旗竿敷地

旗竿敷地(ハタザオシキチ)の意味・解説

旗竿敷地の画像

旗竿敷地とは、道路(公道)に接する出入口部分が細い通路上の敷地になっており、その奥に家の敷地がある形状の土地のこと。竿のついた旗のような形状をしていることから「旗竿敷地(旗竿地)」と呼ばれている。
なお、細い路地部分は接道義務により、幅2m以上が必要である。
周囲が隣家等に囲まれているため、日当りやプライバシーの問題、駐車スペースの確保、建築時に重機などが入りづらいため、建築コストに影響が出るケースがあるなどの懸念点が挙げられる。
こうした敷地条件も加味され、周辺相場と比較すると土地価格が安めに設定されるケースもある。

50音で探す

あ行 |  か行 |  さ行 |  た行 |  な行 |  は行 |  ま行 |  や行 |  ら行 |  わ行 | 
ページトップへ戻る