"20170823152941:H:0" "20170823152941:H:0" "20170823152941:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

525 件見つかりました
  • Q
    新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?
  • A
    関 将斗

    新着 ご希望エリアの相場を把握

    当然に建物には減価償却がございます。木造ですと約22年と計算されます。ですので建物の償却費の分、土地の広さ、駅までの距離、建物の広さ、全体的な物件の内容が充実しているケースが多くございます。優先順位で新築戸建へのこだわりが無いようでしたら、中古戸建をおススメ出来ます。しかし、補償内容が充実しているのは新築戸建です。 (担当: 関 将斗 / リライフホーム(株) )

  • A
    菅野隼人

    新着 それぞれの良さがあります。

    新築と中古住宅を購入する場合、それぞれのメリット・デメリットがあります。当社はどちらも一緒にご相談・ご検討していただければ嬉しいです。無理な営業は致しませんので、一度メリット・デメリットを聞きに来てみませんか? (担当: 菅野隼人 / (株)リンク )

  • A
    落合 飛鳥

    新着 メリットとデメリット総合的に判断しましょう。

    一般的に新築物件は高く、中古物件は実勢相場で取引されるケースが多いです、いずれにせよどちらもメリットとデメリットがございます。判断材料としては購入後、資金計画を踏まえどちらが幸福になれるかで判断してみるのも良いかと思います。 (担当: 落合 飛鳥 / (株)スプリングエステート )

  • A
    今井 光博

    新着 将来を見据えた長い目線で選択してください。

    中古住宅は、建築後の建物の歴史がわかります。居住中に建物の不具合や瑕疵などがなかったか・・・過去の履歴が有る程度わかるという安心感があります。また、新築と比べ価格的に低価格というメリットがあります。新築は、自分で建築するので有れば希望の間取りや設備などを取り入れフレキシブルに対応できることが最大のメリットです。但し、費用面で中古住宅より大きくなります。現在のライフスタイルや資金計画、将来的な家族構成なども視野に入れて選択すとよいでしょう。住宅ローンを利用する場合は新築と中古では借入期間に大きく差が出る場合が有りますので注意が必要です。 (担当: 今井 光博 / 香陵住販(株)つくば支店 )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)高円寺センター )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 (担当:黒瀬 利彦 / 三井住友トラスト不動産(株)荻窪センター )

  • A
    林 誠悟

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 (担当: 林 誠悟 / 三井住友トラスト不動産(株)上野センター )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)武蔵小杉センター )

  • A

    【物件】ごとに選ばれてはどうでしょうか?

    【新築】も【中古】も【どこのメ-カ-】が建てたのか?【中古】であれば【保証】がつくのか?など【物件】に応じて状況は異なります!!【住宅情報館】にまずはご相談下さい!! (担当:斎藤 昌章 / 住宅情報館(株)都筑店 )

  • A
    三觜 正

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 (担当: 三觜 正 / 三井住友トラスト不動産(株)鎌倉センター )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)港南台センター )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)藤沢センター )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)横浜第二センター )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)市川センター )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)柏センター )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)横浜第一センター )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)経堂センター )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)たまプラーザセンター )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)町田センター )

  • A
    加藤 慧

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 (担当: 加藤 慧 / 三井住友トラスト不動産(株)新宿第二センター )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)目黒センター )

  • A
    美濃部 孝弘

    保証の内容を確認してください。

    どちらがいいとは一概には言えませんが、大きく違うことをひとつあげると保障期間が違います。新築には「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の適用を受けることとなり構造体力上主要な部分は10年保証が必ずつきます。中古の場合は、保証ではなく隠れた瑕疵担保が、業者が売主の場合は2年、個人の方が売主の場合は2~3ヶ月つくのが一般的です。ただ、新築時の保証を引き続きうけられるケースもありますので担当者にご確認ください。 (担当: 美濃部 孝弘 / 東宝ハウスグループ(株)東宝ハウス町田 )

  • A
    岩田 英久

    保証の内容を確認してください。

    どちらがいいとは一概には言えませんが、大きく違うことをひとつあげると保障期間が違います。新築には「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の適用を受けることとなり構造体力上主要な部分は10年保証が必ずつきます。中古の場合は、保証ではなく隠れた瑕疵担保が、業者が売主の場合は2年、個人の方が売主の場合は2~3ヶ月つくのが一般的です。ただ、新築時の保証を引き続きうけられるケースもありますので担当者にご確認ください。 (担当: 岩田 英久 / 東宝ハウスグループ(株)東宝ハウス大田東京 )

  • A

    重視する項目によっては中古も視野に入れることをお奨め致します。

    例えば、ご希望のエリアが決まっていても、用地が無く殆ど新築物件の供給が無い場所もございます。重視する項目によっては、中古物件も視野に入れると選択肢が広がると思います。中古物件でも築浅の物件であれば、新築物件と比べても仕様・設備に殆ど遜色がない場合も多いです。また、リフォームによって対応することも可能です。 ( 三菱地所ハウスネット(株)自由が丘営業所 )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)津田沼センター )

  • A
    関川 浩二

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 (担当: 関川 浩二 / 三井住友トラスト不動産(株)吉祥寺センター )

  • A

    まずはご希望のエリアにある物件をご紹介させてください。

    物件を見ていただく際、新築住宅と中古住宅の「違い」をご説明いたします。新築の良さも、中古の良さもたくさんあります。どちらか一方に決めずに両方見てみることをお勧めいたします。 ( (株)HRE津田沼店 )

  • A

    新築も中古もそれぞれの良さがあります!

    新築物件にも、中古物件にもそれぞれの長所・短所があります。それぞれの特性をよく理解して比較し、お客様の考え方やご予算をふまえ、どちらが自分に合っているかで選ばれるのがよろしいかと思います。新築・中古の比較の例としましては、まずは価格部分での違いがあげられます。当然、中古物件の方が価格部分では有利ですし、新築と違い実物の確認が必ず出来ます。新築物件は価格部分の違いはあっても、何といっても新築ですから、全て新品のものでお住まいになれます。他にも多くの違いがございますので、よくそれぞれの特性を理解することが必要です。 ( センチュリー21(株)ウインズホーム浦和店 )

  • A

    リフォーム費用の確認が必要です。

    リフォーム済のきれいな物件が増えましたが、中には中古物件を購入して室内を自由に改装しようとしても費用がかさんでしまう場合、新築と比較した価格面でのメリットがなくなる場合があります。また、近い将来の改装費用を中古物件では考えておく必要があります。予算と費用をトータルで考える必要があります。当社では建築部門が御座いますのでリフォームお見積りもご提示出来ます。 (担当:柳瀬幸夫 / (有)ビッグレッドホーム )

525 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 中古一戸建て > 中古一戸建て 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
中古一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)中古一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。