総合ランキング 住んでみて良かった街 2012年の住んでみて良かった街の総合ランキングはこちら

注目の街
横浜

みなとみらいに代表される新興住宅の多さ、利便性から、総合第2位の吉祥寺が苦戦していたファミリー層でも安定の人気を誇り堂々の総合1位。歴史の上でも移民を受け入れてきた港町気質からか、観光地として機能しながら実際住んでみても居心地の良さを感じられる街である。みなとみらいや元町などの憧れの街と、野毛に代表される下町が同居する懐の深さも魅力の一つ。

中野

新宿から中央線で1駅ながら、総武線・東西線も通り、一部始発もある利便性。中野ブロードウェイ界隈に趣味性の高い店が集まる一方、周囲のリーズナブルな飲食店街、ドラッグストアなど一人暮らしからファミリーまでの生活に便利な店も豊富で、男女問わずさまざまな世代から人気を集めた。オフィスビル「NAKANO CENTRAL PARK」をはじめとした、公園、バスターミナルの整備など駅北口エリアの大規模な再開発が進むことにより、今後も注目度は上がっていくことだろう。

町田

都心からはやや離れているが、駅前は若者向けの巨大商業施設が立ち並び、駅からすぐに広い公園もある。少し離れれば里山もすぐで、老若男女さまざまな世代に寄り添うインフラの良さが魅力。都心に比べて格段に充実しているバスの便や、車の移動に便利な横浜町田I.C.もあることから、特に共働きカップル&ファミリーで大きく票を伸ばした。

ランキング総括
上位10位中、実に6つが中央線沿線の街となった総合ランキング。中央線沿線には大学が多く、学生時代に過ごした人も多く、一度ほかの沿線に移り住んでも、学生時代に味わった楽しい思い出と街の懐の深さが忘れられずに出戻る、という不思議な魅力をもつ街が多い。また、吉祥寺なら井の頭公園&ハモニカ横丁、横浜ならみなとみらい&野毛など、上位の街には利便性だけでなく、コントラストを感じる多様な街の魅力があるのも特徴。

20代シングル 住んでみて良かった街 20~29歳の独身男女に聞いたランキングはこちら

ランキング総括
男性は趣味性の高い街や、川崎や池袋など、遊ぶのにも適した街に人気が集まる傾向がある一方で、女性は3位の国立のような、比較的おとなしく、治安の良いイメージのある街に票が集まった。女性4位、男性も8位のつくばは、都心からはだいぶ離れているものの、つくばエクスプレスによる利便性の高さ、インフラの充実度から人気が集まった、「穴場」な街だと思われる。

共働きカップル 住んでみて良かった街 20~49歳で、共働き、子どもがいない既婚男女に聞いたランキングはこちら

ランキング総括
通勤利便性を確保しながらも週末の過ごし方を重視したライフスタイルが想像できるランキング。男性2位の茅ヶ崎は、平日は仕事中心でありながら、オフである週末にはサーフィンなどの海生活を堪能できる街であったり、また吉祥寺は女性4位に対し、意外にも男性で1位だが、雑誌に載るような女性向けのお店ばかりではなく、街に入り込むと実は渋い居酒屋などが数多く、男性のほうがオフを楽しめるのかもしれない。

ファミリー 住んでみて良かった街 子どもを一人以上持つ既婚男女に聞いたランキングはこちら

ランキング総括
シングル&共働きとガラリと色を変え、男性は東側、女性は遠くても西側を選ぶ傾向にある。男性は通勤至便、いわゆる「安・近・短」を考え、女性は、行政・インフラの面で優れていると言われる調布など、子育てを意識したチョイスも目立つ。地価の高いところは外れる傾向にあり、特に女性の場合、鎌倉ではなく大船が4位、横浜だけでなく鶴見も6位に入るなど、全体的に地に足のついた印象だ。
SUUMOみんなの街 気になる街の情報をじっくり見てみよう

文/高松 孟晋 デザイン/(株)クーシー

↑ページの先頭へ戻る

住んでみて良かった街ランキング 関東版 | SUUMO(スーモ)

ページトップへ戻る