"20170523044441:H:0" "20170523044441:H:0" "20170523044441:H:0"

不動産会社ガイド

新日本建設

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

新日本建設

東京メトロ千代田線始発駅「綾瀬」徒歩6分。大手町直結の都心近接ながら、現地は穏やかな住居専用地域(エクセレントシティ綾瀬III。エントランス・コモンガーデン完成予想図。2016年分譲済)

「幸せを育む空間」を創り続けて50年以上。施工から、
販売、入居後の管理まで担う『自社製販一貫体制』

 同社は1964年の設立。半世紀以上にわたり、首都圏を中心に建設・開発事業を展開している。建設業からスタートし、2002年に東証一部上場。2012年には外断熱工法を採用した分譲マンションにおいて「グッドデザイン賞」を受賞。2016年には累計供給戸数7300戸を達成。また、同社は千葉県を中心とした各種公共施設や幕張メッセ国際会議場などの大規模複合施設の建設に携わるとともに、大手デベロッパーのマンション建設も多数受注。その確かな技術力が結集した自社ブランド<エクセレントシティ>シリーズの分譲マンション事業は大きな飛躍をみせ、近年目覚ましい発展を遂げている。

 【50年超の歴史】が証明する堅実な事業経営と実績

千葉駅西口地区第二種市街地再開発事業B工区外観イメージ

幕張メッセ国際会議場を手掛けるなど、
信頼を獲得した「建設事業」

 設立以来の柱である建設事業においては、1989年に完成した幕張メッセ国際会議場やジェフユナイテッド市原・千葉ホームスタジアム(共同開発事業)といった、千葉県内でもシンボリックな大型建造物に加え、大規模ショッピングセンター、ビジネスビルなどを次々に建設。また千葉県立幕張総合高等学校の施工では1996年に千葉県建築文化賞(主催:千葉県)を受賞。同じく2002年には千葉市立海浜打瀬小学校等でも受賞するなど数々の賞を受賞。行政機関からの信頼は揺るぎないものとして確立されており、現在は千葉駅西口再開発事業(2019年度完成予定)を手がけている。

1964年設立の工務店から出発した50年超の歩み

 千葉を拠点としてゼネコン事業を基盤に着実な歩みを続けてきた同社は、自社ブランド<エクセレントシティ>シリーズの誕生によって、千葉に留まらず東京都心さらには神奈川、埼玉エリアへと事業を飛躍させた。2000年には東京支店を日本橋室町(現日本橋堀留町)に新設。2002年に東証一部上場、以後も事業拡大を続け、2016年には、150棟7300戸超の分譲マンション供給実績へと結実した。<エクセレントシティ>シリーズは、お客様の声を取り入れた設計(間取り)や、駅に近い立地が高く評価され、マンション事業の好業績を支えている。

1600名を収容できるコンベンションホールをはじめとした国際的な会議場、幕張メッセ国際会議場(共同開発事業)は1991年建築業協会賞(主催:建築業協会)を受賞

↑ページの先頭へ戻る

 【同社の発展を支える中堅社員にインタビュー】 「お客様主体の住まいづくりを」

マンション販売第一部 田中氏

「何があっても、たらい回しにさせない、信頼の体制。
安心して暮らしていただきたいです」

 「マンションギャラリーに初めてご来場された時の担当者が、ご新居の鍵の引き渡しまで“ずっと”担当させていただきます。銀行関係・行政手続きから、約半数の方が希望される設計変更についても常にサポート致しますので、気軽にご来場いただければと思います」。「女性営業としてベテランと言われるようになってきた私の視点でも、ブレない設計で高い機能性とデッドスペースの軽減を実現したエクセレントシティは魅力の住まいです」。「引き渡し完了後も管理業務はグループ会社が担いますので、末永く安心して暮らしてください」。

「年を重ね、知識を積み、視野が広がりました。
今後も世代を繋ぐ住まいを創造していきます」

 用地取得後、土地に合ったプランの検証やコンセプト設定、デザインの検討など、主に企画を担当する近藤氏。「時代によって好まれるプランやカラーなどが変化しますので、常にトレンドは確認しています。また弊社はゼネコン事業も行う自社製販一貫体制を強みとしておりますので、個別オーダーによる設計変更にも気軽に対応。窓口となるマンションギャラリー担当者と建築部門のものとを私が繋ぎ、思い描いていた住まいをイメージ通りにカタチにしていきます」。「住まいづくりは地図にも載る仕事です。やりがいはとてもあります」。

建築企画部 近藤氏

↑ページの先頭へ戻る

ユーザーと築く信頼関係1 『自社製販一貫体制』と「社会貢献に重きを置く会社理念」

自社製販一貫体制フロー図

責任の所在が明確で安心。価格や保証面でのメリットも/
経済ドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」にスポンサー参画

 自社施工が可能だからこそ実現できる、同社独自の『自社製販一貫体制』。土地の選定から設計・施工、販売、アフターサービスまでを自社で責任を持って遂行。責任の所在が明確なので、「工事現場の中を見ることが出来ない建物も安心」「買った後のアフターサービスが安心」というお客様の高い評価につながっている。この一貫体制によって、開発・設計・工事期間は短縮され、販売コストも低減、最適な管理体制も実現される。さらに自社責任による長期保証、アフターサービスも大きな魅力のひとつとなっている。
 現在、「ガイアの夜明け」のスポンサー企業として参画中。この番組は、政治や経済が迷走しても、災害があっても、各地で様々に頑張っているニッポン人を応援する番組。同社は、この番組の提供を通じ、日本の経済発展を応援するとともに、今後も、「駅近」「適正価格」「高品質」な住まいの供給を目指していく。

↑ページの先頭へ戻る

ユーザーと築く信頼関係2 【施工実績・供給実績】が語る、建設と分譲の総合力

分譲実績マップ抜粋(2016年12月現在) ※<エクセレントシティ大森>は2011年分譲済

他社ブランドにも施工サイドで参加、その叡智を自社物件に集結/
2016年には供給累計150棟、7300戸超を達成

 同社のゼネコン技術は業界でも高い評価を獲得。それは<エクセレントシティ>ブランドの施工に加え、他社大手デベロッパーの数々のプロジェクトに施工会社として参加している事実が如実に物語っている。ここ5年以上、首都圏における分譲マンション施工実績ランキングでは常にトップ10入り。経験と実績を着実に積み、それを惜しみなく全ての物件に注ぎ込む。その真摯な対応と企業姿勢が信頼を生み次の建築受注に繋がる。そして、それらの叡智が<エクセレントシティ>に結集していくという好循環が生み出されている。
 <エクセレントシティ>はその立地が求めるコンセプトを的確に掴み、ゆとりあるファミリータイプから利便性を重視したシングル・ディンクス向けのものまで、その街に調和しつつも個性豊かな住まいを提案してきた。その中には外断熱工法を取り入れ、グッドデザイン賞も受賞した<エクセレントシティ大森>(※)など革新的なマンションも含まれている。分譲実績累計は2016年に150棟、7300戸超を達成。2017年も供給を安定的に継続し安心・安全な建物の建築だけでなく豊かな暮らしを叶える住まいを様々な街に創造していく。

↑ページの先頭へ戻る

ユーザーと築く信頼関係3 【ユーザーから評価される意外なポイントとは】

決算関連報告書イメージ

健全な経営にも注目。自己資本比率は41%、
『実質無借金経営』の安定感

 同社の資本金は36億6539万円(2016年4月現在)。売上高は建設事業、開発事業連結で2015年3月期に約700億、2016年3月期には約780億、2017年3月期(見込み)は850億円。経常利益も2015年3月期に約80億、2016年3月期には約113億、2017年3月期(見込み)では約100億円と、どちらも好業績となっている。また2016年3月期も自己資本比率が41%と安定感高く、現預金が有利子負債を大きく上回る『実質無借金経営』である。

駅徒歩4分~7分内、“程よさ”が高評価の
ファミリーマンションが中心

 2015年、2016年の供給実績をみても駅徒歩4分~7分内の立地が圧倒的に多い同社。駅近の高い生活利便性を享受しつつ、住宅街らしい落ち着きも持ち合わせた立地に展開することが多い<エクセレントシティ>のマンションは、ユーザーから「自分たちに合った程よさ」が決め手のひとつ!と評価されている。「充実したセキュリティ」「細かい工夫が行き渡った設計・間取り」「子育てファミリーに配慮されたプランニング」「省エネ&高断熱」など、こだわりを実現した住まいは、特にファミリーから高い支持を勝ち得ている。豊かな毎日の生活を築くことができる。そんな住まいを今後も提案していく。

「志木」駅徒歩5分。ハイグレードな趣を漂わすルーフバルコニー付きプランなど、暮らしのポテンシャルを向上させる工夫を凝らした設計(エクセレントシティ志木。ルーフバルコニー完成予想図。2016年分譲済)

↑ページの先頭へ戻る

社内の関係各部署が集結する 【品質向上委員会】。 情報やアイデアを社内で共有

各部門を横断する社内検査体制(物件によって異なる場合があります)

例えば『プロジェクト完売報告会』にみる叡智の結集

 同社では、土地の仕入れや設計、建設、販売を担当する各部署の関係メンバーにより【品質向上委員会】が組織されている。この組織は、例えば、プロジェクト完売後に開催される『プロジェクト完売報告会』を例に取ると、プロジェクトの販売責任者により、販売中のお客様の声や評価されたポイント、不評だったポイント、改善を要望された点、設計変更の要望など、多岐にわたる報告がされ、それを、仕入れ、設計、企画、施工(工事)、販売の各メンバーが共有する。一般的には、施工や販売など、少なくとも一部門以上で他社が絡むため、そこに遠慮や責任転嫁が発生し、結果のフィードバックが曖昧なものになってしまう。ところが同社においては、これが次のプロジェクトに即座に活かされている。これが『自社製販一貫体制』ならではの強みであり、特長であると言える。

関連部署が集う報告会によって
<エクセレントシティ>の付加価値を高める

 さらに毎週月曜に行われる合同報告会では、建設工事の進捗状況や、販売状況、お客様からのご要望や、最新の住宅ローンの事情など、様々な情報が関連部署より報告され、共有される。それにより、各担当者は現状を認識しつつ、様々な「気付き」を活かし、日々の業務の改善を行う。さらに、他社との戦略的提携であるJV事業なども数多く手掛け、幅広い企業との情報交流も盛んである。これらのエレメントが全て、次の<エクセレントシティ>に活かされ、より高い付加価値を反映した住まいへの進化につながっている。

ビッグターミナル千葉駅より徒歩7分。千葉の中心地の利便を手中にするレジデンス。周辺の落ち着きある住環境も魅力(エクセレントシティ千葉グランクラス。エントランス完成予想図。2016年分譲済)

↑ページの先頭へ戻る

自社施工の同社ならではのメリット【設計変更&セレクトプラン】と【施工状況の報告】

セレクトプラン概念図(マンションブランドブックより)※間取り図は概念図。室内写真は施工例(すべて分譲済)

理想の住まいを実現できる「設計変更」、
暮らしかたを選べる「セレクトプラン」

 「設計変更」とは、例えば3LDKを1LDKにして広々としたリビングを実現したり、壁一面に収納を設けたり…、といった、個別の理想を実現できるプラン変更のこと。また、「セレクトプラン」とは基本間取りをベースにリビングの拡張や和室への変更などのバリエーションを設けたもの。他にも床や建具の色に変化を持たせた「カラーセレクト」や、使いやすい高さを選べるキッチン・洗面化粧台の「高さセレクト」、浴室のバスタブを選べる「浴槽セレクト」なども用意。物件により、内容や期限が異なるが、上記の各種セレクトはすべて無償で対応するのも同社の特長。

建設中物件の詳細な報告
「コンストラクションレポート」を提供

 同社では物件購入者だけでなく検討中の方にも、現時点での施工状況などの情報をまとめた「コンストラクションレポート(進捗状況報告書)」を提供。図面や現場の状況など、見ただけではわかりづらい専門的な内容や、建物完成後では確認することのできない情報を、写真とコメントでわかりやすく解説したレポートとなっている。躯体施工時から引き渡しまで2回作成(提供回数や仕様は現場によって異なります)。確実に行う各工程をさらに見えるかたちにすることで、信頼と安心を向上させている。

EXコンストラクションレポート概念図(施工例)

↑ページの先頭へ戻る

引き渡し後も続くお付き合い 【アフターサービス&管理】対応の速さに高い評価を獲得

アフターサービス体制概念図

すべて自社で完結する、スムーズなアフターサービス体制

 入居後、アフターサービスを依頼するとき「どこに問い合わせたらいいのかわからない」という戸惑いもなくスムーズに対応する体制を構築。すべては売主であり施工会社である新日本建設に連絡すればいい。施工や管理などに数社が介在するマンションと違い、責任の所在も明確。しかも対応にタイムラグや情報伝達の齟齬も発生しづらく、迅速かつストレスフリーでサービスを受けることが可能。また専有部・共用部の保証期間を延長する設定も用意しており、建物主要構造部では最大15年保証を受けられる場合もあるので安心感がとても高い。(一部対象外の物件あり)

居住者の声を聞くことを大事に、日々の管理を遂行

 管理業務は、グループ企業の新日本コミュニティーが担当。管理員が実施する日常的な窓口対応、設備点検、緊急時の連絡受付に加え、専門技術者を手配した定期的な設備の点検なども実施。また管理費・修繕積立金の徴収等は透明性の高いシステムを導入し、会計管理、組合総会の運営補助なども実施。長期修繕計画なども提案する。居住者の安全性はもとより、建物の状況なども常に把握し、グループ一丸で充実のサポート体制を実現している。すべての居住者の満足が継続する管理をこれからも行っていく。

セキュリティシステム概念図

↑ページの先頭へ戻る

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

新日本建設

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

新日本建設

分譲実績のあるエリアから会社を探す
店舗所在地から会社を探す
ほかの不動産会社を探す

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る