緑のカーテンをみんなで広げよう!キャンペーン2017

2016年度 結果発表

  • 完成写真コース
  • 川柳コース
入賞者発表
個人部門
団体部門
入賞者発表
川柳コース入賞者発表
審査員コメント
三ツ口 拓也 氏 三ツ口 拓也 氏
今年は特に、人それぞれの緑のカーテンの楽しみ方が川柳を通じて浮き出てきていて、とても良いなと思いました。「緑のカーテンが日常の中に根付いてきているのでは」とも感じました。当たり前になっている日常のことを、あえて川柳という形にすることで、「そうだよね、私もそう思ってた」「あるある」と周りの人と話してみてほしいです。口にすることでより広がっていき、もっと楽しいかなと思いました。
横溝 宏一郎 氏 横溝 宏一郎 氏
今回は応募数も多く、それに伴ってレベルも上がっていましたので、絞り込むのが本当に大変でした。読んでいくうちに「サザエさんのタイトルみたいだな」と思いました。サザエさん一家が緑のカーテンを作っていったら、こういう3本立てになるのかなと想像しながら、楽しく選びました。また、今年は、“ポケモン”や“インスタ”といったイマドキのワードがうまく組み込まれているものが多く、スマホやSNSが緑のカーテンが普及していくことのかなりのアシストになっているなと感じました。
池本 洋一 池本 洋一
今年は、インスタが流行っていたり、スマホのカメラの性能があがっていたりと、自分の身の回りのことを周りの人に広げていくということが浸透していたので、写真部門は例年よりもフォトジェニックだったと思います。そんな中、来年は、川柳で詠まれているシーンが写真部門で出てきていただけるともっと楽しいかなと思います。生活シーンを切り取るような写真がもっと増えると、よりフォトジェニックになり楽しめるかなと思いました。来年も楽しみです。
過去の結果
  • 2011年の結果
  • 2012年の結果
  • 2013年の結果
  • 2014年の結果
  • 2015年の結果

↑ページの先頭へ戻る

緑のカーテンをみんなで広げよう!キャンペーン|SUUMO(スーモ)

ページトップへ戻る