【NEWS】メジャーセブン『マンショントレンド調査』結果発表

SUUMO ニュース
住まいに関する新着ニュース

新築マンションポータルサイトMAJOR7(メジャーセブン=住友不動産・大京・東急不動産・東京建物・野村不動産・三井不動産レジデンシャル・三菱地所レジデンスの7社~五十音順)では、このたび全国のマンション購入意向者約50万人を対象に、「新築分譲マンション購入意向者アンケート」を実施した。

【主な調査結果】
(1)「現在マンション購入を検討している理由」
「現在マンション購入を検討している理由」は、前回調査(2011年2月発表)に続き、「もっと広い住まいに住みたいから」がトップとなった。この「もっと広い住まいに住みたいから」は2005年の調査開始以来、8年連続でトップとなっている。2位は、前回に引き続き、「現在は金利が低く、買い時だと思うから」があがった。また、「耐震性の高い住まい(免震構造など)に住みたいから」が前回17位→今回8位、「もっと交通の便の良い(買い物や通勤に便利)ところに住みたいから」が前回5位→今回3位と順位を上げている。

(2)「理想とするマンションのタイプ」
「理想とするマンションのタイプ」について尋ねたところ、前回調査(2011年2月発表)と同様、「管理会社が信頼できるマンション」63.2%、「大手不動産会社が分譲するマンション」60.0%、「大手建設会社が施工するマンション」58.3%がトップ3にあげられた。この“管理会社の信頼性”、“大手不動産会社が分譲”、“大手建設会社が施工”は、時間の経過に関わらず「理想とするマンションのタイプ」として、常に重視されるポイントであることがうかがえる結果となっている。

(3)「お金をかけてもこだわりたいポイント」
「マンション購入時にお金をかけてもこだわりたいポイント」を尋ねたところ、前回調査(2011年2月発表)と比べ、「耐震性が高いこと」「災害に強いこと」「災害時の対策・防災設備の配備がされていること」など災害対策関連の項目が軒並み順位を上げる結果となった。また前回同様、「駅から近いこと」63.0%、「日照や採光が良いこと」60.4%、「住みやすい間取りであること」57.7%、「日常の買い物が便利なこと」55.9%がトップ4にあげられた。

(4)「東日本大震災(2011年3月11日)前後での意識の変化」
分譲マンションで生活することについて、東日本大震災(2011年3月11日)前後で意識に変化があったかどうかを尋ねたところ、「家族で暮らすことや親族との交流の大切さ」では7割以上、「マンション住民同士のコミュニティに参加する・交流を持つこと」「マンション周辺の住民や地域のコミュニティに参加する・交流を持つこと」では5割以上の人が「意識するようになった」と回答しており、今回の震災の影響で、人との交流や地域のコミュニティへの参加について、多くの人に意識の変化がみられる結果となった。とりわけ、20代以下の若年層に、震災を機に家族や近隣との“絆”に対する意識の変化がうかがえる。

■ニュース詳細リンク先
http://www.sumitomo-rd.co.jp/news/files/1202_0005/report0228.pdf

この記事をシェア

この記事へのコメント

SUUMOで住まいを探してみよう

'不動産会社や物件ブランドについて知りたいならリクルートの不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)の不動産会社ガイド・全国版。会社やブランドの紹介はもちろん掲載中の物件情報も見ることができます。
ニュースアクセスランキング
Twitter, RSSで記事を購読
不動産業界ニュース
SUUMOが提供する住活コンテンツ
SUUMO住活マニュアル
SUUMO住宅ローンシミュレーション
不動産会社ガイド
SUUMO引越し見積もり