"20170817003936:H:0" "20170817003936:H:0" "20170817003936:H:0"

不動産会社ガイド

東京建物

2007年供給/〈Brillia Mare有明 TOWER&GARDEN〉(分譲済) 
最上階バーラウンジ

創業120周年、世紀を超えた信頼を礎に
次も選ばれる東京建物へ

2016年10月、東京建物は創立120周年を迎えた。総合不動産会社として最も長い歴史を実現させたものが何であるか、その答えは、昨今の取り組みからも読み解ける。2015年、住宅事業では、グループ会社を再編し、製・販・管の連携を強化。Brillia(ブリリア)を、マンションブランドを超えた「住まいと暮らしのトータルコミュニケーションブランド」と位置づけ、高品質なサービスを追求している。礎にあるのは、創業者・安田善次郎氏が旨とした「お客様第一」と「進取の精神」である。

社長インタビュー/『信頼を未来へ』という企業理念を全グループ社員が再認識し、体現できるように

東京建物 代表取締役 社長執行役員 野村 均(のむら ひとし)氏 
1981年 東京建物入社。2011年、常務取締役に就任。取締役常務執行役員、取締役専務執行役員を経て、2017年1月1日より代表取締役 社長執行役員に就任

120年の歴史は、「お客様第一」と「進取の精神」を受け継ぎ、「信頼」を積み重ねてきたからこそ

「当社は、明治29年(1896年)、旧安田財閥創始者・安田善次郎によって創業されました。当時、安田善次郎は、個人の方が安心して住居を得られない状況を憂慮し、住宅の割賦販売という形で、今の住宅ローンの原型を作りました。それが当社の原点です。安田善次郎が旨としたのは、『お客様第一』と、時代を先んじてとらえる『進取の精神』です。120年間、その想いを継ぎ、『信頼』を積み重ねてきたことが、この歴史につながっています。120周年を機に、今一度、『信頼を未来へ』という企業理念を再確認し、確かなものにしていきたいと考えています。」

Brilliaを核に、人生のあらゆるステージで
お役にたてるサービスを提供していきます

「東京建物の事業の中でも、より多くの方々と長く接点が持てるのが住宅事業です。お子様の保育サービスとして2016年8月に開始した保育事業からはじまり、賃貸マンション〈アパートメンツシリーズ〉からBrilliaへと住み替えていただき、そして、当社のシニア向け住宅〈グレイプスシリーズ〉にも住んでいただきたい。Brilliaを核に、人生のあらゆるステージでお役にたてるサービスをご提供していきたいと考えています。」

昭和4年(1929年)に竣工した東京建物本社ビル。東京駅との間には外堀があり、八重洲口完成を目前にする時期だった

↑ページの先頭へ戻る

Brilliaの進化/住まいと暮らしのトータルコミュニケーションブランドへ

2006年供給/〈Brillia 代官山プレステージ〉(分譲済) 
エントランスホール

「洗練」と「安心」をブランドアイデンティティとする「Brillia」シリーズ

東京建物が供給するマンションブランド「Brillia(ブリリア)」。「Brillia」は“光輝く”“卓越した”という意味を持つ「Brilliant」を語源とする。輝きを実現する軸とされるのが、「洗練」と「安心」だ。「洗練」の住まい=長い年月を経ても色褪せないデザイン、「洗練」の暮らし=多彩なライフスタイルを支えるきめ細かなサービスとサポート、「安心」の住まい=高度な安全性と確かな資産性を保持する性能と品質、「安心」の暮らし=先進のセキュリティと確かな管理体制を提供するブランドの決意が込められている。

住まいと暮らしに関するあらゆるサービスを提供する
ブランドへ

2015年、東京建物では、Brilliaをマンションブランドを超えた「住まいと暮らしのトータルコミュニケーションブランド」と位置づけた。東京建物不動産販売と、管理事業を行う東京建物アメニティサポートを完全子会社化し、また、住宅事業の開発と販売を一体化。製・販・管の連携を強化し、お客様の購入の際のニーズにとどまらず、生活しはじめてからのニーズをも理解して、ものづくりに活かす。管理・仲介・リノベーション・インテリアなど、より質の高い様々な商品・サービスを開発、Brilliaの商品・サービスとして提供していく。

築年経過したお部屋を新築のBrilliaと同品質に生まれ変わらせるBrilliaのリノベーション(施工事例)

↑ページの先頭へ戻る

Brilliaの街づくり/再開発や建替えなど大規模な街づくりで圧倒的な評価を獲得

〈Brillia Tower 池袋〉(分譲済)。日本初(※2)の区本庁舎一体再開発プロジェクト。災害時は、区本庁舎内の災害対策センターが豊島区全域の災害対策の司令塔となる(2015年8月撮影) ※2:区本庁舎として、全国初(2010年11月豊島区調べ)

日本最大規模の建替えや日本初の区本庁舎一体再開発など、日本の住宅史に残る大規模な街づくり

業界で注目される大規模プロジェクトを次々手がけ、大きな反響を得てきた東京建物。2012年には再開発や建替え事業に特化した住宅プロジェクト開発部(現・プロジェクト開発部)を設置。2012年に供給した〈ブリリア 多摩ニュータウン〉(分譲済)は、1972年に誕生した「多摩ニュータウン」で初、しかも、日本で最大規模の建替え事業(※1)だった。歳月に育まれた豊かな自然と成熟したコミュニティという財産を活かすため、住民と共に街づくりに取り組み、日本の住宅史に残る建替え事業として評価された。

※1:1973年以降の民間分譲マンションにおいて建替物件として最大の総戸数(2011年9月時点。(株)不動産経済研究所調べ)

お客様からの反響の高さが物語る街づくりの実力

2013年に手がけた〈ブリリア タワー 池袋〉は、区本庁舎と民間分譲住宅の一体再開発で日本初(※2)プロジェクトとして注目された。「安心」への評価が高く、第1期登録開始より約7週間で全322戸を契約完売した。2015年に供給した山手線駅前大規模再開発(※3)における〈ブリリア タワーズ 目黒〉(総戸数940戸・分譲戸数661戸・分譲済)もモデルルーム公開から約4ヶ月で全戸を完売。立地もさることながら、都心に森を創るランドスケープが評価された。東京建物では、今後も再開発や建替え事業に積極的に取り組んでいく。

〈Brillia Towers 目黒〉(分譲済) ※2014年6月撮影の航空写真に、完成予想CGを合成し、CG処理したもので、実際とは多少異なります
※3:目黒駅前地区第一種市街地再開発事業(2017年事業完了予定)

↑ページの先頭へ戻る

Brilliaのものづくり/働く女性と共に、もっと幸せになる住まいを創るBrillia Bloomoi(ブルーモワ)

共創ピラミッド/SNSやWEBによる対話、交流イベント、ワークショップ、異業種交流会、グループインタビュー、ご購入者の声を聴くなど、様々な形式でコミュニケーションをとりながら、共創が進められる

働く女性と「共に考え、共に創る」対話型の住まいづくり

2012年、住まいを創る者として、多様な生き方をする女性たちの気持ちに寄り添えているかという疑問を解決するために、「Brillia Bloomoi(ブルーモワ)」が発足した。同プロジェクトでは、就労に限らず、子育てや家事、介護、地域社会活動など様々な役割を持つ女性たちの暮らしの“幸せ密度”を高めることをコンセプトに、既成概念にとらわれない、本当に「欲しい」商品やサービスを創ることを目指す。大事にしているのは、「共に考え、共に創る」プロセスだ。様々な形式でコミュニケーションをとりながら、柔軟な発想やチャレンジを採りいれ、お客様と共につくった商品が、既に世に送りだされている。

2016年、ブルーモワメイツと共に“理想のリビング・ダイニング”を創造

2015年には、一般公募による10名をブルーモワメイツとして迎え、継続的にミーティングを実施。それぞれのライフスタイルや価値観を共有しながら、“理想のリビングダイニング”を創りあげた。2016年2月にACTUS新宿店で、実物大に再現した展示を行い、10日間で約500名が来場。東京建物のブルーモワプロジェクトメンバーは語る。「共創には、プロセスを共有することで生まれる深い共感があります。今回ブルーモワメイツと共創する過程で、その共感こそがリアルな商品開発につながることを実感しました。ここで生まれた商品のいくつかが今後のBrilliaに登場していく予定です。」

ブルーモワメイツ。ライフステージや職業も多彩な10名

↑ページの先頭へ戻る

Brilliaの安心/建築途中の建物内で、品質管理担当と対話しながら、住んでからの安心を確認

建築現場見学会の様子(2015年5月撮影)。専門スキルのある品質管理室のスタッフの解説を聞きながら、見て、触れて確認できる

参加者の90%以上の満足を得ている
建築現場見学会

東京建物では、「Brillia Quality Check」に基づいて、品質確保・検査・情報提供を実施。「東京建物のチェック」と「第三者機関のチェック」、そして「お客様のチェック」の3段階に分けて、厳しいチェックを重ねている。なかでも建築途中の建物内で、契約者が内装仕上げ前の様子を見学できる「建築現場見学会」は、「住んでからの安心」を実感できるものとして好評だ。2004年に〈Brillia 二子多摩川 id〉(分譲済)でスタートした当時は、業界で前例がなく、思い切ったチャレンジとされたが、現在までに100物件以上で実施。購入者の70%以上が参加。実施満足度、対応満足度90%以上という評価を得ている。

↑ページの先頭へ戻る

Brilliaのサービス/入居後のあらゆるシーンに応える独自のサービス体制

24時間365日体制で対応する「Brillia オーナーズダイヤル」

入居後の住まいと暮らしに関するあらゆるご相談をワンストップで承る「Brillia オーナーズダイヤル」

2014年10月、東京建物グループは、管理サービスなどのさらなる向上を目的に、電話対応窓口を一本化したグループ総合窓口「Brillia オーナーズダイヤル」を開設。「住まい」と「暮らし」に関する様々な問い合わせ(※4)を24時間365日体制でオペレーターが直接受け、スムーズにサービスへとつなげる。

※4:お引き渡しまでのお問い合わせ全般/定期補修、アフターサービス/インテリア販売・オプション販売/管理全般/緊急駆付けサービス(水漏れ・鍵の紛失など)/家事代行・ハウスクリーニング・その他/シニアコンシェルジュサービス/リフォーム・住み替え相談/Brillia オーナーズクラブの入会方法・特典など

東京建物グループが管理する住まいの中古取引の際に長期保証を付ける「Brillia 認定中古マンション制度」

2012年度グッドデザイン賞(※5)を受賞した「Brillia 認定中古マンション制度」は、「Brillia」をオーナーが売却するにあたり、住宅設備機器の事前審査を実施し、「Brillia 認定中古マンション」として、保証など付加価値を付与する東京建物独自のサービス。2015年10月には、保証期間を従来の2年間から最長5年間に延長(保証期間は建築後年数により異なる)。物件を購入または売却される方へ「安心」を提供するとともに、中古住宅流通市場においてもBrilliaブランドの価値を高め、継承していくことも目的としている。

※5:公益財団法人日本デザイン振興会主催

中古住宅流通市場においてもBrilliaブランドの価値を高める「Brillia 認定中古マンション制度」。認定後の売却活動は、Brilliaに関する豊富な知識を持つ社員「Brillia マイスター」が担当

↑ページの先頭へ戻る

Brilliaオーナーズクラブ「心地よくお過ごしいただけるよう、暮らしのお手伝いをいたします」

2016年10月に開催された「Brillia シネマパーティ for KIDS」/世界のショートフィルム上映会やプロカメラマンによる家族写真撮影会など、たくさんのイベントを用意。子どもも大人も笑顔になるひとときを過ごした

オーナー会員限定のイベントや暮らしに役立つサービスを提供

Brillia オーナーズクラブでは、会員を招待し、様々なイベントを開催。毎年横浜みなとみらいの「Brillia Short Shorts Theater」で開催される「Brillia シネマパーティ for KIDS」や親子で参加できるクッキング教室、パナソニックと提携したあかりセミナーなど、多彩なイベントを通じて、参加したご家族にとって思い出となるシーンをご提供。また、会員向けの特典や住まいサービスなど、暮らしに役立つお手伝いをしている。

Brillia Club 会員募集中

東京建物では、新築分譲マンションや一戸建て情報をいち早く届ける「Brillia Club」を運営(入会金・会費は一切無料)

特典1:会報誌「Brillia」を無料郵送(年6回発行)
特典2:最新物件情報やくらしの各種コンテンツ情報をいち早くメール配信(週1回発行)
特典3:東京未来建物会議・LISTEN 新着アンケートのお知らせや最新情報
特典4:来場キャンペーンへの招待
[プレゼント例]ホテルご招待券・商品券など
特典5:各種割引優待 「お引越し優待割引」、「リゾート施設優待割引」など

会報誌「Brillia」(年6回発行)
物件情報に加え、インテリアに関する記事やエリアガイド、プロの料理家によるレシピ、様々な分野の創造者へのインタビューなど「人が、輝く。」暮らしのための情報が満載

↑ページの先頭へ戻る

120周年記念事業/新豊洲 Brillia ランニングスタジアム

新豊洲 Brillia ランニングスタジアム(完成予想CG)/SPORT x ART 新豊洲の拠点となる、スポーツとアート、テクノロジーから新しい東京のライフスタイルを提案する

新豊洲 Brillia ランニングスタジアムが2016年12月にオープン

新豊洲 Brillia ランニングスタジアムは、社会貢献活動として2015年8月から公益財団法人日本障がい者スポーツ協会(JPSA)のオフィシャルパートナーを務めている東京建物が、創業120周年の記念事業として参画したプロジェクトだ。「支援・応援するだけではなく、より多くの人々、あらゆる人種の方々、さらに、健常者や障がい者といった垣根を超え、一体感を生み出し喜びを共にする」という同施設の願いに共感し、ネーミングライツという形での支援を決定した。館長には、元陸上選手の為末大さんを迎え、今後SPORTS×ART 新豊洲の拠点となるこの施設で、アスリートの支援、またハードだけでなくソフト(=心)のバリアフリーを促進していく。

↑ページの先頭へ戻る

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

東京建物

分譲実績のあるエリアから会社を探す
店舗所在地から会社を探す
ほかの不動産会社を探す

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る