読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コバログ65 『ゴチャゴチャ配線の隠し方』

住友不動産のリフォーム リフォームのプロ コンセプト・テーマ

本年もよろしくお願いします。

 

今回のテーマは第15回で一度話題にしました。

その後、第17回で家具を浮かせるメリットについて述べ、

第37回でコンセントの位置が重要ということにも触れました。

今回はこれらの「あわせ技」です。

 

まずTVボード等の家電置場を浮かせる場合。

コンセントが通常の高さのままだと配線が丸見えでせっかく浮かせたのに

「こんなはずじゃなかった」という状態になってしまいます。

 

この場合のポイントは2つ。

1.浮かせる家具の内部にコンセントがくるように位置・高さを設定する

2.家具の天板に配線穴を設置する(TV等の裏がベター)

こうすることで家具の内部にゴチャゴチャ配線が隠れるので表面には

必要最小限の配線しか見えません

 

次に電話置場やPCデスク等をカウンター形式で設置する場合。

コンセントの設置高さをカウンターの上にするか下にするかは「よーく考えて」

ください。

 

カウンター上をスッキリ見せたいあまり、カウンター下にコンセントを設置

すると、やはり下部に配線が「だらりと」丸見えになります。

この場合、カウンターのすぐ下にコンセントを設置すると、かなり目立たなくは

なりますが、PCの電源コードに一体のアダプター(黒い筆箱状のもの)

がハンモックのように宙ぶらりんになるので要注意です。

格納用の部材もあるのでアダプターの格納場所も良く考えて判断ください。

 

配線のホコリだまりは火災の原因にもなります。

たかが配線と、あなどることないように。

 

ー 記事を投稿した店舗 ー

◆店舗名:住友不動産㈱マンションリフォーム事業部

◆施工可能エリア:札幌、仙台、首都圏、中部圏、関西圏、広島、福岡

◆会社・店舗ページ:http://suumo.jp/remodel/ki_0000062/?ar=030

◆電話(無料):0120-093ー370

◆会社概要

 【定休日】水曜日

 【営業時間】9時~21時

 【店舗所在地】〒163-0202 東京都新宿区西新宿新宿2-6-1 住友ビル2F