"20171021013300:H:0" "20171021013300:H:0" "20171021013300:H:0"
更新

ザ・マジェスティコート 目黒(取材レポート)

SUUMO(スーモ)新築マンションのザ・マジェスティコート 目黒の取材レポート情報です。

山手線「目黒」駅徒歩8分。閑静な住宅街に住まう。1/3

目黒駅周辺の物件を検討中の方はこちらから

<ザ・マジェスティコート 目黒>の詳しい情報が詰まったパンフレットをご送付いたします。(無料)※1エントランス完成予想CG

1
山手線の利便がありながら、落ち着いた住宅街が広がる街、下目黒
物件周辺地図
アクセス図

 <ザ・マジェスティコート 目黒>が誕生するのは、「目黒」駅から徒歩8分の位置にある、目黒区下目黒。

 JR山手線のみならず、東京メトロ南北線、東急目黒線、都営三田線が乗り入れるターミナル駅「目黒」駅の周辺は、商業施設や外資系企業のオフィスも立ち並び、飲食店なども多く、たくさんの人が行き交い賑わうエリア。
 
 ここから物件に向かって、ホテル雅叙園東京(約390m)を横目に目黒川(約320m)を越えると、周囲の環境は一変。「下目黒」周辺は、閑静で落ち着いた住宅街が広がる。
 同時に、本物件から徒歩2分(約120m)の場所にはバス停も存在。渋谷駅、大崎駅、大井町駅に向かうことができる。駅まで出ずとも、通勤・買い物へと出かけることができるのだ。(※2)

 駅前の賑わいから、「下目黒」の落ち着き。生活の利便性は十二分に保ちながらも、静かな毎日を送ることができるという、目黒の持つ二つの表情を味わうことができるのが、この「下目黒」という場所なのだ。

2
都心の洗練と住宅街の落ち着き。住む人が語る、目黒駅周辺の魅力
「穏やかで余裕のあるお客様が多いです」徒歩3分の人気カフェ CHUM APARTMENT 店長
  • CHUM APARTMENT店内(約220m、2017年3月撮影)
    • 季節によって変わるケーキ。秋冬はりんごのシブーストが店長谷神様のオススメだ。
    • CHUM APARTMENT店長 谷神様(2017年3月撮影)
CHUM APARTMENT外観(2017年3月撮影)

雑貨や陶器を販売するアトリエも兼ねた、まるで海外のカフェのような異国情緒溢れる店内は、不思議と落ち着く空間だ。CMなどの撮影に利用されることもあるそう。

 「CHUM APARTMENT」は、本物件から徒歩3分の場所にあるカフェ。フレンチとモロッコの融合をイメージした趣のある店内と、季節によって変わるケーキが人気。住宅街にひっそりと佇むこのカフェだが、ここを目当てに来店する方も多いそうだ。

 「元々は絨毯の倉庫だったところをリノベーションして完成しました。入り口からは想像できない広さや天井の高さは倉庫を所以とするものです。こだわりのあるインテリアは、幅広いお客様にご好評を頂いております。お客様は年齢・国籍関係なく、様々な方がいらっしゃいますね。女性お一人やお子様連れの方だけでなく、目黒駅周辺に多くある外資系企業の社員さんなども、よくランチでいらしてくださいますね。」

 CMや雑誌の撮影にも利用されるCHUM APARTMENT。谷神様は店長として勤められる中で、このエリアの方を「余裕がある方が多い」と表現する。

 「ただ単におしゃれで洗練されているだけでなく、様々なことにアンテナを張っていらっしゃる方が多い印象がありますね。また、皆さんどこか余裕があるような、穏やかな方が多いとも感じます。ちゃんと流行は追うものの、自分の中に何か軸のようなものをお持ちの方が多いのではないでしょうか。そんな方が多い街だからこそ、このお店も愛して頂けているのかもしれません。」

「広告業界に勤めているのですが、この街では同業の方も多く見かけます。」
「電車も自転車も便利な所です」 Aさん

 「一回住んで、都心なのに目黒川など自然が豊富で、入りやすいお店も多いことを知りました。電車の便はもちろん、電動自転車も活用しています。中目黒・恵比寿は余裕で行けますし、六本木まで出ることもあります。(※3)」

 「街としての魅力は、洗練さと下町風情がどちらもあるところ。住む場所としての安心感はありながら、お洒落なエリアにもすぐ行けるというのは、このエリアならではの魅力ですね。」

  • Aさん(CHUM APARTMENT内にて撮影)
  • 目黒川河岸(約750m、2016年3月撮影)
  • 中目黒高架下(約1850m)
3
「JR山手線」×「目黒駅」が持つ、将来に渡る価値
【図1 首都圏マンションのリセールバリュー】※
【図2 JR山手線 駅別のリセールバリュー】※
「将来を見据える」という、選択肢

 家の購入は、一生ものの買い物である。今快適に暮らすための環境はもちろんだが、将来を見据えることも重要なポイントだ。
 そのための要素の一つに、リセールバリューがある。

 データから見ると、山手線沿線は、首都圏、更には東京23区の物件と比較しても、リセールバリューが高いことがわかる(図1)。
 また、山手線駅別で検討してみると、目黒駅は第3位という結果だ(図2)。

 今とはライフスタイルが変わるであろう将来。不動産を資産として運用することになっても、その時に見合ったバリューがあるかどうかは、物件を検討する上での大事な選択肢ではないだろうか。


※リセールバリュー調査データについて
東京カンテイ調べ。2005年1月~2007年12月に新規分譲され、2016年1月~2016年12月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。専有面積30m2未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。
過去のデータから算出した数字であり、現在の新築価格の10年後の価格維持率を予測するものではございません。

目黒駅周辺の物件を検討中の方はこちらから

<ザ・マジェスティコート 目黒>の詳しい情報が詰まったパンフレットをご送付いたします。(無料)※1エントランス完成予想CG

※表示距離は現地からの地図上の概算です。徒歩分数は80m=1分として算出し、端数は切り上げております。
※組写真撮影場所
 上段:CHUM APARTMENT
 下段:(左より)1,3,4 ホテル雅叙園東京 2,目黒川河岸(物件所在地より約750m地点にて撮影)
※1:エントランス完成予想CG:図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。周辺建物・道路等は簡略化しております。また、植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。
※2:東急バス 渋41「不動尊参道」から乗車。「渋谷駅」まで21分、「大崎駅」まで9分、「大井町駅東口」まで20分。
※3:「中目黒」駅まで約1820m、「恵比寿」駅まで約2260m、「六本木」駅まで約5550m

「美術館」に帰るような毎日。日常から、アートに触れる邸宅。2/3

1
“目黒・下目黒”の文化的な特長から得たコンセプトは「美術館のような邸宅」でした
  • 外観完成予想CG(※2)
    • 中庭完成予想イメージイラスト(※3)
    • 開発担当 高木氏(向かって左)竹内氏(向かって右)
    ■開発担当 竹内氏・高木氏インタビュー

    「計画の際に意識したのは、“下目黒という土地の特長をどう表現するか”ということです。

     着目したのが、ホテル雅叙園東京(約390m)などの芸術性の高い「和」の文化と、目黒通りにあるインテリアストリート(約360m)などの新しい「洋」の文化という、相反する要素が共存しているという点です。国の重要文化財である東京都庭園美術館(約1220m)も立地する、目黒ならではの文化的なアートの薫りを物件に反映させたいと考えました。

     そこで行き着いたのが「美術館のような邸宅」。なかなか行ける場所ではないが、行くと独特の緊張感や高揚感を得られる美術館。そんな“非日常”の空間を、住まう人の“日常”に盛り込むよう目指しました」

エントランス完成予想CG(※4)

 「今回は物件名にも想いを込めています。都会・利便・文化・芸術・洗練・流行・自然・個性…多様な魅力が存在する“目黒区下目黒”に建つ物件だからこそ、生まれ得たこの重厚感を、Majesty=“威厳・荘厳”という言葉で表現しました。

 目黒という地に誇れる邸宅を、住まう人の威厳になりうる住まいを。そんな思いを込めています」

2
視覚で、季節感で。感性を刺激する、住まう人の記憶に残る邸宅
  • ギャラリーホール完成予想CG(※1)

    「マンションの入口からお住まいに着くまでの動線には、気持ちの切り替えや安心、包容といった受動的な要素だけでなく、僅かな時間ながらも高揚感をもたらし、能動的に感性を刺激する場になるよう意識しました。そのため、エントランスホールに当たる空間を『ギャラリーホール』と名付け、設計致しました。
     あえて余裕を持たせた空間に、存在感のある列柱を配し、美術館のような堅牢さと穏やかさを目指しました」

  • 東京都庭園美術館本館(約1220m)

    「開発に際し、目黒に古くからある文化を知る為、様々な施設にも訪問しました。東京都庭園美術館(約1220m)やホテル雅叙園東京(約390m)など、ただ単に美しいだけではない、威厳に溢れる建築物が残ることも、ここ目黒の特長だと感じます。
     こういった建築物の持つ重厚感は、この物件を計画する上でも、大きな影響を受けたといえます」

  • 壁面アートワーク完成予想CG(※5)
    毎日通る場所に、季節感のあるアートを

    毎日見る場所だからこそ、アートの持つ高揚感を。

    「ギャラリーホールには、『目黒』を象徴するような大型のアートを2点、対になる形で配しております。これは駅から物件までの道のりにあり、一年を通じて下目黒周辺の潤いを創出する目黒川(約320m)と、その河岸の桜を題材にしています。
     また4つの色合いの異なるガラスオブジェを設置。建物の中にいながら、四季の移ろいを感じて頂ける工夫を施しています」

  • 外観完成予想CG(※2)
    住まう人の「誇り」となる、風格と威厳

    通りがかる人も思わず目を止める、存在感ある外観。

    「外観は、周囲で存在感を放つことを意識しました。外壁タイルはベージュを基調に、仄かな濃淡をつけることでアクセントを。縦にダークブラウンのマリオン、横にランダムのリブと低層部分に濃い色のタイルを配したことで、伸びやかな印象と重厚感を兼ね備えています。
     住まう人が「誇り」を感じ、訪れ、通り掛かる人も思わず見上げてしまうようなデザインを目指しました」

物件の詳細が気になる方はこちらをクリック

<ザ・マジェスティコート 目黒>の詳細をご確認いただけるパンフレットをご送付いたします。(無料)エントランス完成予想CG(※3)

3
目黒の文化の一端を担う“ホテル雅叙園東京”。広報担当が語る、下目黒の魅力
  • ホテル雅叙園東京 和室宴会場エントランス(2017年1月撮影)

     創業から88年。日本初の総合結婚式場(※6)として知られる“ホテル雅叙園東京”(約390m)。
     そもそも目黒周辺は、江戸時代、鷹狩の名所としても知られた著名な別荘地。その当時から、都心部から程よい距離にありながら落ち着きのある環境が、別荘地として重宝されていたのだろうか。
     ホテル雅叙園東京は、その当時の趣を今の建物にも反映させ、伝えていく役目も果たしている。

  • ホテル雅叙園東京 日本料理「渡風亭」竹坡の間(2017年1月撮影)

     今も創業当時から続く華やかさは残しながらも、大事にしているのは「目黒のランドマークである」という意識だ。
     結婚式場としてのみではなく、目黒に住まう人々の節目節目での祝祭の場としても「非日常」を提供している。
     2017年4月より、“ホテル雅叙園東京”として施設名称を変更。より一層、この地とそこに住まう人々との交流を重ねている。

「便利さと閑静さ、和の文化と洋の文化。相反する価値の共存が、下目黒の魅力」
  • 物件周辺地図
    • ホテル雅叙園東京内部(2017年1月撮影)
    • ホテル雅叙園東京内部(2017年1月撮影)
広報ご担当 柚木様(同園内にて 2017年1月撮影)

 そんなホテル雅叙園東京にて、広報を担当されている柚木様は、ここ下目黒の魅力は、相反する価値の共存だと語ってくれた。

 「目黒は、恵比寿や代官山のように華やかすぎるわけではなく、権之助坂の商店街(約580m)を初めとした、どこか懐かしい下町風情が残る場所です。最新の情報が詰まった利便性の高い駅前の商業地もありながら、一本道を入ると閑静な住宅街が広がる。こういった対照的な価値や文化がうまく混在しているのが、ここ目黒の面白さだと思います。落ち着いた環境にありながら、交通アクセスは抜群。品川まですぐに出ることができるため、空港からのアクセスも良いからか、外国のお客様も多く見られます。こういった特性は、この場所に特別なものだと感じます」

物件の詳細が気になる方はこちらをクリック

<ザ・マジェスティコート 目黒>の詳細をご確認いただけるパンフレットをご送付いたします。(無料)エントランス完成予想CG(※3)

※表示距離は現地からの地図上の概算です。徒歩分数は80m=1分として算出し、端数は切り上げております。
※1、2、3、4:ギャラリーホール完成予想CG、外観完成予想CG、中庭完成予想イメージイラスト、エントランス完成予想CGは、図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。ギャラリーホール完成予想CGの照明器具・調度品・アート等は、実際に設置されるものと異なる場合があります。外観完成予想CG及びエントランス完成予想CGでは、雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。周辺道路・建物等は簡略化しております。
※5:壁面アートワーク完成予想CGは、作品イメージを基に描き起こしたもので、実際に設置されるものと多少異なる場合があります。
※6:出典【都内(目黒)の結婚式場 目黒雅叙園 ホテル雅叙園東京】http://www.megurogajoen.co.jp/wedding/

『空間×心理学』から考える、家族の変化に寄り添う3LDKの使い方3/3

ザ・マジェスティコート 目黒の資料請求はこちら

ザ・マジェスティコート 目黒の資料請求はこちら

1
家族は変化するもの。住まう空間もともに変化すれば、豊かな暮らしが待っている
3LDKは家族の変化に合わせて、最適化しやすい間取り
  • 【リビング・ダイニング】
    • 【ギャラリー】
    • 【洋室】
「空間」や「心理学」を元に建築を行う高原美由紀氏

有限会社カサゴラコーポレーション(一級建築士事務所)代表取締役。マンション・モデルルームの建築設計、インテリアデザイン等を幅広く手掛ける

今、ふたり暮らしの方も、子どもがいる方も、家族の形は時間の経過に連れて変わっていくもの。
住まいに家族の暮らしを合わせるのではなく、家族の変化に合わせて間取りの使い方を柔軟に変えていくことで、家族みんながストレスフリーに暮らしていけることも。「空間作り」や「心理学」を元に建築するスペースデザイナーの高原氏は、3LDKの魅力をこの「空間の余裕」だと教えてくれました。

「3LDKは、家族の変化に合わせて柔軟に使い方を変えていくことができる間取りだと考えます。子育てを軸にした暮らし方では特に、『お部屋を与えるタイミング』をしっかり見極めることが重要になります。与えるタイミングが早すぎると、子どもは親の愛情を十分に感じられず疎外感を感じてしまいますが、逆に、子どもが中学生くらいになると、お部屋が無いということで、生まれ始めた自立心に影響を及ぼしてしまう。大体小学5年生から子どもは自立していきますが、この自立心は突然生まれるものではありません。子どもにとって、『自分だけの部屋ではないけれども、自分がいても許される、そして親の存在をどこか感じられる』という空間の存在は、自立への過渡期に居場所になりうるのです。3LDKによって生まれる空間の余裕は、こういった場面にも柔軟に対応できるのです」

「本質的な空間づくりを提唱したい」と語る高原氏
スペースデザインを軸にした建築

「たとえば、物が捨てられない、片づけられないということは、子どもが育った環境や捨てることの怖さ等が関わっています。そのため、本質的にその人のことを考え、できる限り科学的根拠に基づいた空間づくりを意識してきました。子どもがどんな成長段階にいるかで、間取りは変えるべきですし、3LDKだけど2LDKとしても使える間取りは、家族の本質に合わせて変えられる使いやすい間取りと考えます。」

2
夫婦ふたりには心の余裕を。子どもが生まれたら豊富な収納で空間にゆとりを
夫婦ふたりで住まう3LDKの心地よさ。それぞれの居場所が生む心の余裕
Mtype(夫婦ふたりの時)
■間取り:3LDK+2WIC+SIC+N、9階
■専有面積:66.94m2
■価格:7920万円
  • 「自分」に帰る場所の重要性

    「"それぞれの居場所"というのが、こちらの3LDKに暮らす際のキーワードです。たくさんの人と過ごしたほうがリラックス出来る人、ひとりになったほうが楽な人など、様々な人がいると思いますが、大切なのは『自分が安心していられる場所』があること。夫婦の関係を円滑にするためには、趣味の部屋や、書斎など、パーソナルなスペースを確保できることが心のゆとりに繋がります。」

  • 空間的なゆとりは心のゆとり

    「情報が多ければ多いほど人はストレスになってしまいます。物が散らかっているお家は喧嘩が多いなんてこともあるのです。ふたり家族だから小さい空間でいいわけではなく、使い方がはっきりしない部屋だとしても、それがあるだけで、選択肢が増え余裕ができます。選択肢があること自体が心の余裕に繋がってくるのですね。」

子どもが生まれたら、「常に見守ることができる」空間づくりが大切
Mtype(子どもが小さい時)
■間取り:3LDK+2WIC+SIC+N、9階
■専有面積:66.94m2
■価格:7920万円
  • 子どものテリトリーと居場所

    「子どもは、小さければ小さいほど母親の近くにいたいものです。ハイハイするようになると、子どもは少しずつ親との距離感を確認していきます。人間だけでなく動物の感覚でもありますが、子どもの成長過程の段階では、『テリトリー』と『居場所』がキーワードになります。未就学児は母親の見えないところには行かず、この物件でいうとリビング・ダイニングから離れた洋室等には行きたくないことが予想されます。つまり、リビング・ダイニングを中心に子どもを見守ることができる空間づくりが重要になります。」

  • 通路沿いの収納で片付く家に

    「この間取りは、Room3の手前にある通路に収納があるので、とても使いやすく片付けやすいと言えます。行動動線上に収納スペースがあると、そこに収納する意識が芽生え、片付く家になるのです。また、子どもにとっても物の密度が高い場所で育つことにメリットはありません。だからこそ、家族全員の心の余裕が生まれる散らかりにくい家に住む必要があるのです。住まうスペースというのは心の中のスペースにリンクしていきます。」

3
子どもの成長に合わせてリビング横の洋室を使い分け、自立を促す空間づくりに
【Qtype】間取り:3LDK+2WIC+SIC+N、8階/専有面積:75.11m2/価格:9030万円
リビングの横の洋室の使い方が重要

「リビングに接する部屋があるこの間取りは、3人の夫婦と子ども、それぞれが自分の居場所を作ることができるのが特徴です。幼少期は、リビング横の洋室を開放して使用することで、家族の繋がりを実感し、小学校5年生以降くらいには、自分の部屋があることで、自立心を促します。いかに親と子どもが接することができるか、いかに子どもが親に受け入れてもらっているかを実感出来るかが子育てにおいて重要になります。」

【リビング・ダイニング】
子どもと親の適度な距離が大切

「小学生になってからはあえて、リビング・ダイニングで勉強することで、親を近くに感じながら過ごせます。子どもは自分のテリトリーを調整しながら生きているのです。子どもが部屋で本を一人で読みたいとなった場合等も成長の証です、間取りの使い方ひとつで、子どもが自然に自分のテリトリー形成をしていける、自立を支えていくことが大切になります」

  • 【リビング・ダイニング】
  • 【キッチン】
  • マンションのリフォーム、レストラン等も手掛ける
ザ・マジェスティコート 目黒の資料請求はこちら

ザ・マジェスティコート 目黒の資料請求はこちら

※1左:リビング・ダイニング 右上:洋室 右中央:ギャラリーホール・インナーガーデン完成予想CG
※S.Balcony/サービスバルコニー、WIC/ウォークインクロゼット、SIC/シューズインクロゼット、N/納戸、Lin/リネン庫
※完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。雨樋、エアコン室外機、給湯器、避難ハッチ、TVアンテナ等再現されていない機器等がございます。周辺道路・建物等は簡略化しております。また植栽は特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。照明器具・調度品・アート等は、実際に設置されるものと異なる場合があります。
※掲載の写真は、モデルルーム【Pタイプ(カラーセレクト:ノーブルクチュール・セレクトプラン2・有償オプション含む)】および展示コーナーを2017年4月に撮影した画像に色味等のCG処理をしたもので、実際の色合いとは多少異なります。また、モデルルームの家具、エアコン、カーテン、調度品、装飾用小物および有償オプション等は販売価格に含まれておりません。各種無償セレクト、有償オプション等には申込期限がございます。詳しくは目黒ギャラリー内「ザ・マジェスティコート目黒」までご連絡ください。

※価格は物件の代金総額を表示しており、消費税が課税される場合は税込み価格です。税率は引き渡し時期により異なりますので、情報の見方ページを参照いただくか、各物件にお問い合わせください。 (1000円未満は切り上げ。)
※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。
※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。
※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。
※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。
※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。
※地図の更新タイミングの関係で、物件情報が実際のものとは異なる場合や最新情報に更新されていない場合がございます。
※以下の南西諸島及び離島においては、表示される物件の位置が実際のものとは数百メートル程度ずれる場合がございます。
東京都:硫黄島・青ヶ島、沖縄県: 北大東島・南大東島・多良間島・水納島・与那国島・宮古諸島・石垣島・竹富島

ザ・マジェスティコート 目黒 物件概要 先着順住戸

所在地 東京都目黒区下目黒2丁目317番2(地番)地図を見る
交通 JR山手線「目黒」歩8分乗換案内
間取り 2LDK・3LDK 間取り図を見る
専有面積 57.37m2~75.11m2
価格
6620万円~9030万円
入居時期 2018年11月下旬予定

モデルルーム・イベント・キャンペーン

  • お問い合わせ
    0120-320-657無料
    目黒ギャラリー内「ザ・マジェスティコート 目黒」
    営業時間:[平日]11:00AM~6:00PM [土・日・祝日]10:00AM~5:00PM/定休日:水・木・第二火曜日(祝日除く)
    ※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。
    ※お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えください。
  • スマートフォンから物件情報を見る
    画像

    スマートフォン版SUUMOでも、この物件情報や地図を見ることができます。

【67716850】ザ・マジェスティコート 目黒
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る