緑のカーテンをみんなで広げよう!キャンペーン2017

2013年度 結果発表

緑のカーテンコンテスト結果発表
  緑のカーテン完成写真コース 緑のある暮らし川柳コース 緑のある暮らし絵日記コース  

コヤナギ スージーさん8to5さん ノンママさんすえぞーさん こなたろうさん

株式会社トーシンコーポレーションさん(社福)緑友会みどり園さん 株式会社 浜松生花地方卸売市場さん株式会社魚国総本社名古屋本部さんシャープ株式会社 三重工場さん株式会社魚国総本社名古屋本部さん
ページの先頭へ戻る

まねき猫 さん 東京都
葉脈を 透かした朝日で 目を覚ます
みかみ さん 東京都
うたた寝の肌にゴーヤの影遊ぶ
怪傑もぐり33世 さん 神奈川県
妻植えた ゴーヤー食えぬと 言えぬオレ
ひろP さん 神奈川県
あさがおのツルが結んだ父娘仲
みゃんくん さん 静岡県
欠かせない 愛で育つは 子と同じ
さごじょう さん 愛知県
水をやる 孫もゴーヤも 成長期
ミックスベジタブル さん 愛知県
褒められて無口な父がしゃべり出す
めいパパ さん 大阪府
孫娘 ゴーヤの葉音が 子守唄
yoshimei さん 大阪府
朝顔の 蔓が織り成す つ~るビズ
老虫 さん 愛媛県
ゴーヤ植え 浮かす食費と 電気代
高祖 常子 氏
育児情報誌「miku」編集長
子育て、およびコミュニケーション、緑のある暮らしによって育まれる家族の幸せ」という観点から選ばせていただきました。
緑は、家族あるいはご近所との関係性が良くなる、コミュニケーションを紡ぐ役割をしていると感じました。
三ツ口 拓也 氏
NPO法人 緑のカーテン応援団 理事
緑のカーテンを手を掛けて育てることで涼しくなる効果のみならず、暮らしが楽しくなる、ということが伝わるものを選択。
緑のカーテンが「日本の夏支度」の1つにできればと考え、一過性のブームにはしたくなく、エコというワードは意識的に外し、「暮らし方」への気づきを与えるテイストを意識した。
横澤 宏一郎 氏
株式会社タンバリン
クリエイティブ・ディレクター CMプランナー/コピーライター
自分も緑のカーテンにしたくなるかどうかを審査の基準におきました。
緑のカーテンがある家の風景だったり、風情だったり、はたまたお得感だったり。色んな側面からの描写があり、つい微笑んでしまったり、なるほどと思わせてくれたり。それぞれのご家庭の家族模様を垣間見れて、とても楽しかったです。
池本 洋一 氏
SUUMO編集長
基準は「その人の緑のある暮らしが映像でイメージ出来るもの」「ウィットに富んでおり、くすっと笑えるもの」で選びました。
住まいという観点から見ると、一般的には家の価値は買ったときがピークで、その後は下がっていくだけと思いがち。
しかし、本来、自分でカスタマイズして手を入れていくことで、もっと楽しくなったり、人を呼びたくなったりするもの。
こうした動きをコンテストから感じとることが出来、嬉しかったです。
ページの先頭へ戻る


  • 2011年度の結果発表
  • 2012年度の結果発表
  • 2013年度の結果発表
  • 2013年度の結果発表

↑ページの先頭へ戻る

緑のカーテンをみんなで広げよう!キャンペーン|SUUMO(スーモ)

ページトップへ戻る