"20171119062654:H:0" "20171119062654:H:0" "20171119062654:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

539 件見つかりました
  • Q
    新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?
  • A
    高山 健一

    新着 15年後のメンテナンス費用の比較を基準に考えた方が良いです。

    中古は新築に比べて購入額はお安く抑えることができますがメンテナンス費用が掛かる為新築よりもコストがかかる可能性があります。日本は寒暖差が大きい気候・地震が多い国ですので今後のメンテナンスは重要になります。当社の新築の耐震等級は最高等級をクリアしていますので、耐震補強などのメンテナンスは必要ありません。 (担当: 高山 健一 / (株)横尾材木店太田店 )

  • A

    新着 新築も良いですが、中古にも良さがある!

    新築マンションも長い年月を見れば価値がありますが、中古にもマンションなら耐久年数が長く資産として残り、戸建ならば土地の価値が残ります。まずはニーズにあった物件探しを私たちが誠意を持って対応させていただきます! ( (株)アルテホーム )

  • A
    石山 薫

    中古戸建の場合は築年数が新しい物件をおススメします

    幾ら安くても購入後の修繕費が高くついてしまえば新築戸建を購入出来たかもしれませんという事になってしまいます。戸建の場合、外壁や屋根の修繕工事だけでも軽く100万円を超えてしまう場合もあります。水回り(キッチン・ユニットバス・トイレ・洗面化粧台)の場合は300万円前後必要です。築年数が新しい中古戸建でしたらその点は購入してから随分先になるでしょうから安心ですが古い中古戸建の場合は注意が必要です。 (担当: 石山 薫 / (株)グランツホーム )

  • A
    藤井 一希

    今後かかる修繕費用も含めご検討ください

    新築と中古にはそれぞれメリットとデメリットがあります。代表的なものとしては、新築は補償もあり、設備が新しいですが中古と比較すると高価になります。また、中古は金額が安価ではあるが補償が無く、住み始めに設備の入れ替えなどが必要となる場合があります。また中古住宅の場合、構造躯体の劣化も考えられるため、インスペクション調査を行う事をお勧めいたします。 (担当: 藤井 一希 / センチュリー21(株)オールワン )

  • A
    今泉辰朗

    ご予算によると思います!

    一概にどちらがいいと言うのはお客様によって違います長く住みたいのであれば当然保証のある新築がいいでしょうし、別にそんなに長く住まないというのであれば中古でもいいと思いますこれも単純な回答になってしまいましたが、実際には予算、将来の展望によって様々です一番重要視するポイントをまずは探しましょう! (担当: 今泉辰朗 / 住宅情報館(株)越谷店 )

  • A
    山田 雄介

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば、新築住宅のほうが良いかと思います。 (担当: 山田 雄介 / 三井住友トラスト不動産(株)八王子センター )

  • A
    柳澤 隆司

    MEマイホーム計画埼京は「マイホームの売買」に特化していますので、新築も中古も沢山取扱い

    しております。どちらかに偏った提案でなく、新築・中古どちらもメリット・デメリットがありますので、お客様のライフプランに合わせ、きちんとお話しさせていただきます。当然、話だけでなく豊富に持っている新築・中古のお家を実際にご案内しながらご提案致しますのでより具体的にどちらがいいかお分かりになると思います。どうぞ、お気軽にお問い合わせください! (担当: 柳澤 隆司 / ME Group/MEマイホーム計画埼京(株) )

  • A
    木村和彦

    と言うよりは、どんな家族構成かで変わります。

    新築、特に多棟現場の場合、不思議と年収や年代が近い家族が集まる傾向があります。そうなりますとそこには金額では表せないメリットなどが生まれてくる訳です。住めば自治会行事や子供関係行事など色々出てきますから、もしお子さんがいる様なら多棟現場をオススメします。中古でも近隣が同時に分譲されているケースなら同じ様な事が言えますので、近隣の家族構成がどんなか見てみると良いです。その他の中古や新築の戸数が少ない現場の場合は逆にそういう近隣がわずらわしい方には良いです、ちなみに私もこちらでした。 (担当: 木村和彦 / (株)グランデ )

  • A
    橋本 剛

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 (担当: 橋本 剛 / 三井住友トラスト不動産(株)所沢センター )

  • A
    桜井 修

    保証期間が違います。

    新築の場合、主たる構造部分に対し10年間の保証があります。中古住宅の場合、個人が売主様のケースが多く、瑕疵担保責任期間は2ヵ月が多いです。中古住宅でも、売主様が不動産業者の場合、2年保証となります。あと、築年数にもよりますが、昭和56年6月以前ですと旧耐震の建築物となります。その他、色々判断基準がありますのでお気軽にお問合せください。 (担当: 桜井 修 / (株)インフィニットスペース )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)田町センター )

  • A
    新島 英虎

    あと何年住むかだと思います。支払いだけで考えると大変なことになります。

    たとえば、築15年の中古を購入し、住んだとした場合、20年くらいはそのまま、もしくは内装リフォームで問題はないと思いますが、30年40年と考えたとき、見えない構造部分はどうでしょう?築40年の中古戸建は、建て替えを考えなければとなる場合もございます。金額が安かったからでは済まされないときもあります。構造などが見れない中古戸建ほど慎重にお考えください。現在は、購入前に耐震診断や建物の保証をしてくれるサービスもございますので、そちらもぜひご検討ください。 (担当: 新島 英虎 / ケイアイネットリアルティ2nd(株)宇都宮西ハウジングセンター )

  • A

    まずは、査定をおすすめします。

    ご希望の金額で販売活動は可能ですが、1、市場や路線価等から算出する方法(一般ユーザーさんへ販売活動)2、不動産会社が買い取る方法(相場値よりも安くなります)大きく2つの査定方法があります。2の場合は相場よりも安い価格になりますが、住み替える方法としては、スムーズです。ケイアイスター不動産では、無料で査定を行っております、お気軽にご相談下さい。 ( ケイアイネットリアルティ2nd(株)小山ハウジングセンター )

  • A
    水野昌彦

    中古のメリットは?新築の魅力は?

    新築が、良いという方が一般的です。特に女性は、キッチン、お風呂、水周りを気にします。一方、中古住宅を検討する方が、増えてきました。リフォームの知識・技術・商品の豊富さにより、限られた予算の範囲内で、自分好みにプランを作ったり、デザインを考え、住まい探しを楽しむ方が増えました。中古住宅の利点は、土地(更地)がない駅に近く、一等地と呼ばれるところ、学区内での引越する方などが適しています。広い土地に増築、投資物件などの選択肢もありますね。基準は、ご予算、エリア、大きさによって選択肢をつくることですね。ご一緒に物件を見ながら、検討項目をチェックすることで、自分好み(基準)が明確になります。 (担当: 水野昌彦 / (株)エステート白馬越谷大袋店 )

  • A
    泉 雄貴

    それぞれにメリットデメリットがございます。

    新築戸建ては、色々な保証があり全てにおいて新品でございます。中古物件は、本来の価格よりもお安くなっている事があり、お得に購入出来る物件もございます。考案中の物件などがございましたら、お気軽にご相談下さい。 (担当: 泉 雄貴 / 湘南シーズン(株) )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)自由が丘センター )

  • A
    大島 高太

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 (担当: 大島 高太 / 三井住友トラスト不動産(株)大宮センター )

  • A
    河本 正茂

    どちらもメリットがあります

    新築物件の良い所はなんといっても綺麗な建物、清々しいお部屋に一番にお住まいになれるとこではないでしょうか。逆に中古物件は、他の人が住んだ後に住まないといけないと感じられるところがデメリットですね。ところが最近は室内のリフォームを施して新築同様に直して住む方も多くなりました。中古物件は現地や室内、ご近所にお住まいの方や組合、管理会社の活動についても調べた上で購入できるところがメリットになります。お探しの場所やお引渡しの時期で譲れないものがある場合も、中古物件のほうが探しやすいかもしれません。 (担当: 河本 正茂 / センチュリー21(株)ハウスラボ )

539 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 新築一戸建て > 新築一戸建て 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
新築一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)新築一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。