四季工房の企業概要

四季工房の企業概要

経済性や効率化の対極にある家づくり。国産無垢材と大工の手刻みで仕上げる純木造住宅

効率優先が当り前となりつつある今日。国産の無垢材にこだわり、人の手の温もりある家づくりを徹底しているのが四季工房だ。そのこだわりは、知れば知るほど「ここまでやるのか」と驚かされる。例えば、使用する木は強制乾燥ではなく「自然乾燥」であること。歳月をかけて自然乾燥した木は、人工的に強制乾燥した木と比べると粘り強さが格段に上がり、強い構造躯体に仕上がるメリットがある。そして骨組みとなる木は、機械によるプレカットではなく、福島の広大な自社加工場で大工が一本一本丁寧に手刻みで生み出す徹底ぶり。その他、下地材にもベニヤではなく無垢材を使用し、壁は漆喰の塗り仕上げに、キッチンも天板や側板に無垢材を用いたオリジナルのアイランドキッチンを採用。サッシはアルミと無垢杉を組み合せたオリジナル製品……など、そのこだわりは枚挙にいとまがない。四季工房の家づくりは、企業が追い求める経済性や効率化とは、対極にあると言っていいだろう。さらに、パッシブデザイン+外断熱+通気層構造という独自の「エアパス工法」の仕組みが、心地良さと建物の長寿命化を実現。世代を超えて受け継がれる価値ある住まいを叶えている。


四季工房のカタログを探すにはまず、建設予定地を選択してください

宮城県 福島県 栃木県 埼玉県 千葉県 東京都


技術力

一本一本を手刻みで仕上げる。匠の技術が息づく家づくり

四季工房の家づくりの中心にあるのが、卓越した技術を持つ匠たちの存在であり、一棟毎に使用する木を手で刻み組み上げていくこと。あらかじめ1年ほどの歳月をかけて自然乾燥された木は、土台、柱、梁など使う場所に応じて墨付けされ刻み出される。木のつやを読みながら行われる作業で、適材適所に素材を振り分けるには相当な技が必要となる。それらを身につけた大工の技術力が、次代に受け継がれる住まいを実現している。


プレカット工場を使わず日本の伝統技法にこだわる。それが地震に強く長寿命の家を実現

数ある住宅会社の中で、構造材をプレカット工場ではなく、全棟手刻みで仕上げる会社はどれほどあるだろうか。寺社建築ではなく注文住宅でそれを頑なに実践しているのが四季工房だ。柱と梁など二つの木材を組み合わせる接合部(継手・仕口)を手作業で切り込んでいく。機械加工では仕口の角がしっかりと出せないからだ。熟練大工による手仕事が丈夫で美しい木組みとなり、柔軟性を持った耐震性の高い住まいを生み出す。


伝統の技を受け継ぐ「大工育成塾」への取り組み。顔の見える安心の家づくりのために

四季工房にとって、木の特性を熟知し、手刻みで家を組み上げる大工の存在は生命線である。しかし、高度の技術を有する匠も高齢化が進み、技術を受け継ぐ後継者も絶えようとしていた。そこで同社は10年ほど前から福島の「四季ゆいの郷」を舞台に、大工を育てる活動を推進している。名付けて「大工育成塾」。そこで育った職人たちが地域の木材で本物の木の家づくりに取り組む……顔の見える安心の家づくりを目指し、実践している。


環境配慮

手間をかけて国産材を天然乾燥させる。つやと強度が増し建て替えでリユースも可能

四季工房は良質の国産材を時間をかけ、徹底して自然乾燥する。伐採も成長活動を休止し含水率が少ない冬季3ヶ月間に限定。葉をつけたまま3ヶ月間寝かせ葉の蒸散作用で乾燥を促進。その後、半年~1年以上自然乾燥させる。年月をかけて自然乾燥させる理由は、色つやが良く、粘りがあって耐久性の高い木材になるから。仮に数十年先に建て替えがあっても再使用できるほど良質だという。これこそが本当にエコな家づくりだ。


漆喰や畳表など昔ながらの天然素材だけでつくる、健康で心が安らぐ住まい

無垢材と自然素材を標準とする四季工房。漆喰の壁は湿気の吸放出性に優れ、木の家に調和すると人気だが、中には化学的な製品も出回っている。同社は昔ながらの安全な漆喰をメーカーに特別注文。のりは海藻から抽出したカラギーナン、つなぎは麻を使用する純自然素材。その他、畳も熊本県八代市のい草農家と契約し、国産の畳表を使用したり減農薬のい草わら床を採用するなど、健康的な住まいづくりに取り組んでいる。


独自の外断熱工法を採用した高気密・高断熱住宅。地球環境にも優しいノンフロン断熱材

四季工房の住まいは柱と柱の間に断熱材を施工する独自の外断熱工法が採用されている。従来の外断熱工法は外壁材の保持力(壁面剛性)が低下したり、釘やねじが外気の熱を伝えるなどのケースもあったが、同社の外断熱はそれらをクリアする新しい工法として注目されている。採用されている断熱材にも違いがある。同社が使用する断熱材「ポリスチレンフォーム・SH」は、発泡倍率を高めて断熱性能を飛躍的に向上させているのも特色だ。


デザイン力

パッシブデザインの家。光と風を上手に利用してわが家をリゾートにする

土地を読み、家族の暮らしに合わせた空間提案が四季工房のルール。軒を深くすることで夏の日差しを遮りながら、冬の日差しは採り入れる。夏も冬も冷暖房に頼り過ぎない、自然の涼しさや陽だまりの暖かさにこだわる。加えて、縁側や庭の緑を楽しむことができる窓を設ける。さらに太陽熱や風、地熱などの自然エネルギーを利用するパッシブ技術を応用した「エアパス工法」によって、快適で省エネな住環境をかなえている。


自然の力を取り入れて快適に暮らす「エアパス工法」。その心地よさはクセになる

四季工房の家づくりでは、冷暖房に頼り過ぎず自然の力を利用したリゾートのような快適さとカラッとした空気も譲れないこだわりだった。同社独自の「エアパス工法」はその課題を解決する画期的な工法である。壁内の断熱材の両側に通気層と内壁空洞の2つの空気層を設け、空気に一定の流れを作り出す仕組みは、夏は自然の涼しさを、冬は陽だまりの暖かさを生み出す。ナチュラルでエコな暮らしを楽しみたい人におすすめだ。


広がりの間取りを採用。家族が団らんする時を豊かに過ごせる空間づくり

「それほど大きな家ではなくても広く感じる」。四季工房の家に共通する感想だ。同社は「食べる」「くつろぐ」など、家族が団らんする時を豊かに過ごせる空間づくりに取り組み、「広がりの間取り」という設計手法を創出した。リビングは梁と柱を現しで見せ、勾配天井などの吹き抜けを設けることで、日本建築の造形的な美しさと、縦の広がりがある心地よさを実現している。


その他

グッドデザイン賞受賞の、長く美しく使えるオリジナルキッチン「KURIYA」

四季工房の住まいで当たり前に見かける無垢材の家具調オリジナルキッチン「KURIYA」は、合板を一切使わず、良質な国産無垢材だけを使用して職人が手づくりした逸品。天然木のワークトップは、汚れても表面を削って再塗装することで新品の輝きに戻すことができ、さらに経年変化で味わいが増し、長く美しく使えるという魅力が。2015年度グッドデザイン賞を受賞した(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)。


家がある限り生涯アフターメンテナンスを実施。手入れをしながら永く住み継がれる家に

「愛着を持ちずっと住み続ける」それが四季工房の目指す住まい。そのためにアフターメンテナンスは家が存続する限り続けられる。また、嬉しいのは3ヶ月目にはコンセント(2ヶ所)や照明器具(1ヶ所)、収納棚(1ヶ所)を無料で増設できる他、1年目には雨どいの無料清掃、2年目には塗り壁隙間の無料補修、玄関ドアのドア枠の無料塗装、ウッドデッキの無料塗装などが受けられる。そうした心配りが「住み継がれる家」を可能にする。


驚きと感動に包まれた宿泊体験。言葉では伝えられないものをもって帰ってほしい

福島県平田村に設けられた「四季ゆいの郷」での宿泊体験は、家は本来どうあるべきかを教えてくれる。エアパスの家の宿泊棟にはスリッパがない。厳冬期でも薪ストーブ1台で建物全体が均一の室温となり、暖房を消しても朝まで温もりが持続する。夏は冷えすぎない程よい涼しさを実感できる。無垢材や自然素材の質感と肌触りのよさ、ストレスのない温熱環境など、過剰な設備がなくても快適に暮らせる住まいをぜひ、体感してほしい。


問合コード:501156

企業データ

企業名 株式会社四季工房
住所 福島県郡山市南ニ丁目84番地
問合せ先 0037-642-200058 (通話料無料) ヘルプ
※営業時間内の対応となります
※0037で始まる電話番号は、一部のIP電話から利用できない場合があります。その場合は、携帯電話からお掛け直し下さい。通話料は無料です。
URL この会社のホームページへ
設立 1982年1月
資本金 1億8200万円
従業員数 120人
施工エリア 東京都、埼玉県、千葉県、栃木県、福島県、宮城県
施工実績(年度) 110(2016年度)
対応可能工法 木造軸組、その他(独自認定工法等)
アフター・保証 生涯メンテナンス。訪問点検毎年実施。お引き渡し後、1ヶ月、3ヶ月、1年、2年、10年目は徹底点検を実施
建設業許可番号 国土交通大臣 許可(般-24) 第22332号
四季工房の営業所
四季工房 関東エリア支店

問合コード:501156


カタログ一覧

四季工房のカタログ一覧です。無料で請求できます。1社で請求できるカタログ数は3件までです。

コンセプトブック

問合コード:5011560004


カタログ請求リストに入れる




ページトップへ戻る