第1位吉祥寺

他のコメントを見る

この街についてもっと知りたい人はこちら

この街についてもっと知りたい人はこちら

第3位自由が丘

他のコメントを見る

この街についてもっと知りたい人はこちら

第4位鎌倉

他のコメントを見る

第5位二子玉川

他のコメントを見る

気になる 6位~10位はこちら!

たまプラーザ
東急田園都市線 神奈川県横浜市
イギリスの田園都市をモデルにつくられた街
大宮
JR埼京線 JR京浜東北線 ほか 埼玉県さいたま市
さいたま市の中心として発展する注目の都市
浦安
東京メトロ東西線 千葉県浦安市
保育園が充実。ワーキングマザーにやさしい
川崎
JR京浜東北線 JR南武線ほか 神奈川県川崎市
再開発で利便性もアップ。人気急上昇の街
武蔵小杉
東急東横線 JR横須賀線ほか 神奈川県川崎市
JR横須賀線新駅の開設でより便利に

1位~10位 ランキング総括

ファミリー世代の街選びは、利便性に加え子育てをする環境も大切。1位に輝いた吉祥寺は、新宿・渋谷から17分という立地にありながら、およそ38万m²の広さを誇る井の頭恩賜公園があり、都心の便利さと郊外の良さが味わえる。2位の横浜は、デパートなど大型商業施設やテーマパークも充実。また、少し足を延ばせば茅ヶ崎や鎌倉などがあり、海を間近で感じられるのも魅力である。自由が丘は洗練されたショップが多く建ち並ぶが、1歩奥へ入れば静かな住宅街が広がり落ち着いた暮らしができる街。同じく、住宅地として名高い二子玉川、たまプラーザも、駅周辺にデパートなどのショッピング施設がある一方、等々力渓谷公園や美しが丘公園など緑豊かな環境もありファミリー層の憧れのエリアとなっている。このほか、駅前の再開発で商業施設が充実した大宮、川崎、武蔵小杉は、都心へのアクセスの良さに加え、より利便性が増したことで人気を集めた。

↑ページの先頭へ戻る

「住んでみてよかった街」ランキング

<住みたい街>で人気を二分する吉祥寺、横浜だが、<住んでみて良かった街>もこの2つの街の周辺に人気が集まった。吉祥寺から1駅の三鷹をはじめ国立、高円寺など中央線からは8駅がランクイン。一方の横浜も東急東横線の日吉、大倉山、横須賀線の戸塚、茅ヶ崎など横浜への便が良い街が並ぶ。全体的に自然が豊かで落ち着いた雰囲気の街が多いのが、ファミリー層の特徴といえるだろう。

横浜
JR京浜東北線 東急東横線ほか 
神奈川県横浜市
吉祥寺
JR中央線 京王井の頭線ほか 
東京都武蔵野市
国立
JR中央線 
東京都国立市
中野
JR中央線 東京メトロ東西線ほか 
東京都中野区
三鷹
JR中央線 JR総武線 
東京都三鷹市
大宮
JR埼京線、JR京浜東北線ほか 
埼玉県さいたま市
川崎
JR京浜東北線 JR南武線ほか 
神奈川県川崎市
日吉
東急東横線 東急目黒線
神奈川県横浜市
高円寺
JR中央線、JR総武線 
東京都杉並区
立川
JR中央線 JR南武線ほか 
東京都立川市
たまプラーザ
東急田園都市線 
神奈川県横浜市
JR常磐線 東武野田線 
千葉県柏市
茅ヶ崎
JR東海道本線  JR相模線
神奈川県茅ケ崎市
荻窪
JR中央線、JR総武線 
東京都杉並区
府中
京王線 
東京都府中市
浦安
東京メトロ東西線 
千葉県浦安市
青葉台
東急田園都市線
神奈川県横浜市
国分寺
JR中央線 西武国分寺線
東京都国分寺市
浦和
JR京浜東北線 JR高崎線ほか 
埼玉県さいたま市
戸塚
JR横須賀線 JR東海道本線
神奈川県横浜市
二子玉川
東急大井町線 東急田園都市線
東京都世田谷区
大倉山
東急東横線 
神奈川県横浜市

↑ページの先頭へ戻る

1位~18位 柏、浦和、池袋など利便性が良い街が人気

中央線の国立は、文教の街として有名な街。洗練された雰囲気は沿線の憧れの的である。
柏、浦和はともにサッカーJリーグのホームタウンとして知られているが、アクセスも上野まで30分以内、大型商業施設や公園も多いなど子育てにはうれしい環境が整っている。どこへいくにも便利な山手線の新宿、恵比寿、池袋は、都心ながらも少し足を延ばせば商店街や学生街などがあり庶民的な顔も覗かせる。

国立
JR中央線 
東京都国立市
JR常磐線 東武野田線 
千葉県柏市
浦和
JR京浜東北線 JR高崎線ほか 
埼玉県さいたま市
下北沢
京王井の頭線 小田急線 
東京都世田谷区
新宿
JR中央線 京王線ほか 
東京都新宿区
代官山
東急東横線 
東京都渋谷区
茅ヶ崎
JR東海道本線  JR相模線
神奈川県茅ケ崎市
恵比寿
JR山手線 JR埼京線ほか
東京都渋谷区
池袋
JR山手線 JR埼京線ほか
東京都豊島区
千葉
JR総武線 JR総武快速線ほか 
千葉県千葉市

↑ページの先頭へ戻る

↑ページの先頭へ戻る

みんなが選んだ 住みたい街ランキング 関東版 | SUUMO(スーモ)

ページトップへ戻る