"20170529035302:H:0" "20170529035302:H:0" "20170529035302:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

521 件見つかりました
  • Q
    買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?
  • A
    小野 元

    新着 パートナー選びが重要です。

    売却資金を購入資金に充当したい、売却が決まらなければ欲しい物件に手が出せない。売却が決まったけど購入先が決まっていなければ、一旦は賃貸に引っ越さなければならない等、お客様の金銭的負担や無駄な労力を使うばかりです。売却と購入は同じ不動産屋に任せる事、信頼できるパートナーに出会えれば安心してお住み替えが出来ることでしょう。その一助を当社にお任せ下さい。きっとお役にたてる筈です。 (担当: 小野 元 / 住宅情報館(株)泉店 )

  • A

    新着 MEの仲介は売却専門店です。

    住替えのお客様は是非、MEの仲介へご相談下さいませ。売却専門店とは家を買いたい、売りたいお客様の売りたい!だけの集客をしている会社です。売却のあるお客様にとって次、住むお家がどんなお家なのか希望や夢があると思います。でも今の家がしっかり売れてくれないと・・・と思っていると思います。住替えはMEの仲介でもっとも得意とする分野です。安心で早く、スムーズにそして安全なお取引をご提供させて頂く事をお約束致します。お問合せお待ちしております。 (担当: 安田 善洋 / MEの仲介京葉(株) )

  • A
    祐川 秀和

    新着 ◆売却を先行するor購入を先行する。どちらが適しているか見極めてください!

    売却を先行する場合、売却額に合わせて買替え先を探すため、予算に狂いが生じることが少ないですが、売却後、購入先が見つからないと仮住まいが必要となるのがデメリットと言えます。これに対し、購入を先行する場合、仮住まいの必要は少なくなりますが、購入後売却がうまくいかないと、予算での狂いが生じることがあります。この2つは買替え先のご希望や住宅ローン残債の有無、現在の住宅の売却予想額によって選択が異なります。住宅情報館では、独自の査定システムと購入を先行した場合、万一売却が出来なかった際の保険である『買い取り保証制度』をご用意し、お客様に最適なお住替えをご提案いたします。是非お気軽にご相談ください! (担当: 祐川 秀和 / 住宅情報館(株)平塚店 )

  • A
    チーフ 佐藤 泰志

    新着 最初に手間を惜しまず、資金計画を立てることがポイントです。

    現実的なお話になりますが、資金計画が住替えの段取りの要になります。まずは資金計画の確認がポイントになりますので、まずはお話を聞かせてください。売却予定のローン残債の確認【ローンの返済表をご提示ください】、ご購入計画のローン計画【源泉徴収票もしくは確定申告書の写し】等をご用意ください。ご自宅がどのくらいで売れるかとの査定も必要になりますので、お部屋を拝見させていただきます。売却・購入と手続きが重なり、大変ですが経験豊富な担当者がサポートいたしますので、ご安心してお任せください。 (担当: チーフ 佐藤 泰志 / (株)長谷工リアルエステート本社営業センター 第3チーム )

  • A
    秋田 喜信

    安心してお住替えをするためにご検討頂くこと

    お買い替えの際に抱えられる問題として(1)購入先を検討したものの、慌てて売却をすることとなった(2)売却が決まったが、納得のできるお住替え先が見つからないといった問題が起きてしまうのではないかという不安から、思うようなお住替えがご検討頂けない方が多いようです。弊社では、安心できる買替を全力でサポートさせて頂き、大切な財産である今のお住いの有利な売却、ご安心頂けるお買い替えのご提案をさせて頂きます。やむを得ずご自宅を買い替えることを検討せざるを得ないご事情をお持ちの方、皆様の抱えていらっしゃる不安を是非お伝えください。最適な解決方法をご提案させて頂きます。 (担当: 秋田 喜信 / 住宅情報館(株)青葉台店 )

  • A
    森下 友矢

    まずは、査定をおすすめします。

    ご希望の金額で販売活動は可能ですが、1、市場や路線価等から算出する方法(一般ユーザーさんへ販売活動)2、不動産会社が買い取る方法(相場値よりも安くなります)大きく2つの査定方法があります。2の場合は相場よりも安い価格になりますが、住み替える方法としては、スムーズです。ケイアイスター不動産では、無料で査定を行っております、お気軽にご相談下さい。 (担当: 森下 友矢 / ケイアイスター不動産(株)東大宮ハウジングセンター )

  • A
    鈴木 雄一

    買い替え計画について

    2件の物件を同時に動かすのはタイミングとそれをコントロールする業者次第です。念密なスケジュールと販売計画、そして移り住む場所の物件探しで全体の計画が決まります。出来る限り1社ですべてが出来ることをお勧めいたします。ちなみに当社では買取りを始め、買い替えニーズに対応するノウハウとシステムがありますので、ご希望があれば何なりとお申し付け下さい。 (担当: 鈴木 雄一 / 住宅情報館(株)厚木店 )

  • A
    山崎丈

    残っているローンと買換えのタイミングが重要です!

    買換えと一言で言ってもタイミングや資金作りなど考えなくてはいけないことは少なくありません。まずは今のお住まいの残債を銀行などの金融機関に問い合わせてみてください。そのうえでお客様が買換えをお考えになった動機を踏まえ、当社のスタッフが売却の目安や購入物件金額、それらのタイミングを親身になってアドバイスさせていただきます! (担当: 山崎丈 / 住宅情報館(株)港南台店 )

  • A
    大石 浩司

    売却を先行するor購入を先行する。どちらが適しているか見極めてください!

    売却を先行する場合、売却額に合わせて買替え先を探すため、予算に狂いが生じることが少ないですが、売却後、購入先が見つからないと仮住まいが必要となるのがデメリットと言えます。これに対し、購入を先行する場合、仮住まいの必要は少なくなりますが、購入後売却がうまくいかないと、予算での狂いが生じることがあります。この2つは買替え先のご希望や住宅ローン残債の有無、現在の住宅の売却予想額によって選択が異なります。住宅情報館では、独自の査定システムと購入を先行した場合、万一売却が出来なかった際の保険である『買い取り保証制度』をご用意し、お客様に最適なお住替えをご提案いたします。是非お気軽にご相談ください! (担当: 大石 浩司 / 住宅情報館(株)秦野店 )

  • A
    吉田 徹

    お任せください 買い替え希望

    買い替えは様々なタイミングがあり、難しいとお考えの方が多いのですがお客様に最善の方法でサポート致します。弊社では買い替えをお手伝いさせていただいたスタッフが多数在籍しておりますので経験に基づいた、プランを作成いたします。また、弊社では買い取り保証制度なども準備しておりますので是非ご相談ください。 (担当: 吉田 徹 / 住宅情報館(株)佐原店 )

  • A
    小林 純

    売却よりも次の住まいの購入に比重を置いて計画を立てましょう!

    お買い換えは初めて家を買う時よりやるべきことが多くなります。計画をしっかりと組んでから、行動しましょう。まずは、今のお住まいのローン残高を確認しましょう。そして、今の家が最低いくら、最高いくらで売ることが出来そうなのかを知っておく事で次の購入先に充てられるご予算が見えてきます。予算を○○○万円~○○○万円と幅を決め無理のないところから次に住む物件を見ていきましょう。今まで住んでいた家を少しでも高く売ることも大切ですが、なにより大切なのは次に住む家が満足のいく家かということです。お住み替えはエネルギーが必要ですが、お客様の満足いく”終の棲家”を一緒に探していきましょう!! (担当: 小林 純 / 朝日土地建物(株)橋本支店 )

  • A
    矢野 宏明

    資金計画を把握した上で、「購入先行」か「売却先行」かを決めましょう。

    購入と売却が同時に成立するのが一番の理想ですが、案外これが難しいのです。そのため、まずは残債や購入代金など資金面から、購入先行かご売却先行かをご検討下さい。購入先行の場合は希望物件をじっくり探すことができますし、仮住まいも必要ございませんが、ご自宅とご購入物件との2重ローンやご希望の金額で売れるかどうかなど不安が残ります。売却先行は仮住まいが必要になる場合はございますが資金は明確になります。弊社は売却先行をおすすめ致しますが、気に入った物件があり先に購入したい場合は、弊社の買取保証サービスを一度ご検討下さい。また契約で居住延長を認めてもらえる場合もございますので、詳しくは担当者に相談下さい。 (担当: 矢野 宏明 / (株)大京穴吹不動産港北ニュータウン店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    殿川 晶

    お客様によって進めかたが変わってきます。

    お買い替えには「購入が先」・「売却が先」・「売却と購入を同時」と3つのケースがございます。お客様のご希望や物件条件によって、進めかたが変わってきますので、早めに相談することが大事です。お客様にとって、より良い買い替え方法をご提案いたします。まずはお気軽にご相談下さい。■弊社買い替えをサポートシステム■気に入った物件があるが自宅が売れなかったら・・・とお考えの方には「即時買取プラン」や「買取専任保証プラン」等万が一自宅が売れなかった場合でも弊社にて買取を行うことで、売却できない・2重の住宅ローンになる等のご心配がなくなります。 (担当: 殿川 晶 / (株)大京穴吹不動産国分寺店/電話受付→本社:東京 )

  • A

    現在お住まいのローン残高は?

    もし現在お住まいの住宅ローン残がなければ、購入を先行し売却もゆっくりと別々に進めることが出来ます。住宅ローン残がある場合、仲介で売却もしくは不動産業者が買い取る金額でローン残を消し、同時に新居を購入し住み替えます。(売却も購入も平行して進めます)また、売却金額で既存のローン残を消せない場合は買換えローン(新居に新居のローン+既存のローン残)を利用します。但し、金融機関によっては買換えローンを行っていません。又お客様の年収、年齢、勤続年数等によりローンを組めない場合も有ります。事前にご相談ください。 ( ベストハウス(株) )

  • A
    原田 輝明

    売却と購入のタイミング、資金計画の組み立てが大切です。

    買い替えをスムーズに進めるには売却と購入のタイミングと資金計画の組み立てが大切です。お客様のご予算、住宅ローンの残債額、新居への入居時期等々細かい内容をお聞かせ頂き、自宅売却の価格を調査させて頂いたうえで、お客様に合ったベストなご提案をさせて頂いております。 (担当: 原田 輝明 / 住宅情報館(株)海老名店 )

  • A
    安藤 慶太

    まず条件を整理して1つの不動産会社で両方進めることをお勧めします

    購入と売却どちらが先、皆様にはいろいろな要素があると思います。住宅ローンが現状残っている方、残っていない方。大きな所に住み替えを検討される方、住まいを縮小しようと考えるかた。同一エリアで探される方、違うエリアで探される方。色々だと思います。広域のネットワークでおつきあいできる不動産会社をお選びいただく事が大事だと思います。また購入・売却同一会社で行うことによって、情報整理など住替えがスムーズに運ぶことが多いと思います。是非一度ご相談下さい。 (担当: 安藤 慶太 / (株)大京穴吹不動産町田店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    櫻田彰宏

    残債額と買い替えのタイミングが重要です。

    「買い替え」と一言でいうと簡単に聞こえますが、タイミングや資金作りなど、しっかりと考えないと後悔に繋がってしまいます。まずは、現在のお住まいの残債額を担当の銀行などの金融機関にお問い合わせください。その上で、お客様の買い替えをお考えになられた動機(近隣トラブル・建物の築年数など)をお聞かせ下さい。当社の経験豊富なスタッフより、現在のお客様のご自宅売却目安の金額をお伝えさせて頂きまして、ベストのタイミングをお伝えさせて頂きます。 (担当: 櫻田彰宏 / 住宅情報館(株)湘南台店 )

521 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 新築一戸建て > 新築一戸建て 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
新築一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)新築一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。