"20170425120538:H:0" "20170425120538:H:0" "20170425120538:H:0"
更新

ザ・パークハウス 町田フロント(取材レポート1/1)

SUUMO(スーモ)新築マンションのザ・パークハウス 町田フロントの取材レポート1/1情報です。

小田急線「町田」駅 徒歩5分の住まい

『 ザ・パークハウス 町田フロント 』の詳しい情報は資料請求へ

『 ザ・パークハウス 町田フロント 』の建物の魅力、周辺環境など、さらに詳しい情報を掲載した資料をご用意しています。「資料請求する」ボタンより、お気軽にお問い合わせください。(※右の画像はエントランス外観完成予想図です)

1
「新宿」駅へ10分の時間短縮を予定。小田急線複々線化※1で更に便利になる「町田」駅
所要時間の短縮や混雑率の緩和だけじゃない。沿線まるごと魅力が増す【小田急線】
  • 新宿駅までの所要時間の変化 青:複々線完成後(計画)/灰:現在(2016年4月時点) ※1
    • 混雑緩和予想 ※1
    • 複々線概念図 ※1
小田急電鉄株式会社本社にて撮影(2017年3月)

小田急電鉄株式会社 広報ご担当 奥津氏(向かって左)、三川氏(同右)

 構想から約50年。2018年3月、小田急線複々線化によるダイヤ改正が行われる(※1)。「東北沢」駅~「和泉多摩川」駅間で進む事業は、工事区間以外の沿線駅にも大きな影響を及ぼす。小田急電鉄株式会社広報担当、奥津氏・三川氏に詳細を伺った。

「複々線完成により、急行などと各駅停車は別の線路を走ることになります。そのため、電車の詰まりが解消し、所要時間が短縮します。『町田』駅は、朝のピーク時において「新宿」駅まで、10分間の短縮が予想されています。また、ラッシュ時間帯を中心に列車を増発させることも可能となり、ピーク時1時間あたりの運行本数は、現在より9本多くなります。(※3)そのため、混雑の緩和も予想されます」

 アクセス利便の向上により、都心に更に近くなる小田急線沿線。その事業の中には、「子育て世帯も暮らしやすい沿線へ」という思いもあった。

「小田急電鉄は、『日本一暮らしやすい沿線』をテーマに、暮らしやすさの向上につながるような、ハード・ソフト双方のサービスを提供しています。東京都が進めてきた、連続立体交差事業(※4)によって生まれた高架下のスペースを、学童保育施設や図書館として活用しているのもその一つ。子育て世帯に対しての住みやすい環境は重視しており、お子さまの駅通過が自動的に携帯電話に送信される『小田急あんしんグーパスIC』や、沿線の子育てエリアを紹介する冊子の配布なども行っています」

利便性の高い商業エリア「町田」駅徒歩5分ながら、閑静な住宅街
  • 現地周辺を視察する高江氏(約140m)
    • 左:町田マルイ(約680m/徒歩9分) 右:町田東急ツインズ(約600m/徒歩8分)
    • ルミネ町田(約680m/徒歩9分)
現地周辺の街並み(約310m/徒歩4分)

 「町田」駅まで徒歩5分に位置する「原町田」。この街の魅力を住宅専門家、高江氏に伺った。

 「『町田』の特長は、まず交通利便性の高さ。小田急線とJR横浜線が通り、新宿など東京都心および横浜方面へのアクセスが魅力。さらに国道246号線・16号線そして東名高速インターも近く、車利用も非常に便利。また、この高い交通利便性ゆえ、古くから人が暮らす場所として発展してきた。とりわけ高度経済成長期以降はベッドタウンとして人口が増加、現在も一貫して増加している。

 しかし住宅地として成熟してきたとはいえ、日中の賑わいが乏しいかと言えば全く逆。周辺には大学をはじめ教育施設が多いため、たくさんの学生が行き交う活気ある街でもある。こうした背景から『町田』駅周辺は一大商業集積地になっており、百貨店からナショナルチェーン店、そして地元の個人商店が鎬を削っている。従って駅に近いエリアに住宅は少なく、少し離れたところに住宅地が広がっている。

 そう考えると<ザ・パークハウス 町田フロント>の『原町田5丁目』というポジションの価値がよくわかる。小田急線『町田』駅から徒歩5分。信号のないフラットアプローチで結ばれる現地周辺は、賑やかな商業集積地に隣接する立地にもかかわらず、周辺は一戸建と集合住宅が混在し、塾の看板が目立つようないわゆる住宅地。すぐそこに商業ゾーンが隣接しているとは思えないような落ち着いた雰囲気である」

2
快適に暮らすための配慮が行き届いたプランが魅力<ザ・パークハウス 町田フロント>
Etype/3LDK 専有面積:70.82m2 家族が増えても十分な広さを確保

 魅力の増す街「原町田」に誕生する<ザ・パークハウス 町田フロント>。その住まいは、好立地の恵まれた環境に見合った、様々な配慮の行き届いたプランとなっている。

 3LDKではすべて70m2以上の専有面積を確保し、居室の有効性を高めている。全居室に引き戸を採用しており、居住空間に可変性も生じる。生活シーンが変わった際も対応することができるだろう。

3
お住まいの方の声をカタチに。「EYE’S PLUS」が価値をプラスする
新たな価値をプラスする、「EYE’S PLUS」

 「EYE’S PLUS(アイズプラス)」とは、お客さまの目線(アイズ)にプロの視点を加えて「新たな価値をプラス」していく、「三菱地所レジデンス」のものづくりの取り組みである。
 お客さまのご意見をインタビューやアンケート等から取り入れ、またアフターサービスや販売現場からの声や、社内からも意見を得て、分析・検証を行っている。お客さまとのコミュニケーションを通じ、より満足度の高い商品を追求している。

かさばる掃除用具もスッキリ収納。納得の機能が追加された収納設備
EYE’S PLUS STORAGE SOUJI
大小様々なサイズの収納棚。お客様の声をもとにした、プロの工夫が秘められている。(Eタイプモデルルームにて撮影)
転倒防止バー(Eタイプモデルルームにて撮影)

 <ザ・パークハウス 町田フロント>が採用したのは、収納への工夫だ。居住域の広さも大事にしながら、収納量もきちんと確保したい。そんなお客様の声をもとに、よくある収納に一工夫加えることで、さらなる便利さを追求した。

 従来、洗面室の収納に無理やり詰め込まれることもあった掃除用具。<ザ・パークハウス 町田フロント>では、ここにも工夫を追加。掃除用具をまとめて収納できるようなスペースを設置した。

 左右で大小様々なサイズの収納棚をもうけ、掃除用具のみならず、買い置きなども保存できるように配慮されている。

 また、掃除機を収納するスペースを確保。扉を開けた時に長さのあるものが倒れないよう、可動式の転倒防止バーが設置されている。ほうきやほこり取りなどがかけられるように、回転フックも取り付けられている。

 このような細かい工夫は、お客様の声を大事にする「三菱地所レジデンス」の取り組みによるものなのである。

『 ザ・パークハウス 町田フロント 』の詳しい情報は資料請求へ

『 ザ・パークハウス 町田フロント 』の建物の魅力、周辺環境など、さらに詳しい情報を掲載した資料をご用意しています。「資料請求する」ボタンより、お気軽にお問い合わせください。(※右の画像はエントランス外観完成予想図です)

※1:小田急線複々線化事業:2017年度工事完成(予定) 2018年3月ダイヤ改正(予定) 2018年度事業完了(予定)。データはすべて小田急電鉄株式会社提供による。複々線完成後の所要時間は目安であり、今後変更となる場合があります。
※2:写真下すべて、現地より1km以内。
   ・左上:町田パークアベニュー商店会
   ・右上:現地周辺の街並み
   ・左下:現地周辺の街並み
   ・右下:町田駅コンコース
※3:ピーク時1時間あたりの「世田谷代田」駅~「下北沢」駅間の運行本数が、現行27本から完成後に36本になる予定を指します。
※4:連続立体交差事業について 参照:http://www.odakyu.jp/company/business/railways/four-track-line/2/
※掲載の完成予想図は図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。雨樋・エアコン室外機・給湯器・TVアンテナ等再現されていない設備機器がございます。植栽は特定の季節や入居時の状態を想定して描かれたものではありません。

※価格は物件の代金総額を表示しており、消費税が課税される場合は税込み価格です。税率は引き渡し時期により異なりますので、情報の見方ページを参照いただくか、各物件にお問い合わせください。 (1000円未満は切り上げ。)
※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。
※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。
※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。
※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。
※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。
※地図の更新タイミングの関係で、物件情報が実際のものとは異なる場合や最新情報に更新されていない場合がございます。
※以下の南西諸島及び離島においては、表示される物件の位置が実際のものとは数百メートル程度ずれる場合がございます。
東京都:硫黄島・青ヶ島、沖縄県: 北大東島・南大東島・多良間島・水納島・与那国島・宮古諸島・石垣島・竹富島

ザ・パークハウス 町田フロント 物件概要 第2期

所在地 東京都町田市原町田5-310-3(地番)地図を見る
交通 小田急線「町田」歩5分乗換案内
間取り 2LDK・3LDK 間取り図を見る
専有面積 56.46m2~70.82m2
予定価格
3958万円~5998万円
販売スケジュール 販売開始予定 6月上旬
入居時期 2019年2月上旬予定
  • お問い合わせ
    0120-522-320無料
    <ザ・パークハウス 町田フロント>レジデンスギャラリー
    営業時間:10:00AM~6:00PM/定休日:水・木曜日(祝日除く)
    ※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。
    ※お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えください。
  • スマートフォンから物件情報を見る
    画像

    スマートフォン版SUUMOでも、この物件情報や地図を見ることができます。

【67716110】ザ・パークハウス 町田フロント
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る