"20170924141943:H:0" "20170924141943:H:0" "20170924141943:H:0"
更新

パークホームズ文京小日向 ザ レジデンス(取材レポート)

SUUMO(スーモ)新築マンションのパークホームズ文京小日向 ザ レジデンスの取材レポート情報です。

限定公開。住宅評論家高江氏が語る、小日向台地に暮らす価値。1/3

資料請求すると、優先的に情報をお届けします。

「パークホームズ文京小日向 ザ レジデンス」のさらに詳しい情報を掲載した資料をご用意しています。「資料請求する」ボタンより、お気軽にお問い合わせください。

1
都心・文京区小日向の高台だからこそ得られる豊かな暮らしの価値。
江戸初期に始まる“山手”の歴史ある邸宅街。
小日向台地は、都心に数少ない高台邸宅地のひとつ。
山手線立地概念図
鷺坂(約600m/徒歩8分)
都心にわずかに残された邸宅地。

文京区は区域のほぼ全てがJR山手線内に収まっている一方で、JR山手線の駅は一つもなく、いわゆる繁華街が無いのが特長。また、当プロジェクトの立地する小日向台など5つの高台が区域を形成、各所に閑静な住宅地が広がる。江戸初期から主に居住エリアとして高台が好まれたことに由来し、多くの史跡とともに現在も穏やかな街並みが保たれる。

高台の特長は相対的開放感にあるといえるが、加えて当地は「第一種低層住居専用地域」に指定されているため周囲に高い建物が無く、より空の広がりを感じやすい。「第一種低層住居専用地域」には “低層住宅の良好な住環境を守る”ための厳しい制限があり、現在の環境を維持するのに寄与していることは間違いないが、高層建築など土地の高度利用という観点からは必ずしもプラスとなるわけではない。だからこそ、あくまでも“限られた”エリアにしか指定されていない。閑静なイメージの強い文京区でも区域全体の約11%(※1)に過ぎず、暮らす場としての相対的な価値を推し図ることができるだろう。さらに、アドレスに“日向”の文字が入っているのは、地名が街の歴史や立地条件を物語る最も身近な証拠であることを容易に想像できる。

現地案内図
2
文京区に暮らすことで享受できるのは、高い交通・生活利便性と充実の教育環境。
東京を象徴する各駅に導く丸ノ内・有楽町線。
文京区で高い利便性を享受できる立地。
交通アクセス図
「東京」駅へ直通11分
名だたる駅につながる丸ノ内線の価値。

文京区は都心に位置しているため、様々な目的地へアクセスしやすいことが魅力。しかも当プロジェクトの最寄りは、東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」駅。丸ノ内線の最大の特長は「大手町」・「東京」・「銀座」などの各駅へのダイレクトアクセス。「大手町」・「東京」は言うまでもなくビジネスの中心地であり、「銀座」は食・遊そして文化の一大拠点である。また、東京メトロ有楽町線の「江戸川橋」駅も利用可能。こちらも都心部主要駅へアクセスする人気路線である。

2020年に向けて着々と都市整備が進行する東京にあって、その中心へ短時間かつ直通のアクセスは単なる交通利便性のみならず、東京という国際都市の発展そのものを享受できる“地の利”があるということに他ならないだろう。そして二路線が導く主要各駅の多様さは当地に暮らす直接的メリットであるばかりでなく、ひいては当プロジェクトの将来価値を担保する可能性にもつながるものでもあるだろう。

      • 教育の森公園で撮影(約740m/徒歩10分)
      • お茶の水女子大学(約720m/徒歩9分)
      • 筑波大学附属中学校・高等学校(約820m/徒歩11分)
      • 東京学芸大学附属竹早小・中学校(約790m/徒歩10分)
  • “文教”エリアの成り立ちと今後への期待

    現在の文京区内に多く存在した大きな屋敷は、明治以降の近代化の過程で、その広い敷地ゆえに学校や公園などに活用されている例が多い。東京大学やお茶の水女子大学をはじめ、私立大学、国立付属小・中学校・高校などが揃い、教育の森公園・江戸川公園・小石川植物園など文化・教育との関わりが深い公園が各所にある。文京区がいわゆる“文教”イメージが強いのも、こうした施設が数多くあるから。加えてそのイメージの定着に伴って、子どもの教育に関心の高い世帯の人気エリアと位置付けられ、そして実際に暮らす人々の街への愛着が高いからこそ、イメージを裏切らない街の雰囲気もまた維持されていると言えるのかもしれない。

3
高台の閑静なエリアに遺されていた“広さ”が持つ立地と企画力の巧みさが結実。
「第一種低層住居専用地域」に約4200m2の意義。
邸宅が建ち並ぶ、現地前の道を歩く高江氏
現地周辺(約40m/徒歩1分)
外観完成予想図※2
敷地の広さは、邸宅の質に表れる。

文京区小日向のヒルトップ・標高約26mの邸宅地は、低地の多い東京都心にあっては大きな魅力のひとつ。車通りもまばらで、庭木も見事な一戸建てが多い街並みは、坂を上った高台だからこその落ち着きか。その中でも当地は約4200m2もの広い敷地面積を持つ。幹線道路沿いや商業地・工業地ならともかく、原則として住宅の用途にしか利用できないエリアである「第一種低層住居専用地域」に指定されている高台にあって、これだけの広さを持つプロジェクトの類例は寡聞にして多くを知らない。

実は、以前から地元を中心に当地が事業化されることを待ち望んでいた方々が多かったと聞くが、それほどの期待・評価に適う立地条件であり、敷地の規模であったということ。加えて、東西に長い整形地であることも大きな付加価値である。人気の高い南向き住戸を多くプランニングすることを可能にし、外観完成予想図を見れば一目瞭然、立地特性に見合う端正な意匠が具現化されている。

住まいの基本は“広さ”にあることを再認識
  • モデルルーム Aタイプ メニュープラン リビング・ダイニングで撮影※3
    • モデルルーム Aタイプ メニュープラン リビング・ダイニング※3
    • モデルルーム Aタイプ メニュープラン マスタールーム※3
住宅評論家 高江氏

レジデンシャルサロンで撮影。

敷地の広さと呼応して各戸の面積も広い。昨今のコンパクト化傾向とは逆、間取図を確認すれば居住性の高さは明らかだ。例えばメインとなる80m2・90m2台では、リビング・ダイニングで15畳・17畳・18畳、主寝室で8畳といった数字が並ぶ。近頃とんと見かけない畳数表示だ。また、浴室は1620という一戸建で採用されることの多いサイズ。ほかにも収納、玄関ホール、キッチン・洗面所など各所にゆとりがある。やはり広さの絶対値は裏切らない。こうしたゆとりは、買い手としてはできれば叶えたいというのが本音だろう。しかし販売上のリスクを考えると広さの確保は価格の高額化につながるため、事業者としては慎重にならざるを得ない。だから、都心プロジェクトほど広いプランが少ないというわけだ。しかし当地のような、そうは出会えないだろう立地を考えた時、都心での豊かな暮らしを実現すべく、“広さ”を確保することは事業者としては当然の帰結だったと考える。

資料請求すると、優先的に情報をお届けします。

「パークホームズ文京小日向 ザ レジデンス」のさらに詳しい情報を掲載した資料をご用意しています。「資料請求する」ボタンより、お気軽にお問い合わせください。

※1:出典 文京区HPより(2016年11月現在)

※2:掲載の完成予想CGは、設計図を基に作成したもので形状・色等は実際とは異なります。施工上の理由及び改良のため、変更となる場合がございますのでご了承ください。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現していません。 また、周囲の電柱・標識・ガードレール等につきましては表現しておりません。このCGで表現されている植栽は竣工から初期の生育期間を経た状態のものを想定して描いております。

※3:掲載の写真はモデルルーム[Aタイプメニュープラン]を撮影(2017年3月)したもので家具・調度品等は販売価格に含まれておりません。また一部オプション仕様(有償)が含まれており、申込には期限がございます。

限定公開。伝統と革新が織りなす低層レジデンス。2/3

資料請求すると、優先的に情報をお届けします。

<パークホームズ文京小日向 ザ レジデンス>のさらに詳しい情報を掲載した資料をご用意しています。「資料請求する」ボタンより、お気軽にお問い合わせください。

1
街と調和しながら、街に際立つレジデンスを目指して。
「これほど邸宅として造りこみがいがある物件は、そうそう出会えません。」
  • 文京区の高台。それだけでもハイスペックと言えますが、当プロジェクトにはさらに、「丸ノ内線・有楽町線利用可能」「第一種低層住居専用地域」「約4200m2のゆとりある敷地」と稀少な条件がいくつも付加されています。「これほど条件が整った用地はそう出会えない。」それが初めて現地を見た際の正直な印象でした。

  • 約4200m2という広大な敷地で企画していくにあたり、とにかく「贅沢な低層レジデンスをつくる」という想いがありました。だからこそ、80m2超90m2超の広いプランを積極的に用意し、外観もこの地に宿る伝統や正統性を表すシンメトリー性の高いデザインに。街に溶け込みながら、際立ち、街の価値をも高める物件を目指しました。

外観完成予想図※1
「厳選されたマテリアルを散りばめた、重厚かつ気品ある空間にご期待ください。」
  • 敷地配置図※2
    • エントランス完成予想図
    • エントランスホール完成予想図
プライベートガーデンを眺めるラウンジも。

ラウンジ完成予想図

配棟については、約4200m2の正形地に、大半の住戸を南向きにレイアウトし、50m2超~90m2超の多彩なプランを実現。特に80m2超中心である点が、当プロジェクト最大の特徴になっています。

敷地の随所に四季折々の季節を感じられる豊かな植栽を配し、グランドエントランスには3段キャノピーを設けた車寄せを採用。エントランスホールはもともと渓谷だった当地の様子に着想を得て、左側に自然石、右側にタイルを敷き詰めることで、茗荷谷の昔と今を表現しています。プライベートガーデンが見られるエレガントなラウンジなど、贅沢に共用部をお楽しみいただけます。

弊社として最もこだわったのが外壁にも採用されているタイルです。熟練の職人の方がつくる、時代を超えて輝き続けるタイルで有名な「織部製陶」社に協力いただき、一つとして同じものがない最高級の「クレイマイスタータイル」をふんだんに使用。毎日見ても飽きることがない、住まう人の誇りとなる重厚なファサードの礎になっています。

2
80m2超・90m2超のゆとりを叶える贅沢なプランニング。
モデルルーム Aタイプメニュープラン リビング・ダイニング※3
【プラン紹介】77m2超・南東角住戸・3LDK「Iタイプ」。
Iタイプ間取り
※WIC=ウォークインクロゼット
プランへのこだわりを語る、商品企画担当の松浦さん
Iタイプのこだわり。

プラン全体の特徴として、「専有面積のゆとり」が挙げられますが、他にもさまざまなこだわりを詰めこんでいます。ひとつは「引き戸を採用した縦型リビング」。リビング・ダイニングを縦長に配置し、隣接する洋室に引き戸を採用。引き戸を開閉することで、ライフステージに応じた空間の使い分けが可能です。

今回ご紹介する「Iタイプ」はそんな縦型タイプの中でも開放感に恵まれた南東角住戸です。キッチンが独立した空間になっていますので、リビング・ダイニングをスッキリ保ちやすいプランになっています。

また、玄関にはゴルフバッグやベビーカーなど、大きな荷物を持って入っても余裕の広さをもたせました。邸宅の顔に優雅な印象を与えるエントランスの開放感が魅力です。

主寝室も約7.4畳と、クイーンサイズのベッドはもちろん、夫婦で2つベッドを置けるゆとりが用意されています。

3
天然石や、高品質なタイルをふんだんに採用した設備仕様へのこだわり。
「この地に相応しいハイクラスな仕様が標準で採用されています。」
  • モデルルーム Aタイプメニュープラン キッチン※3
    • モデルルーム Aタイプメニュープラン タイル貼りの廊下※3
    • モデルルーム Aタイプメニュープラン 洗面カウンター※3
カップボードが標準仕様

モデルルーム Aタイプメニュープラン キッチン※3

文京区の高台のゆとりある邸宅として、<パークホームズ文京小日向 ザ レジデンス〉では贅沢な設備を標準仕様とさせていただきました。「天井カセット付エアコン」や、「キッチンのカップボード」、「トイレカウンター」など、快適性を追求するための仕様を妥協することなくセレクト。

特に暮らしの中心となるキッチンには機能性とデザイン性を極めたトップグレードのガスコンロ「DELICIA(デリシア)」を採用しています。

モデルルームで是非ご確認頂きたいのが、天然石カウンターとタイル貼りの床面です。キッチンカウンターやカップボード、洗面カウンターの天板の天然御影石や、玄関から廊下、洗面室、バスルームまで敷き詰められたタイルなど、上質な日常を毎日感じていただける仕様を目指しました。

【プラン紹介】90m2超・25畳超のLD空間・3LDK「Dタイプ」。
Dタイプ間取り
※WIC=ウォークインクロゼット
モデルルーム Aタイプメニュープラン マスタールーム※3
Dタイプのこだわり。

「Dタイプ」は90m2超の空間のゆとりを存分に味わえるプランです。特に縦長の玄関収納が個性的で、靴はもちろん、置き場所に困るご家族の荷物をまとめて収納できます。

約8畳の主寝室や、2ボウルの洗面室、約1.6m×約2.0mのバスルームなど、日常の様々なシーンで贅沢な空間のゆとりを感じて頂けます。

また、南向きのリビング・ダイニング・キッチンは、隣接の洋室と一体化して使用することで、合計25畳超の空間として利用することも可能。

都心とは思えないほどの邸宅のゆとりを、上質な仕様とともに味わっていただけるプランになっています。

資料請求すると、優先的に情報をお届けします。

<パークホームズ文京小日向 ザ レジデンス>のさらに詳しい情報を掲載した資料をご用意しています。「資料請求する」ボタンより、お気軽にお問い合わせください。

※1:掲載の完成予想CGは、設計図を基に作成したもので形状・色等は実際とは異なります。施工上の理由及び改良のため、変更となる場合がございますのでご了承ください。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現していません。 また、周囲の電柱・標識・ガードレール等につきましては表現しておりません。このCGで表現されている植栽は竣工から初期の生育期間を経た状態のものを想定して描いております。

※2:敷地配置イラストは設計図を基に作成したもので、形状・色等は実際とは異なります。施工上等の理由により変更となる場合がございます。尚、外観形状の細部、設備機器等は、表現していません。また、表現されている植栽は竣工から初期の育生期間を経た状態のものを想定して描いております。竣工時は植物の生育を見込んで必要な間隔をとって植えております。

※3:掲載の写真はモデルルーム[Aタイプメニュープラン]を撮影(2017年3月)したもので家具・調度品等は販売価格に含まれておりません。また一部オプション仕様(有償)が含まれており、申込には期限がございます。

文京区の高台で、丸ノ内線という利便性さえも手に入れる。3/3

資料請求すると、優先的に情報をお届けします。

「パークホームズ文京小日向 ザ レジデンス」のさらに詳しい情報を掲載した資料をご用意しています。「資料請求する」ボタンより、お気軽にお問い合わせください。

1
「茗荷谷」駅徒歩7分。「江戸川橋」駅徒歩9分。利便性に優れた都心高台。
都心高台×駅近のバリュー
  • 概念図 ※出典:文京区ホームページより(2016年11月時点)
    • 鷺坂(約600m/徒歩8分)
    • 教育の森公園(約740m/徒歩10分)
各教育施設への近さも注目

お茶の水女子大学(約720m/徒歩9分)

時代を超えて住み継がれ、独自的な成熟を重ねてきた文京区。山手線内側の利便性に加えて、歴史的な建造物や教育環境、さらには文化的な視点においても見所が多い街です。

そんな文京区の中で、得難い価値を数多く備え誕生するのが、<パークホームズ文京小日向 ザ レジデンス>。

文京区の5つの高台のうちの一つ、固い地盤を誇る小日向大地の標高約26mの高台に位置し、文京区にわずか約11%ほどの面積しかない、用途地域の中で最も厳しい制限が設けられた「第一種低層住居専用地域」の良好な環境に誕生します。

その好環境の上で、同物件は東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」駅へ徒歩7分、有楽町線「江戸川橋」駅へ徒歩9分という利便性までも掌中するポジションを得ました。山手線内側に残された、都心高台邸宅の真髄とも言える立地に贈る、全64邸だけの贅沢な低層レジデンスです。

丸ノ内線「茗荷谷」駅へ徒歩7分が意味するもの。
  • 交通アクセス図※2
    • 「東京」駅へ直通11分
    • 「銀座」駅へ直通14分
有楽町線と併用もできる。

「永田町」駅へ直通8分

池袋、御茶ノ水、淡路町、大手町、東京、銀座、霞ケ関、赤坂見附、四ツ谷、新宿三丁目と、23区内を走る数多くの路線の中でも、名だたる駅へつながるアクセス力の高さが丸ノ内線の最大の特徴です。この利便性により、大手町、東京、銀座へ10分台のダイレクトアクセスが可能になります。日本で二番目に誕生した地下鉄だからこそ、都内の主要駅とリンクしやすく、ホーム自体も駅から近い傾向にある点にも注目です。

さらに、徒歩9分の「江戸川橋」駅を使えば、有楽町線の各駅へ直通。複数の路線を目的地によって使い分けることが可能です。もちろん、飯田橋や四ツ谷、目白などに多い著名な小学校をはじめ、都心の主要な教育施設への通学もしやすく、大人だけでなく、子どもにとっても快適かつ安全な利便性を備えています。

2
邸宅地の風景と呼応しながら、街に映えるファサードデザインを追求。
外観完成予想図※1
時代と共に語られる邸宅を贈る。

<パークホームズ文京小日向 ザ レジデンス>は邸宅地「小日向二丁目」の街並みに調和するレジデンスを意識し、エントランスや外壁に天然石の花崗岩や質感のあるタイルを採用。

時代と共に語られる邸宅を目指し、大きな庇のある印象的なエントランスを中心に、シンメトリーな建築形状が構築されています。

エントランスホール完成予想図※1
迎賓の風景を築く。

「六義園」、「小石川植物園」など、訪れる人々を迎え、もてなす、迎賓の精神が息づく文京区。同物件は賓客をもてなす気風を受け継ぎ、車寄せのあるエントランスや、シーンにより使い分けできるラウンジはもちろん、プライベート性を重視した内廊下など、ホスピタリティを大切にした共用空間がデザインされています。

敷地配置イラスト※3
約4200m2の広さを活かし、贅沢な時を紡ぐ。

都心高台という稀な立地を得た上に、約4200m2という広大な正形地をも手に入れた同物件。文京区の邸宅地に相応しく、専有面積が広めなプランが多数揃っている点が特徴です。

総戸数64戸中、36戸を80m2以上、さらには90m2台プランなど多彩なプランが用意されています。

現地3階相当より南方面を望む眺望写真(2016年11月撮影)※4
空に近づく低層レジデンス。

文京区、小日向台地の頂かつ高さ制限のある第一種低層住居専用地域に誕生する同物件。低層レジデンスながら、中高層階からは都心を見晴らす景色が愉しめそうです。

都心にありながら、光と風を感じる贅沢なプランニングが実現されています。

3
邸宅感を最大限に高めた、50m2台~90m2台の多彩なプランバリエーション。
90m2台3LDK。ゆとりの25畳超LDK、南向き角住戸プラン「Aタイプ」
Aタイプ(南向き)
専有面積:90.79m2 バルコニー面積5.70m2
  • 各居室の開放感に優れたプラン

    Aタイプは都心の高台邸宅地に相応しい、堂々90m2台の専有面積を叶えたプランです。

    ●高台の爽やかな風と光が届く、開放感あふれる南西角住戸


    ●リビング・ダイニング横のスライドドアを開放し、ベッドルーム(1)とつなげることで、約27.6畳の大空間LDKが誕生


    ●マスタールームはゆとりの約8畳。ベッドを配置しやすいレイアウトに


    ●浴室は約1.6m×2.0mの広々空間を実現


    ●ウォークインクロゼット、シューズインクロゼット、納戸など大型収納が豊富


    ●プライバシー性を高める独立型の南向きバルコニー

90m2台3LDK。収納豊富な南向きプラン「Dタイプ」
Dタイプ(南向き)
専有面積:90.96m2 バルコニー面積5.70m2
  • 全居室に外光と風がはいるプラン

    Dタイプはエントランスまわりにワイドな収納が配されたプラン。居室サイドにもサービスバルコニーがある点に注目です。

    ●リビング・ダイニング横のスライドドアを開放し、ベッドルーム(1)とつなげることで、約26.2畳の大空間LDKが誕生


    ●マスタールームはゆとりの約8畳。大型ウォークインクロゼット付き


    ●浴室は約1.6m×2.0mの広々空間を実現


    ●玄関まわりに大容量のシューズクロゼットをもうけた収納豊富プラン。


    ●キッチンにはLDKとデザインが揃う大型カップボードを標準採用。

資料請求すると、優先的に情報をお届けします。

「パークホームズ文京小日向 ザ レジデンス」のさらに詳しい情報を掲載した資料をご用意しています。「資料請求する」ボタンより、お気軽にお問い合わせください。

※1:掲載の完成予想CGは、設計図を基に作成したもので形状・色等は実際とは異なります。施工上の理由及び改良のため、変更となる場合がございますのでご了承ください。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現していません。 また、周囲の電柱・標識・ガードレール等につきましては表現しておりません。このCGで表現されている植栽は竣工から初期の生育期間を経た状態のものを想定して描いております。

※2:掲載の所要時間は日中平常時、( )内は通勤時間のもので時間帯により異なります。また、乗り換え・待ち時間等は含まれておりません。

※3:敷地配置イラストは設計図を基に作成したもので、形状・色等は実際とは異なります。施工上等の理由により変更となる場合がございます。尚、外観形状の細部、設備機器等は、表現していません。また、表現されている植栽は竣工から初期の育生期間を経た状態のものを想定して描いております。竣工時は植物の生育を見込んで必要な間隔をとって植えております。

※4:現地3階相当より南方面を望む眺望写真(2016年11月撮影)。眺望は階数、方向によって異なり、全ての住戸に該当するものではございません。なお、眺望等は将来的に保証されるものではありません。

※価格は物件の代金総額を表示しており、消費税が課税される場合は税込み価格です。税率は引き渡し時期により異なりますので、情報の見方ページを参照いただくか、各物件にお問い合わせください。 (1000円未満は切り上げ。)
※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。
※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。
※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。
※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。
※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。
※地図の更新タイミングの関係で、物件情報が実際のものとは異なる場合や最新情報に更新されていない場合がございます。
※以下の南西諸島及び離島においては、表示される物件の位置が実際のものとは数百メートル程度ずれる場合がございます。
東京都:硫黄島・青ヶ島、沖縄県: 北大東島・南大東島・多良間島・水納島・与那国島・宮古諸島・石垣島・竹富島

パークホームズ文京小日向 ザ レジデンス 物件概要 先着順(一般定期借地権)

所在地 東京都文京区小日向2-128-5(地番)地図を見る
交通 東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」歩7分乗換案内
間取り 3LDK 間取り図を見る
専有面積 74.28m2~92.81m2
価格
8050万円~1億980万円(前払賃料含む)
入居時期 2018年3月下旬予定

モデルルーム・イベント・キャンペーン

  • お問い合わせ
    0120-321-468無料
    <パークホームズ文京小日向 ザ レジデンス>レジデンシャルサロン
    営業時間:10:00AM~5:00PM/定休日:火・水曜
    ※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
    ※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。
    ※お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えください。
  • スマートフォンから物件情報を見る
    画像

    スマートフォン版SUUMOでも、この物件情報や地図を見ることができます。

【67714832】パークホームズ文京小日向 ザ レジデンス
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る