"20170526184352:H:0" "20170526184352:H:0" "20170526184352:H:0"

グラン レ・ジェイド若松町レジデンス(取材レポート1/2)

SUUMO(スーモ)新築マンションのグラン レ・ジェイド若松町レジデンスの取材レポート1/2情報です。

住宅評論家、高江氏が語る新宿区若松町のポテンシャル

物件の詳細情報をお届け致します。

資料をご請求頂いたお客様には、先行して物件の詳細情報、間取り、モデルルーム見学のご案内等、優先してお知らせ致します。

1
江戸時代から住み継がれる歴史ある立地。新宿・神楽坂のショッピングゾーンも身近に
都心の高い利便性と住宅地の落ち着き
  • 都営大江戸線「若松河田」駅徒歩3分 立地概念図
    • 小笠原伯爵邸 (約220m/徒歩3分)
    • 夏目坂(約500m/徒歩7分)
「新宿西口」駅へ2駅4分。伊勢丹や新宿御苑が自転車圏

「新宿西口」駅前

「若松町」は新宿区のほぼ中央に位置し、いわゆる新宿の繁華街とは一線を画す落ち着いた住宅エリアである。現在の山手の住宅地は、閑静な高台に形成された有力者たちの邸宅が礎となっており、例えば現在の東京女子医科大学は尾張家、早稲田大学周辺は井伊家など、日本史で学ぶ有力者が居を連ねていた。物件から徒歩3分、スペイン料理で有名な「小笠原伯爵亭」も、旧小倉藩主の末裔が建てた洋館を利用したもので、計画地も小笠原家と縁がある土地である。

このように古くから住み継がれてきた土地は、利便性に事欠かない。まず都営大江戸線「若松河田」駅からは「新宿西口」「都庁前」駅など新宿エリアへ直通。3駅隣の「飯田橋」駅を経由すると、JR中央・総武線をはじめ東京メトロ東西線・有楽町線・南北線を利用して多様な目的地へのアクセスが可能である。そもそもが都心の真ん中とも言えるようなポジションのため、どこに行くにも時間距離が短い。これは電車のみならず、タクシー利用などの際に実感できるはずだ。

また、西は新宿3丁目ショッピングゾーン、東は神楽坂のほぼ中間。旧所・名跡の多い土地柄でもあり、楽しい街歩きができるだろう。周辺には教育・医療機関が充実。隣接地には区立余丁町幼稚園・小学校があり、小さな子どもの通園・通学も安心。総合病院であり救急診療も行う国立国際医療研究センターは徒歩3分、東京女子医大病院は徒歩4分の近さにある。

将来的な資産性を維持できる可能性とは何か
山手線内側で約6%の条件を兼ね備えている物件
過去10年の条件別供給戸数※1
徒歩分数別リセールバリューグラフ※2
徒歩3分であることの価値

近年ではマンションに求める条件として、居住性のみならず、いわゆる“資産性”を重視する傾向が強くなっている。相当に高額な買い物であるのだから当然のことなのだが、その判断は難しい。しかし大切なのは、そこで暮らしたい人がどのぐらい多いか、そして将来にわたってそのニーズが持続し得るかである。何故なら“資産性”を目の当りにするのは、売る・貸すという場面であるからだ。

そう考えると、ニーズの強さは交通や生活利便といった立地特性に大きく左右されるというのは否定できない。人口減少が現実的になってきた日本において、住宅ニーズが減少していく可能性は高く、その中で一定のニーズを獲得し得る立地条件とは何か。そのひとつの答えが都心立地と言えるかもしれない。データに拠れば、過去10年間の新築マンション供給において、JR山手線の内側×駅徒歩3分以内×住居系用途地域の物件は約6%。相対的利便の高い都心の駅近プロジェクトの中で住宅地に立地するものがいかに少ないかがわかる。さらに既述の通り、新宿や神楽坂そして大手町などショッピング・ビジネスゾーンへの好アクセスも備えているとなれば、その価値は推して知るべしと言える。

2
“都心×駅近×高台”住宅地の系譜が連なる地にふさわしい住まいを目指して
“高台”の必然。暮らす場として好まれる訳
  • 下の図をみると、近隣エリアの中でひときわ高いヒルトップに位置していることがわかる。周辺を歩くと、基本的に東西南北どちらの方向にも下っている。こうした場所に有力者の邸宅が並んでいたのは偶然ではない。

  • 有力者や資産家等の住居が“高台”にあったケースは洋の東西を問わない。現在のような治水が整っていない時代、低地が水害に見舞われることも多く、何よりも眺望という観点から“高台”が好まれ、もちろん地盤の安定性を推量してのことでもあったろう。そして現在まで住宅地としての系譜が継承されていることも然りだ。

高低差概念図
エントランスアプローチ完成予想CG※3
“プライベートレジデンス”を象徴する設え

条件の整った好立地であるからこそ住まいとしての建物にも相応の価値が求められる。この観点における当プロジェクトの最大の特長は、敷地形状を活かしたアプローチの設えにある。

隣地の塀などの素材にも目配せを怠らず、門柱や地面に重厚な天然石やタイルなどを配した約100m。そもそも落ち着いた住宅地とはいえ公道から十分な“引き”を確保することで、プライベート空間の安心・安全を確保する、そんな思想が感じられる。

エントランス完成予想CG※3
建物の顔にふさわしいデザインと風格を

建物内に入っても、“邸宅”を演出する意識は徹底されている。良い意味で周辺との隔絶感を保つアプローチから一歩建物内に入ると、タイル・木・ガラス素材と色調を巧みに組み合わせ、構成された空間が現れる。

印象を一言で表せば、重厚かつモダンなエントランスロビー。建物の顔とも言えるエントランスには外来者には背筋が伸びるような厳かな印象を与えると同時に、居住者には安心感をもたらす温かみが求められる。

3
追求したのは高品質な住まいのあり方。各プロジェクトに息づく企業ポリシー
都心でありながら、ゆとりにも妥協しないプランニング
上質な邸宅の要件を満たす、グレードの高い設計
Krタイプ
  • “邸宅”と称するにふさわしい住まい

    昨今ではマンション価格の上昇傾向に伴って、どうしてもコンパクトなものが増加傾向にある。しかし当プロジェクトでは“邸宅”を目指し一定の広さを確保。加えて全31邸中24邸が南向き、18邸が角住戸という開放感あるプランニングを実現している。

    都心・駅近という条件ではなかなか実現しにくい設定だが、やはり古くからの住宅地という立地特性も考慮し、ゆったりとした暮らしを望む方々をターゲットとしようという意思の表れと言える。

  • 南東角住戸。プライベート感あふれるプラン

    Krタイプは当プロジェクトのプランニングの確かさを象徴するプランである。
    3面採光の南東角という好条件を活かして全居室に窓を配し、居室の有効性を高めると同時に随所に収納を確保した明るく広々とした間取りだ。

    またLDと各洋室へのアプローチが違うので、パブリックとプライベートの分離が図られているのが特長。子供の成長などによる家族構成の変化にも適応しやすく、ホームパーティなど現代的なライフスタイルにも即したプランと言える。

外観完成予想図※3
成長を続けるデベロッパー「日本エスコン」

日本エスコンは創業から20年余りで2016年東証一部上場を果たしたデベロッパーである。マンションが主力だが、一戸建て分譲や商業施設開発も手掛ける総合不動産業として歩を進めている。首都圏での実績も豊富で、都市型プロジェクトが多い印象である。

<グラン レ・ジェイド若松町レジデンス>も都市型で、その名に“グラン”を冠した上級グレードのプロジェクトである。ぜひモデルルームで詳細を確認いただきたい。

物件の詳細情報をお届け致します。

資料をご請求頂いたお客様には、先行して物件の詳細情報、間取り、モデルルーム見学のご案内等、優先してお知らせ致します。

この物件の魅力をもっと詳しく

※1:対象期間:発売初期年が2006年~2015年7月15日まで ※MRC調査・捕捉分に基づく分譲マンションデータによる ※最寄駅入力は物件販売時のMRC入力時登録駅に基づく ※物件数は、本調査段階におけるMRC捕捉・既入力の物件数に本物件を足した件数 ※データ資料:(有)エム・アール・シー

※2:東京カンテイ調べ ※2005年1月~2005年12月に新規分譲され、2015年1月~2015年12月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。(専有面積30m2未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外)

※3:掲載のアプローチ完成予想CGは、平成27年9月に撮影したものにCG処理を施したもので実際とは多少異なる場合があります。 ※掲載のエントランス完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、官公庁の指導、施工上の都合等により建物の形状、色調、植栽等に変更が生じる場合がございます。 ※掲載の外観完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、官公庁の指導、施工上の都合等により建物の形状、色調、植栽等に変更が生じる場合がございます。尚、外観形状の細部、照明、排水設備、室外機、雨樋、換気口、避雷針等の設備機器は表現しておりません。 また、植栽は特定の季節の状況を示すものではありません。予めご了承ください。

※価格は物件の代金総額を表示しており、消費税が課税される場合は税込み価格です。税率は引き渡し時期により異なりますので、情報の見方ページを参照いただくか、各物件にお問い合わせください。 (1000円未満は切り上げ。)
※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。
※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。
※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。
※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。
※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。
※地図の更新タイミングの関係で、物件情報が実際のものとは異なる場合や最新情報に更新されていない場合がございます。
※以下の南西諸島及び離島においては、表示される物件の位置が実際のものとは数百メートル程度ずれる場合がございます。
東京都:硫黄島・青ヶ島、沖縄県: 北大東島・南大東島・多良間島・水納島・与那国島・宮古諸島・石垣島・竹富島

グラン レ・ジェイド若松町レジデンス 物件概要 第3期3次

所在地 東京都新宿区若松町75-2、76-7(地番)地図を見る
交通 都営大江戸線「若松河田」歩3分乗換案内
間取り 2LDK・3LDK 間取り図を見る
専有面積 61.31m2~74.43m2
価格
販売スケジュール 販売開始予定 2017年5月下旬
入居時期 2017年7月中旬予定

モデルルーム・イベント・キャンペーン

  • お問い合わせ
    0120-109-526無料
    「グラン レ・ジェイド若松町レジデンス」ゲストサロン
    営業時間:10:00AM~6:00PM/定休日:火・水曜日 (祝日は営業致します)
    ※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
    ※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。
    ※お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えください。
  • スマートフォンから物件情報を見る
    画像

    スマートフォン版SUUMOでも、この物件情報や地図を見ることができます。

【67715751】グラン レ・ジェイド若松町レジデンス
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る