"20170427025537:H:0" "20170427025537:H:0" "20170427025537:H:0"

不動産売却Q&A

不動産会社情報:不動産売却Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?

プロの回答をチェック! 売却のプロはあなたの疑問にどう答える?

344 件見つかりました
  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
  • A
    櫻井 亮人

    方法はたくさんあります。

    いくつか売却のための方法をご紹介します。(1)広告写真を差し替える。ネット広告が主流の今、掲載されている物件写真は問合わせに直結します。弊社であれば、ご希望によりプロのカメラマンによる室内写真の撮影が可能です。(2)お部屋を綺麗にする。水回りを掃除したり、荷物を片づけることで、物件自体の見栄えを上げます。弊社のハウスクリーニングや荷物一時預かり・処分サービスをご活用ください。(3)不具合の補修。床の傷やクロスの剥れ等を補修することで、購入後にリフォーム等のコストがかからないことをアピールできます。弊社のリペア(補修)サービスをご活用ください。まだまだ、たくさんの方法があります。ぜひ一度ご相談ください。 (担当: 櫻井 亮人 / 大成有楽不動産販売(株)成増センター )

  • A

    価格を下げる前に再度現状の確認しましょう。

    売出価格を下げるのがセオリーですが、その前に買い手が見つからない原因をもう一度確認しましょう。販売活動や広告の見せ方の工夫ができないか、アピールポイントがズレていないか、室内のコンディションの悪さが原因であれば、クロスの張替えやクリーニングの実施をすることもひとつです。可能であればオープンハウス等の現地販売会の実施なども有効です。それでも決まらない場合はやはり価格を見直す必要があるかもしれません。物件の状況によりアドバイスは様々ですが当社であればお客様に最適なアドバイスが出来ます。又、お急ぎの場合は当社の【直接買取制度】もございます。お気軽にご相談下さい。 ( (株)長谷工リアルエステート成増店 )

  • A
    高田 裕樹

    あきらめない事と戦略を練り直すことです!

    現在はインターネットが普及した為、いつでも、どこでも、だれでも物件情報を見ることができます。価格設定や物件の見せ方を間違えると長く売れ残ってしまうということがあります。もちろん、愛着のある自宅を高く売りたい気持ちはわかります。ですが、理想的な期間として3か月で売却できる金額設定を入念に打ち合わせをして決めましょう。ローン残債が多く価格を下げられない場合などもあると思いますが、その際はとにかく自宅をよく見せる努力をしましょう!詳細は当店にてご相談に乗ります!是非、ご来店ください!! (担当: 高田 裕樹 / 朝日土地建物(株)中山支店 )

  • A
    小泉裕太郎

    現状を分析して戦略の立て直しをしましょう

    売却戦略を考えた時に、真っ先に広告活動が挙げられると思います。広告不動産会社の広告活動は、インターネット媒体と紙媒体が主流ですが、近年の新聞の購読率は決して高くありませんから、それを補うための工夫が必要となってまいります。不動産の特性は様々で、極端な例では、売却ターゲットを投資家に絞るケースもございます。不動産の持つ特徴もありますが、価格帯によっても販売手法を変えていく必要があると思います。別の営業の意見も聞いて、戦略を立て直したほうがよろしいかと存じます。 (担当: 小泉裕太郎 / 野村の仲介+府中センター野村不動産アーバンネット(株) )

  • A
    大熊 博之

    販売条件を変えることが先決です

    需要と供給のバランスで売買が成立しますので、需要に沿った条件で販売価格を見直すことをお勧めします。売り出し金額が市場に見合った金額設定になっているかどうかを分析してもらいましょう。見学に来られる顧客数が極端に少ない場合は、価格的に相場と乖離している可能性があります。また、室内の状況や近隣の環境なども影響している場合があります。資金の獲得をお急ぎの場合は、不動産業者による買取りという制度を利用することも可能です。 (担当: 大熊 博之 / 大成有楽不動産販売(株)池袋センター )

  • A
    矢部 寛憲

    売れない原因を考えましょう! 相場より高い価格なのか、不動産の特性そのものが原因なのか。

    ご自宅の状態を再度確認し、早期売却へ繋がる提案を致します。見栄えなどの印象も重要ですので、お庭の手入れや建物内部の片付け、又はリフォームや補修など様々な方法が有ります。また、可能であれば、売却価格の見直しを行い、新価格で再販売いたします。対策を考え販売してまいりますのでご安心ください。 (担当: 矢部 寛憲 / ビューハウス(株)太田店 )

  • A
    伊藤 佳正

    ご相談お待ちしております。

    『売りたい物件がなかなか売れない』『どのような販売活動をしてくれるの?』といったご相談・ご質問を頂戴します。まずは、“正確な不動産査定”をする事をお勧めします。(無料査定を実施しております) また、当社では“安心の買取保証”制度もございます。ご相談・ご質問心よりお待ちしております。 (担当: 伊藤 佳正 / (株)東京住宅コーポレーション )

  • A
    渡辺 勇介

    色々な方法をご提案できます。

    なぜ売れないか、にもよりますが、価格が高いなら下げる必要があります。また内装が汚いから、ということでしたら弊社のリフォーム部門でリフォームをしていただき、支払いは売却時払いという方法をとることもできます。さらにすぐに現金化したいということであれば弊社自ら買取ることもできます。やはりこれも個別の事情によりますので、しっかりと担当者とお打合せください。 (担当: 渡辺 勇介 / 朝日リビング(株)町田本社営業部 )

  • A
    瀧島 洋

    必ず原因はあります

    売れない不動産はありません。長期間売れていないのは適正な金額になっていない可能性が高いです。不動産業者による正確な現状把握・正確な査定・売主様に対するご報告ができるかどうかが売却の可否を決定します。京急不動産では過去の事例や経験に則った査定をさせていただき、売れない場合には現状報告と価格の改定等のご提案も行います。売主様はその報告に基づいて方針を決めていただけます。まずはご相談ください。 (担当: 瀧島 洋 / 京急すまいるステーション 京急蒲田駅店京急不動産(株) )

  • A

    【売却価格の見直し等弊社にご相談ください。】

    買主が見つからない原因として、販売活動や広告の見せ方にもう一工夫できないか、アピールポイントがズレていないか等考えられます。室内のコンディションの悪さが原因であればクロスの貼替えやクリーニングの実施をすることもひとつです。可能であればオープンハウス等の現地販売会の実施なども有効です。それでも決まらない場合はやはり価格を見直す必要があるかもしれません。物件の状況によりアドバイスは様々ですが弊社であればお客様に最適なアドバイスが出来ます。又、お急ぎの場合は【直接買取】もございます。(地域や物件によってはご利用になれない場合がございます。)お気軽にご相談下さい。 ( (株)長谷工リアルエステート柏店 )

  • A
    橘 哲郎

    まずは当社にご相談下さい!

    家が売れない原因はいろいろあると思います。「値段が高い」「周辺環境が不便」など物件側に原因があることもありますが、不動産会社の選定は大丈夫ですか?お願いしているのはいつも物件側に原因を押し付けるような営業マンではありませんか?「価格を下げましょう」としか提案しないような営業マンではありませんか?当社では根拠を持った適正価格を提示し、「どうすれば売れるのか」ということを売主様と親身になってご相談に応じさせて頂きます。 (担当: 橘 哲郎 / 大みか不動産(株) )

  • A
    渡部 仁

    設定価格の見直しが必要です。

    不動産会社で広告等の営業活動を行っていても購入者が現れない場合には、現在設定している価格を見直す必要があります。なかなか売れないということは、近隣の相場よりも設定価格が高いのかもしれません。市場動向に合った価格の設定をする必要があると思います。近隣の物件はいくらくらいで出ているか確認してみるのも良いと思います。 (担当: 渡部 仁 / (株)大成住宅川越ハウジングギャラリー )

  • A
    高田 翼

    再度ご売却する物件の査定依頼をおすすめします。

    販売に出した不動産が売れない理由にはさまざまな原因があると思いますが、その中でも特に査定価格が間違っているケースが多くございます。弊社では室内の状況・周辺環境・日当たり・敷地と道路との関係などを踏まえた適正な査定価格をお伝え致します。 いつまでも売れない場合は、当初の査定額が市場から大きく変化している場合があります。 (担当: 高田 翼 / LIXIL不動産ショップ小金井不動産(株)鶴田店 )

  • A
    河井 直也

    一番簡単なのは価格を相場よりも下げる事ですが…

    とは言え、ローン残債などお客様のご都合によってなかなか価格を下げられない事が多いので、私共では価格を下げる以外にもできる事、例えば室内外の掃除、整理整頓は勿論の事、物件の見栄えを良くするような様々なアドバイスを行っております。また、売却は成功報酬となっておりますので、売却活動事態は基本的に無償で行いますが、お客様のご要望により単独チラシや各種特別広告等を別途費用にて行うことも可能です。 (担当: 河井 直也 / (株)大成住宅本社 )

  • A
    茸平将

    原因を考えましょう。

    不動産は一定の条件がそろえば、大抵の物件が売れます。いつまでも売れないということは、何かしらの条件に問題があると考えられます。原因は、土地・建物・環境・価格の条件など様々です。ただ、条件の中で価格は誰でも変えたくないものかと思います。当社では地域密着創業45年のノウハウを活かし、お客様に価格を変えない方法を模索し、最適なご提案をさせて頂きます。 (担当: 茸平将 / センチュリー21(株)共栄土地新八柱店 )

  • A

    売却価格の見直し等弊社にご相談ください。

    買主が見つからない原因として、販売活動や広告の見せ方にもう一工夫できないか、アピールポイントがズレていないか等考えられます。室内のコンディションの悪さが原因であればクロスの貼替えやクリーニングの実施をすることもひとつです。可能であればオープンハウス等の現地販売会の実施なども有効です。それでも決まらない場合はやはり価格を見直す必要があるかもしれません。物件の状況によりアドバイスは様々ですが弊社であればお客様に最適なアドバイスが出来ます。又、お急ぎの場合は【直接買取】もございます。(地域や物件によってはご利用になれない場合がございます。)お気軽にご相談下さい。 ( (株)長谷工リアルエステート駒沢店 )

  • A

    売却活動を見直す必要があるかもしれません。

     持ち家の御売却は御縁やタイミング等、運の要素も皆無ではありませんが、いつまでも売れない時となると何か原因があるのかもしれません。 売却活動中のお住まいは、周辺の売出物件に比べて値段が高かったり、日当たりの良さや利便性の面で劣ってはいないでしょうか? 若しくは売却を依頼している不動産会社は、スーモ等のインターネット媒体やチラシによって、積極的に販売活動を行ってくれていますか?あまり宣伝・広告活動に積極的でない場合は、他の不動産会社にも相談してみましょう。  ( 三菱UFJ不動産販売(株)上大岡センター )

  • A
    海老沼 成彦

    売れない理由を分析しましょう

    一般的には、売れなければ値下げと安易に考えがちですが、ちょっとその前ご一考ください。売れない理由は、価格が高いからでしょうか?価格以外に売れない理由は、物件によりさまざまございますが、その理由を明確にして、対策を講じることで、価格はそのままで売却が可能かもしれません。たとえば、 玄関周りの雰囲気が暗く、第一印象が悪い⇒玄関のクロスを明るい色に張り替える 所有者が入居中で、生活感が丸出しに⇒思い切って、先に仮住まいのアパートへ引っ越してしまう等です。売れない理由の分析は、広告の反響状況などでも分析が可能ですので、ぜひご相談ください  (担当: 海老沼 成彦 / 大国不動産(株) )

344 件見つかりました
まだちょっと不安・・・売却について、もっと聞きたい!

※「売却事例情報」、「購入希望者情報」、「売却Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。