"20170125063736:H:0" "20170125063736:H:0" "20170125063736:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

464 件見つかりました
  • Q
    新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?
  • A
    岩沢 光一郎

    新着 築年数によっては、安心できるものとそうでないものもあります。

    新築と中古はどちらがいいか悩まれると思いますが、建物については少々気にされた方がいいと思います。新築の場合、瑕疵担保責任で10年(10年保証)が付いていますし、現行の建築基準法により施工されていますので安心ではありますが、100%満足できる物件はなかなか無いものです。中古物件を選ぶなら、築年数を踏まえメンテナンスの時期を考えた方がよろしいかと思います。「いつどのようなメンテナンスが必要か」「金額はいくらぐらいかかるのか」特に外壁や水廻りは気にした方がいいです。 (担当: 岩沢 光一郎 / (株)レックス大興大宮東口店 )

  • A
    八木 圭太

    新着 新築・中古、それぞれの長所・短所を確認しましょう

    【新築の長所】中古より諸制度が有利 / 誰も使ったことがないので、まずキレイ 【新築の短所】同じ立地・設備条件だと販売価格が高い場合が多い 【中古の長所】同じ立地・設備条件だと価販売価格が安い場合が多い 【中古の短所】中古より諸制度が不利 / 一度使われたことがあるので、使用感がある場合がある等、それぞれ良い面、悪い面があります。「新品だけど、販売価格が高い新築」「劣化があるけど、販売価格が安い中古」と言ったところでしょうか。ご自分やご家族の好みに合う方を選ばれるといいでしょう。 (担当: 八木 圭太 / センチュリー21タイセーハウジング(株)厚木本社 )

  • A
    古森 正己

    新着 新築・中古、それぞれの長所・短所を確認しましょう

    【新築の長所】中古より諸制度が有利 / 誰も使ったことがないので、まずキレイ 【新築の短所】同じ立地・設備条件だと販売価格が高い場合が多い 【中古の長所】同じ立地・設備条件だと価販売価格が安い場合が多い 【中古の短所】中古より諸制度が不利 / 一度使われたことがあるので、使用感がある場合がある等、それぞれ良い面、悪い面があります。「新品だけど、販売価格が高い新築」「劣化があるけど、販売価格が安い中古」と言ったところでしょうか。ご自分やご家族の好みに合う方を選ばれるといいでしょう。 (担当: 古森 正己 / センチュリー21タイセーハウジング(株)渋谷店 )

  • A
    安藤遊生

    新着 中古には「保証がない」物件もありますので、ご注意ください!

    車の中古とは違い、年数が経過したからと言って安くなるわけではありません!また、中古は保証期間が極端に短くなり、中には保証なし(瑕疵担保免責)と言う物件もありますので、ご注意ください。大切な財産ですので、保証が長い(約10年)新築を選ぶ方が増えております。中古物件の基本は、現状引渡しとなります。部屋の中がボロボロでも直す事はなく、購入者が自己負担でリフォームする事になります。購入後の金額が増加することも考えておかなければなりません。 (担当: 安藤遊生 / センチュリー21(株)トラスト不動産 )

  • A

    お客様のご希望条件や考え方などによって様々です。

    それぞれの長所として、中古は価格帯が新築と比べて比較的に安い物件が多い。 新築は、安全とか保障という面で安心が買えます。と言うように、それぞれいい所がありどこに焦点を置くかによってかわってきます。また、生涯の住居費として計画することも大事です。建物の耐久年数を50年として築20年の戸建てを35歳の方が購入したと仮定しますと、65歳頃(定年後)に改修や建て替えの必要が出てくる可能性があります。その費用も生涯の住居費として計画することが大切です。判断材料のひとつとしてください。 まだ、ご条件が決まっていないお客様はお気軽にお問合せください。 ( アイリアルエステート(株) )

  • A
    浮嶋 群浩

    最終的には「コスパ」でしょう

    一般的に「新築は品質が安定していて高い」、「中古は品質がわかりにくいけど安い」といったイメージがあるようですね。数年前に発生した住宅の手抜き工事・建築確認偽装事件等の反省から、最近の新築は性能がわかりやすく表示された上、保証も付いて安心感はかなり増しました。また中古住宅でも、最近話題になっているホームインスペクションという第三者のGメンが検査を行う「見える化」された住宅もポピュラーになりつつあり、結論としてはご自分のコスパでお選びください、となります。※当社の社長がホームインスペクターですので、皆様のディープなご質問にビシバシお答えいたします。お気軽にお問い合わせください。 (担当: 浮嶋 群浩 / センチュリー21(株)いがらしハウジング )

  • A
    古牧浩史

    こちらも優先順位で。

    新築はもちろん、築年月も新しく耐用年数も長いですし、中古と違って保証期間やすまい給付金などの優遇もうけられます。そのためお値段もはりますし、お安く綺麗な物件に・・というお考えでしたら中古物件にリフォームを掛けた方がご希望に添える場合もございます。優先順位をお考えになったうえで決めていくのがよろしいかと思います(^^) (担当: 古牧浩史 / グローバルハウジング(株)大山ハッピーロード店 )

  • A
    宮崎あすか

    保証も含めて考えてください。

    築年数の新しい条件のいい中古があると悩まれると思います。新築は10年保証さらに延長できるタイプもあります。中古住宅は基本的に保証がないものが多いので同様の保証を考えるとインスペクションを受け自分で保険料を負担する必要があります。 (担当: 宮崎あすか / (株)クラシア )

  • A
    人見 和之

    新築も、住んだ瞬間に中古です。新旧の問題より、住みやすさ・暮らしやすさで判断を。

    日本は以前より新築志向が強いと言われてきましたが、昨今の不景気で支出を抑えるために中古住宅をお選びになられる方も増えています。これから子育てを迎える方や団塊の世代の方が老後の生活のためにおうちを求めておられるというご相談はよく受けます。そんな中、高い新築か安い中古かという二者択一ではなく、一つ一つの物件に対して「この家は日常生活的に住みやすいか、経済的にも長期にわたって暮らしやすいか」を軸に判断されるといいと思います。カチタスの販売する中古住宅は大半がリフォーム済ですので、即入居できて、しかも一定期間は手を加えず(=お金を掛けず)住み続けられるのは大きなメリットだと思います。 (担当: 人見 和之 / (株)カチタス藤岡店 )

  • A

    新築も中古もメリットがありますので、お客様のご希望をお伺いさせていただご提案させて頂きます

    新築は、中古に比べるとメンテナンスが楽です。見えない配管なども含めて新しいところが安心です!入居後の不具合に対する保証期間が長いなどのメリットがあります。中古は、新築と比べると割安という点、敷地が広いなどが魅力です!ご希望のエリアの物件を購入して、お客様のご希望でリフォームして住みたいという方におすすめです! ( 福地建設(株) )

  • A
    森 久典

    新築・中古の基準は、やはりお客様のニーズです。

    新築、中古迷うお客様は多いですね。欧米では中古を自分流にリフォームする楽しみが流行しているように思いますし、新築だって保証等さまざまな安心が付随してます。やはりこちらもお客様のライフスタイルから私どもがアドバイスしご紹介したいと思いますので、是非足を運んでみてください。 (担当: 森 久典 / (株)西武開発立川店 )

  • A
    大久保 陽

    こだわり と ライフスタイル で (^^♪

    新築であれば、設備は最新ですし保証も充実しておりますので 安心ですよね (^^♪ 何といっても、いい 匂い ☆彡 しかし、中古物件にはこだわりの ☆逸品、☆大豪邸、☆駅近なのに、この土地の広さ 等々・・。 新築では探せない、お客様のこだわりが、きっと見つかります (^^♪ 最近ではリノベーション住宅も多いですし・・。 (^O^) 楽しみながら探しましょう・・。 (^^♪ ひだまりハウスが、全力でお手伝いさせて頂きます ☆彡 (担当: 大久保 陽 / (株)ひだまりハウス久喜支店 )

  • A
    櫻井 亮人

    メリット、デメリットにとらわれ過ぎない方がよろしいかと存じます

    新築は、他者が使用していないというプレミア感、入居後の不具合に対する保証期間が長いなどのメリットがあります。中古は希望エリアで物件を探せる、価格が安いなどのメリットがあります。その他、優遇税制などは新築も中古も大きな違いはありません。初期費用に関しても中古は仲介手数料がかかりますが、新築は管理費、修繕積立金の一時金などが発生します。私は、新築、中古と決めずに双方興味のある物件を見学し、気に入った物件を購入されることが一番かと存じます。私は中古物件を担当しておりますので、紹介できる新築物件に関しては制約がありますが、市場にでている中古物件でしたら、ほぼ全てご紹介できます。いつでもご連絡ください。 (担当: 櫻井 亮人 / 大成有楽不動産販売(株)成増センター )

  • A
    大川 竜

    新築と中古マンションの一番の違いは資金面です。

    新築マンションはもちろん新しく、誰も住んでおらず、デザインもトレンドに沿っているので、購入できるのであれば新築マンションに勝るものはないかと思います。ですが予算という決められた金額内で見た時に中古マンションの方が立地条件の良い傾向にあります。上限のある資金面をベースに、新しさやデザインを取るのか、立地条件をとるのかを基準とし選ぶことをオススメします。 (担当: 大川 竜 / (株)ワッフル/九段下ショールーム )

  • A
    大川 竜

    新築と中古マンションの一番の違いは資金面です。

    新築マンションはもちろん新しく、誰も住んでおらず、デザインもトレンドに沿っているので、購入できるのであれば新築マンションに勝るものはないかと思います。ですが予算という決められた金額内で見た時に中古マンションの方が立地条件の良い傾向にあります。上限のある資金面をベースに、新しさやデザインを取るのか、立地条件をとるのかを基準とし選ぶことをオススメします。 (担当: 大川 竜 / (株)ワッフル/九段下ショールーム )

  • A
    窪谷輝

    戸建てなら新築・マンションは中古OK!

    私としては、「戸建てなら新築」「マンションなら中古でも良い」とお話しすることが多いです。戸建てはマンションに比べ、建物の資産価値の目減りが早く、木造という性質上、鉄筋コンクリートよい劣化が早いと考えられるからです。マンションは躯体そのものが鉄筋コンクリートでしっかりしている物件が多いので、中を完全に新しくするリノベーション物件でも十分に良いと思います。”新築”というブランドで高めに価格が設定されていることもあります。 (担当: 窪谷輝 / イノベーション不動産(株)蒲田支店 )

  • A

    迷っている理由はなんですか?

    誰でも新築に住めるのであれば住みたいですよね。確かに一般的に中古の方が安く初期費用は安く抑えられます。しかし、リフォーム費用や保証などの面も踏まえた上で総合的に判断をしてみて下さい。ご予算の関係で中古しか買えないと考えているのであれば一度ご相談下さい。その中で新築、中古のメリット・デメリットも含めてご提案させて頂きます。 ( (株)TK・ハウジングセンター宇都宮店 )

  • A

    土地広めをご希望なら中古

    一般的に考えると同じエリアで探すなら家の経過年数分が得になるので、安くなります。同じご予算なら土地が広く買えることになります。ただし、状態の良い中古住宅は、以外と探すのが大変です。住宅資材、設備の進歩も目覚ましいので古く感じてしまう方も…まずは、ご相談ください。 ( 昭和建物(株) )

  • A
    清水 一也

    土地の広さなら中古、メンテナンスが安心なのは新築です。

    広い土地の家に住みたい!手ごろな金額で購入して、色々とアレンジしながら住みたい!なら中古戸建。メンテナンスのことなど気にせずに住みたい!最新設備の家が良い!なら新築戸建てですね。中古マンションの場合はマンションの管理状態、メンテナンスの状態など、チェックするポイントがあります。何れにしてもプロとしてのアドバイスをさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。 (担当: 清水 一也 / リストインターナショナルリアルティ(株)横浜支店 )

  • A
    仲野 一誠

    お客様の趣味嗜好ライフスタイルによってマッチングしたものを選択する。それが大切です。

    お客様の趣味嗜好ライフスタイルによってマッチングしたものを選択する。それが大切です。どんなライフスタイルにしたいのか?どこに住み、そこで長く住むのか?また転勤などにより将来、売却または貸すことも視野に入れるのか?まずはそこから検討しなければなりません。弊社とお打合せいただきより具体的なご提案やヒアリングさせていただいた後にご家族様で再度ご検討されることをお勧めいたします。 (担当: 仲野 一誠 / (株)ハウスワンユナイテッド )

  • A

    一番は価格です。又、広さや立地を取るか、室内(最新設備・未使用)を取るかが大きな違いです。

    これからのライフスタイルにあわせたご検討が重要です。マンションは眺望やセキュリティー、維持管理の手軽さ、ワンフロアの暮らし易さ等がありますし、戸建てはペットや音、リフォーム等制限が無いこと、お庭やカースペースなど全てご自分で自由に使えます。駅からの距離を考えるとマンションが立地で勝る物件が多いです。資産性でみると中古マンションの方が流通性は高いですが戸建ては更地にして売却することが出来ますので何時売却するかで違います。ランニングコストはよく「マンションは管理費・修繕費などが高い」という話がありますが戸建ても10年程度で修繕費用が必要となる場合も多く将来の修繕費を想定したご予算計画が重要です 。 ( (株)長谷工リアルエステート成増店 )

  • A
    爪川 益雄

    どんな暮らしがしたいのか?を軸に選んでは如何でしょうか?

    新築物件と中古物件、どちらもメリット・デメリットがあります。新築物件の場合は新しさ、最新の設備等がメリットといえます。中古物件の場合は値段やご希望の立地、物件数が多いといったメリットがあります。自分たちがどのような暮らしをしたいのか?を軸に比較検討すればよいと思います。 (担当: 爪川 益雄 / (株)マンションマーケット )

464 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 中古一戸建て > 中古一戸建て 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
中古一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)中古一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。