総合ランキング 住んでみて良かった街 2012年の住んでみて良かった街の総合ランキングはこちら

注目の街
高槻

人気の北摂エリアの最北に位置し、JR東海道本線と阪急京都線が並んで走る高槻市。JR「高槻」駅は新快速電車停車駅で、京都へも大阪へも15分足らずと交通の利便性は抜群。同駅前には2つのデパートのほかスーパーや映画館、スポーツクラブなどが入る商業施設がそろう。また、緑豊かな公園が充実し、中心部から少し離れれば豊かな自然が残っている。

豊中

北摂エリアの中でも閑静な住宅街と共に、昔ながらの商店街が残り下町風情を醸し出すエリアが共存する豊中市。阪急宝塚線「豊中」駅は、「梅田」まで乗り換えなしで11分、「大阪空港」へのアクセスもよく、通勤や出張に便利な街だ。駅前には商業施設が充実しにぎやかだが、一方で、街の中に緑豊かな公園が点在し、足を延ばせば手つかずの自然が残る。

ランキング総括
「住んでみて良かった」という満足感の大きな理由は、まず交通の便の良さだろう。1位だった「高槻」は「大阪」へも「京都」へも15分弱という近さ。2位の「豊中」は「梅田」へ11分、3位の「芦屋」は「大阪」へも「三ノ宮」へも十数分で、いずれも交通至便だ。また駅周辺には商業施設が充実し、買い物に便利なことも共通点。利便性に加え、緑豊かで住宅地として成熟していることも重要な要因になっている。「交通」「買い物」「自然」の3要素がそろうと満足度がぐっとUPするようだ。

20代シングル 住んでみて良かった街 20~29歳の独身男女に聞いたランキングはこちら

ランキング総括
1位の「石橋」は近くに大阪大学など多くの学校があり若者が多い街。特急、急行がすべて止まり交通の便が良い。駅前には商店街があり買い物も便利だ。特徴的なのは「京都」が3位に入っていること。学生の街であることも理由のひとつだろうが、京都の中心部「田の字地区」に代表されるような、伝統と新しさがミックスされた今の京都ならではの魅力が20代を引きつけるのでは。古都の風情へのあこがれや、古き良きモノを自分たちなりに楽しもうとする感性が京都人気に繋がっているのだろう。

共働きカップル 住んでみて良かった街 20~49歳で、共働き、子どもがいない既婚男女に聞いたランキングはこちら

ランキング総括
共働きカップルにとって交通、買い物の利便性が満足度の大きな要素といえる。2位の「千里中央」は、千里ニュータウンの中心地で百貨店、ショッピングセンターなどが集積し、新しい施設も続々と登場。梅田まで19分、大阪国際空港へもモノレールで一直線という便利さだ。成熟したニュータウンだが最近、駅前に新しいマンションが次々と建ち、新しい住人が増えているので街に馴染みやすいのも若いカップルには安心感がある。3位の「武庫之荘」は通勤時間帯に急行が止まり、通勤通学に最適。駅構内や駅前にスーパーがあり、会社帰りの買い物にも困らない。

ファミリー 住んでみて良かった街 子どもを一人以上持つ既婚男女に聞いたランキングはこちら

ランキング総括
上位3位に共通しているのは、緑豊かで街並みが美しいこと。2位の「芦屋」は全国的なブランドエリアで、緑豊かな街路樹が続き、閑静な住宅街が広がる。大阪と神戸の中間地点で交通の便も良い。街全体が静かで落ち着いた雰囲気な上、買い物施設もそろっているので、中高年になっても住み心地の良さは変わらないだろう。3位の「姫路」は世界遺産姫路城やお城周辺の緑豊かな公園など街の景観が美しい。加えて、新快速電車の停車駅で大阪への通勤も可能なこと、商店街が発展していて買い物が便利なため、神戸や大阪へ行かなくても日常生活に困らない……など、住んでみて良さを発見できる街だ。
SUUMOみんなの街 気になる街の情報をじっくり見てみよう

文/浅野 真由美 写真提供/河原 大輔(高槻) デザイン/(株)クーシー

↑ページの先頭へ戻る

住んでみて良かった街ランキング 関西版 | SUUMO(スーモ)

ページトップへ戻る