"20170924014659:H:0" "20170924014659:H:0" "20170924014659:H:0"

センターマークスタワー(取材レポート)

SUUMO(スーモ)新築マンションのセンターマークスタワーの取材レポート情報です。

総戸数283邸、地上46階建のタワーマンションならではの暮らし方1/4

1
街全体を「緑の丘」としてデザイン。大規模開発だからこそ実現できる街づくり
ここで暮らすことに誇りが持てる住まい。洗練と威厳が込められたデザイン
〈センターマークスタワー〉外観(完成予想図)※1※2
トライアングルの形状は、どの角度から見ても美しいシルエットを描き出すためのもの。アイランドシティの景観に映える、ランドマークを目指した住まい。
エントランスアプローチ(完成予想図)※1※2
豊かな緑の中で多世代が交流できる場を創出

〈センターマークスタワー〉のエントランスアプローチには、多彩な樹木や花の植栽が施され、緑豊かな空間を演出。四季の移り変わりを身近に感じることができる環境は、同物件の特徴のひとつ。
自然環境と調和する街づくりを目指したセンターマークス街区は、隣接するアイランドシティ中央公園からの緑の連続性も、街づくりのテーマのひとつ。街区全体をひとつの「緑の丘」として構成し、隣接する商業棟(2019年度開業予定)の3階には〈センターマークスタワー〉とつながるコミュニティデッキが計画されるなど、豊かな緑の中で、多世代の人が交流する場の創出を目指している。

洗練と威厳を感じさせるデザインのエントランスアプローチ(完成予想図)※1※2
2
細部へのこだわりが、全体の完成度を高め、日常が「特別」になる住まい
エントランスホール(完成予想図)※1
美意識に満ちたエントランスホール

住まいの顔となるエントランスホールには、自然と都市が融合したアイランドシティの空気感を研ぎ澄まされた意匠で表現。季節ごとに移り変わる眺めをゆっくりと楽しめるように家具やインテリアを配置。まるでアートギャラリーのような美意識が貫かれた空間が、いつもの日常に心地よい刺激をもたらしてくれる。

内廊下(完成予想図)※1
日常を「特別」にする、住まいへのこだわり

〈センターマークスタワー〉は、エントランスから自宅に入るまで、外からの雨風の影響を受けることがない内廊下を採用。また、外部から廊下へ直接侵入することができないため、セキュリティ面での安心感が高い点も注目したいポイント。エントランスに入ってからの安心感だけでなく、住まい全体を包む雰囲気が、日常に「特別感」を与えてくれる。

3
「タワーマンションだからこそ」の楽しみ方、「大規模マンションだからこそ」の充実
スカイラウンジ(完成予想図)※1※3
「タワーマンション」「大規模マンション」それぞれのメリットを享受できる
コミュニティガーデン(完成予想図)※1
4層ごとにコミュニティガーデン(屋外広場)を設置。暮らす階層が違っていても、ひとつの空間を共有して、顔見知りになり、自然なコミュニケーションが育まれる。
  • タワーマンションの眺望・構造を活かす

    タワーマンションで暮らすことの楽しみのひとつ「眺望」。その眺望を存分に楽しめるようにと設置されたのが、19階の「スカイラウンジ」。一日の終わりを告げる夕景や、都市の光や星空が煌く夜景を眺めながら、思い思いの時間が過ごせる。まさにタワーマンションで暮らす人だけが満喫できる、至福の時間だといえる。
    また、4層ごとに設けられたコミュニティガーデンでは、普段あまり顔を合わせることがない人々を繋ぐコミュニケーション空間として、新しいコミュニティづくりを育んでくれる。

  • 大規模マンションの充実した共有スペース

    ただ暮らすためのマンションではなく、暮らしを楽しくするマンション。そのために用意されたのが多彩な共有スペース。
    来訪した友人や家族がゆったりと宿泊できるホテル仕様のゲストルーム(有料・使用料未定)を用意。子育てファミリーに嬉しいのは、キッズルーム(使用料未定)。室内なので天候に関係なく遊べるだけでなく、同世代の子育てファミリーの情報交換の場所としても活用が期待される。多彩なイベントや、サークル活動など幅広い利用方法で活用できるカルチャールーム(有料・使用料未定)など、多彩なライフスタイルに対応した共有スペースは、まさに大規模マンションならではの充実した仕様だといえる。

最新情報を順次お届け!資料請求受付中!

〈センターマークスタワー〉の魅力が分かる、詳細情報を掲載した資料をご用意しております。「資料請求する」ボタンより、お気軽にお問い合わせください(画像は外観完成予想図※1)

※1/完成予想図は設計図を基に作成したもので形状・色等は実際のものとは多少異なります。また、外観形状の細部・設備機器等は、表現されておりません。 ※2/植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。植栽は計画段階のものであり、樹種等が変更になる場合があります。 ※3/掲載の完成予想図は2017年6月に現地20階相当の高さから撮影した写真に、計画段階の図面を基に描き起こした建物完成予想図をCG合成・加工したもので、実際とは多少異なります。なお、眺望等は将来的に保証されるものではありません。

未来へとつながる夢を、住まいづくりに託して2/4

1
新しい街づくりを通して、アイランドシティのシンボリックな建物にしたい
「あのマンション、と言えばすぐに分かってもらえるアイデンティティを持たせたい」
どの角度からも綺麗なシルエットが見える外観※2
センターマークスタワー(以下CMT)のコンセプトをはじめ、デザインや空間設計について、西日本鉄道の豊岡氏、竹中工務店の平田氏に話を伺った
「タワーマンション単体ではなく、街全体の連続性に配慮して設計しています」平田氏
「暮らしの全てがまかなえる街に」

豊岡「CMTは、住宅・商業施設・交通拠点が一体となった複合開発のセンターマークス街区の核となる分譲マンションです。約4.1hという広大な敷地だからこそ、多世代がその街で暮らしの全てがまかなえる街をつくりたいと思っています」

平田「CMTは多世代が住み続けるというマンションだからこそ、多世代が自然にコミュニケーションができるように住人同士が交流できるコミュニティガーデンを4層毎に設置したり、商業棟の3階部分をセンターマークス街区のコミュニティ広場として計画するなど、コミュニティ形成が促進されるように配慮されています」

平田「アイランドシティは『ぐりんぐりん』など既存にはないようなデザインの建物があるので、大胆なデザインや街の形成に挑戦できるベースがあります。街並みを壊すことなく、調和させながら、個を主張できる、そんな雰囲気ですね。高さ制限の違いから、天神や博多ではできないようなシンボリックなタワーのデザインが可能です。マイホームに対する誇りが持てるような建物にしたいと思います。福岡の人にとって『あのマンション』と言えば、すぐにCMTだと分かってもらえるようなアイデンティティを持たせたいですね」※3

2
「住まいとしてのアイデンティティ、快適さを追求して生まれたデザイン」
「地震や液状化に対する備えは、これまでのノウハウが活かされています」と平田氏
「三角をベースにしたデザインは必然から」

平田「外観の色については、アイランドシティ中央公園が目の前という立地で、周囲の景観に溶け込みながらも、アイデンティティが出せるような色にしました。どこからでも建物が見えるアイランドシティだからこそ、シンプルなデザインが映えます。どの角度からも一番綺麗なシルエットが見えるのが三角形状です。この形状は、デザイン・間取・構造、全ての必然性から生まれました」

「より快適に、より開放感が感じられる住空間を目指して」
  • Eタイプ 4LDK+納戸+2WIC 専有面積/108.01m2 バルコニー面積/13.00m2 ※4※5
  • 三角をベースにした形状は、デザイン・間取・構造、すべての必然性から生まれた
  • Hタイプ 3LDK+納戸+2WIC+SIC 専有面積/88.42m2 バルコニー面積/8.00m2 ※4※6

平田「タワーマンションは、地震に対する強さはもちろんですが、風を受け流すという性能が大切になってきます。風揺れを防がなければ、タワーはゆっくりと揺れて船酔いに似た現象が起きる可能性があるのですが、三角形状は風を受け流すのに適したデザインです。さらに、三角形は力が加わっても安定しているのが特徴のひとつ。CMTでは免震構造とし弊社開発のパッシブロックダンパーを採用して、風揺れを防ぎながら、地震発生時には住まいを守る仕組みが整っています」

平田「タワーの構造は、外周フレームと内周フレームのダブルチューブ構造になっていて、2つのチューブの間に住空間が入るように設計されています。この構造は、地震に強いだけでなく、住戸の中に内外フレームを繋ぐ梁がなく、自由なプランニングができるという特徴を持っています。余分な梁が出ないということは、それだけ住空間が広く感じられるというメリットもあります。また、CMTの三角形をベースにした形状は、同じ廊下の長さで比較した場合、四角形状よりも、窓面積が広く取れるという特徴があります。先ほどの余分な梁が出ないというメリットと合わせて、窓を大きくとり、自然光がたっぷりと入る住空間を実現しています」

豊岡「CMTの東側にはアイランドシティ中央公園があるように、東西南北どの方向であっても眺望の良さを感じることができます。この恵まれた立地と、家族が集う空間だからこそ、より多くのプランでリビングダイニングは2面採光を実現しているのもCMTの特徴です。リビング部分はあえてバルコニーをなくし、開口面積を可能な限り広くとったダイレクトビューウィンドウなので、より一層開放的な眺望を満喫することができます。眺望を楽しむための工夫が随所に盛り込まれているのも、CMTの魅力です」

3
センターマークスタワーに、新しい街づくりの夢を乗せて
「アイランドシティの核となる活気ある場所をつくり、街づくりの起爆剤にしたい」
株式会社 竹中工務店 九州支店 設計部
平田 文広 氏
  • 「建設中の様子も、ぜひ見学を」

    平田「モデルルームがオープンしたら、見学の際にはぜひ現地の建設の様子も見て頂きたいですね。CMTは、プレキャストコンクリート工法といって、柱・床・梁など建物の構造体をあらかじめ専門工場で製造し、現場で組み立てていく工法です。主要な部材を工場で製造するので、品質が安定しているという特長があります。当然、工期も短くなりますし、品質と速さを両立することができます。
    この工法は4日~5日で1層立ち上っていくので、モデルルームを訪れるたびに建物が空に向かって成長していく、新しい感動があります。ほぼ毎日、柱や梁をタワークレーンで吊りあげて組み上げていきますが、とてもダイナミックなシーンですよ」

  • 「未来へとつながる街づくりを」

    平田「弊社のコーポレートメッセージは『想いをかたちに 未来へつなぐ』です。今回のプロジェクトはまさに、センターマークスタワーという西日本鉄道グループの「夢」を実際のかたちにして、未来へとつながる街づくりのお手伝いをしたいと思います」

「アイランドシティというキャンパスに、夢を描いていければ」
西日本鉄道株式会社 住宅事業本部 商品企画課
豊岡 俊也 氏
  • 「コミュニティを育む環境を整えたい」

    豊岡「西日本鉄道・三菱地所レジデンス・京阪電鉄不動産というチームで行うプロジェクトなので、このチームならではのスケールの大きな街づくり、そして複合開発ならではの多世代のコミュニティを育む環境を整えて、これまでにない街をつくっていきたいと思っています。また、分譲マンション単体だけでなく、複合開発だからこそできる『暮らしの一通りができる街』を目指しながら、天神・博多へのアクセスも充実させていくという西日本鉄道だからこそ可能なライフスタイルを提供していきたいと思っています」

  • 「夢が膨らむ街づくりを」

    豊岡「にしてつグループの企業メッセージは『まちに、夢を描こう』です。センターマークスタワーは、分譲住宅にとどまらず、複合開発の新しい『まちづくり』として、アイランドシティというキャンパスに、未来へとつながる夢を描いていきたいと思います」

資料請求された方には詳細情報をお届けします

〈センターマークスタワー〉の魅力が分かる、詳細情報を掲載した資料をご用意しております。「資料請求する」ボタンより、お気軽にお問い合わせください(画像は外観完成予想図※2)

※1/竹中工務店 九州支店にて撮影 ※2/掲載の外観完成予想図はアイランドシティ中央公園から撮影(2017年4月)した写真に、計画段階の図面を基に描き起こした建物完成予想図をCG合成・加工したもので、実際とは多少異なります。建物完成予想図は設計図を基に作成したもので形状・色等は実際のものと多少異なります。また、外観形状の細部・設備機器等は、表現されておりません。本物件の南側・東側・南東側には、低層建築物および高層建築物が建つ予定です。それに伴い、今回分譲する住戸の眺望・通風等に影響が生じますので予めご了承ください。なお、この計画の建物は未だ建築確認を取得しておらず、変更・中止になる場合があります ※3/ぐりんぐりんはアイランドシティ中央公園内 ※4/WIC:ウォークインクロゼット、SIC:シューズインクロゼット ※5/トランクルーム面積1.40m2含む ※6/トランクルーム面積1.44m2含む

アイランドシティで暮らす子育てファミリー2組にインタビュー3/4

1
〈INTERVIEW1〉ここ2、3年の発展が目覚ましい街。自分らしい楽しみ方ができる生活環境
新しい街だから、みんなが支えあうような雰囲気が心地よい。子育て環境としても満足
〈INTERVIEW〉Nさん夫妻+子ども一人
まもなく二人目のお子さんが誕生するNさんご家族。さらに賑やかに、笑顔いっぱいになる暮らしが今から楽しみ※1
「街のいたるところに公園があり、まるで自分の庭のような感覚です」※1
「ここ数年、街の発展が目覚ましいですね」

「住み始めた当初は、公共交通の便数は少なかったものの、都市高速が天神・博多に直結しているから、車があれば便利。道路も広いし、渋滞も少ないので、ストレスなく移動できるのが気に入っています。今では天神方面だけでなく、千早駅や博多駅直行便などバスの本数も増えて、便利さがアップしたのが嬉しいですね。
とくにここ2~3年はアイランドシティの発展のペースが速くなっていると感じています。フードウェイができて買い物が便利になったのはもちろん、万が一のときにも安心感がある病院、レジャー施設など、いろいろな施設がオープンしました。私のお気に入りのひとつは、ハニー珈琲。美味しいだけでなく、ホッとできるのがいいですね。あと、照葉スパリゾートのパンは美味しくて家族みんなに好評です。スパを利用しなくてもパンを購入できることは、知らない人が多いかもしれませんね。
照葉公民館での活動も活発で、いろいろな企画が行われています。以前は、早朝ボーリングの企画があったのですが、朝7時30分スタートなのに100人の参加者がありました。アイランドシティでは、幅広い世代がいろいろな楽しみ方ができる環境が整っていると思います」※2

「電柱や電線がない街づくりで、空の広さを実感できます」(現地より約580mにて撮影)
「子育てファミリーにオススメできる環境」

「ハード面の充実は、子育てファミリーにとっては嬉しいですね。アイランドシティのいたるところに緑豊かな公園があるので子どもが遊ぶ場所には事欠きません。遊具も豊富で、子どもがのびのびと遊べます。雨の日には屋内で動ける、ぐりんぐりんのフリースペースが穴場など、いろいろな楽しみ方ができます。周辺を見ても、海の中道海浜公園も車ですぐの距離。気軽に行けるので、マリンワールドは年間パスポートを購入しました」※3

「豊かな自然が身近にあるのは、子育て環境として魅力です」 ※1
「何もかも新しい街で暮らす楽しさが魅力」

「土地が広いので、街全体にゆったりとした雰囲気があります。初めてこのエリアに来た家族も多く、お互いが支えあおうという気持ちがあるので、必然的に仲良くなれます。いろいろな情報交換も活発に行われていますよ。美しい街並み、ゆとりのある街区計画、広い歩道、豊かな植栽など、贅沢な街づくりが実践されているのがアイランドシティだと思います。何もかも新しい街が、どう発展していくのかを見守るのも楽しみです」

2
〈INTERVIEW2〉日々成長していく街の姿を見るのは、ここで暮らす楽しみのひとつ
「街も、ここで暮らす人たちも、穏やかな感じです」
〈INTERVIEW〉Iさん夫妻+子ども一人
「アイランドシティで暮らし始めて4年。便利さと穏やかさのバランスの良さが気に入っています」※1
「道が広く、歩道にもゆとりがあります。フラットな地形は移動がしやすいですね」※4
「雰囲気の良さは、この街ならでは」

「もともと利便性の高い場所から、アイランドシティに移ってきたのですが、車の移動であれば不便さを感じることはありませんでした。凝縮感のある都心に住んでいたので、便利さとゆとりのバランスがとれたアイランドシティの雰囲気がとても気に入っています。街を歩いていても、電柱や電線がないのは、この街ならではの景色だと思いますし、先進の街に住んでいるというステイタスも感じています。時間が経つほどに『どんどん新しい施設ができて便利になっていっている、街が発展している』という実感があります。これから都市高速が延伸されたり、体育館ができたりと、今後の発展が楽しみですし、街が成長していく姿を見るのが楽しいです。
アイランドシティの印象として強く感じるのは、街の人がやさしいということです。みなさん穏やかな感じがします。これも街の雰囲気がよいからかもしれません。私はアイランドシティ全体がひとつの『街』というイメージを持っているので、どこにいても目が行き届く安心感も、この街が好きな理由のひとつです。」※5

写真のアイランドシティ中央公園をはじめ、公園には遊具が豊富※1
「この街のみんなで、子ども達を育てる」

「小中学校や保育園をはじめ、教育施設がアイランドシティ内に揃っている点は子育てファミリーとしては嬉しいですね。広いだけではなく、自然とも触れ合えるアイランドシティ中央公園をはじめ、大小様々な公園がいたるところにあります。遊具も豊富なので、私達も利用しています。アイランドシティで暮らす子ども達を、住人みんなで育てるという意識が育まれているのも、お気に入りのポイントです」

豊かな水と緑の潤いを身近に感じることができる、アイランドシティ中央公園(約250m)
「アイランドシティの好きなところ」

「アイランドシティの良さは、ゆったりとした時間が流れる環境なので、穏やかな心で毎日を過ごすことができる点です。そして、ここで暮らす人々が、お互いに支えあいながら暮らしているという雰囲気が好きですね。年月を重ねる程に、街がどんどん発展しているので、暮らしの中で便利になっているという実感があります。この街の中で生活の全てができるという、街の発展への期待感があります」

3
豊かな自然に包まれて、充実した子育てが実現できるロケーション
      • 子育てファミリーで賑わうアイランドシティ中央公園
      • ウォーキングコースなどもあり、幅広い世代が楽しめる※1
      • 歩道は広いだけでなく、歩車分離で安全性が高められている(現地より約850mにて撮影)
      • 国際交流庭園など、エリア毎にテーマがあり、散策するだけでも楽しい※1
  • 豊かな心を育てる、自然の潤いと広大な敷地

    幅広い世代が心地よく暮らせるようにデザインガイドラインに基づいた街づくりを推進するアイランドシティ。中でも、街の中心に位置する「アイランドシティ中央公園」は、芝生広場と修景池を中心に、遊具が豊富なこどもの広場、体験学習施設ぐりんぐりんなど、多彩な施設から構成され、街のシンボルといえる存在。
    休日になると、多くのファミリーが公園を訪れ、思い思いに時間を過ごす姿が見受けられる。豊かな自然と触れ合い、家族と一緒の時間を楽しむ、子育ての理想のひとつを実現できるロケーションは、子育てファミリーにとって魅力の環境。また、段差が少なく、歩車分離された歩道など、安全性にも配慮されているのも、嬉しいポイント。

  • フードウェイアイランドシティ店(約660m)
    日々の買い物も、新鮮な食材が身近に

    2016年3月にオープンしたアトレアモール照葉。新鮮な食材を求めやすい価格で提供するフードウェイをはじめ、雑貨店・クリーニング店を併設。毎日の買い物を身近な場所で済ませることができる。徒歩圏内なので、子ども達と一緒に歩いて買い物に行くことも可能。イオンモール香椎浜には、車で約3分(約1780m)。様々なアイテムが購入できる専門店街やランチやディナーが楽しめるお店など、多彩な楽しみ方ができる。

  • アイランドシティ外周緑地(約1140m)
    週末に家族そろってのおでかけも楽々

    休日朝にウォーキングするなら、アイランドシティ外周緑地がおすすめ。歩きやすい地形に、海の青と芝生の緑が、心身をリラックスさせてくれる。ちょっと足を延ばせば、海を渡る「あいたか橋」(約1.4km)も。都心へのおでかけも、マイカーなら香椎浜ランプ(約2.5km)から福岡都市高速を利用すれば、天神・博多方面にもスムーズ。アクティブライフを満喫できるロケーション。

資料請求された方には詳細情報をお届けします

〈センターマークスタワー〉の魅力が分かる、詳細情報を掲載した資料をご用意しております。「資料請求する」ボタンより、お気軽にお問い合わせください(画像は外観完成予想図※6)

※1/アイランドシティ中央公園(約250m)にて撮影 ※2/福岡市立こども病院(290m)、ハニー珈琲(約600m)、照葉スパリゾート(約230m)、照葉公民館(約880m) ※3/ぐりんぐりん(アイランドシティ中央公園内)、海の中道海浜公園・マリンワールド海の中道(約7km) ※4/現地より約600mにて撮影 ※5/福岡都市高速6号線延伸整備事業(2020年度開通予定)、(仮称)福岡市総合体育館(約450m・2018年秋会館予定) ※6/掲載の外観完成予想図はアイランドシティ中央公園から撮影(2017年4月)した写真に、計画段階の図面を基に描き起こした建物完成予想図をCG合成・加工したもので、実際とは多少異なります。完成予想図は設計図を基に作成したもので形状・色等は実際のものと多少異なります。また、外観形状の細部・設備機器等は、表現されておりません。本物件の南側・東側・南東側には、低層建築物および高層建築物が建つ予定です。それに伴い、今回分譲する住戸の眺望・通風等に影響が生じますので予めご了承ください。なお、この計画の建物は未だ建築確認を取得しておらず、変更・中止になる場合があります

アイランドシティ&タワーならではの、充実した暮らし4/4

1
「想像通りの素敵な街になっていっている実感があります」
散策やジョギングが楽しめるアイランドシティ中央公園(約250m)
「新しい街ならではの、心地よい暮らし」

「アイランドシティで気に入っているのは、豊かな緑に包まれたロケーション、電柱・電線がない都市計画といった新しい街ならではの部分です。起伏が少ない地形は街を歩くのに楽で、普段の生活の中で、暮らしやすさを実感しています。また、マンションとマンションの間など建物の配置にゆとりがあるので、街全体に開放感があります。プライバシーが守られていると感じますし、気持ちよく暮らすことができています」

フードウェイアイランドシティ店(約660m)
「想像通りの素敵な街になっている」

「アイランドシティに住んで9年になりますが、あっという間に発展してきた気がします。当初は買物などに不便さを感じることもありましたが、そのおかげでゆったりできる環境が整い、そのゆったりさを気に入っていました。今ではフードウェイができたおかげで、買物も便利になりました。時を重ねて、想像通りの素敵な街になっている、という実感がありますし、これからの発展が楽しみです」

「積極的に参加して、充実した暮らしを満喫。つながりを感じています」
〈INTERVIEW〉Kさんご夫妻
ご夫婦でアイランドシティの大規模タワーマンションの在住歴9年のKさんご夫妻に、アイランドシティと大規模タワーマンションの魅力についてインタビュー
  • 「開放感とともに暮らしている」

    大規模タワーマンションでの暮らしはいかがですか?
    「高い場所での暮らしは、最初は不安でしたが、住んでみると意外になれるものです。なんといっても、タワーマンションは眺望がいいですね。毎日表情が変わるので、景色を楽しんでいます。四季の移り変わりで、太陽の位置が変わるということを、改めて感じています。開放感とともに暮らしている、という実感がありますよ。夜空を見て、月や金星を見る。空や星を見て暮らす楽しみ。私たちシニア世代にとっては、自由な時間ができ、心が豊かになる。それがとても気にいっています」

  • 「イメージ以上のライフスタイル」

    「大規模マンションはプライベートを重視した住まいだと思っていました。実際に暮らしてみると、良い意味で全然違っていました。受け身ではなく、自分から積極的に動けば、たくさんの交流の場がある、と感じています。また、充実した暮らしをしようという意識の高い人の集まりが多く、困ったことがあればお互いに助け合う、という雰囲気ができているのも嬉しいですね」

2
「自宅の窓から外を眺めていると、街の変化や成長を実感します」
移動しやすい地形や幅の広い歩道は、新しい街ならでは(現地より約600mにて撮影)
「街の魅力、眺望の良さで、即決でした」

「豊かな自然をこんなに身近に感じられる環境はなかなかないのではないか、というのがこの街を初めて訪れた時の第一印象でした。起伏が少なく、歩道も広いので移動がしやすいなど、新しい街づくりのメリットがシニア世代の暮らしやすさにも繋がっていると感じました。今の住まいの眺望の良さに加えて、海や緑が身近なのに都市の便利さもある、そしてこれからの発展も楽しみという『街の魅力』が気に入って、即決でした」

アイランドシティ中央公園は、多彩な施設で訪れる人の心を和ませてくれる※1
「人の一生に必要なものが揃う街」

「広くて緑も豊かなアイランドシティ中央公園では、散歩やジョギングをする人を見かけます。最初は利便施設の数などに物足りなさを感じていましたが、今は買物施設だけでなく、福岡みらい病院(約460m)などの医療施設も揃ってきたので、人の一生に必要なもの、総合的なものが揃ってきたと実感しています。自宅の窓から外を眺めていると、街の変化や成長を実感できます。今では、街の成長を見守るのも楽しみのひとつになりました」

「コミュニティの良さを知っているから、大規模マンションが選択肢のひとつに」
〈INTERVIEW〉Nさんご夫妻
以前、他都市で大規模マンションでの暮らしを経験していたNさんご夫妻。大規模マンションならではの良さ(=コミュニティの楽しさ)を知るご夫妻にインタビュー※1
  • 「人と人との繋がりが、暮らしを豊かに」

    「以前も大規模マンションに住んでいたので、大規模マンションの良さ=コミュニティの楽しさを知っていました。みんなが集まって交流が広がるラウンジなど、多彩な共用スペースがあるのも、大規模マンションの魅力のひとつですね」

  • 「新しい発見、充実した暮らしができる街」

    「新しい街だから、以前住んでいた場所がアイランドシティ周辺だけでなく、県内県外いろんな場所から集まってきているという印象があります。暮らしのすべてが『はじめまして』だからこそ、みんなで支えあおうという気持ちができていると思います。アイランドシティに住む人は、新しく住人になった人を受け入れる寛容さがあるので、これまでのしがらみから解放され、人生の『新しい一歩』を踏み出すにはぴったりの街だと思います」

3
「程よく便利で、自然も楽しめる環境だからこそ、自分の時間を満喫できます」
「街が発展して利便施設が増えても、自然は損なわれていないのが気にいっています」
〈INTERVIEW〉Iさんご夫妻
アイランドシティの大規模タワーマンションにお住まいのIさんご夫妻に、大規模タワーマンションの良さをインタビュー※1
「豊かな緑など、充実した環境が生活の質を高めてくれる気がしています」とIさん※1
「タワーマンションならではの魅力」

大規模タワーマンションの魅力は?
「眺望の良さに加え、他人の目が気にならずプライバシーが確保されている点です。朝出かける時、わざとカーテンを開けて出かけると、夜帰宅したときに窓全面に夜景が広がっています。心がホッとするので、しばらくは電気を点けずに眺めています。こんな楽しみ方ができるのもタワーマンションの魅力です。地震の際に、あまり揺れを感じませんでしたし、物が大きく動かなかったので、今まで以上に安心感が増しました」

資料請求された方には詳細情報をお届けします

〈センターマークスタワー〉の魅力が分かる、詳細情報を掲載した資料をご用意しております。「資料請求する」ボタンより、お気軽にお問い合わせください(画像は外観完成予想図※2)

※1/写真はアイランドシティ中央公園にて撮影 ※2/掲載の外観完成予想図はアイランドシティ中央公園から撮影(2017年4月)した写真に、計画段階の図面を基に描き起こした建物完成予想図をCG合成・加工したもので、実際とは多少異なります。建物完成予想図は設計図を基に作成したもので形状・色等は実際のものと多少異なります。また、外観形状の細部・設備機器等は、表現されておりません。本物件の南側・東側・南東側には、低層建築物および高層建築物が建つ予定です。それに伴い、今回分譲する住戸の眺望・通風等に影響が生じますので予めご了承ください。なお、この計画の建物は未だ建築確認を取得しておらず、変更・中止になる場合があります

※価格は物件の代金総額を表示しており、消費税が課税される場合は税込み価格です。税率は引き渡し時期により異なりますので、情報の見方ページを参照いただくか、各物件にお問い合わせください。 (1000円未満は切り上げ。)
※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。
※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。
※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。
※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。
※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。
※地図の更新タイミングの関係で、物件情報が実際のものとは異なる場合や最新情報に更新されていない場合がございます。
※以下の南西諸島及び離島においては、表示される物件の位置が実際のものとは数百メートル程度ずれる場合がございます。
東京都:硫黄島・青ヶ島、沖縄県: 北大東島・南大東島・多良間島・水納島・与那国島・宮古諸島・石垣島・竹富島

センターマークスタワー 物件概要

所在地 福岡県福岡市東区香椎照葉5-26-37(地番)地図を見る
交通 JR鹿児島本線「千早」バス19分こども病院停歩5分乗換案内
間取り 2LDK~4LDK 間取り図を見る
専有面積 57.5m2~166.06m2、トランクルーム面積1.07m2~2.88m2含む
予定価格帯
2400万円台~9800万円台(※100万円単位)
販売スケジュール 販売開始予定 2017年10月中旬
入居時期 2019年3月下旬予定

モデルルーム・イベント・キャンペーン

  • お問い合わせ
    0800-816-9543無料
    「センターマークスタワー」マンションギャラリー
    営業時間:10:00~17:00/定休日:毎週水曜日
    ※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
    ※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。
    ※お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えください。
  • スマートフォンから物件情報を見る
    画像

    スマートフォン版SUUMOでも、この物件情報や地図を見ることができます。

【67710792】センターマークスタワー
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る