ナイスホームの企業概要

ナイスホームの企業概要

20年・30年経ってもメンテナンスの負担を最小限に。数十年後の家族にもやさしいすまい

お母さんの胸に抱かれて、スヤスヤと眠る赤ちゃんを見ると、私たちは無条件の安心感を覚えるのではないだろうか。安心感ゆえの深いやすらぎとくつろぎ。同社は住まいにおいて、この「安心感」とやすらぎの「快適性」こそが最も重要であると考える。それを支えるのが、これまで培ってきた「ナイスホーム」の優れた技術力と品質だ。同社では阪神・淡路大震災を教訓に、「住まいは命を守るもの」を合言葉として、いち早く地震に強い家づくりに取り組んできた。そのノウハウを結集し、誕生したのが「ナイス パワーホーム」である。


ナイスホームのカタログを探すにはまず、建設予定地を選択してください

青森県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 京都府 大阪府 香川県 沖縄県


技術力

小さな子どもたちも安心して走り回れる、最高等級品質住宅『パワーホーム』

長期優良住宅の認定基準をこえる性能がスタンダード。国が2030年までに新築住宅において平均化を目指すZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス) 、その先のLCCM住宅(ライフサイクルカーボンマイナス住宅) にも対応する『ナイス パワーホーム』。メンテナンスのしやすさ、リフォームの負担軽減はもちろん、住まいの履歴情報を共有するシステム「いえかるて」を採用するなど、何世代も住み継いでいくことを考慮した未来基準の住まいである。


地球も家計もよろこぶ、10年・20年先の基準を満たした『パワーホーム』の省エネ性能

ZEHの考え方に加え、建築時や改修・解体時も含めた建物の総CO2排出量を抑えるLCCM住宅。(一財)建築環境・省エネルギー機構が認証し、☆☆☆☆は一生涯のCO2を従来の50%以下、☆☆☆☆☆は0%以下を指す。躯体や建築設備の省エネと、家庭内で年間消費量をこえる再生可能エネルギーの創出を求める未来型住宅で、同グループはH24年度に東日本初の最高ランク認証を取得。『パワーホーム』では基本仕様+オプションで対応可能だ。


「地震に強い家しかつくらない」を約束するための最高ランクの耐震性を満たす独自工法

木の良さを生かしつつ高耐震を実現する、木造軸組の進化型「パワービルド工法」。要となる「構造用集成材」は厳選した木材を組み合わせたもので、歪みやくるいの少なさが特長。古い寺院の柱と同じ原理に基づいている。そこにオリジナルの「パワービルド専用接合金物」を加えることで、高強度や錆への強さも発揮。建築や建物の性能をパワーアップさせ、将来への対応、信頼のシステム、安全や環境への配慮などを高い次元で実現する。


コスト対策

建築資材商社がつくる高強度・高品質住宅。家1棟分の建築資材をグル-プ内で調達

建築資材商社の「商品知識」と売れ筋商品の「調達力」、住宅分譲会社の「商品開発力」によりコスト削減を追求する同社。木材・建築資材・住宅設備機器メーカーから商品を調達した後は、国内14カ所の総合物流センターを通じ、家1棟分の建築資材をジャストインタイムで供給。必要な材料が必要なタイミングで届くシステムが整っており、施工の効率性、正確性、工期短縮など、さまざまなシナジー効果を生んでいる。


資材調達から物流、設計、施工、販売、アフター…あらゆる事業展開から生み出す住まい

ナイスグループのバックボーンを活かし、設計から資材の調達、木材のプレカット加工、施工、引き渡しまですべて自社グループ一貫体制で実施。グループのどこからも誰からも目の届くオープンな家づくりを目指し、コミュニケーションを活発に行うことで、時間のロスが生じず、スムーズな家づくりを可能としている。高品質な住まいがリーズナブルに届けられるのは、そうした所以なのだ。


しっかりとした性能をもつ家こそが、ランニングコストを軽減

断熱性能の高い『パワーホーム』なら、経済性アップも期待できる。何十年と暮らす家だからこそ、ランニングコストが暮らしに与える影響は大きい。日々の冷暖房費や水道費―。当たり前のことをつい見落とし、暮らしの中で気づくことも。『パワーホーム』は高断熱をかなえる建材、節水性に優れた設備を使用し、将来のランニングコストにも配慮。エネルギー消費を抑えることで、家族だけでなく地球環境に優しいのも特長だ。


アフター・保証

最長60年間のアフターフォロー。きめ細やかな検査体制で目に見えない部分にもこだわる

厳しい管理体制を整え、進行状況とともに検査を実施。中でも完成後に見えない地盤・基礎・土台にはこだわり、20年間の地盤保証も行う。引き渡し後は、無償点検で修繕が必要とされた部分の無償・有償メンテナンスを受けると、30年間の延長保証。以降も有償点検メニューを用意し、最長60年間に渡りフォローしていく。部材や修繕履歴情報などは、住宅履歴システム「いえかるて」に登録・更新され、ウェブ上で確認することが可能だ。


住宅性能表示制度による『住宅性能評価書』を発行

国土交通大臣が規定する住宅性能表示制度は、第三者機関が住宅性能を客観的に評価し、表示すること。等級や数字で住まいの性能が示され、『住宅性能評価書』として形に残る。同社はそのうちの一つ「設計性能評価書」を標準で発行。さらに建物完成後に発行される「建設住宅性能評価書(有償、一部エリアは無償)」にも対応する。これを発行された住まいは、万一の住宅トラブルにも指定住宅紛争処理機関が迅速に対応してくれるのだ。


メンテナンスを容易にする工夫、見えない配慮で負担軽減

住宅性能評価の維持管理対策等級3(最高ランク)を標準とする『パワーホーム』は、給排水管をできるだけ建物外部に設けることで、点検や管理の利便性に貢献。また床下や壁面に隠れる配管を最小限にすることで、メンテナンスだけでなく、リフォーム時の自由度もアップする。構造耐力壁や配管を外周部に集中させることで、大空間を叶えるプランを可能にするのだ。将来の負担も軽減する、未来の家族にもやさしい住まいである。


その他

横浜市内3店舗の戸建て専門館をはじめ、全国の約20店舗で土地探しもサポート

横浜市内に構える一戸建ての専門店舗「戸建の窓口」をはじめ、「住まいの情報館住まいるCafe」では、土地情報や住み替えのサポートを行っている。またこれらの店舗の近くには、等身大の住まいを再現した「街かどモデルハウス」を用意しており、土地探しと建物プランの検討を並行して進めることも可能だ。


産・官・学の施設「スマートウェルネス体感パビリオン」で住まいと健康の関係を体感

ナイスグループは横浜市・慶應義塾大学と共同で、健康と住まいの関係を体感しながら学ぶことができる、日本初※の施設「スマートウェルネス体感パビリオン」を運営。住宅の性能や室内環境が人に与える影響を、分かりやすく体感することができる。体感施設のほか2棟の実証棟も見学できるので、一度問い合わせてみては。入場は無料、予約制で随時ご案内している。※同社調べ


自らのルーツである木を育み、森林の保全・育成にもつながる「ナイスの森」の取り組み

長きにわたり建築資材事業を手掛ける「木を知り尽くした」同社。その限りある資源の重要さを知るからこそ、地球温暖化対策として1980年から「木」を育む森林の保全・育成に取り組んできた。それは「ナイスの森」というカタチとなり、京都・岐阜・熊野・猪苗代…多くの森の環境保全に役立っている。そこで伐採した木材を自ら資材に加工し、販売。「木」を軸に据えたトータルな取り組みは、次の森を育てることにも繋がっている。


問合コード:950521

企業データ

企業名 ナイスホーム株式会社
住所 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-33-1
問合せ先 0037-642-203185 (通話料無料) ヘルプ
※営業時間内の対応となります
※0037で始まる電話番号は、一部のIP電話から利用できない場合があります。その場合は、携帯電話からお掛け直し下さい。通話料は無料です。
URL この会社のホームページへ
設立 2013年12月
資本金 1億円
従業員数
施工エリア 青森県、宮城県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、三重県、香川県、沖縄県(離島を除く)
施工実績(年度) 900棟(2016年)
対応可能工法 木造軸組
アフター・保証 お引き渡し後、6ヶ月・12ヶ月・24ヶ月の無料点検、品確法による10年の瑕疵保証。プロパティオン株式会社が管理する住宅履歴情報システム「プロパティオン」に登録し、住宅履歴情報(いえかるて)をWEB上で一括管理することが可能(別途有償)
建設業許可番号 国土交通大臣許可(般-26)第25385号 国土交通大臣許可(特-26)第25385号 / <宅建業免許番号>国土交通大臣免許(1)第8585号
ナイスホームの営業所
ナイスホーム 

問合コード:950521


カタログ一覧

ナイスホームのカタログ一覧です。無料で請求できます。1社で請求できるカタログ数は3件までです。

QUALITY BOOK

問合コード:9505210009


カタログ請求リストに入れる


家づくり実例集

問合コード:9505210002


カタログ請求リストに入れる


メザニン

問合コード:9505210004


カタログ請求リストに入れる


パワーホームプラス

問合コード:9505210007


カタログ請求リストに入れる




ページトップへ戻る