"20170924015353:H:0" "20170924015353:H:0" "20170924015353:H:0"

シティタワーズ東京ベイ(取材レポート)

SUUMO(スーモ)新築マンションのシティタワーズ東京ベイの取材レポート情報です。

新たな象徴へ 地上33階建・全1539邸の大規模免震タワー

(仮称)東京ベイ トリプルタワープロジェクト 資料請求はこちら

都内最大規模、総開発面積約10.7ha 住・商一体の大規模複合開発。※2ベイエリアを象徴するランドマーク 地上33階建・全1539邸の大規模免震タワーのさらに詳しい情報はこちら
(外観完成予想図※1)

1
「湾岸アーバンリゾートライフ」別世界へと誘うエントランスアプローチ。
住まいと街をつなぐペデストリアンデッキ※4
  • 洗練された装いで、住まいと街をつなぐペデストリアンデッキは、眼下に豊かな緑を見渡すことができ、歩きながら緑の潤いを感じられる明るく開放的なスペース。エントランスへと向かうアプローチの両脇には、訪れる方々を心地よく迎え入れる緑が連なり、荘厳なレジデンス内へと誘う落ち着いた雰囲気が漂う。

  • ※4掲載のペデストリアンデッキは敷地外です。ペデストリアンデッキは、建築計画の変更や、建築後も、建替えによる形状・経路の変更、第三者への譲渡に伴う第三者の判断による各種の変更、取壊しによるペデストリアンデッキの廃止等の変更となる可能性があります。(※3)

外観完成予想図※1※2※3※4
タワーの顔となる空間に漂うのは、高い気品と華やかさ
エントランスホール(ウエストタワー)完成予想図※1
暮らしの感性を刺激するモダンデザイン。フォーマルな落ち着きと上質さが漂うエントランスは、まさに迎賓という言葉がふさわしい空間に。
エントランスホール(ウエストタワー)完成予想図※1
一歩足を踏み入れた瞬間から別世界へ

レジデンスのコンセプトは「湾岸アーバンリゾートライフ」。
エントランスを抜けた先に広がるのは、人々を別世界へと誘う壮大な舞台。2層吹抜けのエントランスホールと1階・2階を結ぶエスカレーターが描き出す、モダンで洗練された美しい空間となっている。湾岸エリアの開放感と洗練された都心の印象を融合、スタイリッシュなデザインによって昇華させている。広々したエントランスを抜けた先に待っているのは現実から非現実へと住まう人を誘う魅力的な世界観。こだわり抜いたその設えは、華やかなドラマを予感させる気配に満ちあふれ、日常を超えた日常がここから始まる。

2
東京の暮らしに、最高の時間を創り出すために。
いつもの日常が特別なシーンへと鮮やかに変貌を遂げる。
  • 張りつめた都市の時間が緩やかなプライベートの時間に変わる時、フォーマルな装いが似合うラグジュアリーな「パーティラウンジ」では、きらめく摩天楼を眺めながら、華やかな大人の会話が弾み、きらびやかな交流が始まる。



  • 他にも、気の置けない仲間とカジュアルに愉しむ「パーティールーム」、親子の絆を深めコミュニケーションの輪を広げる「キッズルーム&ペアレンツサロン」、静謐な時が流れる自分だけの知的空間「ライブラリーラウンジ」など住まう方々の交流を深め、充実した豊かなひとときを育む上質で多彩な設えがある。

パーティラウンジ完成予想図※1
パーティラウンジ完成予想図※1
3
超大規模免震タワーを支える、臨海副都心の防災に強いまちづくり
防災に強く、さらに安全な街づくりを目指して。
  • 航空写真※6
    • 本部棟 災害発生時に対策本部を設置。本部棟は全体の指揮運営の拠点となる。
    • オペレーションルーム 緊急時に緊急災害現地対策本部が設置される。
内閣府管理下の東京臨海広域防災公園に隣接。

首都圏各地と連携できる防災拠点として整備された「東京臨海広域防災公園」。約2.6haの大型ヘリポートを設置。物資運送や被災者移送に対応する拠点となる。

臨海副都心は「災害に強いまち」をまちづくりのコンセプトの一つとして、防災のためにさまざまな配慮がなされている。たとえば、ゆりかもめの橋脚や公共施設などの建造物は、関東大震災級の地震に耐えられるように造られ、埋立地において心配される液状化についても地盤改良を施している。また、公園やオープンスペースなどは、災害時に安全な避難場所となるようバリアフリー設計に。高潮対策についても、伊勢湾台風級に備えた高潮防潮施設を整備し安全性に配慮している。

内閣府が管理する防災施設「東京臨海広域防災公園(約310m)」まで徒歩4分。この公園は、首相官邸や自治体とも連携するテレビ回線の確保や、連続72時間給電可能な自家発電機、飲料水の貯水等インフラ面を整備した防災施設だ。災害時のヘリコプター離着陸施設の整備や後方医療施設として機能する総合病院が位置するなど、首都圏全体の後方支援拠点となっている。(掲載の画像は東京臨海広域防災公園提供)

※6掲載の航空写真は江東区辰巳2丁目付近上空から西方面を撮影(2016年6月)したものです。周辺環境は将来変わる場合があります。

共同溝 シールド部
共同溝などのインフラ整備による防災強化

臨海副都心には道路、公園等の地下空間を有効に活用した全長16kmにおよぶ高規格な共同溝が整備されている。関東大震災級の地震に耐えられる共同溝には、上下水道、電気、ガス、通信・情報ケーブルなど、都市に不可欠なインフラをすべて収容。この共同溝は、安定したライフラインの保全のため24時間体制で管理されている。※出典:東京都港湾局(2016年10月現在)

(仮称)東京ベイ トリプルタワープロジェクト 資料請求はこちら

都内最大規模、総開発面積約10.7ha 住・商一体の大規模複合開発。※2ベイエリアを象徴するランドマーク 地上33階建・全1539邸の大規模免震タワーのさらに詳しい情報はこちら
(外観完成予想図※1)

※1掲載の完成予想図は計画段階の図面を基に描き起こしたものに人物等をCG合成したもので、実際とは多少異なります。また、形状の細部および設備機器等については省略しております。敷地内の樹木等はある程度生育した後をイメージして描いたものです。また、葉や花の色合い、樹形等はイメージであり実際とは多少異なります。外構・植栽計画、家具・調度品等の形状・色等は今後変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。一部敷地外(道路等)を合わせて着彩しています。周辺建物を概略ラインのみ表現しています。また、周辺環境・眺望は将来変わる場合があります。※2複合開発とは、都市計画決定された「有明北3-1地区」全体(3-1-A街区、3-1-B街区、3-1-C街区)を表現したもので、総開発敷地面積約10.7ha(地区整備計画区域面積約16.5ha)は2001年1月~2017年4月までに民間単独企業が行う住宅・商業複合開発において東京都で最大規模です。(2017年5月MRC調べ)なお、本物件販売対象は3-1-A街区(ペデストリアンデッキ敷地を除く)となります。事業主・住友不動産株式会社による3-1-B街区(2020年3月竣工予定)、3-1-C街区(2026年3月竣工予定)の施設建築物は本物件ではありません。なお、事業計画内容は、今後、売主(その承継者を含む)の都合等により、変更(用途、規模、将来の建替え等を含む)、延期、中止される場合があります。また、今後行政の策定する上位計画(臨海副都心有明北地区まちづくりガイドライン、臨海副都心有明北地区地区計画等)が変更される場合、大幅に変更、延期、中止される場合があります。※3本物件北西側には住友不動産による商業施設等の建築計画があります。[有明北3-1-B街区および有明北3-1-C街区の一部:2020年3月竣工予定、有明北3-1-C街区(一部除く):2026年3月竣工予定。]なお、事業計画内容は、今後、売主(その承継者を含む)の都合等により、変更(用途、規模、将来の建替え等を含む)、延期、中止される場合があります。また、今後行政の策定する上位計画(臨海副都心有明北地区まちづくりガイドライン、臨海副都心有明北地区地区計画等)が変更される場合、大幅に変更、延期、中止される場合があります。この建物が竣工しますと住戸によっては眺望、通風等に影響が生じる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

※価格は物件の代金総額を表示しており、消費税が課税される場合は税込み価格です。税率は引き渡し時期により異なりますので、情報の見方ページを参照いただくか、各物件にお問い合わせください。 (1000円未満は切り上げ。)
※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。
※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。
※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。
※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。
※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。
※地図の更新タイミングの関係で、物件情報が実際のものとは異なる場合や最新情報に更新されていない場合がございます。
※以下の南西諸島及び離島においては、表示される物件の位置が実際のものとは数百メートル程度ずれる場合がございます。
東京都:硫黄島・青ヶ島、沖縄県: 北大東島・南大東島・多良間島・水納島・与那国島・宮古諸島・石垣島・竹富島

シティタワーズ東京ベイ 物件概要 第2期

所在地 東京都江東区有明2丁目1番210、211、219、235、238、239 他(地番)地図を見る
交通 りんかい線「国際展示場」歩4分乗換案内
間取り 1LDK~3LDK 間取り図を見る
専有面積 43.1m2~80.74m2
予定価格
3490万円~8690万円
販売スケジュール 販売開始予定 10月下旬
入居時期 2020年2月下旬予定※ご家族に江東区立の小学校および中学校に通学を希望する児童・生徒がいるご購入者は2020年3月下旬予定

モデルルーム・イベント・キャンペーン

  • お問い合わせ
    0120-432-863無料
    総合マンションギャラリー東銀座館
    営業時間:平日11:00AM~8:00PM 土日祝10:00AM~8:00PM/定休日:水曜日定休※祝日は営業(年末年始除く)
    ※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
    ※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。
    ※お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えください。
  • スマートフォンから物件情報を見る
    画像

    スマートフォン版SUUMOでも、この物件情報や地図を見ることができます。

【67716412】シティタワーズ東京ベイ
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る