高齢者が居住する住宅の設計マニュアル

高齢者が居住する住宅の設計マニュアル(コウレイシャガキョジュウスルジュウタクノセッケイマニュアル)の意味・解説

高齢者が居住する住宅の設計マニュアルとは、国土交通省による「高齢者が居住する住宅の設計に係わる指針」に基づいて発行されたマニュアル書のこと。
同指針の解説と、高齢者が居住する住宅を設計する上で配慮すべきことなどを分かりやすく紹介している。
この「高齢者が居住する住宅の設計に係わる指針」とは、2011年(平成13年)に策定された「高齢者住まい法」による基本方針に基づいたもので、加齢などに伴い身体機能が低下した場合でも快適に住み続けられるよう一般的な住宅の設計上の配慮事項を示したもの。
例えば、高齢者の居住する住宅と屋外の部分について、高齢者の移動に伴う転倒・落下防止のための基本的な措置、または介助が必要になった場合を想定して、介助用車いす使用者が基本生活行為を行うことを容易にするための基本的な措置について必要な事項が示されている。

50音で探す

あ行 |  か行 |  さ行 |  た行 |  な行 |  は行 |  ま行 |  や行 |  ら行 |  わ行 | 
ページトップへ戻る