不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > 家を開く > 実例一覧 > 実家気分でくつろげる、畳敷きのオウチカフェ

実家気分でくつろげる、畳敷きのオウチカフェ

開いたスペースとオーナー

オーナーアイコン
実家気分でくつろげる、畳敷きのオウチカフェ

上石神井駅から延びる商店街を抜け、路地裏へ一歩入った静かな住宅街。点在する一軒家のうち、ひとつに小さなのぼりが立っている。「ちょっとしたCAFE」。オーナーの坂口火菜子さんと、パティシエの岩間有希さんが営む、スイーツとアートのくつろぎカフェだ。
もともとは坂口さんの祖父の家だった一軒家。それを譲り受け、2階部分を居住空間に、1階部分をカフェとして改修。2008年4月にオープンさせた。
「改修といっても工事したのはキッチンくらい。それも飲食店許可を取るための最低限のものだけで、開業費用は出来る限り安く抑えました」
モットーは「あるものを活かす」こと。オープンにあたって買い足したものも極端に少ない。食器などは、祖父のコレクションを活用。内装にもほとんど手を加えていない。しかしそれが「友人の家に遊びに来た」ような、絶妙な心地よさを生んでいる。畳に足を伸ばしてくつろいでいると、そのまま眠りに落ちてしまいそうだ。
「このあたりは一人暮らしの人が多いので、彼らの憩いの場をつくりたかった」と坂口さん。思惑通り、今では多くの常連客が足を運ぶようになった。

  • 国産素材を使った
    優しいスイーツと軽食が評判
    黒糖を使用したさまざまなスイーツや国産素材などを使った体に優しい軽食、オーガニックな飲み物などを用意。休みの日でも予約で貸し切り利用が可能(要問合せ)。
    国産素材を使った優しいスイーツと軽食が評判
  • 無駄を省いて初期費用を徹底的にカット
    無駄を省いて
    初期費用を徹底的にカット
    お店を開くにあたって新たに購入したのはケーキ用の冷蔵庫くらい。あとは元々家にあったものや友人が持ち寄ったものなどを有効活用している。
  • 壁や天井には
    知人のアート作品を展示
    店内を飾る絵画やオブジェは全て知人の作品。お客さんからアーティストを紹介してもらい、新たな作品が増えていったという。
    壁や天井には知人のアート作品を展示
  • 女子ふたりで切り盛り
    女子ふたりで
    切り盛り
    坂口さんと岩間さんは高校時代からの友人で、もう10年以上のつきあい。岩間さんがつくるスイーツのファンでもある坂口さんが「この味をもっと多くの人に広めたい」とカフェを開いた。
  • スイーツはパティシエである岩間さんの担当。ケーキの予約販売も受け付けている。

    スイーツはパティシエである岩間さんの担当。
    ケーキの予約販売も受け付けている。

  • イラストやコラージュが施されたかわいいメニューは友人が作ってくれたもの。

    イラストやコラージュが施された
    かわいいメニューは友人がつくってくれたもの。

  • 週末を中心に、ヨガ教室やお菓子作り教室、音楽ライブなど様々なイベントを開催。

    週末を中心に、ヨガ教室やお菓子つくり教室、
    音楽ライブなどさまざまなイベントを開催。

  • 2階部分は住居スペース。現在は坂口さんとご両親の3人が暮らしている。

    2階部分は住居スペース。
    現在は坂口さんとご両親の3人が暮らしている。

かかった費用は?

開業費用は主にキッチンの改修費約40万円程度。店内の内装はほとんど手をかけていない。月の支出は主に仕入れ費と坂口さん、岩間さんの人件費。収支は「トントンくらい」とのこと。

アドバイスとこれからの展望

「オープン当初はやることが山積み。全て自分たちでやろうとするとパンクしてしまうので、友達に頼れるところは頼ってしまったほうがいいと思います。私たちもメニューづくりを友人に手伝ってもらったり、店内に飾る絵なんかも知人に『カフェをやるから絵を飾りたい』っておねだりして置かせてもらったり。色んな人が助けてくれたおかげでお金をかけずにすてきな空間をつくることができました。開店してからは自分たちのペースでのんびり営業しています。また、ここでイベントもよくやりますね。ひとつの時間を共有することで、近所の方、遠方の方、老若男女を超えて楽しくコミュニケーションできます。この場所からもっともっと縁の輪を広げていきたいですね」

間取りとDATA

間取り1

空いてるスペース

施主名 坂口火菜子さん
家族構成 施主+両親
構想期間 2~3カ月
開いているスペースの面積 約70m²
開いているスペースの% 約40%
住所 東京都練馬区上石神井1-39-10
TEL 03-3920-0109
ホームページ http://www.patieco.com/
営業時間 12:00~19:00
定休日 火曜、水曜
アクセス 西武新宿線上石神井駅から徒歩7分
建物形態 一戸建て

取材・文/榎並紀行<やじろべえ> 撮影/藤本和成 間取図イラスト/tokico

情報掲載日/2013年1月30日

ほかの実例を見る

  • 近隣住民も集う
    マンションの日曜喫茶

    近隣住民も集う マンションの日曜喫茶

    マンション居住者だけでなく、地域の人にも開かれた「日曜喫茶」。100円モーニングでマンション内外の交流を図る。

  • おうちでコンサート!
    室内楽を気軽に楽しむ

    おうちでコンサート!室内楽を気軽に楽しむ

    築30年超のコーポラティブマンションの集会所ではじまったコンサートが前身。プロの音楽家を招き、無料演奏会を自宅で開催。

  • 住人、地域をつなぐ
    マンション内の名物マルシェ

    住人、地域をつなぐマンション内の名物マルシェ

    茅ヶ崎市のマンションで、第4日曜に開催される「アイランズマルシェ」。月1回、マンション前の広場が近隣住民の社交場になる。

  • 妻との約束に導かれた、
    自宅「子ども食堂」

    妻との約束に導かれた、自宅「子ども食堂」

    山田和夫さんが主宰する「要町あさやけ子ども食堂」。子ども1人でも入れる食堂として、第一・第三水曜日に自宅を開放している。

  • 大切な人と大好きなパンに
    囲まれて生きる

    大切な人と大好きなパンに囲まれて生きる

    実家の空きスペースを改装して自宅パン屋を開業。自身も3人の子どもを育てている。

  • ママもRUNしたい!
    をかなえる場所

    ママもRUNしたい!をかなえる場所

    ママを対象に、託児機能付きランニングステーションを自宅に開業。自身も3人の子どもを育てているママ。

「家を開く」関連記事を見る

SUUMOジャーナル

近年、子育て世帯の貧困が問題になっています。さらに、地域とのつながりをもたず孤立する家庭が増えたことで、虐待や引きこもりといった子どものSOSも見逃されがちです。そうしたなか、地域が共同体として ... 続きを読む

自宅の庭を公開し、訪れる人は誰でも見学出来るオープンガーデンをご存じだろうか? オープンガーデンは1927年にイギリスで始まったといわれており、近年日本で取り組む地域も増えてきている。今回はそんな ... 続きを読む

メディア掲載履歴

2013年11月28日
TBS「Nスタ」で紹介されました。
2013年10月19日
「“自宅で自分らしく働く”ワーキングスタイル&マネー術」公開セミナーを開催しました。

一覧はこちら

更新情報

2016年6月15日
【実例追加】 近隣住民も集う マンションの日曜喫茶
2016年5月25日
【実例追加】 おうちでコンサート!室内楽を気軽に楽しむ
2016年4月28日
【実例追加】 住人、地域をつなぐマンション内の名物マルシェ
  • 住活マニュアル 賃貸部屋探し編
  • SUUMO引越し見積もり

畳敷きのオウチカフェ| 家を開く | SUUMO

不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > 家を開く > 実例一覧 > 実家気分でくつろげる、畳敷きのオウチカフェ

ページトップへ戻る