金銭面からも比較!一戸建てとマンションのメリット・デメリット

09年11月18日
ブックマークする:
金銭面からも比較!一戸建てとマンションのメリット・デメリット

そろそろ住宅購入を考えてみようかと思っている人の中には、一戸建てかマンションかを迷っている人もいるのではないでしょうか。結論から言うと、一戸建てにもマンションにもそれぞれメリットやデメリットがありますので、それらをよく検討したうえで、自分や家族に合った住まいを探してほしいと思います。

なお、新築か中古かの違いによってもメリット・デメリットが異なってくる可能性もありますが、今回は新築に限定して比較してみます。また、一戸建てについては、土地を購入してから注文住宅を建てる場合と、土地付き一戸建て(建売住宅)を購入する場合が考えられますが、ここでは主に土地付き一戸建て(建売住宅)の場合を取り上げます。

ではまず、一戸建てについて見てみましょう。

<一戸建ての主なメリット>
・管理費や修繕積立金、駐車場代(または、駐車場管理費)などがかからない
・築年数が経過しても土地部分の価値があるため、資産価値はそれなりに残る
・管理組合などへの参加義務がない
・一戸の家としての独立性が高いので、プライバシー面で優位性がある
・隣家と離れているほど、騒音面で神経質になる必要がない
・自由に増築や建て替えができる

<一戸建ての主なデメリット>
・同じ立地条件だとマンションよりも物件価格が高くなる傾向がある
・将来の修繕費を自分で貯めなければならない
・空き巣や放火などの防犯(セキュリティ)面を意識する必要がある
・保温面、日照面、害虫面などで優位性に劣る場合がある

次に、マンションについて考えてみましょう。

<マンションの主なメリット>
・同じ立地条件だと一戸建てよりも物件価格が安い傾向にある
・将来の修繕計画などが比較的しっかりしている
・空き巣や放火などの防犯(セキュリティ)面での優位性は高い
・保温面、日照面、害虫面などで一戸建てよりも優位性がある場合が多い
・近所付き合いなどを積極的にすることで、他の居住者と生活面での協力をしやすい

<マンションの主なデメリット>
・管理費や修繕積立金、駐車場代(または、駐車場管理費)などの負担が必要
・将来の資産価値は、立地にもよるが一戸建てに比べるとあまり期待できない
・騒音を出したり、出されたりした際に、一戸建てよりも気遣いなどが必要
・管理組合などへの参加義務がある

やはり、金銭面で見ると、一戸建てのほうがマンションよりも物件価格が高くなってしまう傾向にありますが、管理費や修繕積立金、駐車場代(または、駐車場管理費)などがかからないのは一戸建ての大きなメリットといえます。毎月3~6万円程度の負担があるかないかでは、30年とか40年といった長期になると、少なくとも1,000万円程度、多ければ3,000万円以上の違いになってきます。もちろん、一戸建ての場合は、将来の修繕費を自分で貯めなければならないので、必ずしも一戸建てのほうが有利だと断定できませんが、それなりの優位性はあるといえるでしょう。

また、資産価値についても、一戸建ての土地部分は築年数が経過しても劣化するわけではないので、土地としての価値は残ります。マンションの場合だと、建物部分と土地部分を分離して売却することができないので、築年数の経過にしたがって資産価値は下がってしまうのが通常です。

しかし一方で、マンションの場合は、防犯面や生活面でのメリットが挙げられます。カギ1本で戸締まりが簡単などの利便性だけでなく、管理人の常駐やオートロック、セキュリティ会社との契約など、防犯面ではマンションのほうが優位性は高いでしょう。一戸建てでそれらを自分で備えようとすると、費用負担が必要になるはずです。生活面でも、マンションの場合は管理組合への参加などが義務づけられますが、近所付き合いなどを煩わしく思わない人にとっては、近所とのコミュニティができることで精神的にも安心できる生活が可能になるでしょう。


ここで触れたメリット・デメリットは、あくまでも一般的に挙げられる主なものだけです。実際には、立地条件や物件の規模など、その物件ごとにメリット・デメリットが異なってくる可能性がありますので、これらのメリット・デメリットを踏まえたうえで、さまざまな物件を調べてみることが大切です。これから住宅購入の検討を始めようとする人は、一戸建てとマンションのどちらかを限定せずに、とにかくいろんな物件をあたってみてください。実際の物件を見る中で、自分と家族にとって妥協できない項目や妥協できる項目が少しずつ見えてくると思います。

記事一覧へ戻る

文/菱田雅生 イラスト/杉崎アチャ
関連するコンテンツを読む

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る