えっ!?新築・リノベ済み住宅なのにリフォーム?

f:id:asahi-jutaku_tokyo:20181211175933j:plain


リフォームというと、「長年住んでいる家が老朽化してきたのでリフォームする」あるいは「中古物件を購入して自分の住みやすいようにリフォームする」というイメージですよね。もちろん実際にリフォームをする方はそのような方が多いです。

しかし、「新築マンションや建売住宅を買ってリフォームする」「購入したリノベーション済み物件をリフォームする」という方も意外といらっしゃいます。

 

では皆さんどのような理由で新築・リノベ済物件をリフォームされるのでしょうか。

 

 

ケース1:「立地優先で物件を購入したが、間取りが合わない」

新築住宅やリノベーションをして売り出している物件は、多くの方に受け入れやすい一般的な間取りが多いです。しかし、それが自身のスタイルと合わない場合も。

よくあるのが、リビングの隣にある和室をなくしてリビングを広げたいというご要望。物件の立地は変えられませんが、間取りはリフォームで変更できますので、立地は希望通りだけれど間取りが合わないために購入を躊躇しているという方はリフォームをお考えになってはいかがでしょうか。

f:id:asahi-jutaku_tokyo:20181211180355j:plain


(新築一戸建てを購入後にリフォームで間取りを変更。リビング隣の和室をなくし、間仕切り壁も取り払いリビングを広げました。和室の押入れもクローゼットに変更しています。床材や建具を他と揃えたことで、和室があったとは思えないほど統一感のある空間になりました)

ケース2:「内装がシンプルでつまらない」

建売住宅などでは壁紙はシンプルな無地の白色であることがほとんど。ただそれでは面白味がないという方もいらっしゃいます。その場合は、柄・色のあるクロスに貼替えます。全部のクロスを貼替えるのがもったいないという場合は、各部屋の壁1面だけクロスを替えるだけでも雰囲気はガラリと変わりますよ。タイルを貼って空間のアクセントにするのもオススメです。

f:id:asahi-jutaku_tokyo:20181211180837j:plain

 (新築一戸建てを購入したお客様から内装のリフォームをご依頼いただき、各部屋にアクセントクロスを施すことに。リビングは白いクロスの単調な空間でしたが、エレガントな印象のダマスク模様のクロスを貼ったことで華やかな雰囲気となりました)

 

ケース3:「設備に満足できない」「追加で付けたい設備がある」

購入する物件の設備が簡素でもっと機能的な設備を入れたいと思うこともあります。「キッチンにこだわりがあり、キッチンはグレードの高いものを入れたい」「トイレは絶対このメーカーがいい」など設備にこだわりがある場合は、新築やリノベ済住宅でも思い切って設備を交換してしまいましょう。

設備の使い勝手はお家の暮らしやすさを左右する大事な要素です。毎日を快適に過ごすためには、水回りをはじめお家の設備は使いやすいものがいいですね。

また、お家の中に収納が少ない場合、置き家具よりも統一感が取れて、壁や天井に固定するため転倒の危険もない造りつけ家具を好んで設置する方も多くいらっしゃいます。

f:id:asahi-jutaku_tokyo:20181211181406j:plain

(リフォーム済みのお部屋を購入したお客様でしたが、自分たちのスタイルにあった住まいにしたいとリフォーム。リビングと洋室の間にある壁を取り払い、造作したオープン本棚を壁代わりに設置することで、繋がりは感じながらも空間をゆるく間仕切ることができるようになりました)

 

新しい家をリフォームというと、「せっかくの新築なのにリフォームなんてもったいない!」と思うかもしれませんが、これからその家に永く住むことを考えると、自分のスタイルに合わない家に住み続けているほうが、よっぽど「もったいない」と思います。

暮らしやすい住まいを求めて、新築・リノベ済みでも“あえてリフォーム”、しませんか?

お家は新しいけれど、「もう少しこうだったらいいのにな」ということがあれば、ぜひ朝日住宅リフォームにご相談ください。

 

 

ー 記事を投稿した店舗 -

◆店舗名:朝日住宅リフォーム

◆施工可能エリア:東京、大阪、兵庫、神奈川(一部地域)、埼玉(一部地域)

◆会社・店舗ページ:

【SUUMO】朝日住宅リフォーム | リフォーム

◆IP電話(無料):0037-61914-532

◆会社概要

 【定休日】毎週水曜日・月2回火曜日

 【営業時間】9:30~18:30

 【店舗所在地】東京都新宿区西新宿1-8-1 新宿ビルディング6F