地目

地目(チモク)の意味・解説

地目とは、土地の現況と利用状況による区分のこと。田、畑、宅地、塩田、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野、墓地、境内地、運河用地、水道用地、用悪水路、ため池、堤、井溝、保安林、公衆用道路、公園、雑種地などの区分がある。登記簿上の地目と、実際の土地の利用状況が必ずしも一致しているとは限らない。

地目(チモク)に関する物件ピックアップ

50音で探す

あ行 |  か行 |  さ行 |  た行 |  な行 |  は行 |  ま行 |  や行 |  ら行 |  わ行 | 
ページトップへ戻る