"20170118084454:H:0" "20170118084454:H:0" "20170118084454:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

23 件見つかりました
  • | 1 |
  • Q
    新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?
  • A

    どちらを選んだ方が入居後に多くのメリットが起こりますか?

    新築であっても中古であってもどっちも魅力があるんですよね!これまた難しいポイントです。そんな時は購入から考えてどちらが自分たちの生活により多くの幸せが起こりそうな方で選んでみてはどうでしょう??そのポイントは私たちがしっかりお伝えいたします!! ( (株)オオサワ創研 )

  • A

    資金

    資金で決めましょう。新築は保証も付き、設備も当然最新です。中古に比べて非常にメリットが多いです。都心に比べて土地に余裕のある岡山では、基本的に中古を買うよりも新築のほうがメリットが高いです。当然、中古の方が価格が安い場合が多々ありますが、その後にかかってくるメンテナンス資金のこと考えなければなりせん。特に理由がないなら新築をおススメします。理由のいかんによって中古が選定されていく感じでしょうか。 ( (株)ファーストランド )

  • A
    前谷昭典

    原因を探しましょう

    「新築」と「中古」では購入する目的がかなり違ってきます。新築は自分の思い通りのものが創れ満足度が高い。中古は新築に比べ価格が安くその分生活に余裕が生まれます。まずこの2つで迷うということはしっかりとした購入計画が立てれていない可能性があります。もう一度最初に戻って購入計画を考え直して原因を探してみましょう。 (担当: 前谷昭典 / (有)エステート・マエタニ )

  • A

    弊社はどちらも取り扱っておりますのでご相談ください。

    新築と中古を選ばれる際に大きく変わるのは、やはり価格です。まずご予算から新築か中古を選ばれるのも必要です。弊社はどちらも取り扱っておりますのでお気軽にご相談ください。 ( 長和不動産(株) )

  • A

    ご自分のライフスタイルに合うかどうか!!

    今新築と中古でお悩みの方は、それぞれに惹かれる理由・決めるとき二の足を踏んでしまう理由があると思います。両方の理由を一度じっくり考えたところで、ご自分の理想とするライフスタイルを考えてみてください!!地域、部屋数、敷地の広さ、いつもの移動手段、お子様のこと、ペットのこと、自分がおうちで何をしたいか。そうすると、価格から、ローンを組んだ時の月々の支払や、立地条件など、自分の理想をかなえる物件が見えてくるのではないかと思います。お客様の夢をかなえる物件に出会えるように、ハウスドゥ!出雲店が全力でサポートいたしますので、物件探しでお困りの方、ぜひ一度お問い合わせください。 ( 西日本ホーム(株)ハウスドゥ出雲店 )

  • A

    資金計画とお客様の優位性で決めましょう

    まずは、しっかりとした資金計画でご予算を割り出してから、絞ることが必要なのと、ご予算が限られているのであれば、エリアが同じであれば中古物件の方が割安なものが多いです。例えば住みたい街が決まっている場合、供給数が多い中古物件の方が選択肢が多く、希望する立地に住める可能性が高くなります。また、同一エリアで、広さを求める場合もやはり、中古物件の方が優位性が高くなります。立地より物件の設備や仕様を求める方は、エリアをあまり絞らずに探せばご希望の新築物件が購入可能となります。住みたい街やエリアと希望条件のバランスを考慮し、選ばれてはいかがでしょうか。 ( (株)ハッピーホームひろしま不動産 )

  • A
    松本 英伸

    基準は本当にたくさんありますが...。

    子育て世代のご夫婦が築30年の木造住宅で終の棲家とすることが出来るでしょうか?また、子供世代に価値ある不動産をして引き継ぐことが出来るでしょうか?もちろん、新しければいいというものでもありませんし、子供に引き継ぐ必要性を感じなくてもいいです。『自分達には何年住むことができる家がいるのか?』『将来、住まなくなった時どうするのか?』 不動産を持つ始まりばかりではなく過程や終わりもイメージして計画を進めてみてあげてください。そうすればお客様のライフスタイルに合った賢い買い物が出来ると思いますよ。 (担当: 松本 英伸 / (株)プライムホーム )

  • A
    天谷 哲造

    今後何年住む予定かを基準に選ぶと良いと思います。

    きれいな新築が良いか、安い中古が良いか。その辺りを重視して、選ぶのが一般的かと思います。ただ、それ以外に住宅に今後何年住む予定かで判断するという考え方で選んでみるのも良いと思います。つまり、年齢が30才で今後30年は住むという方の場合、築30の中古住宅を購入すると、途中で立て替えの必要が出てきたり、修理費用が多大になってしまう事があります。そこで、長く住む方ほど築年数の新しいものを選ぶべきだと考えます。マンションの場合は、築60年経ったからといって住めなくはならないと思いますが、次世代に資産として残したいと考えると新しいものの方が良いと思います。 (担当: 天谷 哲造 / (株)ウェーブハウス本店 )

  • A

    どちらも見てから決めてください

    全てが新品で長期間の保証が付く新築物件、手ごろな価格でお求めやすい中古物件、どちらにしようか悩まれる方はたくさんいらっしゃいます。しかし、何件もの物件をじっくり見てみると、どちらが自分に合っているのかがわかるものです。それぞれにメリットとデメリットがありますので、たくさんの物件をご覧になって決めてください。物件を一緒に見て、メリット、デメリットを説明させていただいた上で、とぢらにするのかお客様がご判断ください。私ども「あなぶき不動産流通」では、お客様が納得できるマイホームが見つかるまで、物件探しのお手伝いをさせていただきます。 (担当:店長 / 穴吹不動産流通(株)岡山店 )

  • A

    まず予算と返済プランをしっかり計画することをお勧めします。

    予算の制約が大きな判断基準となってくると思われます。新築物件と中古物件で同じような物件で、それほど売却金額に大きな差が無い場合は、もう少し頑張って新築を購入される方が多いです。返済額のシュミレーションと、日々の生活費、またライフステージに応じた必要経費の変化等を考慮に入れながら無理の無い返済プランをもとに新築か中古かをご検討されることをお勧めします。あと将来の物件の修繕費も考慮に入れる必要があります。 (担当: 荒木 進 / (株)アドバリュー不動産 )

  • A
    中島

    ご予算とライフプランに応じて、

    新築も中古もメリットデメリットがあります。ご要望をお聞きしてその上でご説明差し上げます。基本的に物件を決めるのは皆様お客様です。わたくしたちは、その良きアドバイザーとしてお手伝いさせていただきます。まずは担当営業までご質問下さい。親身になって考えさせていただきます。 (担当: 中島 / アパマンショップ中庄店(有)中島住宅 )

  • A

    それぞれのメリットとデメリットを整理して考えていきましょう。

     新しいもの、古いものにはそれにしかない良さがあると思います。目に見える部分は比較しやすいのですが、建物の維持費や保証、ローンの融資条件、税制の優遇など目に見えない部分をピックアップする事で比較しやすくなると思います。 ( 木住不動産(株) )

  • A
    梶原 伸二  店長

    メリット デメリット

    新築物件の良い所はなんといっても綺麗な建物、清々しいお部屋に一番にお住まいになれるとこではないでしょうか。逆に中古物件は、他の人が住んだ後に住まないといけないと感じられるところがデメリットですね。ところが最近は室内のリフォームを施して新築同様に直して住む方も多くなりました。中古物件は現地や室内、ご近所にお住まいの方や組合、管理会社の活動についても調べた上で購入できるところがメリットになります。お探しの場所やお引渡しの時期で譲れないものがある場合も、中古物件のほうが探しやすいかもしれませんね。 (担当: 梶原 伸二  店長 / ハウスドゥ!倉敷中央店(株)ネットワーク21 )

  • A

    どちらも見てから決めてください

    全てが新品で長期間の保証が付く新築物件、手ごろな価格でお求めやすい中古物件、どちらにしようか悩まれる方はたくさんいらっしゃいます。しかし、何件もの物件をじっくり見てみると、どちらが自分に合っているのかがわかるものです。それぞれにメリットとデメリットがありますので、たくさんの物件をご覧になって決めてください。物件を一緒に見て、メリット、デメリットを説明させていただいた上で、とぢらにするのかお客様がご判断ください。私ども「あなぶき不動産流通」では、お客様が納得できるマイホームが見つかるまで、物件探しのお手伝いをさせていただきます。 (担当:店長 / 穴吹不動産流通(株)広島店 )

  • A

    価格などによる

    中古の方が価格が安いのが通常ですが、中古の場合、物件価格とは別に仲介手数料が必要です。また、間取りが生活スタイルに合っていない、老朽化が激しいなどの場合、リフォームの必要があり、この費用も必要です。これら費用のバランスを基準に考えるとよいでしょう。中古(仲介手数料+リフォーム)と 新築との価格差が100万円~500万円程度であれば新築を選ぶ方が長い目で見ると安心であるケースが多いようです。当社、新築住宅には住宅性能評価、10年保証がついているためです。また当社の物件は売主物件のため、仲介手数料、リフォームの必要がないため案外、中古物件とさほど変わらない金額となるケースが多いようです。 ( 昭和住宅(株)岡山支店 )

  • A
    山部 真一

    違いを紹介します。

    新築の場合は、外装、設備まで自分の思い通りに家を作ることが出来ますが、新築物件は販売価格を抑えるため、土地建物の面積を狭く設計する傾向があります。中古の場合は、新築と同じ条件であれば中古物件の方が広い物件を探しやすいです。月々のお支払を抑えた考えるのであれば、中古住宅の方が選べる物件が多く、同じ大きさでも金額が安くなります。新築・中古に関わらず、立地面・金額面・構造面などあらゆる面を見て検討してください。 → http://www.ohana87.jp/ (担当: 山部 真一 / (株)オハナ不動産 )

  • A
    末松 潤也

    すべては人生計画と返済計画にあり!

    新築と中古を見学して一概に比較することはできません。新築がいいに決まっているからです。では、何故中古物件を検討するのかというと、予算が限られるからではないでしょうか?現金一括で購入が可能な方はお好きなものを選べばよいのですが、住宅ローンのお世話になる方は、月々いくらの支払いで、いつまでに完済するかの目標を決め、逆算すれば、物件にいくらくらいまで掛けれるかか出てきます。まず第一歩は、その数字を見てお決めになって下さい。 (担当: 末松 潤也 / (株)リ・ライフプロデュース )

  • A
    石神 秀二

    自分達の支払える額で決められたらいいと思います。

    私としましては、月々の支払いが可能なら新築物件をお勧めします。新築物件なら保証もありますし、最新の建築基準法に乗っ取って建築されていますので、耐震基準などクリアして建てていますので安心です月々の支払額が自分達の予算よりオーバーするようなら中古物件を探して行けばいいと思います。中古物件の場合は保証等がない場合が多いので、建物に何か瑕疵があっても自分達でなおさないといけないので、そこの負担は考えておかなければならないです。お客様のニーズに合ったプランを提案させてもらいます。 (担当: 石神 秀二 / (株)F.four(エフ・フォー) )

23 件見つかりました
  • | 1 |
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 新築一戸建て > 新築一戸建て 中国 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
新築一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)新築一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。