件数が非常に多い市でもあるのです。
求人件数を近隣の市と比べてみると、国立市が522件、国分寺市が1047件であるのに対して、立川市はなんと2603件(2017年3月現在タウンワークより)。圧倒的な求人件数であることがわかります。市内で仕事を見つければ、都心まで時間をかけて移動する必要がないのはちょっと嬉しいですね。

また、学生や若者に人気の高いアルバイト「カフェスタッフ」ですが、こちらの求人件数も近隣の市に比べて立川市は多め。2017年3月のタウンワークによると、国立市8件、国分寺市8件に対し、立川市は39件。カフェバイトを探すなら立川市!といってもいいかもしれませんね。おしゃれなカフェでバイトする憧れ、立川市なら叶うかも!

また、産業(大分類)別の人口割合では、「卸売業・小売業」「宿泊業、飲食サービス業」などで働く男女のうち、ともにおよそ5割が15~39歳の若い世代で占められているのです〔国勢調査(2010年)より〕。元気に働く若い世代が街を支える力になっているのが感じられます。

商店や飲食店も多く、アルバイト求人数も豊富。人気のカフェバイトも探せます!



若い世代を中心として、発展を続ける立川市。多摩地区の中心的な都市として大きな集客力があり、市外から多くの人が訪れます。また、飲食店を中心に多くのお店が集まっているため、非常にアルバイトが探しやすくなっています。特に人気のカフェバイトを探すなら立川市がオススメ。多彩な交通機関で市内の移動や都心へのアクセスがよく、住みよい環境であることは間違いないでしょう。市内でアルバイトを探すことができるので自分の自由にできる時間を確保しやすく、憧れの仕事に就けばきっと新しい自分や仲間との出会いが待っているはず。充実した今と未来を実現できる街……それが立川市だといえそうですね。




Growth Luck project 街の魅力PR記事

シティプロモーション分野におけるオープンデータ利活用の推進を目指し、「オープンデータが作り出す街の魅力向上」というポジティブスパイラルの構築に向け総務省とリクルートが進めるGrowth Luck project。

本記事は、データの利活用を通じ街の魅力発見を体感する「街の魅力向上ワークショップ」(首都圏自治体対象) の実施後、ワークショップで発見した新たな街の魅力を発信する試みとして制作されました。



SUUMOみんなの街 編集部