フォレント

豊富な賃貸物件・不動産会社数でラクラク部屋探し!

PRODUCED BY RECRUIT

賃貸部屋探し完全ガイド

STEP2 「物件情報」
Q. 「定期借家」って何?
A. 契約期間が来たら、契約終了。更新はできないが、合意があれば再契約できる。注意点もあるが、有利な点も。
更新できない、契約期間自由の契約が定期借家
 平成12年3月から導入された定期借家制度は「優良な賃貸住宅等の供給促進に関する特別措置法」に基づき、優良な賃貸が供給されやすくなることを目的としたもの。
  具体的には契約が終了したら更新はできない(再契約は可能なことも)。そうすることで借りた人に居座られたり、出ていってもらうために多額の立ち退き料が必要になるなど、これまでの貸主の不利を是正。安心して貸せるようにすることで、良質な住宅供給増を狙っている。
  また、一般の賃貸契約は2年が一般的だが、定期借家は自由。極端にいえば1日でも10年でもOKなのだ。そこで、長めに設定すれば、その間、貸主は確実な収入が得られ、これまた、安心して貸せることになるというわけだ。
借りる人にとってのメリットは何?
 では、この制度の借りる人にとってのメリットは何か?
  まずは、立ち退いてもらえないのではないかという貸主側の心配がなくなったことで、これまで以上に良質の物件が供給される可能性が高くなったという点。実際、これまで個人で借りにくかったリロケーション物件(転勤期間中など一定期間だけ自宅を賃貸する物件。分譲タイプや一戸建てなど良質な物件が多い)が定期借家制度を利用することで、借りやすくなっている。また、駅近くの企業の遊休地が期間限定で賃貸として供給される例も少なくない。
  次に入居者の質が確保されるという点。周囲に迷惑をかけるような入居者がいても、これまでは退去させることができなかった。しかし、定期借家なら、大家さんが再契約を拒否すれば退去させられるのだ。
  最後に再契約不可という場合には賃料が安めに設定されていることがあるという点。ただし、再契約ができる場合には相場並みだ。
  また、最近利用者の増えているマンスリーマンションでこの定期借家制度を利用していることも。
再契約できるかは契約次第、途中解約は原則できない
 では、借りる場合の注意点を見ていこう。
  まずは再契約が可能かどうか。これは契約書に記載があるはずなので、事前に必ずチェック。再契約時には再契約料が必要な場合が多いので、その額も見ておこう。
  次に中途解約が基本的にできない点を認識しておく。通常の契約なら1ヶ月前などに予告すればOKだが、定期借家の場合、転勤や親の介護の必要などやむを得ない事情がない限りは×。その場合は解約を申し入れてから1ヶ月で契約を解除できる。以上の詳細は必ず契約書に記載されるし、契約時には細かく説明を受ける必要がある。
  契約期間が1年以上の場合、契約終了の1年前から6ヶ月前には貸主から期間終了の連絡が来る。それがなかった場合、改めて通知の日から6ヶ月は住み続けられる。
チェック! 契約書はここをチェック
定期借家であることが
明記されているか
定期借家契約であること、契約の更新がないこと、期間が終了したら退去しなくてはいけないこと、契約の終了年月日などが書かれていなくてはいけない
契約期間は何年か? 契約次第で異なるので、自分たちが結ぼうとしている契約が自分たちのライフプランに合っているかは必ず確認しよう
再契約は可能か? 長く住すみたいなら必ずチェックを。あるいは5年、10年など初めから長めの契約期間の物件を探す手も
再契約時の段取りは? 再契約料が必要ならその額なども見ておこう。もちろん、いつ、どのような段取りで再契約を行うのかのチェックも必要
解約の取り決め どうしても住み続けられなくなった場合にはどのように解約を申し入れるか。いつまでにどんな段取りでという点も念のため聞いておこう
*以上の点をきちんと説明してもらってから、署名・押印に望もう