"20170629044035:H:0" "20170629044035:H:0" "20170629044035:H:0"

情報の見方

センチュリー21タイセーハウジング(株)渋谷店

JR山手線/渋谷 歩4分

TEL:0800-603-4547【通話料無料】

携帯電話・PHSからもご利用いただけます(発信者番号は通知されません)
つながらない方、不動産会社の方はこちら

スタッフ紹介

加藤 徹

コメント:不動産は「ご縁」の要素が非常に強いと感じております。お客様に「理想の新居に巡り会えた」と思って頂くと共に「理想の営業マンに出会えた」と思って頂けるよう、毎日精一杯頑張っております。

名前:加藤 徹
年齢:30代  業界経験:6年
  • 宅建
得意エリア世田谷区 杉並区 港区
売却実績数:-   応援獲得件数:0件

このスタッフに相談する

このスタッフが答えたQ&A

店舗Q&A
  • Q
    いくらくらいの物件が買えるかわからない。相談に乗ってもらえる?
    A
    ご相談は無料です、ぜひ一緒に返済プランを考えていきましょう
    物件のご予算を考えるにあたり、資金や収入、ご年齢やご家族の構成、金利や借り入れる住宅ローンの種類や機関など、これからの収入と支出を考える必要がございます。これまで対応させていただいた様々なお客様のケースから学んだノウハウを生かし、お客さまになるべくご負担がかからないプランを提案させていただきます。他社様で家の購入が無理だと言われた場合でも購入できる可能性がございますので、あきらめる必要はありません。ぜひ当社へお気軽にご相談下さい。
  • Q
    土地を買って、注文住宅を建てたい。どう進めるとうまくいく?
    A
    土地の購入費用と注文住宅にかかる費用の合計を想定しておきましょう
    前提として土地の場所(駅や商業施設までの距離、学校や公共施設等の住環境。住宅を建てる場合は、地盤の状況、建物の高さ制限、用途地域等)は重要となります。土地の場所によっては、お住まいの建築に様々な制限がある場合もありますので、確認が必要です。注文住宅をうまく(費用を抑えて、理想の家を建てる)するコツとしては、以下のことを考えましょう。建築予算の把握 / 間取りや取り入れたい設備の洗い出し / 取り入れたい事の優先順位付け / 担当者との綿密な打ち合わせお客様の希望により、注文住宅にかかる費用は変わってきます。当社では、注文住宅の見積もりも無料で承っております。お気軽にご相談下さい。
  • Q
    得意エリアを教えて
    A
    都内全域をカバーしておりますが、特に渋谷/港/品川/目黒/世田谷/大田が得意です
    タイセーハウジング渋谷店では、城南エリアと呼ばれる上記のエリアで長年営業してきたスタッフが在籍しております。地域に根差した経験豊かなスタッフが、お客様のご希望に沿う物件のご提案をさせていただきます。また、当社ではタイセーハウジング厚木店もあり、神奈川全域をカバーしております。当社が扱っている物件情報やお客様の情報も共有しておりますので、神奈川の物件を探されているお客様のご相談もタイセーハウジング渋谷店で承っております。「都内もいいけど、神奈川の方も気になる」という方は、是非タイセーハウジングへお任せ下さい。
売却Q&A
  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
    A
    譲渡所得税(所得税・住民税)というものがかかります
    個人が資産を譲渡して利益が出た場合、その利益を譲渡所得として所得税と住民税がかかります。課税譲渡所得金額 = 譲渡価額 -(取得費+譲渡費用)- 特別控除額(一定の場合)〇 長期譲渡所得(土地や建物の所有期間が5年を超える場合)の税額の計算 譲渡所得税額 = 課税譲渡所得金額 * 税率20%(所得税15%、住民税5%) 〇 短期譲渡所得(土地や建物の所有期間が5年以下の場合)の税額の計算 譲渡所得税額 = 課税譲渡所得金額 * 税率39%(所得税30%、住民税9%)その他特別控除などの特例がある場合もございますので、お気軽にご相談下さい。
  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
    A
    持ち家が売れない場合は理由があります。その対策をしていきましょう
    価格が相場より高くないか?・・・築年数やトレンドを踏まえ、その地域の適正価格に近付けましょう。 / 物件に何か不備がないか?・・・汚れや設備の故障等がある時は、対費用効果を考えて清掃や補修を行ましょう。見学されるお客様が、持ち家に対してマイナスイメージを抱かないようにするのがポイントです。 / 販売経路に問題はないか?・・・広告などの販売活動を正確に行う信用できる会社に任せましょう。持ち家は販売する条件を整えてやることで、販売成果が変わってきます。当社スタッフが的確なアドバイスをさせていただきます。
  • Q
    「売却」が先?それとも「購入」が先?
    A
    「売却」と「購入」、それぞれ先にするメリットとデメリットがあります
    【売却を先にする場合の長所(逆は購入を先にする場合の短所)】物件売却により資金が決まりますので、物件購入の資金計画が立てやすいです。 / 売却を焦り、買主様に主導権を握られる必要がありません。 【売却を先にする場合の短所(逆は購入を先にする場合の長所)】物件引き渡し日までに、新しいお住まいを探さないといけない為、じっくり家を探すことができません。 / 仮住まいに余計な費用がかかる場合があります。お客様によってどちらを先にした方がよいか、変わってきます。ぜひ当社へお気軽にご相談下さい。

※スタッフページのブログは、外部ブログサービスにて各不動産会社が制作した内容を表示しています。リクルートホールディングスはその正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。あらかじめご了承ください。
※スタッフページのブログは情報提供元のブログサービスの種類によって一部、コメント、画像、動画等の情報が表示できないことがございます。また、ブログの詳細については各コメントにある「ブログを見る」からご確認ください。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。