[3階建て・地下室のある家を建てたい]で探すハウスメーカー・工務店

[3階建て・地下室のある家を建てたい]で探す注文住宅のことなら家づくり関連の情報が満載の【SUUMO】にお任せください。[3階建・地下室]をテーマとして絞り込んだ、評判のハウスメーカー・住宅メーカーや建築実例、注文住宅商品からあなたの理想に近い注文住宅を見つけてください。

特集3階建て・地下室のある家を建てたい
住空間を縦使いするのは今や当たり前!
ホビールームや書斎が欲しくても、広い敷地の購入が難しいなら、縦空間を上手に活かした地下室や3階建ての家がオススメ。敷地面積はそのままに住居空間を増やすことで、理想の家を建てることができます。地下室は防音性に優れているので、シアタールームや楽器演奏などに最適。また、季節を問わず温度が安定しているため食材の保管にも向いています。3階には天体観測などのホビールームをつくるケースが多いようです。

エリアから注文住宅・ハウスメーカー・工務店情報を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄

テーマで探す注目のハウスメーカー・工務店ピックアップ

  • アイアンホームズ

    重量鉄骨ならではのビルトインガレージのある3階建て。強みを活かした大空間の家
    カタログ請求

    「重量鉄骨はコストの面で不安」という声も多いが、重量鉄骨の“専門店”であるアイアンホームズは、仕入れ・自社設計・自社施工において、専門会社ならではのコストダウンを実現。上写真のT邸は、狭小地でも、重量鉄骨の3階建てにすることにより、2台分のガレージを確保しながら、ゆとりの空間で家族がのびのびと暮らしている。同社は重量鉄骨のメリットを活かした3階建てや地下室の事例も多いので、ぜひ相談してみて欲しい。

    施工エリア:
    愛知県・岐阜県・三重県(一部地域除く)
    価 格     :
    坪単価:60万円~
  • シルクハウス 立松建設

    都心の3階建てで地震に対する強さと柱のない大空間を。コストにも納得、SE構法の家
    カタログ請求

    都市部での家づくりは敷地面積に制約があることが多いため、3階建てを検討する方も多いだろう。そんな方に薦めたいのが『耐震構法SE構法』だ。魅力的なのは地震に対する強さと、柱のない大空間の両方を叶えることができる点。立松建設では、壁の中の空気を循環させるWB工法と組み合わせ、独自の安心構造を確立。見積もりを取ると、コストパフォーマンスの高さにも驚くとの声も多い。まずは資料請求を。

    施工エリア:
    愛知県(東三河除く)
    価 格     :
    坪単価:60万円~ ※施工面積により異なります。住宅設備、給排水(内・外)工事費含む
  • 住友不動産

    都市と拮抗する研ぎ澄まされたデザイン
    カタログ請求

    日本の過密した都市で人々が真に求める住宅とは何か。そうした問いに独創的なデザインで明快に答えたのが都市型3階建て住宅「J・アーバンIII」。都市住宅に求められる採光とプライバシーの両立、防災や防犯のための安全性を、洗練されたデザイン感覚で実現し、住宅密集地や狭小間口の敷地でも快適な居住空間を提供している。ガラス・カーテンウォールを標準装備。そのモダンなデザイン性が都市の景観にシンボリックな個性を放つ。

    施工エリア:
    北海道・山形県・宮城県・栃木県・茨城県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・岡山県・福岡県・佐賀県・熊本県
    価 格     :
  • みらいテクノハウス

    紀州産檜4寸角柱が標準仕様、「地下室のある家」。快適環境の地下室を10坪800万円から
    カタログ請求

    同社が提案する地下室は、防水と湿気対策を施し、採光性に優れたドライエリア付きスタイル。外断熱換気工法により、地上階と変わらない快適な室内環境を実現する。また、地下の施工費用をわかりやすく[10坪のプランで本体価格800万円、20坪で1100万円]と提示。専属職人のみの施工により、中間マージンを削減することで実現した価格だ。「法規制などの土地条件が厳しいから、3層構造の住まいはムリ」と諦める前に、ぜひ相談を。

    施工エリア:
    東京都全域、埼玉県の一部、神奈川県の一部
    価 格     :
  • 兼六土地建物

    限られた敷地の有効活用。「兼六の家」は豊富な実績で快適な地下室づくりをご提案
    カタログ請求

    「兼六の家」は地下室づくりを得意としている。豊富な実績から様々なプランを提案でき、オーディオルーム、ワインセラー、寝室、リビング、多目的スペースや地下車庫など幅広い。地下室の最も気を付けなければならないのが「湿気対策」で、その対策は万全。年間通じて18℃前後に保たれる夏涼しく冬暖かい居室としても快適に利用可能だ。また、地下室には基礎が深くなるというメリットもあり、より地震に強い家づくりが可能となる。

    施工エリア:
    東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏(一部エリアを除く)
    価 格     :

テーマで探す注目の建築実例ピックアップ

異なるテーマからハウスメーカー・工務店を探す



ページトップへ戻る