空中階段?流木の手すり?ツリーハウス?
「それ、やりましょう」が今出川流

床から天井まで伸びる、枝付きの原木。流木をそのまま使った手すり。リズミカルな曲線とガラスを取り入れた塗り壁。個性的なオーダーにも、答えは「できます」とシンプル。空間に合わせて建具を造作する、ちょうどよい部材がなければ創る、そんな柔軟な姿勢こそが、今出川建設の真骨頂だ。二つ返事で対応できるのは、卓越した技術と遊び心があるから。無理難題に取り組んでいる訳ではなく、家づくりに枠や制限を設けずに「お客様の要望に応えて、素直に家を創る」ことを突き詰めた結果だ。

  • ガルバリウム鋼板と節のある無垢杉という、異素材の組み合わせ

  • 純白の塗り壁と、玄関上のアーチで上品なヨーロッパ風の佇まい

  • 和瓦を用いた切妻屋根。昔懐かしいシルエットで和風住宅の趣を見せる

可能性が広がる、多彩なデザインテイスト
最高級の素材で品質も妥協なし

デザインの幅広さも同社の強み。リゾートテイスト、ナチュラルモダン、和風とアフリカンをミックスした「和フリカン」など、要望を巧みにくみ取り、統一感をもたせながら仕上げていく。さらに注目したいのは、内外観を彩る素材の数々だ。きめが細かく美しいだけでなく、十分な強度を備えた紀州産の無垢材や珪藻土やセルロース断熱材といった自然素材も積極的に取り入れ、体に優しい住まいをつくっている。

  • 打ち合わせスペースはまるで洞窟のような異次元空間。丸窓から光が差し込み幻想的

  • ログハウスのような壁に畳をあしらったベンチと、同社オリジナルの空間提案も見られる

  • 石灯籠や鎖樋、太鼓橋のある本格的な和風庭園。写真右が打ち合わせスペース

「洞窟のような打ち合わせスペース」は必見
好奇心を刺激する「イマケンヴィラージュ」へ

今出川建設の家づくりがギュッと凝縮しているのが、茅ヶ崎市行谷にある「イマケンヴィラージュ」だ。ごつごつした岩肌のような壁に包まれた打ち合わせスペース、流木をそのまま使った扉の取っ手、かがみこむようにして入るトイレ……。設計士の型にはまらない発想と、職人の確かな腕前によって生まれた遊び心あるアイデアにあふれている。敷地内には本社のほか、事前に連絡をすれば見学可能な今出川社長宅もあり、すみからすみまで見どころ満載なので、ぜひ一度足を運んでほしい。

問合コード:1311650001


工務店 >  神奈川県  >  茅ヶ崎市  >  夢工房 今出川建設


ページトップへ戻る