"20170425003339:H:0" "20170425003339:H:0" "20170425003339:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

491 件見つかりました
  • Q
    新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?
  • A
    本田 慎平

    新着 ご予算が許されるなら新築、許されないなら中古です。

    ご希望のエリアを考慮するうえで、ご予算が許されるなら新築をお勧めいたします。多くのお客様にとって住宅購入は人生で一番高いお買い物になると思いますが、新築住宅は法律により最低10年間、主要部分の保証が義務付けられており、購入した後の万が一の不具合に対応できるため、安心感が高いと思います。これに対し、中古の魅力は価格ですが、保証期間が短いため購入前の慎重な見極めが必要です。住宅情報館では建築の知識豊富なスタッフが、間違いのないお住まいをご提案差し上げます!是非お気軽にご相談ください! (担当: 本田 慎平 / 住宅情報館(株)秦野店 )

  • A
    和田 正喜

    新着 お客様によって、新築か中古かを選ぶ基準は全く違います。

    お客様によって、新築か中古かを選ぶ基準は全く違います。家族構成・住宅ローンを利用するかしないか・一生住む予定があるか・予算などなど、色々な角度から考えてどちらがお客様に合っているのかご提案致します。是非一度ご来店・ご相談ください! (担当: 和田 正喜 / 住宅情報館(株)浦和店 )

  • A
    石川 博

    新着 まずはご相談ください。

    お客様がどの様な生活を思い描いているかによって選ぶ基準が変わるかと思います。価格、保証、など気になる点は多々御座いますがが、どちらにもメリット、デメリットが御座いますので、迷っている事をそのまま弊社スタッフに相談下さい。いろいろご提案させて頂きます。 (担当: 石川 博 / 住宅情報館(株)佐原店 )

  • A
    上崎 優樹

    新着 重要視するポイントによって選択肢が変わります!

    新築を選ぶ方の場合、「新しい家に住みたい」「保証がついている家が良い」などのご希望が多く、中古を選ぶ方の場合「広い土地や建物がほしい」「絶対にこのエリアじゃなきゃ嫌だ」などのご希望が多いです。お客様が重視するご要望によって自然と新築になるか中古になるか絞れてくることが多いです。初めから、どちらかに絞らずに両方見ていただくことオススメしています。新築、中古のメリット、デメリットをしっかり理解して物件を決めましょう! (担当: 上崎 優樹 / 朝日土地建物(株)橋本支店 )

  • A
    殿川 晶

    新着 どちらかが絶対という訳ではございません。

    住みたい処に物件があるということが大前提です。まずは、自分の住みたい処にどいうった物件があるのかを、調べることが第一歩だと思います。我々にご相談下さい。新築物件であればモデルルームを、中古物件であれば実際にお部屋を見ることが第一歩だと思います。ご覧になって納得が出来る物件であれば、新築・中古を問わずお話しを進めて頂いて結構かと存じます。 (担当: 殿川 晶 / (株)大京穴吹不動産国分寺店/電話受付→本社:東京 )

  • A

    新着 購入した家に何年位住む予定でしょうか?

    お客様の年齢、実家にいずれ戻る等の状況により異なりますが、購入した家に30年以上住む予定があるのなら、新築を購入しメンテナンスをしっかり行い長持ちさせることが、生涯に家にかける金額が安くなると思います。又金額が安いとの理由で中古住宅にする場合は、家の耐用年数が短い場合が多くいずれ建替え時期がおとずれ結果高い買い物になってしまうことがあります。また、地域特性も有りますので希望地域の情報に強い業者さんに相談してみることが良いと思います。 ( ベストハウス(株) )

  • A
    麻生 成志

    新着 どちらもメリットがありますね

    新築物件の良い所はなんといっても綺麗な建物、清々しいお部屋に一番にお住まいになれるとこではないでしょうか。逆に中古物件は、他の人が住んだ後に住まないといけないと感じられるところがデメリットですね。ところが最近は室内のリフォームを施して新築同様に直して住む方も多くなりました。中古物件は現地や室内、ご近所にお住まいの方や組合、管理会社の活動についても調べた上で購入できるところがメリットになります。お探しの場所やお引渡しの時期で譲れないものがある場合も、中古物件のほうが探しやすいかもしれませんね。 (担当: 麻生 成志 / (株)大京穴吹不動産町田店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    山勝健司

    お客様のご希望条件に合わせた探し方がオススメです。

    新築は、初期費用は中古に比べて高くなりますが、先々で考えますとリフォーム代や建て替え費用などが係りますので、住宅に係る費用が逆転してしまう事もあります。ですが、お探しエリアを限定で探しているお客様ですと、なかなか物件が出てこない等の理由で、中古の選択しか選べないケースも御座います。まずは、お客様のライフスタイルや住宅探しの上で絶対的な条件などを考えてみた方が良いかもしれません。 (担当: 山勝健司 / 住宅情報館(株)湘南台店 )

  • A
    藤原 準也

    新築と中古物件の違い

    最近の新築マンションの価格は建築資材の高騰に加え、技術職人の確保も難しくなってきていることなどから以前に比べ価格が高騰しております。このような理由から建物グレードも今一つという物件も多くなってきております。一方、中古マンションは新築に比べ価格が安い物件が多いこと、また建築コストが安い時期に建てられた物件も多く、建物グレードも優れた物件も多く存在しております。基準といったものはございませんが、私どもではお客様のご予算やニーズにあった物件をしっかりお探しいたします。 (担当: 藤原 準也 / (株)大京穴吹不動産千歳船橋店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    橋本 和也

    どちらもメリット・デメリットがありますね。

    新築物件の良い所はなんといっても綺麗な建物、清々しいお部屋に一番にお住まいになれるとこではないでしょうか。逆に中古物件は、他の人が住んだ後に住まないといけないと感じられるところがデメリットですね。ところが最近は室内のリフォームを施して新築同様に直して住む方も多くなりました。中古物件は現地や室内、ご近所にお住まいの方や組合、管理会社の活動についても調べた上で購入できるところがメリットになります。お探しの場所やお引渡しの時期で譲れないものがある場合も、中古物件のほうが探しやすいかもしれませんね。 (担当: 橋本 和也 / (株)大京穴吹不動産調布店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    中村 正樹

    新築も中古も【住宅情報館】にお任せください!!

    ご希望の条件を一度精査して検討してみてはどうでしょうか?価格優先でも中古が新築より安いとも限りません。立地や広さでも大きく変わります。また建物保証の部分や将来的な修繕計画も考慮する必要がございます。ご希望やライフスタイルに合わせて【住宅情報館】ではお客様のニーズにあわせてご提案させていただきます!! (担当: 中村 正樹 / 住宅情報館(株)大宮店 )

  • A
    岡崎孝則

    予算で選ばれると良いでしょう

    新築に比べて当然中古の方が安く購入できますが、リフォーム工事が必要になる場合がほとんどです。リフォームしても予算内に収まれば中古はお買い得です。☆☆☆売買物件多数・関連サイト「メイプル(買いたい)」をご覧ください☆☆☆ (担当: 岡崎孝則 / (有)メイプル不動産 )

  • A
    佐藤 智昭

    新築販売を経験してきた者としての意見ですが・・・

    ご判断のコツは「その良し悪しを充分に知ること」です。「新築」・当然、自分たちが最初に住めます。前に他の誰かが住んでいた事が嫌な方は、中古は選べません。・物件の販売スケジュールによっては、お部屋が選べたり、間取り変更やオプション追加ができます。・室内は当然きれい、最新の設備仕様が得られます。・竣工前ですと、お部屋は見られません。「中古」・築年数によっては設備等が古いです。また、売主様の使い方によっては汚いかも知れません。・多少古くても室内クリーニングやリフォームをすれば気にならない、という方は中古もアリです。・同じ地域で比較すると、新築よりは価格が抑えられます。・実際のお部屋が見られます。 (担当: 佐藤 智昭 / (株)大京穴吹不動産上大岡店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    若林 岳

    単純に将来必要なメンテナンス費用を考慮に入れると新築になりますが・・・

    新築か中古か、という選択であれば将来必要なメンテナンスを考え新築をおすすめします。ただし中古物件の中には外内装ともに程度が良く、当面はメンテナンス費用がかからないであろう物件もございます。ご希望の予算や条件に応じて、まずはどちらもご内覧いただき、その上で新築か中古かご判断いただいてもよろしいのではないかと思います。 (担当: 若林 岳 / ピタットハウス万博記念公園店よつば不動産(株) )

  • A
    杉野 岳

    それぞれのメリット・デメリットを把握することが重要です

    新築にメリットは建物が新しいことはもちろんのこと、キッチンや浴室も最新の設備が装備されていることが最大の魅力だと思います。デメリットとしては未完成の場合、モデルルームである程度判断しなくてはなりません。完成後にイメージの食い違いなどが出る可能性があります。中古マンションのメリットは実際の室内を見て購入できることがメリットです。内見時点で入居者がいる状態であれば、そのマンションについて長所短所を聞くことや自分自身の目で見て確認することができます。デメリットとしては、建物が古いこと。また、建物の耐久性は耐震性が古い基準で建てられている可能性もございます。 (担当: 杉野 岳 / (株)大京穴吹不動産田町店/電話受付→本社:東京 )

  • A

    それぞれのメリット・デメリットを把握することが重要です

    新築のメリットは建物が新しいことはもちろんのこと、キッチンや浴室も最新の設備が装備されていることが最大の魅力だと思います。デメリットとしては未完成の場合、モデルルームである程度判断しなくてはなりません。完成後にイメージの食い違いなどが出る可能性があります。中古マンションのメリットは実際の室内を見て購入できることがメリットです。内見時点で入居者がいる状態であれば、そのマンションについて長所短所を聞くことや自分自身の目で見て確認することができます。デメリットとしては、建物が古いこと。また、建物の耐久性は耐震性が古い基準で建てられている可能性もございます。 ( (株)大京穴吹不動産五反田店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    横手 勝之

    ■建物の仕様や素材、設備の違い等を基準にされてはいかがでしょうか■

    例えば、同じ価格の新築と中古があったとします。新築は、当たり前にキレイで設備も充実しています。一方、中古は、柱一つとってもより良い素材のものを使用していたりします。何が、ご自分にとって重要でしょうか。また、住宅を購入するということは、同時に、周辺環境も手に入れることになるのですから、環境選びからご検討されるのも一つと言えるかも知れません。 (担当: 横手 勝之 / センチュリー21(株)クレド川越店 )

  • A

    大きくは、保証内容が異なります。

    新築は、引渡しから10年間の瑕疵担保保険が付きますが、中古は、2ヵ月~2年の保証(物件によっては保証無しの場合もあり)になります。現状のままでの引渡しが多いため、別途リフォーム費用が必要です。また、新築は売主が不動業者ですので、相場に合った物件が多く、取引も安心ですが、中古物件の場合は、売主が個人の方になりますので、信用できる仲介業者が間に入ることが良い取引の条件になります。 ( (株)アンフィス )

491 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 中古一戸建て > 中古一戸建て 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
中古一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)中古一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。