1. 不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > 
  2. 関東 > 
  3. 住みたい街ランキング > 
  4. 住みたい街ランキング2015 関東 > 
  5. 穴場な街・値上がりしそうな街・現実的に住みたい街・もてそうな街

穴場? 値上がり? モテる? みんなが気になる街ランキング

穴場だと思う街ランキング

複数路線が乗り入れ、起点となるターミナル駅まで10分程度にも関わらず、物件価格が安く暮らしやすい。そんな“穴場的な街”はどこなのか? 1位に輝いたのは「北千住」。5つの鉄道路線が乗り入れる城東エリア最大のターミナルで、江戸の宿場町「千住宿」の流れをくむ一大商業エリアでありながら家賃や地価も比較的手ごろな点が指示された。ほか、住みたい街ランキングでは48位だった「赤羽」が2位、同95位だった「小竹向原」が5位、同じく185位だった蒲田が7位にランクイン。憧れやネームバリューよりも、交通利便性、住み心地、コストパフォーマンスを優先したい人にはおすすめだ。

今後、地価が値上がりしそうと思う街ランキング

1位は「武蔵小杉」。高層タワーマンションの建設ラッシュに沸く再開発エリアだが、今後も10年間にわたって大規模なリニューアルが進められる見込みで、その将来性に熱い視線が注がれている。2位以下も同じく大規模な再開発を控える街が並んでいるが、特に注目したいのが「海老名(5位)」と「橋本(6位)」。海老名駅では西口で大規模な街のリニューアルが行われていて、2015年秋には巨大複合施設「ららぽーと海老名」が開業。2018年には相模鉄道線がJR横須賀線と直通運転、2019年には東急東横線と直通運転を開始する予定で、利便性は飛躍的に向上する。一方、橋本駅は2027年に開通するリニア中央新幹線の停車駅となっていて、その経済効果も含めて期待がもてるエリアだ。

今払える予算内で住みたい街ランキング

憧れや理想はひとまず置いて、現実的に手が届く中で選ぶとしたらどの街が人気なのか?ある意味、最も実情に則したランキングといえるかもしれない。1位は「武蔵小杉」。再開発で街は劇的に変化しているが、今のところ賃貸物件の家賃もそれほど高くなく、十分検討の範囲内と考える人が多かったのだろう。2位の「中野」も大規模な再開発で注目を集める街。新宿まで電車で10分足らずと都心近郊ながら手ごろな家賃、駅前に一大商圏が広がる利便性の高さも光る。同率3位の「北千住」「大宮」はともに鉄道交通の要衝で圧倒的な利便性の高さがあり、駅前には大規模商業施設が立ち並ぶ。名を捨てて実を取る、といった表現がしっくりくるランキングだ。

  • 取材・文:やじろべえ
  • 掲載日:2015年4月30日
  1. 不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > 
  2. 関東 > 
  3. 住みたい街ランキング > 
  4. 住みたい街ランキング2015 関東 > 
  5. 穴場な街・値上がりしそうな街・現実的に住みたい街・もてそうな街
ページトップへ戻る