知っ得坪単価レッスン

09年08月19日
ブックマークする:

坪単価って何?

1坪当たりの建築費を算出したのが坪単価

ハウスメーカーの広告やチラシでよく目にする「坪単価」という言葉。これは、1坪(約3.3m2)当たりの建築費がいくらかかっているのかを表すもの。基本の計算式は下の通り。「本体価格」を「延床面積」で割ることで坪単価を出すことができる。例えば、本体価格2000万円、延床面積50坪の家は坪単価40万円ということになるのだ。「延床面積」とは、各階の床面積を合計したもので、建物を真上から見下ろして外壁の中心線で囲まれた部分である「建築面積」と混同しがちなので注意しよう。

坪単価は住宅価格の目安にならない!?

広告に掲載されている坪単価を見て、「A社よりもB社のほうが安い」「坪単価40万円ということは、30坪の家は1200万円で建つ」と、「坪単価」をハウスメーカーの比較や、自分が建てる家の費用の目安にしている人は多いだろう。ところがここに大きな落とし穴があるのだ。例えば、坪単価の計算方法はハウスメーカーによって違う場合も。また、建てる家の条件によっても坪単価は変わってくる。つまり、坪単価だけで高い安いを判断することはできないし、広告の坪単価に延床面積を掛けて出てきた数字で自分の家が建てられるとは限らないのだ。とはいえ、同じハウスメーカーの商品であれば坪単価を比較することで、グレードの違いが分かりやすいなど役立つ場面も多い。上手に利用するためにも、坪単価がどんな要因で決定されるのか、目安にする場合の注意ポイントは何か、などを勉強しておこう。

単純計算は危険

Check! 坪単価の計算式

Check! 坪単価の計算式 (1坪=約3.3m2)

参考本体価格÷想定延床面積=坪単価

坪単価を左右する3つの要因

広告の坪単価は各社の想定延床面積で算出

広告でうたわれる坪単価の数字は、標準の設備機器や建築資材で建てた場合の本体価格と、坪単価を出すために想定した延床面積で計算されているケースが多い。しかし、坪単価はさまざまな要因で上下する。広告に記載されているそのまま(想定延床面積、間取りプラン、設備機器、建築資材などすべてが同じ)の家を条件内の地域・土地で建てれば、広告通りの本体価格、坪単価で家が建つが、自分たちの希望を実現する注文住宅では、広告そのままの家を建てられるケースは少ない。このため、実際に建った家の坪単価を出してみると、広告よりも高かったり、逆に安くなっていたりする。では、坪単価が変わるのは何が要因になるのだろう。

延床面積が減ると坪単価は上がる

広告に、50坪のプランが坪単価40万円で2000万円、と記載されていたとしよう。使う設備機器や内装・外装などの仕様を同じにして、延床面積を半分の25坪で建てた場合、本体価格は40万円×25坪で1000万円、というわけにはいかなくなる。詳しい理由は「Lesson4」で述べるが、一般的には、延床面積が小さくなると同じ仕様の建物でも坪単価は上がり、割高な家になるのだ。

施工床面積で計算 坪単価は下がる

ハウスメーカーによって坪単価の計算方法が違う場合がある。本体価格を「延床面積」ではなく、「施工床面積」で割るケースがあり、この場合の坪単価は安くなる。施工床面積はバルコニーや吹抜けなど建築基準法では延床面積に含まれない部分も加わっているため、各階の床面積を合計した延床面積よりも広くなる。このため、計算上、坪単価が下がることになるのだ。例えば本体価格2000万円を延床面積40坪と施工床面積41坪で比較すると、坪単価は施工床面積で出したほうが坪単価は1万円以上も少なくなる。このように、主に3つの要因で変化する坪単価。では、それぞれがどのように影響するのか、次ページから詳しく見ていくことにしよう。

「別途工事費」と「諸経費」に注意しよう

ハウスメーカーが坪単価を出すときに使っている「家の価格」は「本体価格」で、外構費やガス工事代などが含まれていないのが一般的。これらの「別途工事費」や、ローンの手数料、税金、地鎮祭・上棟式費用といった「諸費用」が家づくりには必要。例えば広告に「坪単価40万円、40坪」の家の価格が「1600万円」と記載されていても、実際にかかる費用はその2~3割増になると心得よう。

坪単価とは

>>次のページでは「「設計」、「設備・仕様のグレード」で本体価格が変わる」を紹介します

関連するコンテンツを読む
注文住宅を依頼する会社を探す
エリア・施工実例から会社を探す
土地を探す
エリアから探す・沿線から探す
新築一戸建て(分譲・仲介)を探す
エリアから探す・沿線から探す
住宅設備情報を探す
住宅設備情報を探す
一戸建てについて相談する・他の人の過去の相談を見る
対面でSUUMOアドバイザーに注文住宅について相談をする(関東)
一戸建てについてのダンドリ・お役立ち記事を見る
住まいのお役立ちのノウハウ(一戸建て購入編)を見る

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る