リフォーム成功マニュアル

リフォーム内容の決め方、費用や会社の選び方など、引き渡しまでのリフォームのステップを紹介。<br />ダンドリ上手で、大成功のリフォームを目指そう!

どこをどんな風にリフォームしたいのか書き出す

まずは家族みんなで「今、住まいのどこにどんな不満や不都合があるのか」、「それらをどうしたいのか」、話し合うことから始めよう。その際、みんなの意見や要望を紙に書き出していくのがポイント。
すべてリストアップできたら、それらを要望レベル(ぜひとも改善したいこと)、希望レベル(できれば改善したいこと)に分けていけば、リフォームの優先順位がクリアになるはず。
その進め方について詳しく解説しよう。

イメージづくりのために情報を集める

リフォームについての要望が整理できたら、それらを実現するためのイメージづくりを。導入したい設備機器の資料、「こんな住まいにしたい」といったイメージに近い写真や、リフォーム会社の資料など、幅広く収集しておこう。
希望の設備機器がはっきりしているならショールームに行ったり、リフォーム経験者で話を聞ける友人などがいる場合は、見学を兼ねて体験談を聞いたりするのもオススメ。

資金計画を立てる

リフォームしたい箇所をリストアップしていると、あれもこれもと夢が膨らんでしまいがち。そこで、ある程度の希望がはっきりしたら、ちょっと冷静になって資金計画を立ててみよう。
わが家の自己資金がどれくらいあるのか、親からの援助は期待できるのか、不足分をどこから借り入れるか……。この段階で手を抜くと、せっかくのリフォーム計画も危うくなる可能性が。緻密にプランを立てよう。

数社に見積もりを依頼する

見積もりの依頼からリフォーム会社の選定はリフォームの重要なポイント。集めた情報や評判を参考に、見積もりを依頼する数社をピックアップし実際に連絡を取ってみよう。
このとき重要なことは、同じ条件で見積もりを依頼すること。条件がバラバラだと、後で正しく比較検討ができなくなってしまう。
そのためには、これまでのプロセスで集めた資料や、リフォームに対する希望を書き出して打ち合わせをしよう。

見積もり・プランを比べ、依頼先を決める

各社から見積書・プランが提出されたら、提案の内容と金額を比較し、自宅のリフォームに一番向いていそうな会社を選ぼう。比較するときには、単に金額の高低だけではなく、プランに希望がきちんと反映されているか、納得できる材料が使われているか、さらにプロならではのプラスαの提案が盛り込まれているかをチェック。
この段階で予算オーバーの場合、リフォームの範囲や使用する設備機器・建材の変更も検討しよう。

最終見積もりを確認し、正式契約を結ぶ

わが家のリフォームを依頼する会社が決まったら、契約は慎重に。正式契約する前に、もう一度最終見積もり(決定見積もり)の内容を検討し、工事の内容は打ち合わせどおりか、設備機器や建材などは希望のものが入っているか、また代金の支払い方法などについても改めて確認しよう。
疑問点があれば契約前までに質問し、すべて解決したら、いよいよ正式契約へと進もう。

工事前・工事中の注意ポイント

契約が完了すると、いよいよ工事がスタート。ここからはリフォーム会社に任せることも多いけれど、施主として準備しておかなければならないこともあるので注意。
また、工事が進めやすいように協力することでスムーズな施工ができ、結果として工期が遅れず予定通り進むこともある。
仮住まいに引っ越す場合でも、工事が始まった後に可能な限り現場に出向き、関心を持っていることが伝わるようにしよう。

完成・引き渡し

リフォーム工事が終了したら、リフォーム会社と一緒に完成検査をしよう。特に表面の仕上げなどは素人目にもわかりやすいので、きちんと確認しないと住み始めてからガッカリすることにもなりかねない。
後にトラブルを残さないためにも、落ち着いて出来栄えのチェックを。もし不具合があった場合には、引き渡し時までに改修をしてもらい、すべてを確認してから引き渡し。
新生活を楽しもう!

  • リフォーム成功マニュアル
  • リフォーム成功マニュアル
  • どこをどうリフォームしたいのか書き出す
  • どこをどんな風にリフォームしたいのか書き出す
  • イメージづくりのために情報を集める
  • 情報を集める・資料請求する
  • リフォームできる、できないを確認する
  • 一戸建て基本編
  • 一戸建て詳細編
  • マンション基本編
  • マンション応用編
  • 資金計画を立てる
  • 資金計画を立てる
  • 数社に見積もりを依頼する
  • 数社に見積もりを依頼する
  • 見積もり・プランを比較し、依頼先を決定する
  • 見積もり・プランを比較し、依頼先を決定する
  • 最終見積もりを確認し、正式契約を結ぶ
  • 最終見積もりを確認し、正式契約を結ぶ
  • 工事前・工事中の注意ポイント
  • 工事前・工事中の注意ポイント
  • 完成・引き渡し
  • 完成・引き渡し

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る