不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > 家を開く > 実例一覧 > 本を通じ、心の交流を育む「街の図書室」

本を通じ、心の交流を育む「街の図書室」

開いたスペースとオーナー

オーナーアイコン
本を通じ、心の交流を育む「街の図書室」

誰にでも1冊くらいは、大切な本があるのではないだろうか。幼いころに好きだった絵本、夢中になって読んだ漫画、辛いときに力をくれた小説、そんな思い入れのある一冊を見知らぬ誰かとシェアし、心の交流を育む場所がある。東京都国分寺市の「西国図書室」だ。

2年前、妻とともに国分寺に転居してきた篠原靖弘さんが、自宅の1階部分を地域に開いた「街の図書室」。もともとは洋裁店として使用されていた8畳ほどのスペースに、現在ではさまざまなジャンルの本が置かれている。

ユニークなのはその仕組みだ。公共の図書館のように一方的に貸し出すのではなく、ここでは「本の物々交換」を基本としている。つまり、本を借りる代わりに、自分が持っている本を置いていくというもの。なぜ、こうしたルールが生まれたのか?

「ただ本を貸すだけではつまらないですし、返却されない可能性もある。そこで、交換という形を考えました。自分がおもしろいと感じた本を、ほかの人にも読んでほしいと考える人はいるでしょうし、本をシェアすることでコミュニケーションも生まれるだろうと。そのうち、そのまま本を預けてくれる人も現れたのですが、そのまま置いておくだけというのももったいないので、さらにその本を誰かに『又貸し』することにしました。そんなふうに『本が旅する』ことで、さらに交流の輪が広がっていくんです」

持ち主は本を預ける際、用意されたカードにその本との「なれそめ」を書く。カードは戸籍証ならぬ「本籍証」として裏表紙に挿しこまれ、その本を開いたべつの誰かは預けた人の「思い入れ」にふれることができる。まさに、本を通じた心の交流だ。本籍証は現在600枚を超え、そのうち半数近くが旅に出ている最中だという。

こうした仕組みは、西国図書室の思いに共感した15人ほどの有志で組織される「作戦会議」で生まれたものだ。メンバーには常連の利用者などもおり、月に一度、運営についてのアイデアを話し合っている。

「平日はほかに仕事をもっていますし、夫婦ふたりだけで運営しようとすると、どこかで無理が出てきてしまいます。じつはここに来る前に住んでいたシェアハウスでも、仲間たちとコモンスペースを使ってイベントを開いたりしていたんですが、人が多く集まるようになってくると負担が増え、自分たちだけでは回せなくなってくる。そこで、ここでは誰でも気軽に関わりやすい雰囲気をつくり、時には彼らに図書室の一員として助けてもらう。そんなやり方を心がけています」

1年前からは西国分寺駅前の人気カフェ「クルミドコーヒー」内に、新たな本棚を設置。西国図書室の「分室」として、広く街の人々に利用されている。さらに、地元のイベントにも積極的に参加するなど、利用者同士のみならず、地域とのつながりも生まれつつある。

本によって紡がれ続ける新たな出会い。コミュニティの輪はさらに広がっていきそうだ。

  • 毎週日曜に開かれる
    みんなの小さな図書室
    図書室として開いているのは2階建て家屋の1階部分。5~6人も入ればいっぱいになりそうなスペースだ。原則として夫婦の仕事が休みの日曜日にオープン。基本的には篠原さんがこの場所に常駐し、訪問者を迎える。
    毎週日曜に開かれるみんなの小さな図書室
  • 本棚に入りきれないほどの膨大な本が空間を占拠
    本棚に入りきれないほどの
    膨大な本が空間を占拠
    夫婦そろって読書家。2人がもともと持っていた本だけでもかなりの冊数に上るが、次々と預けられた本で今では本棚におさまりきれないほどに。雑誌、小説、哲学書、マンガ、絵本、料理本、写真集など、ジャンルも多種多様。
  • 本籍証を介して生まれる
    コミュニケーション
    裏表紙や遊び紙の部分に貼られた「本籍証」。持ち主の本とのなれそめ、お勧めポイントなどが書かれている。さらに、読んだ人が本の持ち主へのコメントを書き残すことで、コミュニケーションが生まれる仕組みだ。
    本籍証を介して生まれるコミュニケーション
  • 本室が休みの平日は地域の店舗を使った「分室」へ
    本室が休みの平日は
    地域の店舗を使った「分室」へ
    地元の人気カフェ・クルミドコーヒー内に設けられた西国図書室の分室。ここでも預ける本の登録をしたり、借りたりすることができる。昨年2月には、国分寺駅前のパン屋さんにも新たな分室が誕生している。
  • 利用者が増えてきたこともあり、今後は平日のオープンも検討しているという

    利用者が増えてきたこともあり、今後は平日のオープンも検討しているという

  • 入口付近に貼られたメッセージカード。貸した本、借りた本、それぞれについてのコメントが書かれている

    入口付近に貼られたメッセージカード。貸した本、借りた本、それぞれについてのコメントが書かれている

  • 「人の本っておもしろいですよね」。集まってくる本を読むのは、篠原さん自身の楽しみでもある

    「人の本っておもしろいですよね」。集まってくる本を読むのは、篠原さん自身の楽しみでもある

  • 以前はシェアハウスに住んでいた篠原さん。もともと人と関わりながら暮らすのが好きなんだという

    以前はシェアハウスに住んでいた篠原さん。もともと人と関わりながら暮らすのが好きなんだという

かかった費用は?

壁を塗るペンキ代など5万円程度。

アドバイスとこれからの展望

「住まいをシェアするのは楽しい半面、大変なこともそれなりにあります。開いている時間は自分の家が家でなくなるわけですから、多少はストレスを感じることもありますよ。ぼくら夫婦の場合はそれぞれ仕事を持っていますから、図書室の運営だけで手いっぱいになるわけにもいかない。負担に感じないラインの線引きをしっかりすることと、周囲の人たちを巻き込んで助けてもらうことが大事だと思っています。それらをふまえれば、生活をおもしろくするための最高の手段だと思いますし、この場所をともに運営することで、夫婦の間にも絆が生まれているような気がしますね」

間取りとDATA

間取り1

空いてるスペース

施主名 篠原靖弘
構想期間 1年
開いているスペースの面積 約15m2
開いているスペースの% 約30%
住所 東京都国分寺市
建物形態 一軒家

取材・文/榎並紀行<やじろべえ> 撮影/藤本和成 間取図イラスト/tokico

情報掲載日/2014年2月28日

ほかの実例を見る

  • 近隣住民も集う
    マンションの日曜喫茶

    近隣住民も集う マンションの日曜喫茶

    マンション居住者だけでなく、地域の人にも開かれた「日曜喫茶」。100円モーニングでマンション内外の交流を図る。

  • おうちでコンサート!
    室内楽を気軽に楽しむ

    おうちでコンサート!室内楽を気軽に楽しむ

    築30年超のコーポラティブマンションの集会所ではじまったコンサートが前身。プロの音楽家を招き、無料演奏会を自宅で開催。

  • 住人、地域をつなぐ
    マンション内の名物マルシェ

    住人、地域をつなぐマンション内の名物マルシェ

    茅ヶ崎市のマンションで、第4日曜に開催される「アイランズマルシェ」。月1回、マンション前の広場が近隣住民の社交場になる。

  • 妻との約束に導かれた、
    自宅「子ども食堂」

    妻との約束に導かれた、自宅「子ども食堂」

    山田和夫さんが主宰する「要町あさやけ子ども食堂」。子ども1人でも入れる食堂として、第一・第三水曜日に自宅を開放している。

  • 大切な人と大好きなパンに
    囲まれて生きる

    大切な人と大好きなパンに囲まれて生きる

    実家の空きスペースを改装して自宅パン屋を開業。自身も3人の子どもを育てている。

  • ママもRUNしたい!
    をかなえる場所

    ママもRUNしたい!をかなえる場所

    ママを対象に、託児機能付きランニングステーションを自宅に開業。自身も3人の子どもを育てているママ。

「家を開く」関連記事を見る

SUUMOジャーナル

近年、子育て世帯の貧困が問題になっています。さらに、地域とのつながりをもたず孤立する家庭が増えたことで、虐待や引きこもりといった子どものSOSも見逃されがちです。そうしたなか、地域が共同体として ... 続きを読む

自宅の庭を公開し、訪れる人は誰でも見学出来るオープンガーデンをご存じだろうか? オープンガーデンは1927年にイギリスで始まったといわれており、近年日本で取り組む地域も増えてきている。今回はそんな ... 続きを読む

メディア掲載履歴

2013年11月28日
TBS「Nスタ」で紹介されました。
2013年10月19日
「“自宅で自分らしく働く”ワーキングスタイル&マネー術」公開セミナーを開催しました。

一覧はこちら

更新情報

2016年6月15日
【実例追加】 近隣住民も集う マンションの日曜喫茶
2016年5月25日
【実例追加】 おうちでコンサート!室内楽を気軽に楽しむ
2016年4月28日
【実例追加】 住人、地域をつなぐマンション内の名物マルシェ
  • 住活マニュアル 賃貸部屋探し編
  • SUUMO引越し見積もり

本を通じ、心の交流を育む「街の図書室」| 家を開く | SUUMO

不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > 家を開く > 実例一覧 > 本を通じ、心の交流を育む「街の図書室」

ページトップへ戻る