"20170922044739:H:0" "20170922044739:H:0" "20170922044739:H:0"
更新

ザ・パークハウス 花小金井ガーデン(取材レポート)

SUUMO(スーモ)新築マンションのザ・パークハウス 花小金井ガーデンの取材レポート情報です。

駅徒歩7分でこの開放感。ちょっと珍しい立地の特性をご紹介1/3

<ザ・パークハウス 花小金井ガーデン>詳しい資料はこちらから

最新の物件に関する資料をお届けいたします。

1
戸建て中心のエリアにマンションが建つ?
戸建て中心のエリアにマンションが建つ? 
現地周辺の緑
第一種低層住居専用地域には、溢れる陽光と豊かな緑がひろがる
<図1>用途地域概念図
ちょっと珍しい立地特性

目黒:今回、対談に先がけ現地を訪れてみたのですが、あの敷地の広さには衝撃を受けました。総戸数468戸が建つ敷地なので広いのは当たり前なのですが、周りが戸建中心の閑静な雰囲気ですから余計に大きく感じるというか、地図で見る以上にダイナミックな印象を受けました。
大原:たしかに周りは低層の戸建住宅が多いですね。用途地域でいうと、計画地は主に「第一種中高層住居専用地域」(以下「一中高地域」)で、周辺は主に「第一種低層住居専用地域」(以下「一低層地域」)に分類されています。(図1)

目黒:周りをぐるりと囲むように「一低層地域」があり、ほぼマンション敷地のみが「一中高地域」というのは、あまり見ないケースですね。
大原:はい。私も手掛けた物件では初めてです。
目黒:そもそも「一低層地域」というのは低層住宅のための地域で、12種類ある用途地域の中で最も規制が厳しく、建築物の高さが10mか12m以下、建築できる建築物の用途も、2・3階程度の住居に限られたエリアです。(図2)

<図2>用途地域一覧表
周辺は最も厳しい規制エリア

大原:計画地周辺は10mの高さ規制が設けられています。
目黒:一番厳しい規制のエリアですね。「一低層地域」は高い建物が建たないため、採光や開放性に恵まれ、空が広く緑の多い閑静な邸宅地としての趣きを持ち合わせた所が多いです。計画地周辺も多摩湖自転車道をはじめ自然が豊富ですね。しかも駅から徒歩7分の場所ですから、便利さと穏やかさが共存しており、人が住む環境としては好条件といえるのではないでしょうか。

都立小金井公園(現地より約1060m)

目黒:対して「一中高地域」は、4階建て以上のマンションやアパートなどが建てられるエリアですが、もともと用途の混在を防ぐために設けられたのが用途地域ですから、高さ規制のある「一低層地域」に囲まれるようにして「一中高地域」があり、しかもそれが大規模な土地で残されていたとは驚きです。マンション立地としては特異といわざるを得ないでしょうね。

2
その理由を 時の系譜から読み解く
用途地域制定の歴史
<図3>年表(自社調べ)
対談の様子
特異な立地が生まれた背景

目黒:この特異な立地が生まれた背景としては、やはりNTTの社宅跡地開発ということがキーワードになるのでしょうか。
大原:おそらくそうだと思います。「ザ・パークハウス 花小金井ガーデン」は昭和36年に建てられた、4~5階建てのNTT花小金井西社宅の跡地に建設されます。
目黒:用途地域がこの地で初めて制定されたのは、昭和37年ですから、その前年に社宅が完成していたのですね。(図3)
大原:そのようです。市役所に保存されている当時の「小平都市計画図」をみると、昭和37年当時、高さ規制が用途地域自体にまだなかった時代は計画地とその周辺は同じ黄色の「空地地区」と分類されていました。(図4)
目黒:当初は周りと同じ用途地域だったのですね。
大原:昭和48年に新都市計画法が施行され、建築物に高さの規制が初めて設けられた時から、計画地と周辺はそれぞれ異なる用途地域として制定されていたことがわかります。(図5)

  • 多摩湖自転車道(約140m・徒歩2分)
    • <図4>小平都市計画図【昭和36年】
    • <図5>小平都市計画図【昭和48年】
    法律以前に社宅が完成

    目黒:法律より前に社宅が完成していて、高さ制限を設ける時には、すでに10年以上前から建つ4~5階建ての社宅があった。
    大原:そうなんです。
    目黒:戸建て住宅に囲まれた社宅について、当然まわりと同じ高さ制限にするわけにはいかないですから、その時の実状に合わせる形で用途地域が制定されたという可能性がありますね。日本の高度成長期を象徴する団地ブームの中で法律が後からできたため、ここだけ特別な扱いにするほかなかったのかもしれません。

3
護るべき環境、マンション開発の挑戦
護るべき環境、マンション開発の挑戦
  • <図6>建ぺい率で異なる敷地のゆとりー1
  • <図6>建ぺい率で異なる敷地のゆとりー2
  • <図7>花とコニファーの散歩道/完成予想CG

目黒:開発の観点で見たとき、この特異な立地特性はどんな影響をもたらしたのでしょうか。
大原:広い空、豊かな緑といった「一低層地域」の景観を損なうことなく、どうマンションを建てるのか。この難題を解決するために、「一中高地域」の規制より厳しい制約の中で、計画を実現することになりました。

目黒:具体的にはどのようなことですか?
大原:まず第一に、「一中高地域」ですと建物の高さは通常25mまで建てられますが、日照の規制や景観に配慮し18mとしました。第二に、建ぺい率を70%から40%に減らし、空地を多めにとり敷地にゆとりを設けました。(図6)
第三に、「一低層地域」によく定められているような、建物外壁から敷地境界線まである程度の距離を設ける「壁面後退」を、東側と西側でそれぞれ行いました。
さらに、東側は新たに歩道をつくって植栽を設け、隣の建物との間にゆとりと緑の潤いを感じられるようにしました。(図7)

目黒:事業ベースの観点からみれば相当厳しい制約だったのではないかと思いますが、この環境を保持しながら新しいものに再生していくという思いが強かったのでしょうか。
大原:開発担当者として、この環境を活かした優良な住宅をつくりたいという思いは強くありました。閑静な戸建て住宅地ですので、いかに「一低層地域」と「一中高地域」を調和させた上でより良いものに仕上げるか、検討を重ねました。
目黒:そうしてできたのがこの6階建てのデザインですね。
大原:はい。結果的に整形に近い建物に致しました。
目黒:長く住むにあたっては、6階建てというのもメリットになり得ると思います。超高層マンションのようにエレベーターの待ち時間が気になることもなく、防災面でも非常時に階段利用で外に出やすい。シニア層にとっても魅力となる点が多いのではないでしょうか。

開放性を享受する、外向きの配棟計画
  • 現地周辺航空写真と外観完成予想CG
    • 住宅・不動産ジャーナリスト 目黒氏
    • 三菱地所レジデンス 開発担当 大原氏
目黒孝一

不動産マーケティングの専門家としてのノウハウを活かし、物件調査・市場分析など不動産に関わる各種調査を手がける住宅ジャーナリスト。日本不動産ジャーナリスト会議会員

目黒:開発にあたり、一番こだわった点は何ですか。
大原:配棟計画ですね。周りが「一低層地域」のため、他の用途地域に比べ厳しい日影規制※がありました。様々な向きを検討し、合理的かつ効果的な配棟を考えた結果、マンションは東と西を向いた南北に長い縦型中心に、南向きを置いたコの字型で、かつ外向きの配棟計画にしました。そうすることによって、目の前が「一低層地域」ですので、リビングの窓に広がる景色の開放性をより多くの方に楽しんでもらうことができます。また、外部から玄関の出入りや主寝室が見られにくくなり、プライバシー性の向上も期待できると思います。

目黒:全468戸という大規模物件でこうした外向き中心の配棟計画を持ったマンションは、私が知る限りとても珍しいと思います。まさに立地特性を活かし開放性を重視した配棟計画ですね。
大原:はい。「ザ・パークハウス 花小金井ガーデン」の敷地西側は約750m、東側は約200mにわたって「一低層地域」が続いていますので、東西の棟にお住まいになられる方にはその開放性を楽しんでいただけたらと思っています。
目黒: まわりに高い建物が少なく、眺望の開放性が期待できるということですね。完成がとても楽しみになってきました。

※日影規制とは、周辺の日照条件の悪化を防ぐため、日影を一定の時間内に抑えるよう、建築物の形態を規制したもの

※1:掲載の完成予想図・イラストは図面を基に描き起こしたもので実際とは多少異なります。雨樋・エアコン室外機・給湯器・TVアンテナ等再現されていない設備機器等があります。また、周辺道路・建物は簡略化しております。植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。家具・照明器具・調度品等は、実際に設置されるものと異なる場合があります。
※2:徒歩7分/第I街区サブエントランスより徒歩7分、第II街区エントランスより徒歩8分。
※3:過去に東京都市部で販売されたザ・パークハウスブランドの分譲マンションのなかで、分譲戸数468戸は最大。建築基準法上は全3棟です。共用施設の利用には有料のものが含まれます。利用時間・方法等は管理規約集をご確認ください。

購入者に聞いた「ここに決めた理由」2/3

<ザ・パークハウス 花小金井ガーデン>詳しい資料はこちらから

最新の物件に関する資料をお届けいたします。

1
駅徒歩7分※2。利便と静けさが同居する暮らしやすい環境
自然豊かな環境、共用施設の充実さ、大手の安心感でここに決めました。
Oさんご家族(夫30代・妻40代・お子様3歳)
マンション探しを始めて2カ月で 購入を決められたOさんご一家。
  • 購入の決め手は?

    「小金井公園や多摩湖自転車道など自然豊かな花小金井の環境、日比谷花壇や学芸大学教授などのアイデアがつまった共用施設、売主が大手である三菱地所レジデンスであることの安心感など、このマンションなら、と思いました。
    花小金井の街はまったく知らなかったのですが、レジデンスギャラリーを訪れた時にはすっかり購入を決めていました。
    勤務先である新宿に出やすく、バス便がすごく多いので中央線にも簡単に出られます。実際に武蔵小金井からバスで来てみましたが軽快な乗り心地でした。」

  • とくに魅力に感じたことは?

    「駅まで徒歩7分の場所で、洗濯物を外に干すことのできる気持ちのよい環境が広がっています。静かで子どもを育てるのにぴったりだと思いました。
    たくさんの共用施設が設けられているので、キッズルームなどをぜひ利用したいです。ファミリーの方も多いようなので、子どもも親も友達ができそう。今から楽しみにしています。」

現地周辺航空写真と外観完成予想CG
駅徒歩7分・低層住宅街。暮らしやすい環境

西武新宿線「花小金井」駅南口より徒歩7分。
駅からの距離と、開放的で落ち着いた環境が広がっていることに、みなさん魅力を感じられているようです。

  • 現地周辺の街並み(I街区サブエントランスより約30m・徒歩1分)
  • 現地周辺の街並み(I街区サブエントランスより約210m・徒歩3分)
  • 現地周辺の街並み(I街区サブエントランスより約220m・徒歩3分)
2
山手線駅まで直通4駅。「高田馬場」駅19分。「西武新宿」駅23分
西武新宿線と中央線、両方つかえて通勤・通学便利。
Mさんご家族(夫40代・妻30代・お子様5歳)
現在、狛江市にお住まいのMさんご一家。再来年(2018年)のKくんの小学校入学を見据え、新居探しを開始。
  • 花小金井の魅力は?

    「子どもが小学生になる前に、私立も含めて、通学できる小学校の選択肢がより広くなる場所に引っ越そうと思い、夏ぐらいから住まい探しを始めました。花小金井は、西武新宿線で都心にも出やすいし、バスで中央線にも行きやすい。どちらを使っても都心へのアクセスはいいですよね。通勤に便利で、環境がいいのが魅力です。」

  • 物件の魅力は?

    「建設地も駅から徒歩7分なのに、マンション周辺は一戸建てが多くてとても静か。公園も近くにたくさんあって子育てしやすい落ち着いた環境だな、と思いました。今は一戸建てに住んでいるのですが、冬はけっこう寒いんですよ。その点マンションは構造的にも暖かいという印象があります。また管理会社がしっかり管理してくれるというのも、何もかも自分たちでやらなければいけない一戸建てとは違って安心です。
    子どももまだ小さいので、万が一の災害時のことを考えると、高層すぎない6階建てという点にも注目しました。」

  • アクセス概念図
    「高田馬場」駅19分。「西武新宿」駅23分

    山手線駅まで直通4駅。高田馬場、西武新宿といった都心にスムーズにアクセスできる「西武新宿線」。急行停車駅である「花小金井」というポジションは快適な通勤アクセスを叶えてくれます。

  • バス利用概念図
    中央線へもアプローチ可能

    本数豊富なバスや自転車を使えば中央線駅「武蔵小金井」や「吉祥寺」にもアプローチできます。様々な沿線・駅をつかえる移動選択肢のひろがりは、世代を問わず好評でした。

3
駅・スーパー・公園・病院が身近で、将来を考えても安心
駅前が便利で将来を考えても安心
Aさん(40代)
子どもが独立したので、自由気ままなひとり暮らしのマンションを探していた、というAさん。
  • 住まい探しで重視したポイントは?

    「重視したことは3つ。1つ目は、環境の良さ+利便性。公園の緑や桜並木など自然が豊かで、駅前は開発されていてスーパーなどがあり便利そうなこと。2つ目は安心感。駅からマンションまでの道は夜でも明るく1人歩きでも安心なほうがいい。3つ目は価格。都心は高く、予算内となると郊外になりましたが、その中では花小金井が一番いいと思いました。」

  • 花小金井の魅力は?

    「これからの暮らしを考えた時に、生活に楽しみがある場所がいいと思いました。花小金井ならバスを使えば中央線にもすぐに出られるし、桜や緑も多く、自転車で多摩湖や小金井公園にも行けます。孫が来た時にも喜ばれそう。新居では犬のヨークシャテリアを飼う予定なので、安心して散歩ができるグリーンロードの歩行者優先道路や公園などが多いのも嬉しいです。現在の住まいは高台で、坂を上る時は自転車やベビーカーを押すのが大変。花小金井は道が平坦な所が多いので、そういった点もいいと思いました。駅、スーパー、公園、病院が身近で、老後も安心して暮らせると思いました。新築で売主が大手の分譲だったことも安心でしたね。」

徒歩10分圏内に大型スーパーが充実。生活に便利な施設がそろう。
    • 西友/花小金井店(現地より約400m・徒歩5分)
    • いなげや/花小金井駅前店(現地より約570m・徒歩8分)
    • ピーコックストア/花小金井店(現地より約560m・徒歩7分)
    • ビッグ・エー/小平鈴木店(現地より約520m・徒歩7分)
    • 島忠ホームズ/小平店(現地より約1560m・徒歩20分)
    • 公立昭和病院(現地より約790m・徒歩10分)

※1:掲載の完成予想図・イラストは図面を基に描き起こしたもので実際とは多少異なります。雨樋・エアコン室外機・給湯器・TVアンテナ等再現されていない設備機器等があります。また、周辺道路・建物は簡略化しております。植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。家具・照明器具・調度品等は、実際に設置されるものと異なる場合があります。
※2:徒歩7分/第I街区サブエントランスより徒歩7分、第II街区エントランスより徒歩8分。
※3:共用施設の利用には有料のものが含まれます。利用時間・方法等は管理規約集をご確認ください。
※4:西武新宿線「花小金井」駅より ( )内は通勤時
・「高田馬場」駅へ直通19分(直通21分)/西武新宿線急行(通勤時、同)・「西武新宿」駅へ直通23分(直通25分)/同左(通勤時、同左)
・「新宿」駅へ24分(26分)/西武新宿線急行、「高田馬場」駅でJR 山手線に乗換え(通勤時、同)
・「渋谷」駅へ32分(同、高田馬場駅でJR山手線に乗り換え。通勤時、同、33分)
・「大手町」駅へ33分(34分)/西武新宿線急行、「高田馬場」駅で東京メトロ東西線に乗換え(通勤時、同)
・「東京」駅へ34分(同、「大手町」駅で東京メトロ丸ノ内線に乗り換え。通勤時、同、35分)

大規模ならではの共用施設。購入者が評価したポイントは?3/3

<ザ・パークハウス 花小金井ガーデン>詳しい資料はこちらから

最新の物件に関する資料をお届けいたします。

1
大規模ならではの共用施設。子育てファミリーにとくに人気
大学教授監修のキッズルームで安心して子育て
Uさんご家族(夫40代・妻30代・お子様8ヶ月)
  • 花小金井の印象は?

    「いま住んでいる久米川からも多摩湖自転車道(グリーンロード)が繋がっているので、花小金井は自転車散策でたまに訪れていました。花でいっぱいの広告を見てきれいだなと思いましたが、実際の街もイメージどおり。花がたくさん咲いていて、緑も豊富にあります。運動好きの夫は、ゴルフ練習場が近く、ランニングに気持ちよさそうな道があることも魅力だったそうです。娘が生まれて教育機関も調べましたが、小平市内には女子サッカーチームがあることもポイントの1つだったようですね。」

  • 購入の決め手となったのは?

    「一番大きかったのはキッズルームの存在です。一つひとつきちんと考えられていて、やっぱり著名な先生が関わっているのといないのとでは違うと思いました。同世代の子育てファミリーも多いと聞き、新しい友達もできそう。本のラウンジやカーシェアリングにもコミュニティの広がりを感じます。マンション内のイベントもたくさんあると聞いてますし、引きこもりがちにならずに、安心して子育てできそうです。」

たくさんの共用施設とランニングコストにも注目
Mさんご家族(夫30代・妻30代・お子様2人5歳と1歳)
  • 住まい探しで重視したポイントは?

    「中央線沿線に住むのは予算上難しかったので、ひばりが丘・上石神井・調布・練馬・志木などを検討しました。今の家が駅から徒歩16分なので、それより近いこと。子どもが歩くのに安全な道、車をもっているので駐車場代も含めてのランニングコストも重要視しました。花小金井は西武新宿駅から23分。都心からさほど離れていないのに、こんなに閑静な街って中々ないと思うんです。子育てにも良さそうと思い、選びました。」

  • 他物件と比べて違うと思ったことは?

    「管理費に対して、これだけたくさんの共用施設が揃っていたことです。入居時には子どもが2歳になるので、キッズルームはたくさん使うと思います。子どもが同じ年頃の友達と遊べるのはいいことだし、妻にもそこで知り合いが出来そうですよね。賃貸の時にはコミュニティがないので、いろいろと孤立しがちでしたが、次はこういう場所で横のつながりを築けたらなと思っています。ほかにも、本のラウンジとか、妻が家事から離れてちょっと息抜きできるスポットが多く魅力に感じました。」

2
日比谷花壇や大学教授が監修。大規模ならではの充実の共用施設
各分野のプロフェッショナルが手掛けた共用施設
  • 多彩な共用施設の一部は、武蔵野美術大学准教授・山中一宏氏や東京学芸大学教授・東京学芸大こども未来研究所理事・鉄矢悦朗氏がデザインを監修。

  • 外構植栽(花壇)デザイン・装花担当は「日比谷花壇」が手掛けるなど、各分野のプロフェッショナルとともに創り上げられた豊かな共用空間に注目。

3
桜や自然がいっぱい。四季を感じて暮らす毎日
  • Iさんご家族。ご実家は杉並区、現在は神奈川県平塚市の戸建にお住まい
    マンション敷地内で 毎日自然を眺められる

    「初めてこの街に来たとき、こんないいところがあったのかと嬉しくなりました。緑が多くて自然豊か。心が和む街だと思います。
    三菱地所レジデンスさんは昔からよく知っている会社だし、モデルルームも見学した物件の中で高級感があると思いました。II街区を選んだのは、エントランスに行くまでの間に木や花がたくさんあり、毎日その場所を通りたかったからです。毎日いろいろな花を楽しめるのは嬉しいですね。」

  • 桜の名所として知られる多摩湖自転車道(現地より約140m・徒歩2分)
    桜がいっぱいの周辺環境

    「安全に配慮したマンションであればどこでもいいというわけではなく、建物のグレードと環境面の両方が大事だと思いました。この街に来てみて、物件周辺環境の桜の多さがいいなと感じ、花小金井を選びました。桜が好きなので、花に囲まれた暮らしがしたいと思っています。」/Nさんご夫婦

花とコニファーの散歩道完成予想CG

※1:掲載の完成予想CG・イラストは図面を基に描き起こしたもので実際とは多少異なります。雨樋・エアコン室外機・給湯器・TVアンテナ等再現されていない設備機器等があります。また、周辺道路・建物は簡略化しております。植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。家具・照明器具・調度品等は、実際に設置されるものと異なる場合があります。
※2:建築基準法上は全3棟です。共用施設の利用には有料のものが含まれます。利用時間・方法等は管理規約集をご確認ください。

※価格は物件の代金総額を表示しており、消費税が課税される場合は税込み価格です。税率は引き渡し時期により異なりますので、情報の見方ページを参照いただくか、各物件にお問い合わせください。 (1000円未満は切り上げ。)
※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。
※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。
※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。
※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。
※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。
※地図の更新タイミングの関係で、物件情報が実際のものとは異なる場合や最新情報に更新されていない場合がございます。
※以下の南西諸島及び離島においては、表示される物件の位置が実際のものとは数百メートル程度ずれる場合がございます。
東京都:硫黄島・青ヶ島、沖縄県: 北大東島・南大東島・多良間島・水納島・与那国島・宮古諸島・石垣島・竹富島

ザ・パークハウス 花小金井ガーデン 物件概要 II街区 第5期

所在地 東京都小平市鈴木町2-176-4(I街区)、176-9(II街区)、176-10(白樫のヴィラ(共用棟))(地番)地図を見る
交通 JR中央線「武蔵小金井」バス7分「南花小金井」停歩4分乗換案内
間取り 2LDK・3LDK 間取り図を見る
専有面積 62.26m2~80.09m2
予定価格帯
3900万円台~5100万円台 すべての販売時期を見る(3件)
販売スケジュール 10月下旬より販売開始予定
入居時期 即入居可(諸手続き終了次第)
  • お問い合わせ
    0120-320-468無料
    花小金井レジデンスギャラリー
    営業時間:平日/11:00AM~5:00PM 土日祝/10:00AM~5:00PM/定休日:水・木曜日、第2・第3火曜日(祝日除く)
    ※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
    ※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。
    ※お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えください。
  • スマートフォンから物件情報を見る
    画像

    スマートフォン版SUUMOでも、この物件情報や地図を見ることができます。

【67712038】ザ・パークハウス 花小金井ガーデン
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る