不動産の仲介手数料にかかる消費税は、支払うタイミングで変わる?

写真: iStock / thinkstock

不動産の仲介手数料にかかる消費税は、支払うタイミングで変わる?

山本 久美子
住宅ジャーナリスト
【今週の住活トピック】
「仲介にかかわる消費税は経過措置の適用対象」と関係団体に通知/国土交通省

2014年4月1日から消費税率が8%に引き上げられることを踏まえ、国土交通省は不動産の仲介手数料が「経過措置」の適用対象となることを国税庁に確認し、適正な消費税の運用について周知徹底を関係団体に依頼した。では、仲介手数料に対する消費税は、どうかかるのが適正なのか?

売買契約時と引き渡し時のタイミングが目安に

中古住宅のような仲介物件を売買する場合は、仲介する不動産会社に仲介手数料を支払うことになる。売買の場合、仲介手数料の上限は売買代金の3%+6万円とされている。この仲介手数料には消費税がかかるので、現行の5%なら3.15%+6万3000円であるが、8%に引き上げられた場合なら3.24%+6万4800円となる。

仮に売買代金が3000万円だったとすると、仲介手数料は100万8000円(5%)と103万6800円(8%)で、2万8800円の増額となる。

ただし、仲介手数料は、売買契約時に半額を、物件の引き渡し時に残りの半額を受け取ることが一般的となっている。では、売買契約を来年の3月までに行い、引き渡しを4月以降に行った場合は、仲介手数料の消費税はどうなるのだろう?

仲介事業者が「仲介手数料の売り上げを計上する時期」に応じて、適用される消費税率が決まるというのが、大原則だ。多くの場合は、売買の当事者が仲介手数料を支払うことになる「売買契約時」や「引き渡し時」に事業者が売り上げを計上すると考えられるので、それが来年3月までであれば5%が、4月以降であれば8%が適用されると見てよいだろう。

したがって、仲介手数料に適用される税率は
売買契約(2014年3月まで)=5% → 引き渡し(2014年3月まで)=5%
売買契約(2014年3月まで)=5% → 引き渡し(2014年4月以降)=8%
というのが目安になるだろう。

仲介の契約も経過措置の対象になる

しかし、上記の通りにならないケースもいくつかある。国土交通省が国税庁に確認し、関係団体に通知をした際の資料を基に詳しく見ていこう。

仲介の契約も、建築請負契約のように経過措置の対象になるとされたので、まずは、この経過措置に該当する場合だ。不動産の売買で不動産会社に仲介を依頼する場合、「媒介契約」を交わすことになっている。売主は正式に仲介を依頼した時点で、買主は物件の購入を決めた時点で、媒介契約を締結することが多い。この契約を2013年9月までに締結した場合、引き渡しが2014年4月以降になっても、旧税率の5%が適用されるというのが「経過措置」だ。

ただし、これには条件がある。媒介契約書に契約金額の3.15%+6.3万円と記載されることが多いが、売買金額が決まっておらず、具体的な仲介手数料の額が確定していない場合は経過措置の対象とならない。逆に、希望売買金額が記載されていれば、その範囲内の仲介手数料の額については経過措置の対象となるとされている。

もうひとつのケースは、売買契約時に仲介事業者が仲介手数料の全額を売り上げ計上し、旧税率で仲介手数料を請求している場合だ。この場合は、2014年4月以降の引き渡しの際に請求する仲介手数料も旧税率の5%となる。

いずれにしても、売買当事者が仲介手数料を支払った日ではなく、仲介事業者が売り上げを計上した日が基準となるので、自分の場合はどうなるのか、仲介を依頼した事業者にしっかり確認をする必要があるだろう。

経過措置が適用されるかどうかは、9月中に交わした媒介契約の内容にもよるので、媒介契約書をよく確認する必要があるだろう。とはいっても、通常の中古住宅の売買の場合は、媒介契約の契約期間が長くて3カ月であること、売買契約から引き渡しまでにそれほど長い期間を必要としないことなどから、来年4月以降に引き渡しとなって経過措置の適用を受けるといった事例はあまりないだろう。仲介物件のなかでも、新築住宅や古家付きの土地などで引き渡しまでに期間を要する場合は、経過措置の恩恵を受けられる事例が多いかもしれない。

この記事をシェア

この記事へのコメント

SUUMOで住まいを探してみよう

'不動産会社や物件ブランドについて知りたいならリクルートの不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)の不動産会社ガイド・全国版。会社やブランドの紹介はもちろん掲載中の物件情報も見ることができます。
マネーと制度アクセスランキング
Twitter, RSSで記事を購読
不動産業界ニュース
SUUMOが提供する住活コンテンツ
SUUMO住活マニュアル
SUUMO住宅ローンシミュレーション
不動産会社ガイド
SUUMO引越し見積もり