買うとき&買った後かかる税金・費用

11年12月07日
ブックマークする:
  • [買う前]に計画しておくお金
  • [買うとき]に必要なお金
  • [買った後]にかかり続けるお金

[買う前]に計画しておくお金

家を買うときにかかるお金の全貌を把握しておこう

買える物件の価格は頭金とローン借入額の合計で決まり、買うときには諸費用も必要だ。「ローン借入額は“返せる額”から計算するのが鉄則です。返済額は収入の20~25%以内に抑えるのが目安でしょう」(久谷さん)。さっそく次ページで借入額の目安を計算してみよう。

グラフ

諸費用 買うときの税金やローン費用は現金で用意する

家を買うときには、契約時などに各種の税金やローン借入費用などがかかる。これらの諸費用は新築で住宅価格の3~5%、中古で6~8%程度だ。原則として住宅ローンでは借りられず、自己資金で用意する必要がある。諸費用ローンが使える場合もあるが金利は高めだ。

頭金 物件価格の2割以上が目安。贈与の活用も検討したい

頭金は契約時の手付金になるほか、引き渡し時の残金にも充当する。価格の2割以上が目安だ。頭金が不足気味なら、親からの贈与の活用も検討しよう。今年中に贈与を受け、来年3月15日までに引き渡しを受ければ1110万円まで贈与税が非課税となる。

ローン借入額 借りられる額が分かれば購入予算のメドが立つ

イラストローン借入額の目安が分かれば、買える物件価格のメドが立ち、諸費用など必要な額も計算できる。そのためにはまず自分が返せる額を知り、そこから借りられる額を逆算するようにしたい。銀行が「貸してくれる額」から計算すると、返済が苦しくなりがちだ。

「貯蓄=頭金」ではない!

数年後に必要になるお金や生活費の備えは残しておこう

イラスト頭金が多いほど予算を増やしたり、ローンの借入額を少なく抑えることができる。とはいえ、貯蓄のすべてを頭金として吐き出すのはNGだ。「安心な額は人それぞれですが、教育費など2~3年以内に使う予定のある資金のほか、もしもに備えて半年~1年分の生活費は手元に残しておきましょう。」(久谷さん)

いくら借りられるかではなく、いくら返せるかで考えよう。
次のSTEPに沿って、自分が無理なく返済できる借入額を計算してみよう。

step1 毎月いくら返せるかを計算しよう

いくら返せるかは現在の家賃から考えると分かりやすい。住宅購入のために積み立てている額を加えてもよいが、管理費など購入後に毎月かかる諸経費分は差し引こう。

計算式

step2 返済期間を決めよう

ローンの最長返済期間は基本的に35年。一般的には収入のある定年前までに完済するよう計画する人が多い。下の例に沿って、自分が収入を得られる年齢から借入時の年齢を引いて返済期間の目安にしよう。

計算式

毎月返せる額と返済期間でみる借入額早見表 【早見表の見方】横軸の毎月返せる額と、縦軸の返済期間が交差するところを見る。年収の目安は毎月返せる額×12カ月分が、年収の25%以内に収まる額を表記している

拡大する

表

ローン借入額の目安

返済条件で借入可能額は変わる

金利やボーナス時加算の有無など、返済条件が変われば借入可能額も変わる。「金利上昇リスクのない固定金利で計算しましょう。景気に左右されやすいボーナス時加算の利用は控えめに」(久谷さん)

かかるお金の目安が分かったら、さっそく物件を探してみよう

住まいの種類
エリア
都道府県
市区郡
購入価格
面積
この条件で検索する

次のページでは[買うとき]に必要なお金について解説

関連するコンテンツを読む

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る