"20170725015632:H:0" "20170725015632:H:0" "20170725015632:H:0"

シティタワー長町新都心(取材レポート1/4)

SUUMO(スーモ)新築マンションのシティタワー長町新都心の取材レポート1/4情報です。

事業主×施工会社×住宅評論家による特別合同座談会

建物内MRオープン!下記からの見学予約で3000円SEIYU商品券進呈

まずはマンションギャラリーへ。受付後、係員がタクシーで現地へご案内。
※マンションギャラリーは、地下鉄「長町一丁目」駅北1出口徒歩1分
※カーナビ入力「長町一丁目7-34」
※キャンペーン詳細は※4へ
※右写真は建物内モデルルーム・75A1タイプ

1
【外観・エントランス】「あすと長町」のシンボルとなる、見たことないデザインを作る
企画する者と設計する者とが一体となり、一から考え抜いた知恵の結晶
  • ――(井口)414戸、24階というのは、すごい迫力ですね。まず、外観についての思いから教えてください。

    熊谷「414戸という規模が、いまの仙台で完成してるマンションの中で、最大(※2)の規模になるんです。その一番の規模に対して、どういうマンションを作り上げるか、非常に社内でも議論をしました」。

  • 熊谷「大林組さんに設計・施工をお願いし、どういう建物を配置すべきなのかから議論を重ねて、何がいいのか、一緒に、一から考えていきました。

    『あすと長町』が土地区画整理事業による新しい街なので、まず、シンボリックで新しい、見たこともないデザインにしたいという思いがありました」。

見る所、立つ位置によって、様々な見え方がする(外観、2017年3月撮影)
資産としても価値を高めていく、デザイン性の高い住まいを創出
  • バランスの良いシンメトリーなデザインのグランドエントランス
    • 座談会風景。右から日詰氏(大林組)、熊谷氏(住友不動産)、井口氏(住宅評論家)
    • 外観は磨きのかかったいぶし銀のタイルを使用。光の当たり方で見え方が違う
住友不動産(株)東北支店 商品企画担当 熊谷 健氏

「マンション管理もグループ会社で行っておりますので、ダイレクトに届くお客様の声を反映した商品開発やサービスを提供できることが強みでもあります」。

――(井口)具体的にはどんなデザインでしょうか?

熊谷「414戸という圧倒的規模にふさわしい、一つシンボルになる目を惹くデザインを作ろうと思い、17階~19階に奥行きを持たせ、縦のラインを強調する白いマリオンと、バルコニーに光を反射するガラスを使い、ぱっと目を惹く空間を作りました。

単純なスケール感だけでなく、透明、ブルーグリーン、熱反射のガラスと縦格子の手摺りを巧みに組合せることで、人の目線でどう建物が見えるかを意識して、見る所、立つ位置によって、様々な見え方がするという効果を狙いました」。

日詰「建物は居住性を第一に考え、道路に面した開放感のある南東側にリビングルームを確保できる配棟計画としました。大きな面状の外観は、手摺やマリオン等の要素で分節し、歩道からの建物の圧迫感を軽減するようなデザインとしました。

また、建物の色彩計画は白とグレーを基調に、特徴的なブルーグリーンの透明ガラスを採用しました。あすと長町新都心のこれからを象徴するようなスタイリッシュな景観を目指しました」。

――(井口)デザインもひとつの資産価値になりますから、住んでいる方にとって自慢のマンションになりますね。

熊谷「住む方にとって住まいは一つしかないので、魅力的なデザインをプラスして、際立つ日常をお届けしたいという思いがあります」。

2
【共用施設】生活する上で本当に必要なものを見極め、そこに徹底したこだわりを込める
外観意匠との融合を意識した内観デザイン。格を持ちつつ、使いやすさを追求
  • 大切な方を迎えた時に、リラックスしてくつろいでもらえるグランドロビー
    • 暖炉スペースには、最新の本や雑誌が備えられ、自由に読むことができる
    • ホテルライクなコンシェルジュカウンター。人がいることで防犯面でも安心
(株)大林組東北支店 設計担当 日詰 真由美氏

「免震装置を1階と2階の間に配置する中間層免震構造になっています。共用部分の音や振動を住戸に与えにくく、また敷地を有効に使えるといったメリットがあります」。

――(井口)次に共用部分について教えてください。

熊谷「エントランスから入ってきた時の奥行感と、正面に管理人さんやコンシェルジュの方が見えるという安心感に気を配りました。グランドロビーは、お客様をお招きするオフィシャルな場所としてお使いいただくために、暖炉を設置しました。奥に、パーティーラウンジがありますが、そこは友達やママ友との集まりなどに使っていただく場所として、使い勝手を変えています」。

――(井口)使う人や場面を考えて、いろいろ工夫されているんですね。

熊谷「大林組さんと議論を重ねたのが、グランドロビー暖炉前の壁でした。普通であれば窓にするところを、暖炉の前なので、落ち着いた空間にしたいという思いと、外のエントランスの見え方も大事にし、配置がシンメトリーになるように、壁にすることにしたんです」。

日詰「重厚なエントランスを表現するなら、中はどのような形を取れるのか、総合的に考えながら、内と外を計画しました。タイルも同じグレーを使っていますが、外観は磨きのかかったいぶし銀のタイルを使い、中に入ると少し落ち着いたマット調のタイルを使っています。色彩は白黒をベースに統一感を持たせ、素材の違いで、内と外を分けるようなイメージになっています」。

熊谷「裏側の車寄せにも、外観と同じタイルを使っているのですが、見る角度で光って見えたり、黒く見えたり、素材感が面白いんです」。

使える共用施設。大規模だからこそ追求した効率の良い動線
  • 奥で子どもを遊ばせながら、カジュアルにくつろげるパーティーラウンジ
    • 約3.5mの庇を構えた車寄せのあるオーナーズエントランス。全戸分の駐車場を用意
    • 洋風・和風、2タイプのゲストルームを用意。気兼ねなく泊まってもらえる※3
(一社)「住まいる総合研究所」代表理事 井口 克美氏

27年間にわたり住宅情報誌の広告営業に携わり、見学したモデルルームや現地は1000物件以上。住まいの選び方・不動産市況等に関するセミナーや住宅記事の執筆などを行う

――(井口)ランドプランの工夫点は?

熊谷「グランドロビー、暖炉、パーティーラウンジ、キッズルーム、ゲストルーム2部屋を作りましたが、共用施設は厳選して計画しました。最近ではカラオケルームやシアタールームといった共用施設を備えるマンションもありますが、5年、10年経つと使われなくなる。経験上、そんなケースもけっこう見てきました。キッズルームも子どもが大きくなって、使わなくなった時にどんな使い方ができるのかを意識し、今回もどこに配置するのがいいのかを考えた結果、今の配置になりました。

また、駅からのアプローチに近い場所にエントランスを配置し、車寄せや自転車置き場、エレベーター、メールコーナーなども、いかにストレスなく移動できるかを考え、効率的な場所に設置しました」。

――(井口)無駄な動きがないということですね?

熊谷「大規模マンションだからこそ、どうすると使いやすいのか、人の歩き方、動き方も計画段階で考えていました。日常的に使うゴミ置き場、メールコーナー、車寄せはなるべくエレベーターに近い位置になるように考えています」。

日詰「住宅や共用施設は一箇所に集約させ、出入り口は、エントランス、サブエントランス、オーナーズエントランスと3ヶ所あり、どこからも行きやすいような動線計画になってます」。

――(井口)大きいがゆえのストレスをいかに減らすかに注力されているのですね。

3
【専有部分】暮らしのシーンやライフスタイルの変化にフィットする間取りを提案
多くの住戸のリビングと洋室の間に可動間仕切り、2つのウォークインクローゼット採用
  • できるだけ視界を遮らない、開放的な開口面積を確保したリビング※
    • 可動間仕切りを開ければ、リビングと隣の洋室を一体化して広く使える※
    • ライフシーンに合わせて、可動間仕切りを閉めれば、洋室は個室として使用できる※
エレベーターは5基。待ち時間が少なく、利用しやすい

「エレベーターホールから窓越しに見るあすと長町の景色が非常に気持ちいいです。また夜、長町駅側からマンションを見た時、真っ直ぐ縦に光の壁が伸び、これも綺麗です」。

――(井口)最後に専有部分について教えてください。

熊谷「多くの住戸に採用している特徴として、リビングと隣の洋室との間に、可動間仕切りを設けています。間仕切りを開いて、一体で広々と使うこともできますし、閉めれば、個室として使えるような商品にしています。

また、一部の住戸を除き、大きなウォークインクローゼットを2つ設けています。どうしても服が増えて、収納するところが狭い、足りないというお客様の声を聞き、収納は大きくしようというのが当社としてのこだわりなんです」。

――(井口)可変性があるというのは、家族が成長して、ライフスタイルが変わっても対応できるので、とてもいいですね。

日詰「住戸は限られたスペースの中で最大限の魅力が生まれるよう細部にまでこだわりを持って計画しました。主開口は柱・梁を外壁より外に配置することで、整形な室内となり、家具配置のしやすい空間となっています。

リビングルームは、カーテンレールの位置を天井と揃えることで、視覚的な空間の広さを感じられ、ホテルのような高級感を演出できます。居室や洗面化粧室は引き戸を採用し、使用しやすい上、引き戸廻りのスペースを有効に活用できます」。

――(井口)アウトフレーム設計ですし、居室と洗面室に引き戸が使われていて、有効面積が広いですよね。

全住戸、対面式キッチンを採用。IHクッキングヒーター、スライド式食器洗い乾燥機装備
家族の触れ合い、掃除のしやすさがポイント

――(井口)キッチン廻りなど設備仕様についてはいかがですか?

日詰「キッチンは全住戸、対面式になっていますので、家族との触れ合いに重きを置いたプランになっています」。

熊谷「ここ最近では、掃除のしやすさもキーワードになっています。IHクッキングヒーターもそうですが、ユニットバス、洗面化粧台も、汚れがつきにくく、掃除がしやすい商品になっていますね」。

  • 水廻りは汚れがつきにくく、落ちやすい素材でできているのでお手入れも楽(洗面室)
  • 増えていく物にもしっかり対応できるウォークインクローゼット
  • 居室と洗面室の入口は引き戸を採用。空間を有効活用できるメリットがある
建物内MRオープン!下記からの見学予約で3000円SEIYU商品券進呈

まずはマンションギャラリーへ。受付後、係員がタクシーで現地へご案内。
※マンションギャラリーは、地下鉄「長町一丁目」駅北1出口徒歩1分
※カーナビ入力「長町一丁目7-34」
※キャンペーン詳細は※4へ
※右写真は建物内モデルルーム・75A1タイプ

※1.撮影場所:グランドロビー
※2.自社調べ
※3.有料
※室内写真は、75A1タイプ・建物内モデルルーム(2017年6月撮影)
※4.初めてご来場頂くお客様限定。ご来場の際アンケートのご記入をお願い致します。アンケートご記入後、モデルルーム等をご案内させて頂きます。一家族様一回までとさせて頂きます。内容は予告無く変更となる場合がございます。準備数がなくなり次第終了となります。キャンペーンの併用は出来ません。学生の方・未成年の方はキャンペーンの対象となりません

※価格は物件の代金総額を表示しており、消費税が課税される場合は税込み価格です。税率は引き渡し時期により異なりますので、情報の見方ページを参照いただくか、各物件にお問い合わせください。 (1000円未満は切り上げ。)
※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。
※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。
※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。
※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。
※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。
※地図の更新タイミングの関係で、物件情報が実際のものとは異なる場合や最新情報に更新されていない場合がございます。
※以下の南西諸島及び離島においては、表示される物件の位置が実際のものとは数百メートル程度ずれる場合がございます。
東京都:硫黄島・青ヶ島、沖縄県: 北大東島・南大東島・多良間島・水納島・与那国島・宮古諸島・石垣島・竹富島

シティタワー長町新都心 物件概要 第5期

所在地 宮城県仙台市太白区あすと長町4-2-11(地番)地図を見る
交通 JR東北本線「長町」歩7分乗換案内
間取り 2LDK~3LDK 間取り図を見る
専有面積 73.34m2~75.43m2
価格
入居時期 即入居可※諸手続終了次第
  • お問い合わせ
    0800-815-0255無料
    「シティタワー長町新都心」マンションギャラリー 
    営業時間:10:00AM~6:00PM/定休日:水曜日(祝日を除く)
    ※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
    ※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。
    ※お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えください。
  • スマートフォンから物件情報を見る
    画像

    スマートフォン版SUUMOでも、この物件情報や地図を見ることができます。

【67712344】シティタワー長町新都心
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る