"20170625024335:H:0" "20170625024335:H:0" "20170625024335:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

502 件見つかりました
  • Q
    新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?
  • A

    新着 何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)津田沼センター )

  • A

    新着 何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)吉祥寺センター )

  • A

    まずはご希望のエリアにある物件をご紹介させてください。

    物件を見ていただく際、新築住宅と中古住宅の「違い」をご説明いたします。新築の良さも、中古の良さもたくさんあります。どちらか一方に決めずに両方見てみることをお勧めいたします。 ( (株)HRE津田沼店 )

  • A

    新築も中古もそれぞれの良さがあります!

    新築物件にも、中古物件にもそれぞれの長所・短所があります。それぞれの特性をよく理解して比較し、お客様の考え方やご予算をふまえ、どちらが自分に合っているかで選ばれるのがよろしいかと思います。新築・中古の比較の例としましては、まずは価格部分での違いがあげられます。当然、中古物件の方が価格部分では有利ですし、新築と違い実物の確認が必ず出来ます。新築物件は価格部分の違いはあっても、何といっても新築ですから、全て新品のものでお住まいになれます。他にも多くの違いがございますので、よくそれぞれの特性を理解することが必要です。 ( センチュリー21(株)ウインズホーム浦和店 )

  • A

    リフォーム費用の確認が必要です。

    リフォーム済のきれいな物件が増えましたが、中には中古物件を購入して室内を自由に改装しようとしても費用がかさんでしまう場合、新築と比較した価格面でのメリットがなくなる場合があります。また、近い将来の改装費用を中古物件では考えておく必要があります。予算と費用をトータルで考える必要があります。当社では建築部門が御座いますのでリフォームお見積りもご提示出来ます。 (担当:柳瀬幸夫 / (有)ビッグレッドホーム )

  • A

    宅地建物取引業について

    宅建業において、瑕疵担保責任というものがあります。新築住戸の場合、宅建業者は10年間建物の主要構造部に10年間担保責任を負います。簡単に言うと、建物の主要部分に瑕疵(いわゆる欠陥)があった場合、売主で面倒を見ますよ。という保険です。中古の場合売主が業者の場合は2年間が義務付けられておりますが、売主が個人の場合は免責に(付けない)場合もあります。築年数がまだ浅い建物でも保険というものは万が一というものですのでよく、保険の内容や重要事項説明に記載されている条文、または購入する際にどういった所を保証してくれるのか?をよく確認しましょう。 (担当: 安田 善洋 / MEの仲介京葉(株) )

  • A
    茨木智弘

    ◆見て・確認して・選択!!

    ご希望のエリアを考慮するうえで、ご予算が許されるなら新築をお勧めいたします。多くのお客様にとって住宅購入は人生で一番高いお買い物になると思いますが、新築住宅は法律により最低10年間、主要部分の保証が義務付けられており、購入した後の万が一の不具合に対応できるため、安心感が高いと思います。これに対し、中古の魅力は価格ですが、保証期間が短いため購入前の慎重な見極めが必要です。住宅情報館では建築の知識豊富なスタッフが、間違いのないお住まいをご提案差し上げます!是非お気軽にご相談ください! (担当: 茨木智弘 / 住宅情報館(株)平塚店 )

  • A
    秋田 喜信

    お客様のライフスタイルに合ったご提案をさせて頂きます!

    中古は新築に比べ安価であり手を出し易いものの、耐震・メンテナンスなど不安要素もある。果たしてどちらがニーズに合っているのだろうか、といったお悩みを初めてのご来店時に伺います。皆様のライフサイクルや予算上のことばかりが決定要素ではございません。将来お住いになられるお客様が安心して頂ける様、データでの紹介ばかりではなく、実際のお住いの案内時に注意点等丁寧にご確認頂いております。お客様がご安心頂けるお住いが見つけられる様、丁寧なご案内をスタッフ一同心がけております。まずは、目でみて、或いは触って感じて見てください。ご納得頂けるご提案をさせて頂きます。 (担当: 秋田 喜信 / 住宅情報館(株)青葉台店 )

  • A
    小野 真隆

    まずは、月々のお支払を重視して判断していきましょう!

    お客様にとってまず大事なのが、月々のお支払です。今後の生活や老後、お子様の養育費、プライベートなど、できれば不動産を購入した後も今と変わらない生活が確保できること、今以上に豊な生活ができることが一番ではないでしょうか。中古戸建てと新築戸建ての違いは、保証内容以外に、単純に安いか高いか、古いか新しいかでお客様の御要望やお探しされているエリアと予算に当てはまる物件がどちらなのかで判断をして頂くことが良いと思います。一番は、中古戸建と新築戸建をご見学されることです。ご見学されてご判断できない所のバックアップを不動産のプロとしてお客様にお伝えできればと考えております。 (担当: 小野 真隆 / 住宅情報館(株)泉店 )

  • A
    土師浩三

    出来れば新築!! 取りあえず中古!!

    当社でお探しのお客様でも最初は【出来れば新築!! 取りあえず中古!!】と申される方が多いです。価格や土地の広さ、アフターメンテナンス、耐震性能等、判断基準は様々です。両方の物件を数多くご用意いたしますので、見比べてください。それぞれの物件ごとにメリット・デメリットをご提案させていただきます。数多くの物件の中からお選びください!! (担当: 土師浩三 / 住宅情報館(株)港南台店 )

  • A
    荒砥 作成

    新築または中古の選び方

    一般的には予算で考えている人が多いようです。総額を安くしたい場合は中古物件、ある程度の予算まで検討出来る方は新築も視野に入れているようです。ただし、一概に中古が安くて新築が高いといった考え方は止めた方がいいですよ。実際、中古の場合はリフォーム工事費も掛かる訳ですし、保証といった面も十分とは言えませんので、その辺をよく吟味して検討することは必要だと思います。 (担当: 荒砥 作成 / 住宅情報館(株)厚木店 )

  • A
    本田 慎平

    ご予算が許されるなら新築、許されないなら中古です。

    ご希望のエリアを考慮するうえで、ご予算が許されるなら新築をお勧めいたします。多くのお客様にとって住宅購入は人生で一番高いお買い物になると思いますが、新築住宅は法律により最低10年間、主要部分の保証が義務付けられており、購入した後の万が一の不具合に対応できるため、安心感が高いと思います。これに対し、中古の魅力は価格ですが、保証期間が短いため購入前の慎重な見極めが必要です。住宅情報館では建築の知識豊富なスタッフが、間違いのないお住まいをご提案差し上げます!是非お気軽にご相談ください! (担当: 本田 慎平 / 住宅情報館(株)秦野店 )

  • A
    和田 正喜

    お客様によって、新築か中古かを選ぶ基準は全く違います。

    お客様によって、新築か中古かを選ぶ基準は全く違います。家族構成・住宅ローンを利用するかしないか・一生住む予定があるか・予算などなど、色々な角度から考えてどちらがお客様に合っているのかご提案致します。是非一度ご来店・ご相談ください! (担当: 和田 正喜 / 住宅情報館(株)浦和店 )

  • A
    石川 博

    まずはご相談ください。

    お客様がどの様な生活を思い描いているかによって選ぶ基準が変わるかと思います。価格、保証、など気になる点は多々御座いますがが、どちらにもメリット、デメリットが御座いますので、迷っている事をそのまま弊社スタッフに相談下さい。いろいろご提案させて頂きます。 (担当: 石川 博 / 住宅情報館(株)佐原店 )

  • A
    上崎 優樹

    重要視するポイントによって選択肢が変わります!

    新築を選ぶ方の場合、「新しい家に住みたい」「保証がついている家が良い」などのご希望が多く、中古を選ぶ方の場合「広い土地や建物がほしい」「絶対にこのエリアじゃなきゃ嫌だ」などのご希望が多いです。お客様が重視するご要望によって自然と新築になるか中古になるか絞れてくることが多いです。初めから、どちらかに絞らずに両方見ていただくことオススメしています。新築、中古のメリット、デメリットをしっかり理解して物件を決めましょう! (担当: 上崎 優樹 / 朝日土地建物(株)橋本支店 )

  • A
    殿川 晶

    どちらかが絶対という訳ではございません。

    住みたい処に物件があるということが大前提です。まずは、自分の住みたい処にどいうった物件があるのかを、調べることが第一歩だと思います。我々にご相談下さい。新築物件であればモデルルームを、中古物件であれば実際にお部屋を見ることが第一歩だと思います。ご覧になって納得が出来る物件であれば、新築・中古を問わずお話しを進めて頂いて結構かと存じます。 (担当: 殿川 晶 / (株)大京穴吹不動産国分寺店/電話受付→本社:東京 )

  • A

    購入した家に何年位住む予定でしょうか?

    お客様の年齢、実家にいずれ戻る等の状況により異なりますが、購入した家に30年以上住む予定があるのなら、新築を購入しメンテナンスをしっかり行い長持ちさせることが、生涯に家にかける金額が安くなると思います。又金額が安いとの理由で中古住宅にする場合は、家の耐用年数が短い場合が多くいずれ建替え時期がおとずれ結果高い買い物になってしまうことがあります。また、地域特性も有りますので希望地域の情報に強い業者さんに相談してみることが良いと思います。 ( ベストハウス(株) )

502 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 中古一戸建て > 中古一戸建て 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
中古一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)中古一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。