"20170920145929:H:0" "20170920145929:H:0" "20170920145929:H:0"

リーフィアタワー海老名アクロスコート(取材レポート)

SUUMO(スーモ)新築マンションのリーフィアタワー海老名アクロスコートの取材レポート情報です。

海老名駅間に生まれる新しい街の暮らしを知りたい方は、こちら。1/2

〈リーフィアタワー海老名アクロスコート〉資料請求はこちら

資料請求された方には 『リーフィアタワー海老名アクロスコート』の魅力が
さらに詳しく分かる資料をお送りさせていただきます。

1
駅と駅のまんなかに、「駅直結×3.5ha超」のViNA GARDENSが誕生。
東口エリアも、西口エリアも、駅南側の文化エリアも自在にする暮らし。
  • 小田急線「海老名」駅とJR相模線「海老名」駅の間に広がる、海老名駅間地区開発「ViNA GARDENS(ビナガーデンズ)」。商業施設、オフィス、サービス施設の<賑わい創出エリア>とともに生まれる<住宅エリア>に誕生するのが「リーフィアタワー海老名アクロスコート」です。

  • コンパクトさが魅力の街「海老名」のまんなか、駅と駅の間という立地だから、どこへでもお出かけしやすい便利さが魅力。ビナウォークなどがある東口エリアも、ららぽーとなどがある西口エリアも、さらに海老名市立中央図書館や文化会館も、気軽に出かけられます。

リーフィアタワー海老名アクロスコートなら、海老名エリアの人気施設が徒歩10分以内。
駅前のコンパクトなエリア内に、魅力が凝縮された街「海老名」。
  • 県央の中核都市として発展し続けてきた「海老名」。2002年の「ビナウォーク」開業以来15年に渡り一大商業ゾーンとして進化し続けている駅東口エリア。そして、2015年の「ららぽーと海老名」の開業で新たな賑わいを創出しはじめた駅西口エリア。「海老名」は、神奈川県内のみならず、首都圏で注目を集める街となっています。

  • そして、2015年には海老名市立中央図書館が“Library & Cafe”をテーマにリニューアルオープン。一階に蔦屋書店とスターバックスコーヒーを併設し、海老名市民だけでなく、周辺エリアに住む方も数多く集まる文化的交流拠点となっています。駅周辺には他にも、文化会館や子育て支援センターなど様々な施設が集まっています。

    • ららぽーと海老名(約350m/徒歩5分)
    • ビナウォーク5番街(約450m/徒歩6分)
    • マルイファミリー海老名(約440m/徒歩6分)
    • イオン海老名店(約540m/徒歩7分)
    • 海老名中央公園(約450m/徒歩6分)
    • 海老名市立中央図書館(約320m/徒歩4分)
2
海老名のまんなかに住む価値とは?<住民インタビュー1>
『コンパクトさと街の安心感が魅力の海老名から、もう離れられません』
  • 東口エリアと西口エリアを結ぶ自由通路
    • 海老名市立中央図書館(約320m/徒歩4分)
    • えびなの風保育園(約640m/徒歩8分)
Oさんファミリー

『「相模大野」と「海老名」で迷いましたが、「海老名」を選んでほんとうに良かったです』と語ってくれました。

お子さんが生まれるタイミングで「海老名」に住み始めたというOさんファミリー。まずは妻のCさんに、海老名の中心エリアの住み心地を聞いてみました。

『便利で快適、とにかく住みやすいですね。住まいが駅に近いということもあり、コンパクトにいろいろなものが揃う海老名の街を満喫しています。スーパーは、ららぽーとのロビア、イオン、ダイエーが使い分けられます。マルイ一階の食料品売り場は、野菜が安くて品質がいいので気に入っています。』

『東口エリアのビナウォークから、西口エリアのららぽーとまではデッキでつながっているので、信号を渡る必要もなく、ベビーカーで散歩していても安心です。また、通路の至る所に公共のエレベーターがたくさんあるので、駅前エリアの移動はほんとうに快適です。』

『小児科や保育園も駅前エリアに揃っているので、子育て中のファミリーにはかなり快適な環境です。私はまだ育休中なのですが、ママ友の中で早く復帰していった人たちはみんな保育園に入園できているようです。海老名市は、中学校卒業まで子どもの医療費が通院・入院とも無料になるなど、子育てサポートも手厚いと思いますよ。』


『「海老名」駅のマルチアクセスがあるから、仕事の移動はとても快適です』
海老名市立中央図書館(約320m/徒歩4分)
「会社の人たちは、仕事するために中央図書館を利用する人が多いですね。私もときどき利用しています。」
交通図
「東京」「横浜」も、新幹線の出張も便利。

夫のYさんにも、海老名の暮らし心地を伺いました。

『住み始めて驚いたのが、交通アクセスの良さです。普段の通勤は「海老名」駅からバスなのですが、本社のある東京へ向かうときは小田急線が千代田線に乗り入れているので、ダイレクトに向かうことができます。また、横浜で会社の研修がよくあるのですが、そのときは相鉄線を使えば「横浜」駅まで直通。始発駅なので座っていくこともできます。さらに、月に2回くらいは愛知方面へ出張するのですが、そのときは小田急線で「小田原」駅へ行き、そこから東海道新幹線で名古屋へ向かいます。会社の友人たちが相模線沿線に住んでいるので、そこに向かう際はJR相模線を利用しています。私は、海老名の交通アクセスの良さをフルに活用していますね(笑)。』

『街の安心感や利便性、交通アクセスの良さなどを考えると、“もう海老名を離れられないね”と夫婦二人で話しています。』

3
海老名のまんなかに住む価値とは?<住民インタビュー2>
『ショッピングも、子育ても、ママの癒しも、ぜんぶ身近に揃っています。』
  • ららぽーと海老名(約350m/徒歩5分)
    • ママのヨガ教室なども開催される海老名市文化会館(約200m/徒歩3分)
    • 海老名中央公園(約450m/徒歩6分)
佐藤さん(仮名)ファミリー

湘南エリアまで通勤されているパパと、専業主婦のママ、そして1才のお子さまの3人家族。

海老名に住み始めて5年という佐藤さん(仮名)ファミリー。海老名での暮らしを教えてもらいました。

『海老名の街はどんどん進化して、どんどん住みやすくなってきました。食料品の買い物スポットも選択肢が多いです。ららぽーとのロピアは全体的に安いですし、イオンの火曜市もいろいろなものが安くなるので人気です。駅前エリアに住んでいると、いろいろと使い分けられて便利ですね』

『子どもを遊ばせるのも、海老名駅前エリアは便利です。天気が良い日はビナウォークの間にある海老名中央公園へよく行きます。公園の中を人工の川が流れていて、子どもが水遊びすることができます。雨の日は、ららぽーとが便利ですね。施設の中に遊ばせることができるスポットが何か所もあるので、近隣の街からも多くの人が親子連れで来ています。』

『海老名市立中央図書館では、第1、第3、第5水曜日に「ベビー・ミート・ブック」というイベントを開催していて読み聞かせや手遊びなどを教えてくれます。また、図書館のテラスに遊具があり、うちの子どもが大好きなのでしょっちゅう行っています。』

『海老名はママのサークル活動も盛んで、海老名市文化会館ではママのためのヨガ教室も開かれています。ヨガの最中は託児スタッフが子どもを見てくれるので、ママたちの息抜きになりますね。そして図書館のスタバとか、ららぽーとのカフェなど、癒しスポットもいっぱいあるんですよ(笑)』

海老名市立中央図書館 副館長の椎名さん
県央エリアの人気施設となった中央図書館。

他市からも多くの人が訪れる「海老名市立中央図書館」の魅力を、副館長の椎名さんに伺いました。

『図書館というと新刊が並ぶまで時間がかかるイメージがありますが、ここは1階に蔦屋書店があるので、出たばかりの新刊もすぐに確かめられます。また、子ども向け図書が充実しているのも特徴の一つで、外国人スタッフによる英語での絵本読み聞かせなど工夫を凝らしたイベントも実施しています。』

  • 1階は図書館に加えて、蔦屋書店とスターバックスコーヒーを併設。
  • 2階はLIFE/ART/TRAVEL関連の書籍が揃う。
  • 4階のキッズ・ライブラリーは圧巻の蔵書量。
〈リーフィアタワー海老名アクロスコート〉資料請求はこちら

資料請求された方には 『リーフィアタワー海老名アクロスコート』の魅力が
さらに詳しく分かる資料をお送りさせていただきます。

二人暮らしにとっての海老名駅間ライフの魅力は、こちら。2/2

〈リーフィアタワー海老名アクロスコート〉資料請求はこちら

資料請求された方には 『リーフィアタワー海老名アクロスコート』の魅力が
さらに詳しく分かる資料をお送りさせていただきます。

1
駅と駅のまんなかに、「駅直結×3.5ha超」のViNA GARDENSが誕生。
東口エリアも、西口エリアも、駅南側の文化エリアも自在にする暮らし。
  • 小田急線「海老名」駅とJR相模線「海老名」駅の間に広がる、海老名駅間地区開発「ViNA GARDENS(ビナガーデンズ)」。商業施設、オフィス、サービス施設の<賑わい創出エリア>とともに生まれる<住宅エリア>に誕生するのが「リーフィアタワー海老名アクロスコート」です。

  • コンパクトさが魅力の街「海老名」のまんなか、駅と駅の間という立地だから、どこへでもお出かけしやすい便利さが魅力。ビナウォークなどがある東口エリアも、ららぽーとなどがある西口エリアも、さらに海老名市立中央図書館や文化会館も、気軽に出かけられます。

リーフィアタワー海老名アクロスコートなら、海老名エリアの人気施設が徒歩10分以内。
駅前のコンパクトなエリア内に、魅力が凝縮された街「海老名」。
  • 県央の中核都市として発展し続けてきた「海老名」。2002年の「ビナウォーク」開業以来15年に渡り一大商業ゾーンとして進化し続けている駅東口エリア。そして、2015年の「ららぽーと海老名」の開業で新たな賑わいを創出しはじめた駅西口エリア。「海老名」は、神奈川県内のみならず、首都圏で注目を集める街となっています。

  • そして、2015年には海老名市立中央図書館が“Library & Cafe”をテーマにリニューアルオープン。一階に蔦屋書店とスターバックスコーヒーを併設し、海老名市民だけでなく、周辺エリアに住む方も数多く集まる文化的交流拠点となっています。駅周辺には他にも、文化会館や子育て支援センターなど様々な施設が集まっています。

    • ららぽーと海老名(約350m/徒歩5分)
    • ビナウォーク5番街(約450m/徒歩6分)
    • マルイファミリー海老名(約440m/徒歩6分)
    • イオン海老名店(約540m/徒歩7分)
    • 海老名中央公園(約450m/徒歩6分)
    • 海老名市立中央図書館(約320m/徒歩4分)
2
海老名のまんなかに住む価値とは?<共働きご夫婦へのインタビュー>
『東側と西側を使いこなせば、駅周辺でほとんどのことができます。』
  • 歓楽街のない落ち着いた街並み
    • 東口エリアの海老名中央公園(約450m/徒歩6分)
    • カフェレストランPUBLIE(約500m/徒歩7分)
西田さん(仮名)ご夫妻

夫は東京都心勤務、妻は本厚木勤務の共働きご夫妻。週末はほとんど家にいないというアクティブなライフスタイルだそうです。

海老名に住み始めて約2年の西田さん(仮名)ご夫妻。海老名を選んだ理由や、駅近ライフをどのように楽しんでいるのかを聞いてみました。

『以前は厚木に住んでいました。私(夫)が、異動によって東京都心勤務になりそうというタイミングで、小田急線沿線でマンション購入を検討し、町田、相模大野、海老名が候補になったのですが、最終的に“歓楽街がない”という理由で海老名を選びました。仕事を終えて帰ってきた時、飲み屋さんが立ち並ぶガヤガヤしている街だと落ち着きません。海老名は、ららぽーとやビナウォークなど商業施設は充実していますが、騒がしくありません。仕事から帰ってきて大山の景色を眺めるとホッとできる海老名を、とても気に入っています。』

『海老名は、駅周辺に必要なものがコンパクトに揃います。ららぽーとの中には、ファッションや雑貨以外にも、スーパーマーケットやパン屋さん、クリーニング店まで入っています。スーパーは東口エリアに充実しているので、西口エリアの店と使い分けられます。映画を見に行く時は、東口側にTOHOシネマズとイオンシネマの2館があるので、とても便利です。』

『海老名の発展は目覚ましいものがあり、オシャレなカフェなどがどんどん出来ています。2人とも仕事で遅くなって外食して帰る時も、東口側と西口側を合わせると選択肢はすごく多いんですよ。今は、ららぽーとの中のカレー屋さんが気に入っています。』


『毎日の通勤で、休日のお出かけで、交通アクセスの良さを実感しています。』
小田急小田原線、相鉄本線が乗り入れる「海老名」駅
交通図
東京まで行きも帰りも座って通勤しています

『私(夫)は小田急線で東京都心まで通勤しています。朝は早い時間の電車に乗るので座れますし、帰りはいつもロマンスカーなので必ず座れます。ロマンスカーは帰る時間の30分位前を目安にスマホで予約すれば、席を押さえることができるし、意外と安いですよ。だから通勤はラクです。また、小田急線の複々線化によって通勤時間が短くなるので楽しみです。さらに出張で羽田へ向かう時は、東口のバスロータリーから直通バスが出ています。』

『私(妻)は、会社が本厚木なので近いのですが、夫と同じ時間に家を出て退社時間を早くしています。そして、帰宅後にららぽーとのホットヨガスタジオで汗を流したり、公営プールで泳いだりしています。また、横浜への買い物は相鉄本線で乗り換えなしで行けるので便利です。』

『海老名は自動車でのお出かけも便利です。圏央道開通で中央道や関越道へ出やすくなりました。また、国道246号で伊勢原にある美味しいパン屋さんへもよく行きます。もともと活動的だった二人ですが、海老名に来てもっとアクティブになりましたね。週末、ほとんど家にいません(笑)。これは海老名の交通アクセスの良さが理由だと思いますね。』

3
海老名のまんなかに住む価値とは?<シニアご夫妻へのインタビュー>
『中央図書館やららぽーとは、近くにあるとすごく便利ですね。』
  • 海老名市立中央図書館(約320m/徒歩4分)
    • 海老名市立中央図書館では、コーヒーを飲みながら読書ができる。
    • 様々な世代にとって使い勝手が良い、ららぽーと海老名
Iさん(60代)

海老名に住み始めて約30年。広い住まいを求めて、町田市から引っ越してきたのだそうです。

海老名在住歴約30年のIさん。今では、お子さんが結婚され、ご夫婦二人で海老名の暮らしを楽しんでいるそうです。

『海老名市立中央図書館は、大のお気に入りです。365日年中無休で、朝9時~夜9時までオープンしているのでとても使いやすいですね。蔦屋書店で販売している雑誌もスターバックスのコーヒーを飲みながら座席で試し読みできるようになっているので、妻は好きなファッション誌をよく読んでいます。借りたい本があるときは、事前にパソコンで予約できるところも助かりますね。』

『ららぽーとには、妻と二人でよく行きます。ファッションのお店が充実しているので、いつも賑わっていますね。お気に入りのショップをのぞきながら店内を歩き、2階のカフェでお茶をするのが定番のコースです。雨の日でも濡れずに見て回れるので、いい散歩コースですね(笑)。また、孫のお守りをするときはアカチャンホンポへ連れていきます。おもちゃがいっぱい並んでいるので、ずっと遊んでいますよ。1階のスーパーマーケット“ロピア”は、全般的にリーズナブルなので、ここで食料品を買うことも多いです。』

『昔は、厚木の街に人が集まっていましたが、今は海老名ですね。茅ヶ崎や小田原に住む友人たちもわざわざ海老名にやってきます。これから駅間開発などが進み、さらに発展していくのが楽しみですね。』



『東口エリアには、マルイや映画館、スポーツクラブ、総合病院などが揃っています。』
マルイファミリー海老名(約440m/徒歩6分)
海老名総合病院(約880m/徒歩11分)
医療施設は海老名総合病院に加え大学病院も

『マルイの食料品売り場は、野菜や魚はいいものが揃っていますね。イオンは火曜市になるといろいろなものが安くなるので、けっこう賑わっています。海老名は、駅の近くにスーパーが揃っていて、使い分けられるところが便利ですね。』

『病院も揃っていて、海老名総合病院は診療科目が多く、救急病院でもあり、先生がベテラン揃いなので評判いいですよ。歩いても遠くないですが、駅からシャトルバスが出ているので足腰が弱ったとしても安心です。そして、より専門的な病気の場合は、北里大学病院や東海大学医学部付属病院が近いので、そちらを紹介してくれます。』

『私は、東口側にあるスポーツクラブへ週2回のペースで通っていますが、最近できた市営のスポーツ施設“ビナスポ”は人気です。公営なのでもともと料金が安いのですが、65才以上になると半額に割り引きされるので、私の周りでも通っている人は多いですね。』

『今はまだまだ元気なので自動車で出かけることも多いのですが、この先、自動車の運転をやめるような時が来ても、駅の近くに様々なものが揃っている海老名なら安心して過ごせると思います。』

〈リーフィアタワー海老名アクロスコート〉資料請求はこちら

資料請求された方には 『リーフィアタワー海老名アクロスコート』の魅力が
さらに詳しく分かる資料をお送りさせていただきます。

◎TOHOシネマズ(徒歩10分/約750m)、イオンシネマ海老名(徒歩7分/約540m)、海老名市民活動センター・ビナスポ(徒歩14分/約1,060m)、コナミスポーツクラブ海老名(徒歩7分/約540m)、北里大学病院(約11.2km)、東海大学医学部付属病院(約9.7km)

※価格は物件の代金総額を表示しており、消費税が課税される場合は税込み価格です。税率は引き渡し時期により異なりますので、情報の見方ページを参照いただくか、各物件にお問い合わせください。 (1000円未満は切り上げ。)
※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。
※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。
※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。
※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。
※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。
※地図の更新タイミングの関係で、物件情報が実際のものとは異なる場合や最新情報に更新されていない場合がございます。
※以下の南西諸島及び離島においては、表示される物件の位置が実際のものとは数百メートル程度ずれる場合がございます。
東京都:硫黄島・青ヶ島、沖縄県: 北大東島・南大東島・多良間島・水納島・与那国島・宮古諸島・石垣島・竹富島

リーフィアタワー海老名アクロスコート 物件概要

所在地 神奈川県海老名市めぐみ町512-11(地番)地図を見る
交通 相鉄本線「海老名」歩3分乗換案内
間取り 1LDK~4LDK 間取り図を見る
専有面積 45.25m2~120.65m2
価格
未定
販売スケジュール 2018年1月中旬販売開始予定
入居時期 2020年1月下旬予定
  • お問い合わせ
    0120-093-304無料
    「リーフィアタワー海老名 アクロスコート」販売準備室
    営業時間:10:00AM~5:00PM/定休日:水・木曜日
    ※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
    ※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。
    ※お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えください。
  • スマートフォンから物件情報を見る
    画像

    スマートフォン版SUUMOでも、この物件情報や地図を見ることができます。

【67717214】リーフィアタワー海老名アクロスコート
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る