1. SUUMO >
  2. みんなの街 >
  3. 街選びのお役立ち記事
2017年03月29日

“近い・広い・安い!” レジャーアクセスが抜群の街「八王子市」


東京都多摩地区で最大、人口約57万8000人の市である八王子市。世界的観光地の高尾山には年間250万人以上が訪れ、中心市街地の商業エリアには、休日には4万人を超える人が訪れます。そんな八王子市の、住むまちとしての魅力、住んでいる人のライフスタイルとはどのようなものなのでしょうか。自治体のデータを通じて、八王子市の魅力を探ります。


湘南や箱根まで車で40分! レジャースポットへのアクセスが良く、楽しい休日に

八王子市は、人気レジャースポットへ車で行くのが便利な街。圏央道が開通し、市内の高尾山IC直結の八王子JCTで中央自動車道と交差する形になりました。これにより、東西南北への高速道路の通行が可能に。たとえば、湘南のビーチや箱根に行く場合、圏央道から新湘南バイパスを使えばおよそ40分で行けるんです。また、富士山へも約1時間の近さなんですね。

中央道を使えば、長野県の八ヶ岳へも約1時間40分でアクセス可能。東京都に住みながら関東一円の人気スポットに行きやすいので、休日が充実するのは間違いありません。このようなことからバイク好きの人には人気が高く、ある市民は「八王子在住と言うと、バイク仲間からうらやましがられることも。あちこちに行けるイメージが強いからでは」と言います。

そもそも、八王子市は古くから交通が栄えた街。甲州街道(現在の国道20号線)が通っており、その宿場町として街や道路が発展しました。さらに江戸末期以降、特産品の絹織物を輸出する際に横浜方面との往来が盛んに。これによりできた「絹の道」が、現在の町田街道(国道16号線)の原型となったのです。
最近では圏央道高尾山ICの開通などにより、ますます車での移動が便利になっています。

車だけではなく、八王子市は電車も充実しています。市内には20の駅があり、始発駅も多数。JR中央線の高尾駅や、JR横浜線やJR八高線の八王子駅、京王線の京王八王子駅や京王高尾線の高尾山口駅がそれで、始発駅なので都心や横浜まで座って移動できます。山梨方面へも便利で、甲府まで1時間以内、松本まで約2時間。電車でのレジャーも気軽に行けますね。
リニア中央新幹線駅建設予定の橋本駅にも、横浜線で八王子駅から12分。未来にも期待がふくらみます。

遠方だけでなく、“近場”の市内でレジャーを楽しめるのも魅力です。その代表が高尾山。ミシュランガイドの最高ランクとなる“三つ星”を獲得した観光地としても有名ですよね。標高599mと気軽に登山ができることから、毎年多くの観光客が訪れます。

豊富な自然を生かしたアウトドアレジャーも揃っています。特にキャンプ場や釣り場は人気が高く、市のキャンプ施設である「夕やけ小やけふれあいの里」や、高尾山北側の森林にある「日影沢キャンプ場」などには、ファミリーの姿が多く見られます。

アウトドア好きにはたまらない環境で、「週末は家族でキャンプに行ったり、高尾山に行ったり、時には浅川の河川敷でバーベキューをしたりと、気軽に自然を満喫できる」という市民の意見も聞かれます。

春の新緑や秋の紅葉など、高尾山は季節によってその表情を変えます。


自然を満喫できる水遊びスポットも。東京都に住みながら、気軽にアウトドアレジャーを楽しめます。


東京都市部で2位の「道路幅」が自慢! 広々とした道路で快適ドライブ

交通アクセスが充実している八王子市には、ドライバーに「快適」なものがほかにもあります。それが道路幅の広さ。八王子市は道路幅員が平均9.56mと、東京都市部で2番目に広いんですね。(東京都「地域、種類別道路の延長及び面積(2015年)」より。面積/延長で計算)

道路が広いので運転しやすく、初めて車を持つ人にも心強いですよね。また、アウトドアに役立つ大きな車も持ちやすいでしょう。

地価は15万円台! こだわりたいマイホームもお手ごろ価格に

また、土地を購入するにも八王子市は低コストです。八王子市の地価は15万5262円/平方メートル(平成28年)。立川市の47万5783円(/平方メートル)と比較するとおよそ3分の1。隣接する町田市の23万1696円(/平方メートル)、昭島市の19万4405円(/平方メートル)、日野市の20万8343円(/平方メートル)と比較しても手ごろで、都内市区では最安クラス! ということは、通勤に便利な駅近物件にも手が届きやすいですし、また車を管理するのに必要な駐車場やガレージ付き物件も安く確保できそうですね。

緑も多い、市内の住宅地。「都内で駅近!」という好条件のマイホームも実現可能かも?


八王子駅周辺の中心市街地は、平日も買い物客で賑わっています。



古くから交通の要衝として発展してきた八王子市。その道が現在も主要道路として残っており、車での移動が簡単な環境です。このため、遠方の観光地やレジャースポットへのアクセスは非常に便利。また、高尾山をはじめ市内の人気スポットも多く、近場でアウトドアを楽しめるのも魅力です。アクティブな休日を過ごしたい人にピッタリでしょう。地価も安く、「近い・広い・安い」の三拍子が揃った街といえます。



参考リンク

「都会にないもの 田舎にないもの ここにある。」八王子市公式プロモーションサイト <http://www.city.hachioji.tokyo.jp/citypromotion/>



Growth Luck project 街の魅力PR記事

シティプロモーション分野におけるオープンデータ利活用の推進を目指し、「オープンデータが作り出す街の魅力向上」というポジティブスパイラルの構築に向け総務省とリクルートが進めるGrowth Luck project。

本記事は、データの利活用を通じ街の魅力発見を体感する「街の魅力向上ワークショップ」(首都圏自治体対象) の実施後、ワークショップで発見した新たな街の魅力を発信する試みとして制作されました。



SUUMOみんなの街 編集部